スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

in heart

2011年03月05日 21:55

+tics(プラスチック)【タイトル】 in heart
【制作】 +tics

in heart
【ジャンル】 心が伝わる恋愛AVG
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周30分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 6.84MB
【公開日】 2011年3月3日

お嬢様と使用人の恋物語。

よくある「好きだけど立場を考えて突き放しちゃう」系のストーリー……かと思いきや、
お嬢様の猛アタックに突っ込むグレンが、冷静を通り越して毒舌で驚きました。
もしや上記の王道パターン意外に何かあるのでは!?と期待してしまいましたが、
概ね予想通りのオーソドックスな感じに落ち着ちついたなーという感じです
(失敗すると手酷いしっぺ返しを食らいますが)。

純粋で真っ直ぐなフィオナの想いも、思慮深いグレンの気持ちも良く分かります。
あまり甘い恋愛もの、という雰囲気ではありません。
ちょっぴり苦さのあるおとぎ話が好きな方にお勧めかも。
拍手する
スポンサーサイト

Wonderful Wonderland

2010年05月04日 16:22

+tics(プラスチック)【タイトル】 Wonderful Wonderland
【制作】 +tics

Wonderful Wonderland
【ジャンル】 童話モチーフファンタジーADV
【対象】 全年齢
【ED数】 15種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周1~5分(トータル20分程度)
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 9.31MB
【公開日】 2010年4月2日

赤ずきん、眠り姫、白雪姫、ヘンゼルとグレーテルの4つの童話をモチーフにした短編集。
どれも絵がかわいらしく、クラフトのような背景や枠が素敵!
私は特に赤頭巾の影絵風の人物が好きでした。

童話はあくまでモチーフであり、物語は選択肢によって様々な結末が訪れます。
1話で分岐が2、3つ、エンディングが3、4つあり。
よく知られている童話ばかりですし、ゲームをプレイする年齢の方で原作を知らない人は
いないだろう思われますが、そんな私たちでも、小さい頃は両親や先生が読み聞かせてくれる
それらの物語を「続きがどうなるのか」とドキドキしながら聞いていたに違いありません。
この作品を読んでいて、久々にそんな気持ちを味わう事ができました。

全ての選択肢を試しても20~30分程で読み終われると思います。
眠る前に、小さな物語を開いてみてはいかがでしょうか。
拍手する

Beans of Love

2009年08月22日 18:36

+tics(プラスチック)【タイトル】 Beans of Love
【制作】 +tics

Beans of Love
【ジャンル】 恋愛アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【スチル数】 なし
【プレイ時間】 1周3分(トータル15分程度)
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 5.62MB
【公開日】 2009年2月25日

鬼ヶ島に住んでいる鬼の一族の女の子、サキ。
サキは頭領であるナユキの事が好きだけど、最近会う機会がめっきり減ってしまった。
小さい頃に結婚の約束もしているが、それも覚えているのかどうかもわからない。
「待ってたって始まらないよ。好きだったらサキからいかなきゃ!」
親友のハナにけしかけられ、アタックを開始する事にした。
さてさて、サキの恋の行方は?(制作サイトより引用)


短いゲームなので、さっくりプレイできちゃいます。
登場人物が鬼ということで、よくある恋愛ストーリーにも何となく斬新さを感じました。

ナユキの厚い胸板が素敵。
でもそれ以上に、主人公の親友・ハナがセクシーで大好きでした。
多分鬼一族はスタイル抜群美男美女だとお見受け致します。
このサイトさんの作品は主人公の女の子の絵がないので残念。見たかったです。

しかし、同サイトさんのゲーム3作とも主人公が基本的に同じ性格なんですよね。
2作目のクリスマス・カラーは物語がノーマルな分ちょっと落ち着いて見えますが、
ルートによっては同じような子に見えました。
別にそれで困ることもないけど、作品ごとに変化があったらなぁと思いました。

以下、一応攻略のようなものを載せています。
反転しないと見えないようにしてありますが、ネタばれが嫌な方はご注意ください。
[Beans of Love]のヒント・攻略を見る
拍手する

クリスマス・カラー

2009年08月22日 08:16

+tics(プラスチック)【タイトル】 クリスマス・カラー
【制作】 +tics

クリスマス・カラー
【ジャンル】 現代恋愛アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【スチル数】 なし
【プレイ時間】 1周10分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 20.9MB
【公開日】 2008年12月15日

従兄弟が経営するレストランで、クリスマス時期にアルバイトをすることになった主人公。
過保護な従兄弟と、意地悪なコックさんに囲まれて過ごす、忙しくも楽しい3日間のお話。
(制作サイトより引用)


+ticsさんのゲームは現時点で3作ともプレイさせていただきましたが、
この作品が一番普通の乙女ゲーだったと思います。

藤波兄さんのビジュアルが好みすぎて一目でやられました……!
工藤くんのストーリーも好きだったんですけど、藤波兄さんルートでの
主人公がかわいかったので、やっぱりこちらのほうが良いです。

しかし従兄弟同士、しかも年の差10歳のカップルって、色々大変そうですよね。
何となく親戚の目が気になりそうだし、こういうこと考えちゃダメなのかもしれませんけど
仲がこじれてしまったとき他人に戻れない分怖そうだー、とか思ってしまいます。

以下、攻略を掲載しています。
反転させないと見えないようにしてありますが、ネタばれが嫌な方はご注意ください。
[クリスマス・カラー]のヒント・攻略を見る
拍手する

Battle of Love

2009年08月21日 19:17

+tics(プラスチック)【タイトル】 Battle of Love
【制作】 +tics

Battle of Love
【ジャンル】 恋愛アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【スチル数】 なし
【プレイ時間】 1周10分
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 5.95MB
【公開日】 2008年6月22日

「不本意だが君が好きだ、不本意だが付き合ってくれ」
ある日突然眼鏡のクラスメイト、清水純也に告白された主人公。
好きかどうか考えたこともなかったので、とりあえず「NO」とお断り。
すると、結果が気に入らない純也に、
「俺はそんな君に『1日デート』を要求する!!」
と1日デートに誘われる。
「うーん、まあ、1日くらいなら……」
適当な主人公はそのデートを了承したけど……
そんなよく分からない関係でのデートのお話です。(制作サイトより引用)


出だしからしてカオス系のギャグストーリーか?と思っていたんですが、
ギャグには違いないけど意外と恋愛の王道路線を踏んでいるストーリーでした。
……いや、王道を踏み抜いているとか踏もうとして踏み外しているという気もしますが。
何か破天荒な男がいるよ……と思ったら主人公も十分破天荒な女子でして、
2人ともお似合いだったよ。ちくしょう!
清水くんが意外とかわいくてニヤニヤしてしまいました。

エンディングは2つしかありませんが、途中の選択肢で色々なデートシーンが
見られるので、つい全部試してみちゃいました。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。