悪事讃歌

2019年03月18日 20:03

くまのこ道【タイトル】 悪事讃歌
【制作】 くまのこ道 まふ様

悪事讃歌
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 6歳以上(小学生~)推奨
【ED数】 3種類(うち1つゲームオーバー)
【プレイ時間】 1周13分(トータル20分)程度
【ツール】 YU-RIS
【容量】 35.2MB
【公開日】 2018年4月1日
【プレイver.】 1.01

悪魔のベリアは魔王様の大ファン。
けれど、魔王様が出席する晩餐会『クソ外道の宴』に参加するには『外道力』が足りていないらしく……
(制作サイトより引用)


「悪事讃歌」と書いて「わるごとさんか」と読むようです。

主人公ベリアが、憧れの魔王様主催のパーティー「クソ外道の宴」に参加するため
悪事にまい進するストーリー。目指せ、悪の華!

ベリアの所業は、それはもう、目を背けたくなるような……近頃のホラーフリゲも真っ青な外道っぷり。
――と書いたところで、嘘っぽいでしょう。まぁ、嘘なんですけどね。
全くその気配を感じないのは、ひとえに宴の名前のせいでしょう。聞いただけで脱力します。
こんな宴に参加したがるなんて、善良な人間には理解し難いのです。
しかも、クソ外道と言いつつ魔王様は愛妻家らしい。どんな設定だ!

そんな感じでゆるーくストーリーは進んで行くのでした。
ベリアは可愛いし、ケッフェンも面白い。良いコンビだと思います。

しかし、基本コメディかと思いきや、、なかなかどうして。
後半、ダークな一面も見せてくれました。

※以下、ネタバレになりそうなので一部反転させないと見えないようにしています。

陳腐な台詞なのであまり言いたくないですが、【一番怖いのは人間】ってオチですね。
途中から何となく嫌な予感はあったものの、想像以上でした。

それと、個人的に【ヒロインがピンチの時、助けに来るヒーロー】というシチュエーションが大好きなので、
その点が好みにクリティカルヒットで、身悶えしました。
乙女ゲーと言うには恋愛のレの字もない2人の関係ですが、それもまた良し。

ちなみに、ベリアとケッフェンも大好きですが、私の一番萌えはナビメカでした。
ケッフェンと同じセンスというのも癪ですが……欲しいです、この子。
拍手する

なんだこれバレンタイン

2019年02月13日 22:58

くまのこ道【タイトル】 なんだこれバレンタイン
【制作】 くまのこ道 まふ様

なんだこれバレンタイン
【ジャンル】 短編ラブコメ
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周12分(トータル16分)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 32.9MB
【公開日】 2016年2月11日
【プレイver.】 1.00

バレンタインがテーマの短編ラブコメ。

お嬢様がオタクな男子高校生にアプローチします。
才色兼備なお嬢様が主人公ですが、嫌味のないキャラクターで好感が持てました。

基本的にコメディなノリながら、ハッピーエンドにあたるEND1はとても良い雰囲気。
反してギャグに突っ走ったエンドもあり、お嬢様が迷走しすぎていて笑えました。
特にEND2、好きです。
まさに、なんだこれバレンタイン。

短時間でさくっと楽しめて良かったです。
拍手する

Fantas Santas

2018年12月23日 22:04

くまのこ道【タイトル】 Fantas Santas
【制作】 くまのこ道 まふ様

Fantas Santas
【ジャンル】 短編クリスマスゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周15分(トータル20分)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 14.3MB
【公開日】 2017年12月9日
【プレイver.】 1.00

クリスマス実習。
サンタ・アカデミーの学生にとっては、資格取得や卒業にかかわる最重要行事だ。
なのに、クローネの実習パートナーであるユナカはどうも非協力的で……
(制作サイトより引用)


サンタ養成学校に通う主人公が、やる気のないパートナーに悩まされつつ
実習を突破する為に奔走するストーリー。

紹介文に読み進め+タイピング+選択肢とあるように、漢字を読んで文字を入力する場面が多少あり。
スピードは関係ないので、タイピング苦手な方でも大丈夫かと。
更に、漢字が読めなくても何となく答えが分かってしまうので、漢字が苦手な方も多分大丈夫!

最初は、あっけにとられるようなユナカの行動に主人公と同調して呆れていたのですが、
最後までプレイして印象が変わりました。ユナカのキャラ、良い!
こう、正反対に見えてお互いの足りないところをフォローし合える良いコンビだなぁと思います。
乙女ゲーという訳でも恋愛という訳でもないものの、何となく2人の雰囲気良くてニヤニヤしちゃいました。
そういう面で、どちらかと言うと女性向けかもしれません。

エンディングは4種類。
きちんとエンディングリストもあるのがありがたい。
真面目にプレイすれば、普通にベストエンドのEND1に辿り着けます。
残りのエンドへの分岐は選択肢次第。
何となく方向性を統一して選択肢を選んでいけば、コンプリートも難しくないかと思います。
コンプリートすると素敵なイラストも見られて、やって良かったと思いました。

短時間で、真面目なストーリーからギャグ系まで楽しめた作品でした。
拍手する

あぬびすぼうや の ぼうけん

2018年09月07日 20:00

くまのこ道【タイトル】 あぬびすぼうや の ぼうけん
【制作】 くまのこ道 まふ様

あぬびすぼうや の ぼうけん
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 11分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 12.2MB
【公開日】 2014年9月28日

 あぬびすぼうやには あるなやみがあるのでした   
 「どうして ぼくはいつも よこむきなんだろう・・・」 (制作サイトより引用)


あぬびすぼうやが繰り広げる小さな冒険ストーリー。

なぜアヌビスを坊やにしようと思ったのか……その発想力が何だかスゴイ。
他のキャラクターの面々もなかなかの個性派揃いで、
次はどんなキャラクターが!?と進むのが楽しみでした。

オールひらがなですが、文章はシンプルで短いので読み難さは感じませんでした。
選択肢もあるものの、分岐は無し。
ですので、気軽に試行錯誤して反応を楽しめます。

シュールでコメディ寄りの作品ですが、コメディに傾きすぎずな雰囲気です。
あぬびすぼうやが、真面目というか一生懸命なのがまた良し。
短時間でプレイできるので、ちょっとした空き時間に不思議な世界を覗き見たい方は、ぜひ。
拍手する

くまのこの森

2015年01月06日 21:57

くまのこ道【タイトル】 くまのこの森
【制作】 くまのこ道 まふ様

くまのこの森
【ジャンル】 森の中でくまさんに出会うADV
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周5~6分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 18.9MB
【公開日】 2014年7月23日

こ、これは……!
かわいいくまさんの登場するほのぼのゲーかと思いきや、何という事でしょう。
なかなかのシュール作品でした。
次々と起こる予想外かつ脈絡のない展開にぽかーんです。
あまりの脈絡のなさと、登場人物のギャップもなかなかで笑いを誘います。
くまさんは可愛かったです。うん。


1周目を終えた時点では、いやしかし、トンデモ展開に見えて実はすごく悲しいお話なんじゃ。
実はくまさんは死んだあの人の魂で……等と色々想像していたのですが、
2周目の時点で真剣に考える事を止めました。
考えるな、感じればいいんだ。

1周は5分程度と短いので、お手軽に楽しめます。
何も考えずに笑ってみたい方、いかがでしょうか。

選択肢を全部試して行けばエンディング全て回収できるので迷う事は無いと思います。
一応、追記に攻略らしきものを掲載しています。
反転させないと見えないようにしていますが、ネタばれが嫌な方は閲覧にご注意下さい。
[くまのこの森]のヒント・攻略を見る
拍手する


最新記事