煙町 KEMURI-MACHI

2019年09月15日 23:29

くらげのかえり道【タイトル】 煙町 KEMURI-MACHI
【制作】 くらげのかえり道 HIJIKI様

煙町 KEMURI-MACHI
【ジャンル】 ザッピングホラーADV
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【スチル数】 8枚
【プレイ時間】 1周1時間(トータル1時間20分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 76.9MB
【公開日】 2017年1月25日
【プレイver.】 1.02

東京のどこかにある町「煙町」。
そこでは最近、「ヤミノメ」という悪霊の噂が流れていた。
学生、ホスト、シンガーソングライター、何でも屋、霊媒師、そして……。
煙町の様々な人物が「ヤミノメ」に関わり、一つの物語に巻き込まれていく……。
(制作サイトより引用)


探索型ホラーアドベンチャー。
ホラーですが、過度な追いかけられや脅かしがないので苦手な方もプレイし易そう。
ただ、やっぱりホラーですのでショックな場面はありますけども。

この作品、ザッピングとあるように、色々な主人公の視点からストーリーを進めていきます。
ザッピングと聞くと複雑で難しそうなイメージですが、実質は一本道のストーリーを少しずつ進めていくもので
あなるお互いの行動が影響し合うという訳ではありませんでした。
各シナリオには「赤条件」という、ストーリー上フラグを立てない達成できない条件があります。
説明を読んだときは難しそうと思ったものの、普通にプレイしているとクリアできるものが多かったです。

ひとつひとつのストーリーは短くいのですが、先が気になって途中で止められませんでした。
一気にプレイしても1時間程度のボリュームなのでプレイし易いです。
途中謎解きもあり。これはあまり難しくはなかったです。

エンディングはBADとGOODの2種類。
私は1周目ではBADでした。
GOODは、思いつくことを色々やってみたものの、辿り着けず公式サイトのヒントを頼りました。
これがなるほど、と思える条件で。
しかしこれは、なかなか気付かないかもなぁ。

HIJIKIさんの作品はいくつかプレイさせて頂いてますが、この作品は中でも「正統派」な気がします。
オーソドックスですが、あっと驚くような展開もありますし、丁寧なストーリーは好感が持てました。
プレイし易い作品だと思うので、ホラーゲーム入門にもうってつけではないかと思います。
拍手する

StrawberryHappyHalloween

2018年10月14日 20:00

くらげのかえり道【タイトル】 StrawberryHappyHalloween
【制作】 くらげのかえり道 HIJIKI様

StrawberryHappyHalloween
【ジャンル】 ハロウィンショートノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 10分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 10.6MB
【公開日】 2012年10月31日
【プレイver.】 1.01

魔界の端にある城に住んでいた王女は、長引く留守番に退屈しきっていた。
そこで執事は、魔界では珍しい苺の苗をプレゼントする。
早く苺を食べたい王女は成長促進ケミカルXという怪しげな薬品を苗にかけてしまい……。
(ふりーむ!作品ページより引用)


お嬢様と執事の、ドタバタ劇を描いたほのぼのショートノベル……です。

お城でひとりお留守番の王女・フレイズ姫。
退屈しのぎに、執事のイフから貰ったイチゴの苗を育てる、というストーリー。
ハロウィン作品なのにイチゴ?と首を傾げたくなりますが、
フレイズ姫のお父様はカボチャ大王らしく、パンプキン関連には飽き飽きしてるご様子。
お部屋もピンクの壁紙で、オレンジ色メインでないハロウィン作品もなかなか珍しくて良いものです。

おてんばなお姫様と、優しい執事のコンビに癒されました。


※以下、ネタバレ傾向ありです。プレイ後に見て頂いた方が良いかも。
 反転させないと見えないようにしていますが、ご注意下さい。


というのが作者さんの「ほのぼのファンタジー」という作品紹介に沿った感想でして、
この作品、その実はダークファンタジーです。
全然知らずに読んだので、プレイ後は衝撃を受けました。
10分弱程度の短編ながら、その意外性と悲壮感に強く心を抉られて、忘れられません。
執事イフ……カッコイイよ……。でも……

ハロウィン作品だけに、ちゃんと"Trick"が仕掛けられていました。
やられたな、という感じです。
ちょっとブラックな作品好きな方、お薦めですよ。
って、プレイ後の閲覧推奨部分に書いても意味ないですけどね。

ふりーむ!さんのレビュー見ちゃうと概ね作品傾向分かっちゃいそうなので、
伏せる意味があるかどうかは微妙なところですが。
どこまでがネタバレなのか個々の解釈が異なりそうですし、難しいものです。
拍手する

666laboratory

2018年06月27日 20:00

くらげのかえり道【タイトル】 666laboratory
【制作】 くらげのかえり道 HIJIKI様

666laboratory
【ジャンル】 ホラーADV
【対象】 6歳以上(小学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 40分~50分程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 119MB (ダウンロード版)
【公開日】 2017年5月3日
【プレイver.】 1.03

このゲームは、あなたがカウンセラーになり、
イオという少女のカウンセリングを七日間行うゲームです。
イオと話をして、気になった単語を「ライブラリ」と呼ばれるデータベースで検索し、
ファイルを閲覧することでゲームを進めることができます。
イオにウソをつかず、彼女に気に入られれば、より良いエンディングに迎えられます。
我が666laboratoryは、あなたの活躍に期待しています。
(ふりーむ!作品ページより引用)



ツクールMV製で、基本はブラウザプレイです。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能。
ブラウザ版は、ふりーむ!もしくはRPGアツマールでプレイできます。
(当記事の作品タイトルからは、ふりーむ!さんのページへリンクさせて頂いています)

ふりーむ!の作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

どうやら自分はカウンセラーで、ある少女のカウンセリングを担当するとのこと。
何やらいわくあり気で緊張しますが、相手は素直でごく普通の少女。
髪ぼさぼさの先輩(?)キャラ、カツラギさんもイケメンな予感(目もと見えないけど)。
案外穏やかなスタートでした。
しかし、モニター画面には怪しげな文様が書かれていますし、終業時のメッセージも不穏です。
音楽はSE以外は無音で、そこが妙にリアリティがありました。

そして予想はしていたものの、日にちが経つにつれ少しずつ平和な日常が崩れていき……。
私は作品紹介ページの文章を読んでいたのもあり、1周目でTRUE ENDに辿り着きました。
しかし、TRUEと言っても「めでたしめでたし」という訳でもなく。
どうしたの、どうなったの私!? と気をもむエンドでした。
最後の日は、先に述べた終業時のメッセージが空恐ろしいばかりです。

謎解きもありますが、難易度は易しめかと思います。
日誌のパスワードは「入れるとしたらこれしかないかな」というもの。
もうひとつは、入力すべきシーンになるときちんとヒント画像が見られるようになるので安心です。
ただ、私は注意書きを見落としていまして、弾かれて「うそ、これじゃないの?」としばらく戸惑いました。
何というか、そのまま入力できるのにそうじゃないというところがニクイ。
もしかしたら意図的な引っ掛けなのかも。
先走らず、注意書きはちゃんと読んで確認しましょう(・ω・`)

ちなみに、紹介文にある「某財団風」についての予想、明言はされてませんけど書いちゃいます。
"SCP Containment Breach"という海外のフリーゲームがありまして、多分コレが元ネタかなと。
そのゲームは日本語非対応な上がっつりアクション&ホラゲーなので私はプレイはしたことなく、
実況動画で見た程度です。
でもそれをきっかけにSCP Foundationという関連のページを見てたら面白くて。
ゲームの内容自体は全く異なりますが、そこから発想を得られた作品なのかなと予想しています。
まあ、あくまで私の想像なので、実は全く違う元ネタかもです。違っていたらゴメンナサイ。

こちらの作品らの同作者さんの作品は今までに何作かプレイさせて頂いたのですが、
どれも「ほんとに同じ作者さんなの!?」と思う程、それぞれ作風が違います。
引き出しがすごく多い方なんだなぁと感心するばかり。
まだ未プレイの作品もありますし、これからどんなものを作られるのかと密かに楽しみにしています。
拍手する

友愛

2018年06月06日 20:00

くらげのかえり道【タイトル】 友愛
【制作】 くらげのかえり道 HIJIKI様

友愛
【ジャンル】 探索ホラーアドベンチャー
【対象】 15歳(高校生~)以上推奨
【ED数】 5種類
【プレイ時間】 1周30分(トータル40分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 17.4MB
【公開日】 2013年2月15日
【プレイver.】 1.04

ごく普通の中学生、里佐は友人の美音の家へお見舞いに行く。
チャイムを押しても反応がないので帰ろうとしたところ、『たすけて……』という美音の声が……。
(ふりーむ!作品ページより引用)


オーソドックスな探索ホラーアドベンチャー。
短時間でできて、探索ホラーのお手本みたいなところが純粋に楽しかったです。
絵柄も可愛くて好き。

学校へ来なくなった友達を心配して家を訪ねる主人公の里佐ちゃん。
ちゃんと玄関で靴を脱いで上がるのが可愛いのです。
そして、家へ上がってすぐ衝撃的な発見をすることになるのですが……
普通だったら、パニックで家を飛び出して大人に知らせるとか、110連打する場面です。
が、友達が心配!とずいずい家の奥へ進んでいく里佐ちゃん、強い。
玄関を出ようとすると、よくあるパターンが「なぜか鍵がかかっていて出られない……!」
だと思うのですが、この子は「美音ちゃんを捜さなきゃ」と言って頑として外に出ないという。

そして、その凄惨な現場でやってしまったプレイ最初のゲームオーバーも衝撃的でした。
ホラーな場面……なんですが、あまりに予想外すぎて笑いがこみ上げてきました。
序盤の学校では中二病患者もいますし、定番ホラーながら細かい演出が面白く、どこか新鮮でした。

探索では即死シーンも時々あるので、セーブはこまめにした方が良いです。
ただ、エンディング分岐に関わるのが後半部分なので、序盤はセーブを細かく分けなくても大丈夫かと。
謎解きもいくつかあり、難易度は中程度かなと思います。
後半の一ヶ所だけなかなかうまくいかずに苦戦しました
(やり方は分かったけど、うまく当てはめるのに試行錯誤しました)。

エンディングは5種類。分岐条件は易しめです。
ひとつだけ分岐条件が異なりますが、プレイしていると「アレかな」と想像できるポイント。
私のエンド回収順は、 END5→END4→END3→END2→END1 でした。
ちなみにEND5がベストエンドで、きちんと探索して思考すれば真っ先に辿り着けるはずです。

この作品では、女の子同士の友情という一線を越えてしまった愛情が描かれています。
百合表現ありと言えるかも。
ただこの年頃って、恋愛感情とは似て異なる、友達に強く依存する感情を抱くことがある、
そんな年頃な気もします。そして、些細な言動に一喜一憂しがち。
お互いを思う気持ちが強すぎたりすれ違ったりして、それが悲劇を生んでしまう。
END5だけは、気持ち悪さより悲しさを感じました。
と、分かったような言葉で綺麗にまとめ上げてますが、END5以外の結末はまさに狂気しかない。
恐ろしくてぞっとしました。特にEND2は想像してしまうとエグくて、一番怖かった……。

それぞれのエンドには「愛」に関わるエンドタイトルが付けられています。
前述した恐怖のEND2は「そっちかい!」という掛詞なタイトルで。
これ、多分先にタイトルがあってそれに併せて結末を用意されたんじゃないかと想像しています。
拍手する

ハコブネア

2018年05月20日 20:00

くらげのかえり道【タイトル】 ハコブネア
【制作】 くらげのかえり道 HIJIKI様

ハコブネア
【ジャンル】 SF短編ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周35分(トータル50分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 153MB (ダウンロード版)
【公開日】 2017年4月10日
【プレイver.】 1.02

幼い少女"ネア"は、目をさました。
ネアはまだまだ知らないことがいっぱい。
"ことば"を覚えながら、ふしぎな住民がいる建物の中を探索しましょう。
(ふりーむ!作品ページより引用)


ツクールMV製で、基本はブラウザプレイです。
ふりーむ!もしくはRPGアツマールからプレイ可能。

ふりーむ!の作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

ピンクの空間で目を覚ました少女ネア。室内を探索しつつ「ことば」を覚えていきます。
ことばが何も分からないわけではないようですが、いくつかの名前の分からないものを
本を読んだり教えてもらったりして名詞をGetしていくというもの。

私はブラウザ版でプレイしました。セーブも使えます。
ふりーむ!からはダウンロードも可能。私は何度やっても失敗してしまうのでDL版は諦めました。
後日ダウンロード成功しました。が、プレイ中に右クリックするとフリーズしてしまいます。むぅ。
ブラウザでプレイは快適にできたものの、開始当初はキーが右に入りっぱなしで認識されていたのか
キャラクターが画面右に固定されて動けないという状態が発生してしまいました。
しばらく様子を見ているうちに直ったので良かったです。
(廊下部分はループするのですが、そこでセーブ→ロードするとネアちゃんが物凄い勢いで右に走り続け、
メニューを開くとアイコンが狂ったようにぐるぐる回り続けるという現象もあり。軽くホラーでした……)
今は荒ぶるネアちゃんは落ち着かれ、普通にプレイできています。

プロローグの会話などから、何となくネアちゃんがどういう存在なのかは想像がつきました。
タイトルからしても、ここは箱舟のような、何か訳ありの切り離された空間なのかな、とも。
しかし世界設定のSFっぽさと、どこまでもピンクでファンシーな内装とのギャップが何とも不思議な感じ。
またこのゲーム、探索中のBGMがとても良かったです。
癒しと可愛さとポップさと不思議さと未来感。全て兼ね備えているような!

ぴぱぽっぱ♪ ぽぷ♪ ぱっぽっぴっ♪

この音楽すごく頭に残ります。
ゲームが終わっても時々聴きたくなり、起動してたりします。
ファンシーなグラフィックとBGM両者相まって、探索しているうちに不思議なふわふわした気分になりました。

探索していくと、様々なキャラクターと出会う事になります。
彼らも不思議で個性的で、一見して敵キャラなのか?と身構える姿だったり。
実は可愛い少女に見えるネアちゃんも、拡大するとちょっと不気味……なんですよね。
しかし、話してみるとあら意外。実は良いキャラクター達なのに、見た目でちょっと身構えてしまう。
それをプレイ中にやってしまうから、ラストの展開、ハコブネアの主のあの人の言葉が突き刺さりました。

エンディングは、ED1→ED2の順で見ることができました。
ED1のほうがいわゆるグッドエンドかな。そちらを先に見ると、ED2はどうすれば良いか見当がつきました。
しかし前述のように、気持ちが分かるからこそED2を一概にバッドエンドと捉える事にも抵抗があります。
どちらに転んでも、結局はどちらかの独りよがりに過ぎないのかもしれません。
どちらが良かったのか、それは結局は彼らのこれから次第なのかもと思います。
拍手する


最新記事