塔に囚われた僕

2020年10月31日 21:13

塔に囚われた僕【タイトル】 塔に囚われた僕
【制作】 こいしかわ様(twitter

塔に囚われた僕
【ジャンル】 短編脱出RPG
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周22分(トータル46分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 18.1MB
【公開日】 2019年11月24日
【プレイver.】 1.4

塔に囚われた主人公がネズミと協力して脱出を目指すゲームです。
(ふりーむ!作品ページより引用)


ふりーむ!、フリーゲーム夢現でダウンロード版、PLiCyでブラウザ版が公開されています。

ふりーむ!の作品ページ→ フリーゲーム夢現の作品ページ→ PLiCyの作品ページ→

ウディタ製なので、ブラウザ版でも操作はキーボードかゲームパッドになります。
そして、ダウンロード版では主人公の名前が決められるのですが、
ブラウザ版は名前が「レオ」で固定のようでした。

塔の一室に閉じ込められた主人公が、突如現れたネズミと共に脱出を目指すゲーム。
主人公が何者なのか、ここがどこなのかは一切語られません。
前述のように、最初に名前入力があるのですが、タイトルからして恐らく主人公は男性かな?
程度しか分からないのでここでしばし迷い、とりあえず「サトリ」にしてみました。
結果、うん、良かったかな。

逃亡中に兵士に接触すると戦闘になりますが、ボタン連打していれば勝てるのでサクサク行けます。
ボス戦(?)もありそちらはさすがにちょっぴり強い。
でも、戦闘はストーリーの一部のようなもので、それがメインのゲームではないです。
謎解きは一ヶ所だけで、さほど難しくはないものの、ちょっと捻りが必要でした。

ゲームを進めるにつれ、何となく状況が呑み込めてきます。
こちらの作品、先にプレイさせて頂いた「隠れ森」と同じ作者さんなのですが、かなり違う作風で。
全体的にシュールな雰囲気でした。
後味が良い終わり方ではないのに、ちょっと昏い優越感を抱いてしまいました……。

エンディングは3種類。
作品ページに「プレイ時間15分」と書いてあったのでサクっと終わるかな?と思いきや、
予想より時間がかかっちゃいました。
エンディングは2つまで自力クリア、3つ目は分からずにヒントを拝見しました。
実は3つ目も辿り着いていたのに、同じエンディングだと思ってリセットしちゃってたという。
攻略については、ゲームファイルに攻略テキストが同梱されています。
拍手する

隠れ森

2020年10月10日 19:42

隠れ森【タイトル】 隠れ森
【制作】 こいしかわ様(twitter

隠れ森
【ジャンル】 和風ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周2分(トータル17分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 171MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年4月21日
【プレイver.】 1.0

兄の佐吉と森に来たおりんは、「かくれんぼをしよう」と提案される。
おりんは、慌てて隠れ場所を探し身を潜めたのだが――


ティラノビルダー製のショートノベルです。
ふりーむ!、フリーゲーム夢現、PLiCyでブラウザ版、
ノベルゲームコレクションではブラウザ・ダウンロード版が公開されているようです。

ふりーむ!の作品ページ→ フリーゲーム夢現の作品ページ→ PLiCyの作品ページ→
ノベルゲームコレクションの作品ページ→


ふりーむ!の1分ノベルコンテストに参加されている作品。
お兄さんとかくれんぼをすることになったおりんちゃんが、1分間で隠れ場所を探します。

この作品、音楽の使い方がとても素晴らしかったです。
タイトル画面の寂寥感ある笛の音、かくれんぼ中の少し楽し気な音楽、
更にその後の童謡のような仄暗さを感じる音楽。
シンプルな作品の中で、シーンを盛り上げるのに一役買っていました。
人物は全て影絵で、それも作品に合っていて良かったと思います。

その雰囲気から明るい話ではないと思ってはいましたが、中盤からの展開に息をのみ「……そういうことか」と。
どう転んでも辛さはあり、その辛さゆえに心に食い込む物語でした。
一番最善なのはED1。後に幸せになれたのであれば、読者としても救いがあります。
逆にバッドなのはED3。そして最後に見たED2はちょっと変化球で驚かされました。

ED1と3は選択肢次第なのですぐに見れるはずです。
ED2を探すのに少し手間取りましたが、探しまくって何とか自力でコンプリートできました。
ReadMeに攻略が掲載されていますので、迷ったら参考にどうぞ。

ゲームとして少し惜しいと思ったのは、1分間で隠れきれなくても何故か隠れたことになってしまうこと。
制限時間の意味がないですね。
それと、どこに隠れても展開は同じだということ。
プレイヤーとしては両者とも、「これをやるとどうなる?」と期待して試してしまうところではないでしょうか。

ストーリーはとても面白かったので、これなら時間制限なく、隠れ場所も限定して
シンプルなノベル作品であった方が良かったのかなと思います。
拍手する


最新記事