ちょっと気になる販売機

2019年01月24日 21:24

ちょっと気になる販売機 ふりーむ!のページ【タイトル】 ちょっと気になる販売機
【制作】 たのしいドンダニアンランド 丼打様(twitter

ちょっと気になる販売機
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 25分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 106MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年7月6日
【プレイver.】 1.01

家でも、学校でも、ひとりぼっち。
そんな僕がある日出会った、ちょっと気になる販売機。
この出会いが、僕を、未来を、変えることになるかもしれないなんて、思ってもみなかった。
これは、ほんのささやかな、出会いと勇気の物語。
(ふりーむ!作品ページより引用)


選択肢なしの一本道ノベル。
ティラノビルダー製で、ブラウザプレイ・ダウンロードが可能です。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

ティラノゲームフェス2018 にて、佳作を獲得された作品です。

「ヒロインが自動販売機」という紹介文に、ちょっとアブナイ話かっ……!と恐る恐るプレイ。
しかし思いのほか良い話で、読了後は暖かい気持ちになりました。
ストーリー中で主人公が購入する飲み物も美味しそう。
夜中に読んだんですが、思わずジュースを飲みたくなっちゃうという罠が。

近頃コンビニが身近になったのもあり、自販機を利用する機会がぐっと減ったように思います。
特に私は職場にコンビニがあるので余計にです。
大人になってからは、外出時だと喉が乾いたらスタバやドトールに入っちゃいますし。
そんな世の中で、少し世間から取り残された自販機に主人公が思い入れるの、分かる気がします。

主人公は、自販機に癒しを見出して通い詰める訳です。
ともすれば、そのまま突っ走ってヤンデレという展開もありそうですが、この子は違いました。
また、自販機は擬人化されている訳でなく、あくまで主人公がそこに慰めを見出しているだけです。
安易なファンタンジーではない、地に足の着いた物語なのでした。

愛嬌あり、感動ありの良い作品でした。
拍手する


最新記事