絆輝探偵事務所

2018年09月28日 21:34

絆輝探偵事務所【タイトル】 絆輝探偵事務所
【制作】 絆輝探偵事務所 Little氷華様

絆輝探偵事務所
【ジャンル】 ミステリーホラー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 4時間半程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 659MB
【公開日】 2017年3月9日
【プレイver.】 1.05

平凡な大学に通っている夕霧ヒカルはある日、殺人の罪に問われ逮捕されてしまう。
そして事件に見に覚えのない彼に待っていた判決は、死刑であった。
そんな危機的状況に現れたのが、探偵中曽根望彩。
彼女は謎の条件の下ヒカルを脱獄させ、彼の無実を証明するために事件現場へと連れていく。
何故夕霧ヒカルは犯人に仕立てられたのか、中曽根望彩は何者なのか。
事件現場で待ち受けていたのは、壮絶な真実だった。 
謎が謎を呼ぶミステリーホラーゲーム。 (ふりーむ!作品ページより引用)


第13回 ふりーむ!ゲームコンテスト 探索アドベンチャー部門で金賞を受賞された作品です。

以前から気になっていた作品なのですが、5~6時間の長編ということでなかなかできず。
今回、ようやくプレイさせて頂きました。

ふりーむ!さんの作品ページコメントに「本格推理ではありません」と注意書きがあるので、
ガチガチの推理ものではないのだろうと思ってはいました。
プレイを始めると、ぞっとするような音楽とプロローグが始まります。
わあぁ、下手なホラーより怖い(((゜Д゜)))
こ、この作品はどういう方向性なの!?と、その時点でワクワクです。
蓋を開けてみると、推理も、ホラーも、その他諸々も……
作者さんが面白いと思うものを色々詰め込んだであろう、ボリュームたっぷりの作品でした。

最初にゲームの難易度をEAZY,NOMAL,DEFFICULTから選ぶことができます。
どうしようか少し迷い、とりあえずNOMALで始めて見ることに。

序盤から、プレイヤーが状況証拠をもとに答えを当てるという推理パートがあり面白かったです。
ただ、ずっとその形式が続く訳ではありませんでした。
プレイヤーではなく、主人公のヒカルが推理を披露する展開の方が多かったです。
謎解きも途中でぽつりぽつりと混じっている感じ。
どちらかというと探索とストーリーを見ていくことがメイン。
時折挟まるキャラクターボイスと、綺麗なグラフィックの一枚絵がかっこ良くてインパクトがあり、
長い探索の中での良いスパイスになっていました。

探索は、場所は広いものの関係ないところに行こうとすると行けなかったり、
調べるべき箇所には印がついていたりで、あまり迷わないような親切設計でした。
そして、中盤からは最初に選んだ難易度が影響する、逃走ゲームがあります。
これ、私には難しすぎました(・ω・`)
敵に追いつかれたときにキーボードのCを上手く押して逃れなければならないのですが、
私は基本ゲームパッドプレイなので、Cキーだけキーボード操作にするのは難しくて。
かと言ってキャラクター操作もキーボードでやるとのは、不慣れすぎて無理でした。
NOMALだと全く進めなくて、途中からEASYに切り替えました。
もうひとつ、画面が暗すぎて殆ど見えず。明度を最大まで上げて何とかギリギリ見える程度です。
私のPC環境と相性が悪かったです。EASYモードがあって良かった。

緻密な設定に感心するところもあれば、かなりぶっ飛んだ展開に唖然としたところもあり。
色々な展開に驚き、突っ込み、疑心暗鬼になりつつプレイし、何だかんだで最後まで楽しめました。
見事に回収された伏線もある反面、終わってみると「あれはどうなった?」と疑問点も残ります。
この作品、続編も作られているようなので、もしかしたらそちらで謎が明かされているのかも。
そちらもまたプレイしてみたいです。
拍手する

私を見て?

2018年09月04日 20:00

aiGame【タイトル】 私を見て?
【制作】 aiGame 藤崎 藍様

私を見て?
【ジャンル】 ストーカーノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 10分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 14.3MB
【公開日】 2014年8月14日
【プレイver.】 2.00

これは、何かが"隠 れ て い る"ノベルです。

少女は彼が好きだった
弱気な少女は彼を追いかけるのが精一杯
ある日 少女は彼に思いを告げることを決意した
しかし その日が過ぎても少女はただ 彼を見続けることしかできなかった
そんな少女にストーカーされる彼を描いたノベルゲームです (remadmeより引用)


第10回 ふりーむ!ゲームコンテスト アイデア部門の銅賞を受賞された作品です。

何が隠れているんだろう?とワクワクドキドキでプレイ。
読み進めて間もなく、その「何か」には気が付きました。
気が付いたのは偶然で、見た時に「えっ」とびっくり。
2014年制作と今となっては旧作ですが、未だこういう仕掛けは見たことがありません。
純粋に驚き楽しめたし、こういうこともできるんだ!と感心しました。

最初からこの部門を狙って制作されたという趣旨の記述をどこかでお見掛けしました。
狙い通りばっちり受賞されていてすごいと思います。
しかし、確かにトリックはストーリーを表現するのにばっちり合っていて面白かったのですが、
ストーリー自体はどこかで見たことあるような、ありがちと言えばありがちなホラーだったかなと。

辛口になってしまいましたが、ノベルゲームをたくさん制作されている作者さんなので、
他にもどんな作品を作られているのか、また新しい違う作品も読んでみたいなと思いました。
拍手する

AMANI

2018年09月01日 20:00

共食いうさぎ【タイトル】 AMANI
【制作】 共食いうさぎ あうぐ様

AMANI
【ジャンル】 探索ホラーアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 45分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 21.5MB
【公開日】 2014年1月17日
【プレイver.】 1.01

話せなくなってしまった姉のエウペに心を痛めるイナマ。
夢なのか、幸せだった昔の風景を見たイナマは、気が付くと真っ暗な場所にいた。
「ここ……どこ?」


第10回 ふりーむ!ゲームコンテスト 短編部門で金賞を受賞された作品です。

何か含みのあるオープニングからの展開で、何となく暗い物語なのかな……と思わされます。
全く状況が呑み込めないまま、最初は真っ暗なところを探索するはめに。
明かりはすぐに見つかりますが視界は狭く、それだけで心細く不安でした。

探索はさほど迷うことはなく進んで行けるはず。
難しい謎解きもありません。
ただ、私は探索不足で終盤少し詰まってしまい、攻略サイトさんを探して拝見しました。
丁寧に探索していたら難なく進めたところだと思われます。

途中からの思わぬ目まぐるしい展開に「えっ」と驚かされ。
最後の最後まで、次に何が起こるのか予想がつかずドキドキしながらプレイしていました。
クリアすると、さすがに主人公のおかれた状況が何となく予想できます。
全てが語られるタイプの作品ではなくプレイヤーに考察を委ねる面が大きいので、
細部まで理解できたかどうかは自信がありません。

クリア後にはタイトル画面から"LOST TAPE"という補足のストーリーが見られます。
これを見ると、ストーリーへの理解は深まるのですが。
これには、びっくりして打ちのめされました……。

暗いストーリーではありますが、プレイ後にもう1周して見直したくなる作品です。

ちなみに、タイトルのAMANIはスワヒリ語で平和という意味のよう。
(作者さんがそれを意図されたのかは不明で、全然別の由来かもしれませんが)
その言葉の意味を噛み締めると、一層複雑な気分です。
拍手する

描き変える記憶

2018年08月29日 20:00

描き変える記憶【タイトル】 描き変える記憶
【制作】 サラ様 (twitter

描き変える記憶
【ジャンル】 ホラー&探索型アドベンチャー
【対象】 12歳(中学生)以上推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 2時間~2時間半程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 368MB
【公開日】 2014年1月8日
【プレイver.】 1.02

物語を描くことが好きな少女、シャルル。
ある時彼女は、知らぬ間にとある館で目を覚ます。
そう、その館は……。
誰も寄り付かない森の奥の奥……。
死神の棲む『北の館』――。 (制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

第10回 ふりーむ!ゲームコンテスト 探索アドベンチャー部門で銀賞を受賞された作品です。

サラ様制作の、記憶シリーズ(北の館シリーズ)第4作目。
続編の有無は明らかにされていませんが、今のところこちらが最終作品です。

このシリーズ、どれもストーリー展開がドラマチックでとても面白くいのです。
中でも今作が一番好きかもしれません。
これまたシリーズの特徴である「ホラー」と「恋愛」のコラボもばっちり描かれています。
良いですね良いですねぇ(*´∀`*)

今までの作品は、北の館に辿り着くまでのプロローグがしっかりあり、キャラクターを操作して
見ていく作りだったのですが、今作では文章での簡潔なプロローグのみ。
主人公がいきなり暗い館の中で目を覚まします。
キャラクターもプレイヤーも、なぜここにいるのか分からない状況からのスタートです。

細かいところですが、主人公の少女の名前が初っ端から気になりました。
シャルルって男性名では……!?
まぁ、実際この名前の女性もいるのかもしれないし、おまけにファンタジーなので
気にする所じゃないだろうと分かってはいるのですが。
自分の中でがっつり男性のイメージの名前だったので、ちょっと違和感ありました。

最初は、シャルルひとり心細い状態で探索していくことになります。
脅かしなどホラー要素もあるものの、怖すぎることはありません。
何というか、妖しい「影」たちも話しかけるとフレンドリーに会話してくれたりするので、
そういう面も怖さを和らいだ一因だったかなと。
むしろ序盤のちょっとしたアクション(敵から逃げる)が難しく、そちらに少々手こずりました。
よく分からないタイミングと場所で突如敵が出現するので、何度やっても上手く逃げられなくて(・ω・`)
ここだけはちょっと理不尽さを感じました。

探索は、きちんとやれば順調に鍵がひとつずつ手に入っていく感じで、さくさく進めます。
即死要素はあるものの、何かここ怪しいという予感がするので、回避可能なところが多かったです。
(でも確かめたいから、セーブ→敢えて突っ込んでゲームオーバー回収するという運命なんですけどね)
ただ私は序盤で一ヶ所詰まってしまい、「詰んだ!」と思って制作サイトさんの攻略を拝見しました。
難しいことではなく、単なる探索不足でした……。

そして、途中で同じように北の館を彷徨う仲間たちと出会うことに。
仲間がいるって心強いです。
どのキャラクターも尖りすぎず平凡過ぎずの違った個性があり、魅力的でした。
謎解きは易しめのものから、やや工夫が必要なものまであり。
少し頭を捻ってうーんと考えるものもあり、面白かったです。

エンディングは2種類(のはず)。
最初はBAD ENDに辿り着いてしまい、その結末に「嘘でしょ……」と呆然としたのですが。
次にTRUE ENDを見て、その真相に衝撃と震えるような感動を覚えました。
シリーズのラストに相応しい(本当はラストでなく、続きがあれば嬉しいのですが!)素晴らしい作品だと思います。
拍手する

オロホスの夢

2018年08月16日 20:34

ツノウサギの家【タイトル】 オロホスの夢
【制作】 ツノウサギの家 やかろ様

オロホスの夢
【ジャンル】 探索型ホラーゲーム
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周1時間15分(トータル3時間10分)程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace(RTP不要)
【容量】 207MB
【公開日】 2016年7月25日
【プレイver.】 1.04

ある部屋に置いてあった日記。そこに書いてあったのは少年と少女のこと…
そして誰かの夢の結末。 (制作サイトより引用)


第12回 ふりーむ!ゲームコンテスト 個性派部門で銀賞を受賞された作品です。

ある屋敷が舞台の探索・謎解きゲーム。
キャラクターの可愛さに一目惚れしました。
特にこのオロホスが可愛いったらありゃしない。性格も含めて、すごい好みです。

ジャンルは探索型ホラーとなっているものの、怖さはあまり感じません。
ホラー要素は控えめだと思います。
ただし、若干の追いかけられ要素あり。
初見ではちょっとだけ妨害トラップもあり逃げにくくなっていますが(それにいちいち引っ掛かっる私って……)、
距離は短いので苦痛はありませんでした。
まだ少年ながらしっかりと自分の意思を持っており、それを貫こうとしている主人公。
そして、どこかほんわかして心ここにあらずのオロホス。
2人の道中の会話に癒されつつプレイできました。

謎解きは、解きなれていない人にとってはやや難しいかも、慣れていると中程度くらいかな?
論理的な思考より、直感やひらめきが必要なものが多かったように思います。
途中では空気に関する雑学も読めたりして、純粋に興味深かったです。

ストーリーは、誰やら正体が分からない人物の回想形式になっているので、
どういう展開になるんだろう?と引き込まれました。
ちなみにこの人物、エンディングによって正体が変わります。そこも面白い。

エンディングは4種類。
私は最初にBAD1に辿り着きました。
しかし残りのエンディングの到達方法が分からず、制作サイトさんの攻略を頼りました。
HAPPY ENDは自力クリアできたかもしれず、惜しかったです。
実は最初にこちらに向かっていたのに、リセットしちゃったんですよね(・ω・`)
道中にヒントもあるし、もしかしてそれかなと思っっていたやり方でした。
HAPPY ENDでは、ラストで見られるオロホスの姿がとても美しく、印象的でした。

上記の2つについてはすぐに回収できたものの、BAD1と3についてはなかなか大変でした。
分岐点が序盤で、ほぼ3周プレイすることに。
それでもまた違う後味のENDなので、全部見て良かったと思います。
拍手する


最新記事