Anna

2018年06月17日 20:00

-RE- memo【タイトル】 Anna
【制作】 -RE- memo sayori様

Anna
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 25分程度
【ツール】 RPGツクール2000
【容量】 2.97MB
【公開日】 2012年11月30日
【プレイver.】 1.01

いつも仕事中に「構ってくれない」と怒りながら電話やメールを寄越す彼女の杏奈。
彼女が最近、やけに大人しい。
浮気を疑った主人公は、証拠を掴む為遊びに来たフリをして杏奈の部屋を訪れる。


【注意】 このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

第8回 ふりーむ!ゲームコンテスト で健闘賞を受賞された作品です。

彼女の浮気調査の為に部屋を探索するゲーム。
コンセプトが斬新です。
金髪の容姿とAnnaというタイトルから外国が舞台かと思いきや、杏奈ちゃんでした。
いくら彼氏とはいえ、タンスを開けたりソファの下を覗き込んだりしているというのに
何も言わない彼女すごい(いくつか怒られる所もありますが)。

部屋は2階まであります。広くないので探索は楽でした。
部屋作ってると、ついトイレとかお風呂とか付けたくなってしまうんじゃないかと思うのですが、
そこは省略されて必要最低限な作りです。この無駄のなさは良いですね。
序盤、セーブ方法が分からなくて「え、これセーブできないのか」と思ってちょっと困惑。
ある程度進行すると右上のタンスのメモからセーブ可能になります。

怪しい証拠を見つけて問い詰めるとキレたりとぼけたりする(?)彼女。
元々が勝気な性格のようですし、黒なのかどうか微妙なところです。
性的な描写はなくても、他の男とのそういう関係を問い詰めるという流れです。
全年齢対象ではありますが、小学校低学年の方とかにはお勧めできません。大人向け。

エンディングはバッドエンドが2つと、正規エンドがひとつ。
途中で現れる選択肢は基本的にはどちらも選んで良いのですが、
間違えるとバッドエンドになる肝心な選択肢が2つあります。
そこを避けていけば、正規エンドを見るのも難しくありません。

結末は……あなたの目で確かめてみて下さい。
拍手する

眠れない夜に

2018年06月16日 21:22

九州壇氏のノベル工房【タイトル】 眠れない夜に
【制作】 九州壇氏のノベル工房 九州壇氏様

眠れない夜に
【ジャンル】 サウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 1時間半程度
【ツール】 NScripter
【容量】 37.7MB
【公開日】 2016年12月24日
【プレイver.】 1.04

舞台は、秋の福岡。
なんとなく眠れない夜を過ごしていた俺は、彼女をドライブに誘う。
彼女は苦笑しながらも了承してくれた。 (ふりーむ!作品ページより引用)


第12回 ふりーむ!ゲームコンテスト 健闘賞を受賞された作品です。

実在の街・福岡を舞台にしたノベルということで、興味を持ってプレイさせて頂きました。
作者の九州壇氏さん、ずいぶん昔からノベルゲーム制作者としてご活躍なのは
存じていたのですが、今作が初プレイとなります。

秋の夜長にドライブする僕と彼女のストーリー。
物語は、高校時代の回想からスタートします。もうそれが、ああ、青春だねぇ……という。
個人的な嗜好でしかないんですが、青春ど真ん中のストーリー、わりと苦手なんです。
その後も大学生になった2人のドライブシーンも、個人的な苦手が続きました。
あぁ、青春だねぇ……。
苦手ジャンルなんですが、まぁ、白状すると羨ましいですね。ハイ。

しかし中盤まで読み進めて行くと、これぞ真っ当な青春だと思っていたものが
何やら違う側面を見せ始めます。
ラブストーリーには違いないものの、ただのラブストーリーじゃない。
「眠れない夜に」というタイトルも、最初に感じた印象とは全く違った意味を持って心に迫りました。
その辺りのどんでん返しはお見事。
読み終わって、ああ、あそこの何となく違和感のあった台詞は伏線だったのか、と気付かされます。

そしてこの作品、福岡が舞台とのことで、背景も実際の福岡の景色なのです。
そこもすごいと思いました。
道路と建物の中までは定かではありませんが、浜辺とか街中、ゲームセンター辺りはそうですね。
車や人が映らないように撮影されるの、大変だったのではないかと思います。
この作品のために撮り歩かれたのでしょうか。大変そうですが、そういう作業も何だか楽しそう。
終盤に登場する建物の中の写真、ここもまさか本当にあそこなのか!?と確かめたくなってしまいました。
拍手する

だれもしらない

2018年06月12日 20:00

布は布屋【タイトル】 だれもしらない
【制作】 5Z6P ひさかきぬい様、素凡様

だれもしらない
【ジャンル】 短編ホラーアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 3種類
【スチル数】 3枚
【プレイ時間】 30分~1時間程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 97.1MB
【公開日】 2017年8月20日
【プレイver.】 1.03

高校生の木下優唯は、夏休みの登校日に友人たちと共に隣町の廃墟を訪れる。
そこで出会った一人の少年は、一緒にかくれんぼをしていた友達を探しているという。
一緒に探す優唯達だったが、建物の奥に進むにつれて空気が重たくなっていく。
その先に待つ『真実』とは…?

「誰も 何も 知らなければ、」 (readmeより引用)


第13回 ふりーむ!ゲームコンテストにて、健闘賞を受賞された作品。

放課後、ある廃屋を訪れた高校生たちのストーリー。
脅かしや追いかけられ要素はありません。
廃屋で何が起こるんだろう……という緊張感と、心理的な恐怖を描くストーリーメインの作品です。

高校生が、放課後廃屋に行くという、ホラー王道の展開。
もう、何かが起こらないはずがない……!
そこに至るまでの放課後のストーリーはほのぼのとして明るく、だからこそ、その先が怖い。
しかし、こういうときに登場する廃屋ってやたら広いものですが、今作の舞台は意外と狭いです。
そこがかえってリアリティがありました。
探索するというより、そこで起こる「何か」にスポットが当てられています。

エンディングは3つで、周回プレイにより順番にひとつずつ解放されていくタイプの構成でした。
ひと夏の冒険、で終わるものから、ぞわりとするものまで様々です。
分岐は分かりやすいので、普通に周回プレイしていれば全エンド見ることができると思います。

あまり語るとネタバレになりそうなので簡潔になりますが、
肯定はできなくても、ほんの僅かだけ、共感してしまう部分がどこかにある……
空恐ろしさと共に、だからこその苦い思いを抱きつつゲームを終えました。

クリア後のおまけルームでは、色々な裏設定が読めて面白かったです。
拍手する

鬼子母神の夢

2018年06月08日 20:00

鬼子母神の夢 ふりーむ!のページ【タイトル】 鬼子母神の夢
【制作】 雪月花様 (カクヨム

鬼子母神の夢
【ジャンル】 追いかけられホラー
【対象】 15歳以上(高校生~)推奨
【ED数】 7種類
【プレイ時間】 1時間15分~3時間程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 182MB
【公開日】 2014年12月10日
【プレイver.】 1.08

主人公・伊織は親からある職に就くのを認めてもらうために三日間、姫纈町と呼ばれる町へ行くことに。
そこであることを思い出して欲しいと言われるが、その内容は伊織にとって不可思議な内容であった。
やがて、姫纈町に伝わるある伝承己の子供ため、大勢の人を犠牲にした鬼の母「鬼子母神」
その伝説が、伊織のある秘密とやがてゆっくりと交差していくことに……。
(ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

第10回 ふりーむ!ゲームコンテスト 脱出アドベンチャー部門で銀賞を受賞された作品。

探索ホラーゲームです。追いかけられ要素あり。
ただ、こちらはホラーではあるもののシナリオ重視の作品で。多くの伏線が張られた濃密な内容でした。
追いかけっこが苦手な私でも遊べたので、そこが苦手だからとプレイを諦めるのはもったいないです。
ボイス機能付で、いつでもON・OFF設定可能。フルボイスではなく、メインイベントのみ喋ります。

本作の主人公、なかなか珍しい設定です(あらすじで伏せられてるのでここでも伏せておきます)。
作者さんがそのジャンルが好きなのかな?と思いましたが、ただ斬新というだけでなく、
主人公の生い立ち自体がストーリーに深く関わっていました。
また、謎解きもその分野に関するものが散りばめられていて興味深かったです。
そっち方面は詳しくない!という私のような方も、ヒントを読めば解ける塩梅なので大丈夫。

探索自体は軽い謎解き&典型的な追いかけられホラーです。
が、チェイサーがよく壁に引っ掛かってこちらを見失うので、逃げるのはさほど大変ではありませんでした。
道を間違えて袋小路にはまってしまい、追いつかれるパターンは何度かありましたが……
中盤までは捕まっても逃げられる救済アイテムもあるので、苦痛を感じずにプレイできるはずです。

そして、先に述べた通りこの作品の真骨頂はシナリオです。
終盤から物語が怒涛の展開を見せていきます。
普通のゲームならこのあたりでラスト、というところから思わぬ方向へ進展してゆき……
綿密に張られた伏線が徐々に明かされる度、驚きの連続でした。
特にBad2は、これでTrueに行けるか!と意気込んでいたところ失敗して辿り着いてしまったのですが、
このエンドのラストシーンでは「あああ、これがそこに繋がるんだ……!と驚愕。
身体が震えるような衝撃を覚えました。
バッドエンドって、わざわざ見なくてもいかなと思いがちなところもあるのですが、
この作品に関してはぜひ先を急がずに、じっくり見ていく事をお勧めしたいです。

エンディング数は7つと多いですが、途中で分岐に関する丁寧な解説が挟まれるので分かり易く、
Badに辿り着いたときにはヒントも表示されるので、始終安心感をもってプレイできました。
また、ゲームファイルに詳細な完全攻略も同梱されています。
私はBad3だけ自分の考えが合っているか確かめたくて攻略ファイルを見たのですが、
残りは自力で辿り着くことができました。
エンディング到達した順番は、 Nomal→Good→Happy→Bad3→Bad1→Bad2→True でした。
まあまあ良い順番でエンディングを迎えることができたと思います。
1周クリアまで1時間15分程、全エンドクリアまでで3時間程かかってます。

正直、ストーリーに関しては強引で都合が良すぎると感じる面もありますし、
人によってはあまり好ましくないと思う表現もあるかとは思います。
しかしそれ以上に構成の丁寧さと壮大さで見る側を圧倒し、鮮烈な印象を残すパワーを持った作品でした。
プレイして良かったです。
拍手する

ゴッデスリトルラビット!

2018年06月02日 20:00

Paper Moon【タイトル】 ゴッデスリトルラビット!
【制作】 Paper Moon ゆきはな様

ゴッデスリトルラビット!
【ジャンル】 ゴリラ系おバカ短編RPG
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 50分程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 189MB
【公開日】 2017年4月1日
【プレイver.】 1.00

ラビットは、弟のヒースと2人で小さなマジックショップを経営しているエルフの女の子。
ある日、お薬の届け物をするために友人のたぬちゃん家へ向かった彼女は、
たぬちゃんに絡むオークに遭遇する。魔法で何とかオークをこらしめたラビットだったが……


第13回 ふりーむ!ゲームコンテスト お笑い部門の銅賞を受賞された作品です。

作品ページを見れば分かるように、素晴らしきおバカゲームです。
同作者さんの別作品と比べると、あまりの違いに同じ人の作品なのかと愕然としそうなのですが、
大丈夫。過去作でもおまけ要素に、ギャグの片鱗は現れていました(・ω・)b

ネタゲーと分かっててプレイを始めたのですが、ラビットちゃんの可愛らしさと戦闘の楽しさに
うっかりはまってしまい、つい序盤は真面目にレベリングに励んでしまいました。
ラビットちゃんだけでなくて、家の外装のグラフィックがすごい可愛くて良い!
そして音楽も良い雰囲気なんです。普通に冒険したくなっちゃいますよこれ。
しかし、あまりやりすぎない程度で切り上げておいて良かったです。ほんと。

ストーリー的には思った通りな展開で、後半はストレス解消な痛快さでした。
過去作のキャラクターもちょっぴり出演するので、プレイ済みだとニヤッとできます。
というかニヤッとできるでしょうか。いいのかこの扱い(((゜Д゜))) というポジションです。

そして終盤はギャグ一辺倒かと思いきや、ラスボスは意外と強くて一回負けました。
リトライで油断せずやると勝てたので、この緩急あるメリハリがゲームとしてすごく良い感じ。
ただ痛快なだけじゃなく、RPG的要素も味わえて最後まで楽しめました。
拍手する