九泉の屋敷

2018年12月16日 20:31

さかあがり様【タイトル】 九泉の屋敷
【制作】 さかあがり様 

九泉の屋敷
【ジャンル】 和風探索型アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 5種類
【プレイ時間】 1周30分(トータル1時間半)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 60.3MB
【公開日】 2018年8月31日
【プレイver.】 1.01

連続殺人事件が起こっている九泉山。
山中に市民が立入る事のないよう、登山口の警戒をさせられていた日向彦(ひなたひこ)は、
山の主を名乗る可惜夜(あたらよ)と出会う。
口論を重ねるうちに、二人は何者かによって屋敷の中へと誘い込まれてしまう。
果たして、彼らはここから脱出することが出来るのか。 (ふりーむ!作品ページより引用)


警官の日向彦と、愛嬌のある神様・可惜夜のコンビが協力し、連れ去られた屋敷から脱出するゲーム。
まず、冒頭で可惜夜の見た目の性別を選べます。
男女どちらとも可愛くて迷いましたが、男でプレイしてみました。
ストーリーに変わりはないものの、途中の台詞が若干違ったりするのかも。

舞台は、元々は可惜夜の住いである屋敷。
今は何者かに支配され、主である可惜夜も完全には自由が利かない様子です。
神様の屋敷……というととんでもなく広そうですが、意外とコンパクトで探索し易かったです。

探索中、時々2人が離れるのでその時に話しかけると会話ができるのに加え、
一緒のときでもCキーを押すと日向彦と可惜夜の会話を聞くことができます。
これ、意外と重要になってくるので、色々なシーンで試してみると良いでしょう。
私はゲームパッド操作なのでCキーに当たるボタンがなくて、うっかり会話していませんでした。
エンディングに影響してきますし、他の他愛ない2人の会話も面白いです。
可惜夜は神様ですが、方言を喋るので親しみを感じます。
性格も気さくで良いキャラクターでした。

一部ホラーっぽい演出はあるものの、脅かしや追いかけられ要素はないのでホラー苦手でも大丈夫そう。
後半には時間制限のイベントもありますが、普通にやれば余裕の難易度でした。
ストーリーの骨格については、道中の書籍を読むことで何となく分かってきます。
中には恐らくあまり一般的には有名とまで言えない文献もあり、作者さんの造形の深さが垣間見えました。
(私が知らないだけかもですが)
どんな物語なのか、興味を惹かれます。

エンディングは、全部で5つに分岐します。
悲惨なエンドから爽やかなものまで、色々な結末で楽しめました。
エンディングによっては、日向彦についても色々と分かってきます。
能天気に思えた彼の、意外な一面に驚かされました。

ちなみに私は、END4→END2→END1→END5→END3 の順でクリアしました。
END4、2、1までは分岐点が分かり易くてさっくりクリアできたんですが、END3と5は少し難しかった。
攻略情報をじっくり見て挑んだのに、ポイントを外して何度かチャレンジするはめに。・゚・(ノД`)・゚・。
丁寧にひとつずつチェックして、ようやくコンプリートです。
ちなみにEND5がハッピーエンドなので、計画的にプレイするなら最後に見るのがお薦めかも。
私はEND3回収していないのに気づいていなくて、上記のような順番になりました。

END5をクリアすると、おまけ部屋で裏設定やキャラクター設定など見ることができます。
短時間で気軽にプレイできるのに、プレイ後の充実感は大きかったです。
細部まで丁寧に考えて作られた作品だなぁと感じました。
拍手する

雨雲

2018年12月15日 20:47

ちゃんとする【タイトル】 雨雲
【制作】 ちゃんとする サム様

雨雲
【ジャンル】 サスペンスアドベンチャー
【対象】 15歳以上
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周1時間~(トータル2時間)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 87.5MB
【公開日】 2015年3月21日
【プレイver.】 1.07

女性の失踪事件と、とある女性の物語。 (ふりーむ!作品ページより引用)


序章~終章までの5章で語られる、クライムサスペンス。
事件の概要を纏めたりのミニゲームはあるものの、推理入力や選択などはありません。

ストーリーは重く、正直万人受けするものではないかもしれませんが、すごく面白かったです。
文章もグラフィックの演出も丁寧で、今まで何で知らなかったんだ、勿体ない!と思いました。

イベントシーンではグラフィックがアニメーションで表現されていて、見応えがあります。
特にストーリーのオープニングでもある序章は……臨場感がすごい。
サスペンスだと分かっていてもぞっとしたし、胸が痛みました。

続きの第一章からは舞台ががらりと変わります。
あれ、別の話になった?と首を傾げつつ読み進めることに。
次の章に行くとまたお話は一転しますが、読んでいくとストーリーの骨格が見えていきました。
犯人も終盤までプレイすると、おのずと察せられます。
犯人の生い立ちには同情はしますが……だからと言って共感も肯定もできない。
しかし、辛い境遇が犯人を狂わせたのか、犯人が狂っていたからそんな境遇になってしまったのか。
どうなんでしょうね。

終章では、選択肢によって即死(ゲームオーバー)もあり。
運命の分かれ道ではセーブを促されるので、ありがたいです。
終章はスリルと緊張感がすごく、思わず主人公の気持ちになって震えてました。
2択の選択肢が3連続で、ひとつでも間違うと即死なシーンがあるんですが、
偶然にも全部正解の選択してびっくり。運を使い切ったかもしれない。

最後には、何の因果か憎むべき犯人も自身を苦しめた人たちに復讐を果たしていて、
良く練られているストーリーだなぁと感心しました。

エンディングは4種類としていますが、基本は1種類です。
残りは、途中の選択肢次第で事件が起きなかったり、最後まで辿り着ずにて終わるエンディング。
ただ、これらもエンディングとしてカウントされていて、全部見るとクリア後におまけスチルが見られます。

トータルクリア時間は2時間程度でした。まさに2時間サスペンスドラマ……!
章仕立てなので途中で休憩しながら読めて良かったです。

ふりーむ!でのレビューがやや辛口なのが意外です。
私にとっては、かなり好きな作品のひとつになりました。良質のサスペンスだと思います。
拍手する

Angelo

2018年12月14日 22:35

Angelo ふりーむ!のページ【タイトル】 Angelo
【制作】 アトリエNako(Webサイトなし) Nakona様

Angelo
【ジャンル】 探索ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 15分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 15.3MB
【公開日】 2018年9月26日
【プレイver.】 1.00

ベッドの傍で女性が泣き崩れる。

“アンジェロ どうして起きないの……
どうか おねがいよ
もういちど目を覚まして……アンジェロ”


――アンジェロは、幻想的な世界を彷徨っていた。 (一部ゲーム内より引用)


幻想的、でもどこか寂しさが漂う世界を探索する、短編ゲーム。

プレイ開始すると、いきなり耳に届く女性の嗚咽。
ちょっと予想外。
素材SEなのかなと思いますが、心を絞り出すような嗚咽に心が抉られました。

オープニングを見ると、物語の背景が何となく想像できます。
グラフィックに美しさだけでなく物悲しさを感じるのは、無人の世界だからというのもありますが、
やはりオープニングの影響が大きいかも。
幻想的な星空や、駅の風景などどこかノスタルジーを感じる風景。
移りゆく風景を眺めながらの探索は楽しかったです。
ただ、どこで画面が切り替わるのかが少しだけ分かり辛かったように思います。

探索中に「すす」を拾ってイベントを見、全てを見つけるとエンディングに向かいます。
起こるイベントも何となくですが意味が伝わってきて、心がきゅっとしました。切ない。

短時間で作者さんの作った物語と世界を味わえる、良い作品でした。
クリアするとおまけ部屋に行けて、更に詳しい物語の設定も見ることができます。
拍手する

ダドリーと不思議な塔

2018年12月12日 19:53

ひとでなしの空間【タイトル】 ダドリーと不思議な塔
【制作】 ひとでなしの空間 せん様

ダドリーと不思議な塔
【ジャンル】 謎解きアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類+α
【プレイ時間】 1時間~1時間半程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 13.2MB
【公開日】 2017年4月4日
【プレイver.】 1.09

届け物を持って「不思議な塔」を訪れたダドリー。
大切な荷物を直接届ける為、ダドリーは塔の主ベンジャミンに直接会いたいと申し出る。
侵入者を拒む様々な仕掛けが施されたタワーを、ダドリーは無事に登り切ることができるのか――


ふりーむ!からはダウンロード版、RPGアツマールではブラウザ版がプレイ可能。
ただし、ブラウザ版のみ立ち絵や会話イベントの追加、そして追加エンディングがあります(2018年12月時点)。

ふりーむ!の作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

私がプレイしたのはダウンロード版ですので、この記事でのスクリーンショットや感想はダウンロード版のものです。

様々な仕掛けを解きつつ塔を登っていく、謎解き探索アドベンチャーです。
こちらの作者さん、有名ホラーゲームの「操」や「マッドファーザー」の作者さんなんですね。
前作2つは結構怖そうでプレイしたことがないのですが、
この作品は一目見て雰囲気に惹かれプレイさせて頂きました。

仕掛けを掻い潜って進んで行く、と聞くと即死トラップ満載の死にゲーを連想しそうですが、
このタワー、そんな恐ろしい場所ではありませんでした。
確かに仕掛けは施されているものの、失敗しても死にやしません。優しい仕様!
理不尽なトラップで即死し打ち震えること数多の、近頃のフリゲー界。
その中で出会えた稀な優しさに、何だか妙な感動を覚えます。

シンプルなドット絵に、吹き出しの台詞が可愛い雰囲気。
BGMはフリー素材ですが、全BGMをひとつのサイトの素材に絞られているので統一感があります。
特にメインで使われているBGMは、作品の雰囲気にっぴったりで耳に残りました。

主人公は犬を連れていて、一人と一匹の視点を切り替えつつ進んで行きます。
人の視点じゃないと文字が読めなかったり、逆に犬でないと見えないものがあったり、
人々の台詞が違ったりと様々な変化が起こります。
「視点の切り替えが必要」というシステムが生かされたギミックばかりで、面白かったです。
セーブは道中の記帳台のようなところで可能。
場所は限られていますしセーブ数も3つと少な目ですが、特に不便はありませんでした。

人嫌いなので他人侵入できないように仕掛けを施しているという、塔の主ベンジャミン。
どんな人物かは謎めいていますが、ちょっと進むと変わり者ということだけは理解できるかと。
ストーリーは、奇妙なおかしさや暖かさ、そして重い悲しみ……等、様々な感情が呼び起こされるものでした。

エンディングは基本1種類。
途中であるイベントを見ているとエンディングに追加要素があります(流れは同じですが)。
そして前述のように、ブラウザ版のみもうひとつエンディングが追加されているとのこと。
どちらをプレイしようか迷った方は、ブラウザ版が良いかもしれません。

私はそのことを知らず、ダウンロード版でプレイしました。
終盤の選択で「これを選んでこうやったら違うエンディングに行けるかも」
と思って試した行動があったんですが、何も起こらなかったんですよね。
ブラウザ版ではまさにその行動での追加エンドがあるようです。
また後日、ブラウザ版もプレイしてみたいです。
拍手する

魔法使いニールと双子の街

2018年12月10日 20:00

Rabbit☆Potion【タイトル】 魔法使いニールと双子の街
【制作】 Rabbit☆Potion 絹笠マルニ様

魔法使いニールと双子の街
【ジャンル】 探索アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【スチル数】 8枚
【プレイ時間】 1周1時間(トータル1時間45分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 208MB
【公開日】 2018年10月26日
【プレイver.】 1.04

魂の霞を食べて 息をする。
僕は旅人、 "彼の"魔法、使い。

…どうか どうか。この旅路に最後を。 (制作サイトより引用)


絵柄に一目惚れしてプレイさせて頂きました。
とんがり帽子の魔法使い、良いですねえ(*´∀`*)
タイトルもファンタジックで、興味を惹かれます。

ゲームを起動すると、流れてくる幻想的な歌と、謎めいた文章。
これだけで、これからどんな物語が始まるのだろう?とワクワクさせられました。

ゲームは横スクロールで街を探索していくスタイル。
グラフィックは全て手書きです。素晴らしい。
まるで絵本の中を探索するようでした。
ストーリーは想像通りの濃厚なファンタジー。
目まぐるしく展開するので、途中ややついていけずに戸惑う場面もありましたが、
プレイし終わってみるとちゃんと全貌が見えてきました。
ダークな面もありはするものの、始終暖かさと一抹の物悲しさに包まれた、総じて優しい作品だと思います。

作品はボイス付で、イベントシーン他一部でキャラクターが喋ります。
「あっ」とか「やあ」とか一部だけ喋る所もあれば、台詞の途中まで喋るシーン、
重要な箇所ではフルボイスとなっています。
とても完成度の高い良い作品だと思うので敢えて気になった点を挙げますと、
イベントシーン以外でのボイスの用い方が中途半端だなぁと感じました。
そこまでしか喋らないのか……と思ったシーンがいくつかあったような。
途中で切るくらいなら、最初に書いた「あっ」等だけにした方が統一感は出たのではと思います。

エンディングは2種類。
最初はノーマル(?)エンドに辿り着きました。
もうひとつのTRUEは、同梱のreadmeに行き方記載されています。
私もこれを参考にさせて頂きました。
プレイのやり方次第では、最初にTRUEに辿り着く方もいそうです。
最初に見たエンディングは、衝撃的でちょっとショックでした。
その分、TRUEを見た時の安堵感と言いますか、良かったー!という気持ちはひとしおでした。

幻想的で独特なストーリーに、書き込まれたグラフィック。
とても完成度の高い作品だと思います。
ファンタジー好きな方には特にお薦めしたい作品です。
拍手する


最新記事