星空の下で

2020年11月15日 21:44

寄り道小屋まい【タイトル】 星空の下で
【制作】 寄り道小屋まい ダイキ様

星空の下で
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 4分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 98.4MB(ダウンロード版)
【公開日】 2017年12月31日
【プレイver.】 ?

目が覚めたらそこは知らない場所だった。
さらに自分の名前も思い出せない。
町を探索し、思い出していくが事件が――。 (ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


ティラノビルダー製で、ノベルゲームコレクションにて公開されています。

記憶を失った主人公。
街の色々な場所に行き、記憶を取り戻していきます。

行ける場所は多くなく、5分もかからずさっくり記憶を取り戻せました。
探索の順序によってはバッドエンドしか迎えられなくなるものの、条件は厳しくないので、
普通にプレイしていれば概ねトゥルーエンドには行けると思います。

エンディングは重かったです。
主人公が最後に語る言葉は、普通に聞けば何だそりゃ、と思う台詞なのですが、
何だかすごく分かる気がしたんですよね。
ああ、そうか……とすとんと腑に落ちたというか。心に刺さりました。

拍手する

早くウィンドウを閉じてください

2020年11月13日 20:14

バッテリー残量はあと僅か ふりーむ!のページ【タイトル】 早くウィンドウを閉じてください
【制作】 第2007号様(twitter

早くウィンドウを閉じてください【ジャンル】 ホラーノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 2分程度
【ツール】 Unity
【容量】 -
【公開日】 2020年8月15日
【プレイver.】 1.01

恐怖のウィンドウを知っていますか? (作品ページより引用)


Unity製で、ブラウザでプレイできます。Unityroom、RPGアツマールでも公開されています。

Unityroomの作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

学校で聞いたちょっと奇妙な噂。
PCで特定のサイトを開くと、恐怖のウインドウが現れるという……。
作品ページにプレイ時間3分とあるし、手短で適度に(?)怖そうと思い、プレイしてみました。

タイトル画面の、教室の喧騒を思い起こさせるガヤが面白かったです。
友達から恐怖のウィンドウの噂を聞き、家で試してしまう主人公。
これは、ホラゲーの死亡フラグ……っ!

何が起こるかとドキドキワクワクしましたが、ちょっと予想外の展開に驚きました。
求めていた感じとはかなり違いましたが、驚いた後は、意外と怖かったです。
あまり語るとネタバレになってしまうので難しい。
ぜひご自身でプレイされてみて下さい。
ただし、純粋なホラーを求めている方は、肩透かしを食らうかもしれません。

以下、ネタバレ感想を反転させないと見えないようにしておきます。閲覧にはご注意下さい。

恐らくこれは多くの人が試すのではと思うのですが、初回普通にプレイした後、
時間切れだとどうなるかな?と放置してみました。

結果、ぽかん……とし、次の瞬間大笑いしてしまいました。
なんだこれwww


このセンス、大好きです。
拍手する

KOKUTOU - 鐘塔の幽霊 -

2020年11月07日 21:16

大沼屋【タイトル】 KOKUTOU - 鐘塔の幽霊 -
【制作】 大沼屋 大沼遼太郎様、アイゼン伯爵様

KOKUTOU - 鐘塔の幽霊 -【ジャンル】 日常ミステリーアドベンチャーゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周57分(トータル1時間7分)程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 305MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年8月31日
【プレイver.】 1.01

『12時、誰もいない礼拝堂の鐘塔に幽霊が現れる。』
そんな噂の真相を確かめるために、
二人は季節外れの肝試しをすることになる。
果たして黒十は見事幽霊の正体を暴けるのか。 (制作サイトより引用)


日常系ミステリーのKOKUTOUシリーズ、第4話が公開されていました。
ティラノゲームフェス参加作の為か、今のところノベルゲームコレクションでのみ公開されています。

ストーリー自体は一話完結ながら、前作から続いてのキャラクターが多く登場しますし、
前作をプレイしていないと分からないエピソードも多いです。
特に今作は、以前のストーリーを知っていればこその感慨が味わえるので、
個人的には、一作目から順番にプレイした方が良いと思います。

今回は、柚葉ちゃんの通う学校の礼拝堂に現れるという幽霊の謎を追っていくもの。
幽霊と言えば真夏が王道ですが、今回はクリスマス前の冬が舞台です。

プレイしてまず、柚葉ちゃん達がセーラー服の上にカーディガンを着ているのに「おっ」と目をひかれました。
制服のカーディガンって、学校指定の同じものを着ているイメージもあるのですが、
彼女たちはそれぞれ違ったものを着ているので見た目楽しいです。
また、黒十さんや柚葉ちゃん達のコート姿も素敵でした。
品の無い感想ですが、お金持ちのお嬢様達なだけに「お高いんだろうなぁ……」なんて思ったりして。

幽霊の謎というのが、いつものまさに日常ミステリーと言える他愛ない謎解きに比べ、
どこか非現実感を伴っていて不思議な感じでした。
ストーリーも、思いの他シリアスで。
運良く最初に見たトゥルーエンドのルートでは、一瞬ヒヤリとする展開も味わえました。
最後は、シリーズを通じてのあるエピソードにも決着が着けられており、ちょっと泣きそうになりました。

今回、黒十さんはもちろん、前作ではちょっと我儘で嫌な面が強調されていたアリスの活躍も見られ、
全てのキャラクターがひときわ魅力的に描かれていたと思います。
次回作も既に予定されていらっしゃるようで、次は誰に会えるかなぁと今から楽しみでなりません。

それから、個人的には黒十さんが踏みにじられる(物理)シーンも好きです。
心に潜むSな部分が疼きます(笑)
どんなシーンやねんと気になった方はレッツプレイ!
拍手する

3564デス

2020年11月06日 21:50

3564デス【タイトル】 3564デス
【制作】 時計チクタク様(twitter

3564デス
【ジャンル】 死者選択型デスゲームアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 6種類+?
【プレイ時間】 1周50分(トータル2時間25分)程度
【ツール】 RPGツクールMV、VX Ace
【容量】 197MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年2月15日
【プレイver.】 1.04

誰をミゴロシにするか、選ぶのはあなた。 (readmeより引用)


ふりーむ!とRPGアツマールにて公開されていて、基本はブラウザプレイの作品です。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能。

ふりーむ!の作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

誰かを3564(ミゴロシ)にしなければ、生き残れない。
ユニークで愉快なキャラクターとは裏腹に、サスペンスフルなデスゲームです。

同作者さんの前作「ゲーム実況者失踪させてみた」もデスゲームを扱った作品で、
ストーリーや大まかな展開が今作とよく似ていると思います。
前作プレイさせて頂いたのが約1年前なのでちょっとうろ覚えではありますが、
プレイしてみて違うなぁと思った点を挙げてみると、

前作

・登場人物が他人同士
・主人公は安全圏内にいる
・登場人物が、良い人ばかり

今作

・登場人物が友人やその知人
・主人公もミゴロシにされる危険あり
・登場人物が、時に醜い本音をさらけ出してぶつかってくる

というところでしょうか。
前作は、登場人物が良い人(少なくとも私視点では)ばかりで胸が痛んだのですが、
今作は親友同士でありながら激しく本音をぶつけてくるので、より殺伐としていました。
デスゲームなだけにやや残酷なシーンもあります。
しかし、流血がオレンジ色で表現されていたりと、視覚的な配慮もされていました。
流血が苦手という訳ではない私でも、オレンジ色だと嫌悪感が和らぎますね。
そして、ご覧の通りキャラクターが個性的なので、オレンジが調和して違和感がない気がします。

個人的には前作の方が好みです。
ただ今回は、なぜかゲームの中でゲームプレイすることになったり、
毒入りコーヒーを押し付け合うというような心理的な駆け引きが際立っていて、そこが面白かったです。

誰をどうミゴロシにするかによって、ストーリー展開や真相が変わってきます。
ルートによっては意外な真実が判明したりと、最後までドキドキして飽きませんでした。
途中、言動に腹が立った人物もいたのですが、終わってみると印象が変わったり。
最初の印象を覆す、シリアスなストーリーでした。

エンディングは、ミゴロシのパターンで変わってきますので、順番を変えれば迷わず回収できます。
+αのエンドも、作中でヒントがあるので見るのは難しくありません。
拍手する

学期末のアウトサイダー

2020年11月05日 20:00

言ノ葉迷宮【タイトル】 学期末のアウトサイダー
【制作】 言ノ葉迷宮 KaTana様

学期末のアウトサイダー【ジャンル】 推理コミックゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周13分(トータル1時間半)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 21.3MB
【公開日】 2019年12月(フリー版公開)
【プレイver.】 1.00

ある朝、登校を急ぐ木野は、曲がり角で同級生らしき見知らぬ女子とぶつかってしまった。
下校時に再び出会った彼女は、桂と名乗る。
その後も桂と出会い仲良くなった木野は、彼女から学校の七不思議について聞かれたり、
一緒に学食を食べに行きたいとせがまれるのだった。
しかし、快諾した木野に桂は、「自分には秘密があるんだ」と打ち明けてきて――


※2020年5月9日より、ブラウザ版も制作サイトさんにて公開されています。
 こちらからプレイ可能です。

元々コミティアで帆布のち、2017年9月にダウンロード販売された作品。
その後に、おまけ要素を削って見開き構成でリメイクしたフリー版の公開を開始されたとのこと。
そのフリー版の感想です。

コミPo!というコミック制作ツールで作られたコミック作品。
クリックかエンター、またはマウスのホイールでページをめくって進めていきます。

今までの人生で悟ったことのひとつは、食パンを咥えて登校する人なんて現実にはいないということ。
しかし、そんなベタな展開を敢えてやってしまうとは……!

今作は、そんなベタな出会いをした少女・桂さんの秘密を当てる推理ゲーム。
後半で、答えの入力があります。
更に、それとは別にある事件の推理も楽しめるという二重構造(こちらは入力なし)でした。
漫画面白かったですけど、推理はかなり難しかったです。

あまりにも見え透いていて、多分これは違うだろう、という答えしか思いつかず。
とりあえず入力してみましたが、不正解エンドの結末2に行きました。やっぱりなー。
さっぱり思い浮かばず、でもヒントを見たくなくて、片っ端から思いつく単語を試してしまいました。
最後は何とか正解でき、ほっとしました。
プレイログを見ると、90回は入力していたようです。ハハッ
所要時間1時間半かかっているところで、どれだけ苦心したか分かって頂けるかと……。
苦労したけど、試行錯誤した過程はたいへん面白かったです。

以下、ちょっとネタバレになるので、反転しないと見えないようにしておきます。

読んでいてこれは絶対伏線だろうと思っていたことがあり、その方向で考えていたのですが全く違いました。
これ、きっと意図的なミスリードですよねぇ。見事に引っ掛かりました。
その思い込みをいったん忘れて、「なぜ彼女がこんなことをしているのか」という事実から
思考を手繰り寄せていったところ、正解に辿り着けました。

ただ、何で名前が被っているのかが解せませんでした。
二人はもしやきょうだい!?と一瞬思いましたが、ならば彼女は兄(弟)にリサーチするでしょうし。
単なる偶然……というか、ミスリードの為の作品上の都合なのでしょうか。


それにしても、上手くしてやられたなぁと悔しいです。
更に、その後の「事件の真相」もぼんやりとしか分からず、ほぼ外してしまいました。
そこもちょっと悔しいです。
まぁ、クリア出来たので良しとしましょう。
拍手する


最新記事