スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

HE -閉ざされた空間-

2015年01月20日 21:06

白桃花-hakutouka-【タイトル】 HE -閉ざされた空間-
【制作】 白桃花-hakutouka- 桃っぽい様(代表)

HE-閉ざされた空間-
【ジャンル】 サスペンス風バカゲーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 8種類
【スチル数】 15枚
【プレイ時間】 1周20分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 45.0MB
【公開日】 2012年2月19日

人の息が近くに感じられるほど自由に身動きが取れない密室。
エレベーターの故障で閉じ込められた、7人の男女
彼たちは何を考え何を思うのか……
その先に何が待ち構えてるのか……
主人公を含む7人からの視点で描く。(制作サイトより引用)


「サスペンス風バカゲーADV」というキャッチコピーがあったので、
ギャグ系のお話なのかな?とは思っていましたが。
密室サスペンスっぽい緊迫感あり、コメディあり、恋愛あり、BL(!?)ありと
色んな要素が盛りだくさんでした。
これだけ短編に色とりどりの要素を詰め込んでまとめているのがすごい。

ストーリーのオチは途中で何となく予想が付いてしまったものの、読み終わって
ああ、なるほど、こういう意味なのか……!と妙に感心してしまいました。

エンディングも8種類あり、それぞれに違った味があって面白かったです。
ひとつなかなか辿り着けないエンドがありましたが、制作サイトさんに攻略があるので
参考にさせて頂きました。ありがたや。

凝ったムービーや美麗な絵柄が豪華な、贅沢なバカゲーでした。
拍手する
スポンサーサイト

くまのこの森

2015年01月06日 21:57

くまのこ道【タイトル】 くまのこの森
【制作】 くまのこ道 まふ様

くまのこの森
【ジャンル】 森の中でくまさんに出会うADV
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周5~6分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 18.9MB
【公開日】 2014年7月23日

こ、これは……!
かわいいくまさんの登場するほのぼのゲーかと思いきや、何という事でしょう。
なかなかのシュール作品でした。
次々と起こる予想外かつ脈絡のない展開にぽかーんです。
あまりの脈絡のなさと、登場人物のギャップもなかなかで笑いを誘います。
くまさんは可愛かったです。うん。


1周目を終えた時点では、いやしかし、トンデモ展開に見えて実はすごく悲しいお話なんじゃ。
実はくまさんは死んだあの人の魂で……等と色々想像していたのですが、
2周目の時点で真剣に考える事を止めました。
考えるな、感じればいいんだ。

1周は5分程度と短いので、お手軽に楽しめます。
何も考えずに笑ってみたい方、いかがでしょうか。

選択肢を全部試して行けばエンディング全て回収できるので迷う事は無いと思います。
一応、追記に攻略らしきものを掲載しています。
反転させないと見えないようにしていますが、ネタばれが嫌な方は閲覧にご注意下さい。
[くまのこの森]のヒント・攻略を見る
拍手する

MerryMerry

2014年12月18日 21:25

へもへも【タイトル】 MerryMerry
【制作】 へもへも まゆげ様

MerryMerry
【ジャンル】 クリスマスミニゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【スチル数】 9枚
【プレイ時間】 1周8分~(トータル30分)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 28.3MB
【公開日】 2012年12月29日

――クリスマスを壊しちゃえ!
彼氏と別れたばかりの新人サンタ・メリは八つ当たりで
リア充にいやがらせを思いつくが、そこへ上司が妨害してきて……
(制作サイトより引用)


リア充爆発しろ!とやさぐれているサンタクロースのメリと、その師匠の物語。

最初に登場したヒロイン・メリちゃんのインパクトが凄かった。
一瞬、何のゲームかと思いました。
あ、あれ、これ乙女ゲーじゃなかったの……?
他のキャラクター達も、見た目や性格もクセのある人物ばかりで、立派なギャグゲーです。
しかしながら、始終ギャグ一辺倒という訳でもなく、終盤は意外とほっこり。
微糖ながらも、ちゃんと乙女ゲーしてました。

メリちゃんは、白くて豊かな髪がひつじみたい。
最初こそインパクトのある登場だったものの、素顔のメリちゃんんはいい意味で普通の子です。
ゲームのヒロインって、だいたい可愛い美人さんが多いもの。
でもメリちゃん、そばかすを気にしてる等コンプレックスを持った、
見た目もすごく普通の等身大の女の子です。そこに親しみを感じました。

また、この作品は単にストーリーを読むだけでなく、途中でモグラ叩き系クリックゲームや
じゃんけん、クリック探索といったミニゲームも盛り込まれています。
最初のモグラ叩き系ゲームがコツを掴むまで難しくて、何度も敗北……orz
じゃんけんも、ししょー手強かった。

速攻で敗北すると1プレイが10分もかからない短編で、全エンド見るまでも30分程度。
お手軽に遊べるのに色々な要素が盛り込まれていて楽しかったです。
拍手する

不浄なる密室

2014年12月05日 18:33

鳥籠のゲーム作品【タイトル】 不浄なる密室
【制作】 鳥籠のゲーム作品 鳥籠様

不浄なる密室
【ジャンル】 探索推理アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類?
【スチル数】 -
【プレイ時間】 40分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 27.3MB
【公開日】 2014年4月

密室と化した部屋の中で、ウンコが発見された。
室内では女性が一人眠っていたが、どうやら彼女のウンコではなさそうだ。
主人公たちはウンコ漏らしを探すための捜索を始めるのだが……。
(制作サイトより引用)


※今記事には、ややお下品な内容が含まれれております。

うんこゲー祭で3位を獲得された作品。

まさか、自ブログで伏字もせずにうんこうんこ連発する日が来ようとは思ってもみませんでした。
すごい名前のお祭りです。そして、そのテーマに相応しい内容です。
しかしながら、内容はクソではありません。ギャグに近いですがきちんと推理要素あり。
ただ今回は早い段階で気付いてしまったので、じっくり考える楽しみは控えめでした。
鳥籠さんの他の作品に比べると難易度低めだったかな。

お祭りページ見ると分かりますが、他の作品はもっと露骨なうんこ表現が多いです。
この作品もテーマは同じながら、タイトルや人物のネーミングにさりげないセンスを感じました。
タイトルとかただのトイレなのに、何か推理小説っぽさを醸し出していますよね……ね?

ちなみにこの作者さんの作品は全てどこか繋がっていると言う特徴があるのですが、
今作も他の作品(第7作目)をプレイしていると「あっ」と思うネタが仕込まれてます。
単作でプレイしても普通に遊べますが、プレイしてみて作風が気にいった方は、
そちらも合わせてやってみると面白いかと(と言っても今作以外は下ネタじゃないですよ)。
ただ、その第7作目は名前が公表されていないのでお薦めし辛い面もあるのですが……。
(しかし、制作者さんのページをくまなく探すと実は……!)。

こういうお下品なネタが嫌いな方ではなければ、身構えずに楽しめるかと思います。
たまにはあまり頭を使わず、ホラーに身構えずに気楽にゲームプレイも良いものです。


エンガチョ。
うんこゲー祭
拍手する

犯人は田中

2014年09月28日 17:09

SULPTENON【タイトル】 犯人は田中
【制作】 SULPTENON 八久斗様

犯人は田中
【ジャンル】 似非推理寸劇
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 25分程度
【ツール】 RPGツクール2000
【容量】 790KB
【公開日】 2008年10月26日

【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

プレイする前は、タイトルを見て推理ゲームかなと思っていたんですが、
推理モノがネタのギャグ作品でありました。選択肢はなく、純粋な読み物です。
推理の”お約束”をネタにした小説だと、東野圭吾氏の「名探偵の掟」を読んだことがあります。
あれも推理小説のパロディでかなり面白かったんですが、こちらの作品は知的に笑えるというより
「そんなバカな!?」と、ある意味清々しいほどにかなりぶっとんだ展開。
ただ、本格推理を読みこんで愛してないとここまで作れないなと思わされるものでした。

さくさく読み進めるので、推理もの好きな方は読んでみても損はないかも。
ただ、結構おふざけな内容なので、愉快と不愉快がはっきり分かれてしまいそうな気も……します。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。