一触即デス!ZOMBIEGIRL

2019年11月30日 23:00

一触即デス!ZOMBIEGIRL ノベルゲームコレクションのページ【タイトル】 一触即デス!ZOMBIEGIRL
【制作】  さかいあい様(twitter

一触即デス!ZOMBIEGIRL
【ジャンル】 短編ノベルアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周1分~8分(トータル10分)程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 95.6MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年5月4日
【プレイver.】 ?

恋人「しーちゃん」とのドキドキ初デート!だけどなんだか危険な予感…?
「しーちゃん...その恰好...。もう、今日はハロウィンじゃないよ!」
(ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


選択式の短編ノベルゲーム。
こちら、何と8時間で制作された作品だそう。
それだけにセーブ機能やスキップ機能はありませんが、1周が短いのであまり苦もなく遊べました。
スキップ機能は欲しいなぁとちょっと思いましたが……しーちゃんが可愛いからまぁいっかと思えちゃう。

いやー、これは楽しかったです。台詞がいちいち面白い。
一見シリアスな始まりなのに、パパとの電話で笑い転げました。
かと言ってギャグ一辺倒という訳でもなく、よく考えるとかなりホラーな場面もあったり。
シュールさとシリアスが入り混じって、そのアンバランスな感じが何とも言えず良い味わいでした。

選択肢を誤ると即デス!です。
とは言え、デスエンドもなかなか楽しいものばかりなので、全部見ちゃうのがお薦め。
ラストは意外と救いが無く……ですが、その救いの無さの方向性が様々で面白かったです。
拍手する

ミッドナイトストレンジ2

2019年10月25日 20:00

ビーの一族 ブログ【タイトル】 ミッドナイトストレンジ2
【制作】 ビーの一族 ブログ ウチチャン様(代表)

ミッドナイトストレンジ2
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類+バッドエンド
【プレイ時間】 1周16分(トータル25分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 132MB
【公開日】 2019年10月16日
【プレイver.】 1.00

この町にやって来てはや一年。今日はハロウィン。
不思議な出来事ばかりに遭遇した去年のハロウィンに交わした、あの人との再開の約束。
果たして本当に来るだろうかとソワソワして待つ主人公の元に訪れたのは――?


※2019年11月現在、公開されていません。

前作「ミッドナイトストレンジ」の続編です。
前作クリア済みが前提のアフターストーリーなので、前作プレイ済みの方推奨。

また、前作はブラウザプレイのみでしたが、今作はダウンロード版のみ公開されています。

こちらも冒頭でまず名前を聞かれます。
主人公は前作と同じという設定なので、同じ名前にすると良いでしょう。
名前を聞いてくるキャラクターを見て、「おおっ」と歓喜。
しかし、あちらは私を覚えてない模様。ちょっぴり寂しいよ(・ω・`)

前作がかなり面白かったので、続編を公開して頂けて嬉しい限りです。
お馴染みのキャラクターがほぼ勢揃いしてます。

ストーリーは、ハロウィンを楽しもうと町に出た彼らが異世界に飛ばされるというもの。
ホラー展開か!?と思いきや、そこはやっぱりシリーズの明るい雰囲気炸裂なのでした。

今回は、お馴染みのキャラに加えて新キャラも登場します。
特にラスボスのキャラクターに心を射抜かれました。
ネタバレになりそうなので、どう思ったのかはここでは伏せておきます。
そして、死神たんがちょっぴり良い人(?)になっていて癒されました。
でも、君はもうちょいウザキャラでも良かったんだよ。と思わなくもないですが……!

エンディングは2種類とバッドエンド。
選択肢は少ないので、2つのエンディングは難なく見られます。
バッドエンドは迎え方が分からなくて、ゲームファイルに同梱のヒントを参考にさせて頂きました。
いや、あの選択肢に意味があったんかい。と心の中で突っ込みました。

基本的に明るいコメディタッチのストーリーながら、最後はちょっぴり寂しい展開もありました。
またいつかハロウィンの日に、彼らに会えたらいいなぁと願わずにはいられません。
拍手する

ミッドナイトストレンジ

2019年10月24日 20:00

ビーの一族 ブログ【タイトル】 ミッドナイトストレンジ
【制作】 ビーの一族 ブログ ウチチャン様(代表)

ミッドナイトストレンジ
【ジャンル】 短編ノベルアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周9分(トータル37分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 -
【公開日】 2016年10月8日
【プレイver.】 2.01

最近この町に引っ越して来たばかりの主人公が、初めて迎えるハロウィンの夜。
まだ友達もいないが、せっかくのハロウィンだし一人で町を散策することに。
そこで主人公が出会ったのは……?


※2019年11月現在、公開されていません。

ハロウィンが舞台の短編ノベルアドベンチャー。

まず、主人公の名前を決定するところから始まります。
自分の名前を入れちゃえばいいのですが、私はあまり自分の名前は付けないタイプでして。
この主人公、男女性別が決まってないというのでしばし悩みました。

名前が決まると、ストーリーに登場する4人の中からキャラを選んで進めていきます。
この作品、キャラクターがとにかく個性的で楽しい。
台詞が結構痛いんですが、痛すぎて面白すぎ。読みながら笑い転げてました。
中でも痛かったのが、死語を連発する死神……!
どちらかと言うと悪役で、性格も痛いのですが、なぜか憎めませんでした。

私はパッと見てエメロードちゃんが気にいったので、エメロードちゃんから順に進めました。
一見気が強そうな女の子ですが、気が強い面が出すぎず、礼儀正しくて優しい子で。
キャラクターも想像以上に良かったし、ストーリーも良かったー。
でも、この子はちょっと最後に取っておけば良かったかも、と思ったり。
とは言え、プレイ順はお好みで良いとは思います。

主人公の性別が不明なのでBL、GL要素ありとの記述があるものの、
あまりがっつり恋愛という感じで描かれてないので、さほど気にならなかったです。
一番猛烈に主人公に迫ってくるキャラがちょっとアレなので、恋愛どころかギャグでしかないという。

最初は乙女ゲーかギャルゲーっぽいのかな、と思ってプレイさせて頂いたのですが、
どちらという訳でもなく、最初に想像したより面白かったです。思いがけず心が温かくもなりました。
拍手する

きらきら星の道しるべ0 -ムイと魔王のオーブ-

2019年10月19日 19:54

きらきら星の道しるべ【タイトル】 きらきら星の道しるべ0 -ムイと魔王のオーブ-
【制作】 POPODOT POPO様

きらきら星の道しるべ0 -ムイと魔王のオーブ-
【ジャンル】 ほのぼの短編RPG(ATB)
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 2時間程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 54.4MB
【公開日】 2017年4月28日
【プレイver.】 1.3

幼馴染で親友のロドがとある呪いをかけられてしまった。
呪いを解くために裏山の森の頂上を目指す。
ちょっぴりカオスで切ない物語。 (ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

可愛い&シュールなキャラクターのコラボ、ちょっぴりお色気アリ、そしてどこか切ない。
POPOさん作品の特徴が満載の、短編RPG4作目です。

プレイ前にイージーかノーマルを選択できます。
私はノーマルでプレイしました。

今作の戦闘は、何と言ってもATB(アクティブタイムバトル)が採用されていることでしょうか。
ファイナルファンタジーとかの、戦闘中に時間が常に動いているアレですね。
この作品の戦闘はちょっと動作が独特で、最後までなかなか苦戦しました。
シンボルエンカウントなのですが、敵に触れなくても近づいただけで戦闘が始まります。
そして近くにいる敵が巻き込まれて寄ってくるという。
基本的にさほど強い敵ばかりではないので、ごり押しでもやっていけます。
ただし、油断するといつの間にかゴリゴリ削られてて、一度全滅もしちゃったよ。
イージーだともうちょっと楽に進めるのでしょうね。
ただ、ノーマルでも厳しいという程でもなく、アイテムも節約するタイプなので、十分足りました。

敵を倒すと「オーブ」がGETでき、装備すると能力UPや、スキルが使えるようになります。
結構ボロボロ落としてくれるので、強そうなオーブに付け替えていくのがなかなか楽しかったです。
ちょっと勿体ないのは、補助系のオーブがあまり使いどころがない点でしょうか。
装備できる数も限らているし、どうしてもスキルや能力UP系を優先しちゃいますね。
そして戦闘ではどうしても補助スキルを使う暇がなく、攻撃スキルや回復スキルばかり使ってしまいます。
ただこれはフリゲの短編RPGでは作品でもありがちなことかもです。

ストーリーは、主人公の狩人・ムイが、友達のロードの呪いを解くため、共に裏山を探索していくというもの。
と、コレだけ聞くと王道ファンタジーのようですが、その呪いが何ともはや……。
ここでは詳細は伏せますが、シュールです。というか脱力です。
また、もうひとり心強い(はず)の仲間もいます。そのキャラが一番クセがあり、かなり好きでした。

そして個人的に想定外だったところ。
裏山の探索は序盤のチュートリアル程度だと思って臨んだところ、何と裏山の探索が全てだったΣ('□'*)
前述のように戦闘にはちょっぴり苦労したものの、道中のエピソードは本当に楽しかったです。

後半に近づくにつれ、ストーリーの真相は何となく想像がついてくると思われます。
しかし、これ前作の「きらきら星の道しるべ」のキャラクターが特に出てくる訳でもなく。
なぜ同じタイトルの0(ゼロ)と名付けられているのか、終盤までずっと首を傾げていました。

そして、ラストの怒涛の展開を見ている途中で、これはもしや……と気付く。
その瞬間、あまりに切なくて胸がギュッと締め付けられました。
こんな……こんなのってないよー。あまりに切なくて、泣きたくなります。

これは、前作を先にプレイしておくことを強く推奨したいです。
それによって、ラストの衝撃がかなり違うと思いますので。
拍手する

勇者と魔王の愛の劇場

2019年06月08日 22:29

Mellkuch【タイトル】 勇者と魔王の愛の劇場
【制作】 Mellkuch メルクーフ様

勇者と魔王の愛の劇場
【ジャンル】 
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 5分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 11.5MB
【公開日】 2018年2月1日
【プレイver.】 1.03

幾多の試練を乗り越え、ついに勇者は魔王のもとにたどり着いた。
いよいよ最後の戦いが始まる!が…。 (read meより引用)


ふりーむ!の千文字喫茶2参加中作品。
5分程度で終わる短編です。

絵柄からしてゆるーいお話なのかな?と想像しつつプレイさせて頂きました。
ごく短い移動なのに、地味に雑魚(名前がヒドイ)との戦闘があったりします。
でも、勇者強い……っ!
ステータス最強すぎなので、戦闘なんてあってないようなものでした。

魔王との会話は予想外のメタい始まり。思わず笑い転げてしまいました。
想像通りのゆるーいお話でしたよ。可愛いなお前ら。
戦闘シーンのグラフィックは、恐らく素材の真面目な(?)モンスターを使用してらっしゃるので、
そのギャップにも何だか笑えました。
悲劇なのか喜劇なのか良く分からない――というか考える必要を感じない。
そんなしょうもなさがすごく良かったのでした。

一応BLなのかもしれないですが、これをBLと言うには無理があるようなないような。
それをいうなら、愛の劇場といえど恋愛と言うにも程遠いようなそんなことはないような。
いや、考える必要はないのだ。考えるのはやめよう。一応タグには入れておきます。
拍手する


最新記事