勇者と魔王の愛の劇場

2019年06月08日 22:29

Mellkuch【タイトル】 勇者と魔王の愛の劇場
【制作】 Mellkuch メルクーフ様

勇者と魔王の愛の劇場
【ジャンル】 
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 5分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 11.5MB
【公開日】 2018年2月1日
【プレイver.】 1.03

幾多の試練を乗り越え、ついに勇者は魔王のもとにたどり着いた。
いよいよ最後の戦いが始まる!が…。 (read meより引用)


ふりーむ!の千文字喫茶2参加中作品。
5分程度で終わる短編です。

絵柄からしてゆるーいお話なのかな?と想像しつつプレイさせて頂きました。
ごく短い移動なのに、地味に雑魚(名前がヒドイ)との戦闘があったりします。
でも、勇者強い……っ!
ステータス最強すぎなので、戦闘なんてあってないようなものでした。

魔王との会話は予想外のメタい始まり。思わず笑い転げてしまいました。
想像通りのゆるーいお話でしたよ。可愛いなお前ら。
戦闘シーンのグラフィックは、恐らく素材の真面目な(?)モンスターを使用してらっしゃるので、
そのギャップにも何だか笑えました。
悲劇なのか喜劇なのか良く分からない――というか考える必要を感じない。
そんなしょうもなさがすごく良かったのでした。

一応BLなのかもしれないですが、これをBLと言うには無理があるようなないような。
それをいうなら、愛の劇場といえど恋愛と言うにも程遠いようなそんなことはないような。
いや、考える必要はないのだ。考えるのはやめよう。一応タグには入れておきます。
拍手する

1000文字探偵

2019年05月14日 20:00

しのさんの散歩道R【タイトル】 1000文字探偵
【制作】 しのさんの散歩道R しの様

1000文字探偵
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周1分(トータル6分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 112MB(ダウンロード版)
【公開日】 2016年12月24日
【プレイver.】 2.01

絶海の孤島に佇む洋館で殺人事件が起こった。
現場は密室だ。
事件は迷宮入りするかのように思われた。

「その事件、1000文字で解決して見せよう」 (作品中より引用)


ふりーむ!の千文字喫茶参加中作品。

ミステリー作品かと思いきや、プレイしてみてずっこけました。
千文字喫茶って、短い文字数の制限で上手くまとめてて凄いなぁって企画じゃナカッタノ?
まさか、まさかこういう手法で攻めてくるとは。
しょーもなさすぎて、めっちゃ笑いました。


※以下、ヒントになり得る文章が書かれています。


ただ、この作品ただのギャグだと侮ってはいけません。
一応推理もの……と言えるんじゃないかと。
どこがと言うと、どこがミステリーなのか探るところかな。
これを書いていいか迷ったんですが、ただのギャグ作品だと思って終わるのは勿体ないと思うのですよ。

私もふりーむ!のレビューを読んでそれに気づいたクチです。
レビューが色々とヒントになっているので、読む際はご注意を。
拍手する

きらきら星の道しるべ

2019年05月09日 20:00

きらきら星の道しるべ【タイトル】 きらきら星の道しるべ
【制作】 POPODOT POPO様

きらきら星の道しるべ
【ジャンル】 ほのぼの短編RPG
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周2時間50分(トータル3時間)程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 98.8MB
【公開日】 2016年8月14日
【プレイver.】 4.1

「ねえ 知ってる?死んじゃった人はね お空に昇って星になるんだよ」
とある夏休み
少女は リンゴシティという田舎町に 引っ越してきました
その夜 少女の部屋のタンスから おばけが現れました
「俺の未練を一緒に探してくれ 冒険だ!」
これは おばけの少年を 星にさせる冒険の物語… (制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

2016フリゲ展TheFINAL夏!の企画で「オバケ」で賞を受賞された作品だそうです。
「オバケ」で賞って何ぞ?と思って拝見したところ、「オバケ」「スイカ」等
いくつかのテーマが設けられているコンテストで、その中のオバケ部門の優勝作のようです。

見ての通りパステルカラーの可愛い画面のファンタジーRPG。
ただ、同作者さんの前作「雨色ビスケット」をご存じの方は分かるかと思いますが、
可愛い一辺倒ではなく、なかなかシュールな作風を持った作者さんなのです。

今回も、ヒロインのミルクティとおばけはともかく。
家を出たところでアレが仲間になるのでドン引きしました。
まさかアレと一緒に冒険に出る日が来ようとは。
う、うん……でもまぁ、可愛いからいいよ。

こちらの作品、前述した「雨色ビスケット」の主人公ふたりが登場します。
が、個人的に想像していなかった形で現れたので、ちょっと衝撃を受けました。
前作の世界が良いと思っていたので、ちょっと複雑な気持ち。
でも、ビスケットは相変わらず可愛いし……見られて良かったかな。

このゲームで良いなぁと思ったことをいくつか書いてみます。
ひとつめ、普通の装備品の他に、ドット絵キャラの見た目を変更できる装備があるということ。
これ、楽しいです。
全キャラ全装備購入してもお金には困らないので、ぜひ揃えてみて下さい。

ふたつめ、病院に行くとHPとMPを無料で全快してもらえること。
医療費タダの優しい世界ですよ、奥さん。
タダなだけに、待合室にお年寄りがひしめき合っているのもシュールだと思いました。
(しかし、皆具合が悪そうというよりは、楽しそうで何より)
そして、ダンジョンの奥などBOSS戦の手前に必ず全快できるポイントが設けられています。
これは、攻略にはありがたい仕様でした。
ただし、そのおかげで回復アイテムを殆ど使うことがないという面も。
ラスボス戦ではさすがに使った気がしますが、戦闘や宝箱で手に入る分で充分足ります。
ですので、お金は回復系アイテムでなく装備品に費やした方が良いかも。

みっつめ、お色気シーンあり。
むふふ。これについては見てのお楽しみで。

よっつめ、ヌカヌカスーーーーン。
洗脳されます。何のことか分からないと思いますが、これも見てのお楽しみで。

逆に少し困ったところは、戦闘中のボイスが音量調整できなかったところです。
こちら何とボイス付で、戦闘中もキャラクターがお喋りします。
ゲーム中の音声はoffに出来たりボリューム調整あるんですが、戦闘中には反映されませんでした。

ストーリーは、ちょっとギャグ入っている道中から想像できないくらい良かった。
ラストは、私は展開を全く想像していなかったので思わず涙ぐむ程に感動してしまいました。

エンディングは2種類。
後半、何となくこれは分かれ道になりそう、という分かり易い箇所があります。
私はTRUE→BADの順でクリアしました。
マルチエンドの場合って、大抵TRUEを後に見るのが推奨かと思いますが、
今作に限ってはTRUEを先に見て良かったと思っています。
ネタバレなしに見たTRUEだからこそ、はっとして心に響きました。
拍手する

KOYG-Ⅱ

2019年03月19日 21:48

1010【タイトル】 KOYG-Ⅱ
【制作】 1010 京月 敦士様

KOYG-Ⅱ
【ジャンル】 女性向け・適当に世話するシミュレーション
【対象】 全年齢
【ED数】 10種類
【プレイ時間】 1周17分(トータル1時間半)程度
【ツール】 NScripter 
【容量】 31.6MB
【公開日】 2012年6月21日
【プレイver.】 1.04

残業からの帰り道、初めて会った男からおいしい話を持ちかけられその話に乗ってしまう主人公。
その話とはヒューマノイドの世話だった。
(ふりーむ!作品ページより引用)


ヒューマノイドのお世話をする育成シミュレーション。
選んだ食事(?)で3つのパラメーターが変化し、その具合でエンディングが変わります。
日数も3日と短いので、育成シミュレーションという程の複雑さやボリュームはありません。

元々は4月1日に公開する予定だった作品とのことで、いわゆるネタゲーです。
京月さんの過去作のミニゲームをプレイした方なら想像がつくかもしれませんが、
なかなか個性的なヒューマノイドでして。
最初は「うわぁ……」と思ったものの、これがプレイしているうちに可愛くなってくるという。
いやほんと、見た目はともかく素直で可愛いです。無口だけど、それも良し。
もう一度言います。誰が何と言おうと可愛いのです!

ちなみに、ちゃんとイケメンも登場します。
が、こちらは中身がやや残念。
だが、そこが良い……!
逆に心くすぐられるのでした。
冷たくあしらわれてもイケメンに食いつく主人公のとく子ちゃんも良いキャラで面白かったです。

エンディングは10種類と豊富です。
最初は自力で頑張っていたのですが、何度やってもエンド2になってしまいました。
製作サイトさんに攻略があるので、がっつり見てコンプリート。
いやー、やり方が分かれば簡単なんですが、なかなか到達できなかったです。
率直に申しますと、どのエンディングもさほど大きな変化はありません。
ただ、頑張ってコンプリート目指すうちにヒューマノイドに愛着が湧いてくるのですよ。
ネタゲーとはいえちゃんと女性向け要素もありますし、楽しめました。
拍手する

女子トイレの殺人

2019年01月16日 21:14

劇団kolme【タイトル】 女子トイレの殺人
【制作】 劇団kolme

女子トイレの殺人
【ジャンル】 選択式ノベル
【対象】 6歳以上(小学生~)推奨
【ED数】 8種類
【プレイ時間】 1周10~30分(トータル50分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 126MB(ダウンロード版)
【公開日】 2017年8月20日
【プレイver.】 1.02

主人公が女子トイレの個室から出ると、 目の前には死体が転がっていた。
居合わせた3人のワケアリな人物達から時に疑われ、時に疑つつも、
犯人を捜しだし、社会的死を回避せよ……!
(ふりーむ!作品ページより引用)


ティラノビルダー製で、ふりーむ!とノベルゲームコレクションにて公開中です。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

ティラノゲームフェス2017 にて、佳作を獲得された作品です。

タイトルからしてミステリーノベルかな?と思いきや、プレイを始めると注意事項にて
ジャンルはギャグです。ホラー、ミステリーではありません。という文字書きが現れます。
殺人事件なのにギャグとはどんな展開になるかな、と逆に興味を引かれました。

女子トイレを愛する男子……の主張に笑えるか引くかは人によりそうな気がします。
(ちなみに私は若干引き気味でしたとさ)
なかなかの変人たちが、公演の人気のないはずの女子トイレに密集しているという
何とも奇怪で濃密な状況にて繰り広げられる推理劇でした。
序盤こそ主人公が際立って変人なのでドン引きしますが、最初はまともに見えた人物も
徐々に隠された変人っぷりが明らかになっていくのです。

清々しいほどの変態っぷりに気圧されたものの、話の展開は面白かったです。
途中の選択肢次第で事件の真相もが変わってくるので飽きません。
しかし、時にはゲームオーバー直行だったりするので、最初の注意書きでも促されますが
選択肢の度にセーブはしておいた方が良いでしょう。

ラストでは思いもよらないどんでん返しがあったりします。
ええぇぇ!?そうくるの!?とビックリしました。
拍手する


最新記事