勇者と魔王の愛の劇場

2019年06月08日 22:29

Mellkuch【タイトル】 勇者と魔王の愛の劇場
【制作】 Mellkuch メルクーフ様

勇者と魔王の愛の劇場
【ジャンル】 
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 5分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 11.5MB
【公開日】 2018年2月1日
【プレイver.】 1.03

幾多の試練を乗り越え、ついに勇者は魔王のもとにたどり着いた。
いよいよ最後の戦いが始まる!が…。 (read meより引用)


ふりーむ!の千文字喫茶2参加中作品。
5分程度で終わる短編です。

絵柄からしてゆるーいお話なのかな?と想像しつつプレイさせて頂きました。
ごく短い移動なのに、地味に雑魚(名前がヒドイ)との戦闘があったりします。
でも、勇者強い……っ!
ステータス最強すぎなので、戦闘なんてあってないようなものでした。

魔王との会話は予想外のメタい始まり。思わず笑い転げてしまいました。
想像通りのゆるーいお話でしたよ。可愛いなお前ら。
戦闘シーンのグラフィックは、恐らく素材の真面目な(?)モンスターを使用してらっしゃるので、
そのギャップにも何だか笑えました。
悲劇なのか喜劇なのか良く分からない――というか考える必要を感じない。
そんなしょうもなさがすごく良かったのでした。

一応BLなのかもしれないですが、これをBLと言うには無理があるようなないような。
それをいうなら、愛の劇場といえど恋愛と言うにも程遠いようなそんなことはないような。
いや、考える必要はないのだ。考えるのはやめよう。一応タグには入れておきます。
拍手する

レディとメイドの探偵日和

2019年05月22日 20:00

ほーむorあうぇい【タイトル】 レディとメイドの探偵日和
【制作】 ほーむorあうぇい あきら様

レディとメイドの探偵日和
【ジャンル】 ノベルアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周3分~(トータル10分)程度
【ツール】 ティラノビルター
【容量】 -
【公開日】 2016年8月27日
【プレイver.】 1.00

ある昼下がり。
お嬢様とそのメイド(仮)はカフェでお茶を飲んでいました。
話題はお嬢様の読んでいるミステリのようですが……? (ふりーむ!作品ページより引用)


以前プレイさせて頂いた「レディとメイドのスイートルーム」の続編です。
前作はがっつり探索ものでしたが、今作はキャラクター同士の会話を楽しむノベル作品。
前作プレイ推奨です。
また、前作はウディタ製でしたが、こちらはティラノビルダー製でブラウザプレイのみです。

相変わらずの2人の関係が微笑ましく。
もうちょっと乙女ゲーっぽい展開も期待しましたが、これはこれで良いものです。
有名ミステリー作品のタイトルのパロディもツボでした。
この辺りは元作品を知っているかどうかで変わりそうなので、ミステリー好きな方の方が楽しめるかも。

エンディングは、選択肢を全部選んでいけばコンプリートできます。
拍手する

100×100

2019年05月21日 20:00

沼から現れた【タイトル】 100×100
【制作】 沼から現れた 地獄カバ様

100×100
【ジャンル】 オマケRPG
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 10分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 9.26MB
【公開日】 2014年2月10日
【プレイver.】 1.00

イルヴァちゃんの病気を治すため、薬草を取りに来たアリスとエリック。
魔物を蹴散らすと息巻くエリックに、目的は魔物を倒すことではないと釘を刺すアリス。
いまいち分かっていない様子の脳筋エリックに、アリスは一抹の不安が。
果たして2人の度の目的は果たされるのか――!?


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

こちらの作品、「#RTPで100x100マップを作ってみた」という企画で作られたマップに
配布用におまけをつけて制作されたとのこと。
マップと、顔グラなどは素材として配布されているそう。
ダウンロードは制作サイトさんからできます。

10分程度でクリアできる短編ながら、いや思ったよりしっかりしていました。
ミニゲームだから~と気楽にやっていたら、何度か戦闘不能に。・゚・(ノД`)・゚・。
油断せずにきっちり進んで行けばきっと大丈夫だと思います。

他の地獄カバ様の作品のような手書き背景の魅力には勝らないものの、
キャラクター同士の会話も面白く、すっきり楽しめました。

ただやはり、地獄カバ様の作品が初めて、他の作品をプレイされた方が良いとは思います。
私みたく地獄カバ様のファンで、全作品プレイしたい!という方向けかな。
拍手する

オカルト研究ラボ~幽霊は暗闇に立つ~

2019年05月03日 20:12

オカルト研究ラボ~幽霊は暗闇に立つ~ ふりーむ!のページ【タイトル】 オカルト研究ラボ~幽霊は暗闇に立つ~
【制作】 時計チクタク様(twitter

オカルト研究ラボ~幽霊は暗闇に立つ~
【ジャンル】 短編ホラーミステリーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周12分(トータル14分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 162MB (ダウンロード版)
【公開日】 2018年12月24日
【プレイver.】 1.02

廃校舎の一教室。
鼠家灰音はそこを「オカルト研究ラボ」と呼び、今日もそこにいる。
生水瑠璃男は灰音にトンネルに現れた幽霊の調査の依頼を持ってきて……。 (read meより引用)


ツクールMV製で、基本はブラウザプレイ。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。

登場人物がとにかく個性的――を通り越してぶっ飛んでいるので、
ゆるふわコメディなB級ホラーかな、と思いつつプレイさせて頂きました。
が、しかし!
オカルト研究ラボと謳っておきながら、そもそもオカルトに対して否定的だという。
ストーリーは、ホラーとミステリーが調和していてどちらも楽しめます。面白いです。
登場人物が勝手に喋ってくれるで推理要素はないものの、真相には衝撃を受けます。
思いもしなかったブラックな展開で、驚きと戦慄を感じました。
これ……下手なホラーより余程恐ろしく思えます。

同じストーリーでも、登場人物がごく普通の高校生だったらこれ程のインパクトはなかったのかも。
ふざけた(失礼)キャラクターだからこそ、余計に衝撃が大きく際立っていました。
コメディ要素もあるんですが、ブラックすぎて笑えない……(((゜Д゜)))
ちょっと見た目がアレなので敬遠する方もいるかもしれませんが、良作だと思います。
個人的に好きです、これ。

エンディングは3種類。
選択肢ではなく、行動によって変化します。
エンディング名はありませんが、トゥルー、ノーマル、バッド的なもの。
私は運よくトゥルーを最初に見ることができました。
そこに辿り着くと他のエンディングはどうすれば見られるか見当がつくかと。

短編なのに、このインパクトと独特のオーラはすごいです。
ミステリーもしくはサスペンス好きな方は楽しめると思います。きっと。
拍手する

クコロニアのエルフ

2019年04月30日 20:00

クコロニアのエルフ【タイトル】 クコロニアのエルフ
【制作】 Sinilintu 梅ヶ枝きな様、 Himbeere 蜜子様

クコロニアのエルフ
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 10分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 28.6MB
【公開日】 2019年4月1日
【プレイver.】 1.00

ある日、冒険者のシナモン(名前変換可)が森で薬草を摘んでいると、
男の叫び声が聞こえてくる。
その主はオークに捕まったエルフだった―― (制作サイトより引用)


梅ヶ枝きな様、蜜子様による合作エイプリルフール作品。

美形のエルフときたらプレイしない訳にはいくまい……!
と鼻息荒くプレイさせて頂いたのですが。

悲鳴を聞いて駆けつけるも、BGMが脱力系なのでアレ?と思いました。
出会ったエルフ様はつい見惚れてしまう美形なのは間違いないのですが、何というか、残念なイケメンでした。
主人公のシナモンは駆け出しの弱小冒険者ではありますが、彼女のマトモさが何より心強いという。
しかし!残念であろうがイケメンはイケメン。
多少残念な所でさえ、お茶目で良いじゃないかと思ってしまうのでした。

エルフだけでなく敵もなかなかのもので、この世界は人類意外はアレなのか?
ファンタジーに抱いている固定観念がガラガラと崩れていく展開でした。

シナモンとサージュの2人、一見ちぐはぐな組み合わせに見えますが、良いコンビだと思います。
お互いが持ってないものを補い合っていけるのでは。……多分。
それに何より、楽しそうです。
短編でさっくり気軽にプレイできたのは良いのですが、もうちょっと2人の冒険譚を見たいなぁと思ってしまいました。

作者さんの紹介によると乙女ゲーとのことですが、恋愛要素は薄いというか、これから、な感じ。
いや、これからそういう仲に発展するのかも甚だ疑問ですが……見てみたい。見てみたいなぁ。
拍手する


最新記事