スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

もしも…幽霊屋敷に泥棒が入ったら…

2015年05月10日 21:38

鳥籠のゲーム作品【タイトル】 もしも…幽霊屋敷に泥棒が入ったら…
【制作】 鳥籠のゲーム作品 鳥籠様

もしも…幽霊屋敷に泥棒が入ったら…
【ジャンル】 探索アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類(?)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周1時間7分(トータル1時間40分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 34.5MB
【公開日】 2014年11月30日
【プレイver.】 1.02

ケイとユカリは泥棒のコンビ。
あるペンダントを盗むために廃墟に忍び込んだ。
2人は不気味な洋館の中を探索し、約20年前に起きた悲劇の真相に迫っていく。
(readmeより引用)


鳥籠さんの作品好きなので、公開を楽しみにしていました。
探索ホラーながら、パロディネタがコミカルであまり怖さは感じません。
と思って油断しきっていたら突然の動きにびっくりさせられた場面もありました。ちくしょう。

今回は探索メインで、推理ものではありません。
解答を出さないとクリアできない、というタイプのものではないです。
しかし作中にはきちんと「謎」が存在しており、エンディングも真実が明らかになるか、
もしくは真相に辿り着かずに脱出してしまうかの2パターンがあります。
しかしどちらに辿り着くにしろ、クリアまでにプレイヤーが真相を察するに充分なヒントが配置されており、
プレイしていると「気付き」が与えられるようになっています。
そのヒントの配置具合が実にニクイ。
露骨ではなく、しかし不親切ではない塩梅でした。
どちらかと言うと謎解きが得意でない人にも分かり易いと思われます。
真相に辿りつけなくてもクリア後にきちんと分岐点が示されるのもありがたい。
私は初回は途中で脱出エンドだったのですが、2周目もヒントのお陰で無闇に彷徨わなくて済みました。

ラストは切なさと不気味さが入り混じった不穏な空気で、すっきり終わり!ではないかもしれません。
軽さと重さ、コメディとシリアスが織りなす不思議な余韻を残す作品でした。
拍手する
スポンサーサイト

メゾンドホームズ殺人事件

2015年01月25日 22:14

さざさんとこ@マガサシステム【タイトル】 メゾンドホームズ殺人事件
【制作】 さざさんとこ@マガサシステム

Holmes
【ジャンル】 推理アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 25分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 14.5MB
【公開日】 2014年11月29日
【プレイver.】 1.02

主人公ホームズとなり、アパート内で起こった殺人事件を捜査する
 戦闘要素のないアドベンチャーゲームです。
 アパートの住人から情報を聞き出し、事件を解決に導いてください。
(readmeより引用)


レトロゲームを連想させるドット絵のアドベンチャーゲームです。
一応推理ゲームなのですが、結構カオスなので強いて言えばユーモアミステリかな?

探偵兼大家さんであるホームズ(とワトソン)が、家賃徴収のために
アパートの部屋を訪ね歩きます。
家賃が振り込みではなく直接徴収とは。何てレトロなんだ……!
その途中で殺人事件に遭遇し、何だか捜査してみる事になります。
が、この家賃の住人曲者ばかりです。最初に入った部屋から度肝を抜かれました。
あまりのカオスっぷりに、次の部屋は一体どんなだ?と、訪ね歩くのが楽しみなこと。
推理ゲーとしては易しい部類ですが、探索とキャラクター達のやりとりが面白くて、
最初から最後まで楽しめました。

短時間でプレイできるし、プレイできて良かったと思える独特の魅力がある作品です。
拍手する

××をください!

2015年01月22日 21:15

へもへも【タイトル】 ××をください!
【制作】 へもへも まゆげ様

××をください!
【ジャンル】 短編乙女アドベンチャー
【対象】 12歳以上推奨
【ED数】 4種類
【スチル数】 16枚
【プレイ時間】 1周5分~40分(トータル1時間)程度
【ツール】 YU-RIS
【容量】 40.6MB
【公開日】 2012年11月5日
【プレイver.】 1.8

東の小さな国。
父に代わり国を治める主人公は多忙な日々を過ごしながらそれなりに国を治めていた。
でもある日魔王に誘拐されてしまい妙な事を頼まれて……?(制作サイトより引用)


コメディ調の乙女ゲームです。
YU-RIS製のゲームは久々にプレイしましたが、システム面でも快適ですね。

初っ端のインパクトから笑わせて頂き、どう転ぶのか読めない展開に引き込まれ、
ラスト付近はきゅんとしたり、暖かい気持ちになったり。
短編ながら色々と楽しめた作品でした。

主人公のラリサ、魔王さま共に「普通」とは言えない個性を持っているのですが、
何と言うか、人間性や考え方等は至って誠実で好感が持てるキャラクターなのです。
お話自体はコメディ調ながら、そういう部分で共感できるので単に「笑えた」だけでは終わらない。
プレイして良かったと思いました。

特にラリサ、序盤の女傑っぷりも素敵だったけど、終盤の彼女が可愛くて。
魔王さまもカッコイイところはあるけど如何せんアレですし、
男性陣を凌駕するラリサの魅力に惚れ惚れしっ放しっでした。
乙女ゲーとしても、微糖ながらこういう恋愛の始まりいいなとニヤニヤしてしまいます。
人間と魔王という立場だと壁がありそうですが、弟に譲位した後はそれも乗り越えやすそう。
いやしかし、弟が新たな壁になる可能性もあるのか……!?
いやしかし、芯のしっかりした2人なので、きっと大丈夫でしょう!
波乱万丈そうな2人のその後、見てみたいですね。
拍手する

くまのこの森

2015年01月06日 21:57

くまのこ道【タイトル】 くまのこの森
【制作】 くまのこ道 まふ様

くまのこの森
【ジャンル】 森の中でくまさんに出会うADV
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周5~6分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 18.9MB
【公開日】 2014年7月23日

こ、これは……!
かわいいくまさんの登場するほのぼのゲーかと思いきや、何という事でしょう。
なかなかのシュール作品でした。
次々と起こる予想外かつ脈絡のない展開にぽかーんです。
あまりの脈絡のなさと、登場人物のギャップもなかなかで笑いを誘います。
くまさんは可愛かったです。うん。


1周目を終えた時点では、いやしかし、トンデモ展開に見えて実はすごく悲しいお話なんじゃ。
実はくまさんは死んだあの人の魂で……等と色々想像していたのですが、
2周目の時点で真剣に考える事を止めました。
考えるな、感じればいいんだ。

1周は5分程度と短いので、お手軽に楽しめます。
何も考えずに笑ってみたい方、いかがでしょうか。

選択肢を全部試して行けばエンディング全て回収できるので迷う事は無いと思います。
一応、追記に攻略らしきものを掲載しています。
反転させないと見えないようにしていますが、ネタばれが嫌な方は閲覧にご注意下さい。
[くまのこの森]のヒント・攻略を見る
拍手する

サンタにお願いっ!

2014年12月17日 17:57

ポンコツKNIGHT【タイトル】 サンタにお願いっ!
【制作】 ポンコツKNIGHT 織吾様

サンタにお願いっ!
【ジャンル】 おねだり系女性向けADV
【対象】 15歳(高校生)以上推奨
【ED数】 5種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周12~20分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 11.6MB
【公開日】 2011年12月31日

クリスマスイヴの前日の夜は、サンタクロースが最も忙しい日。
サンタクロース補助のメアリーは、サンタクロースの「ボス」に付いて、
クリスマスの準備をします。毎年毎年、いつも同じように……
でも今年だけは、ちょっと勇気を出して、ボスに「お願い」してみたいんです!
(制作サイトより引用)


初っ端から、とても迫力のあるサンタ(ボス)に度肝を抜かれました。
舞台は北欧っぽいので恐らく天然ブロンドなんでしょうが、どうみてもヤンキーだ。
この人が家の中に入ってきたら、両手を挙げて「撃たないで!」って泣きます。多分。

そんなボスの補助をしている主人公のメアリーちゃん。
クリスマスにお願いを聞いてもらいたいらしいのですが、勇気がでない。
そこで、トナカイ達に悩みを相談してみよう!というストーリーです。
9頭のトナカイ達は、制作サイトさんのゲーム紹介ページを見てもらえると分かるように
3等身ですご可愛らしい、愛すべきキャラクターでして。
性格もそれぞれ個性的。話しかける度に「どんな子かなー」と楽しみでした。

最初にプレイした時は3匹に話したところで終了したので、3回のうちどの子に話しかけるかで
エンディングが変わると思っていたら、ちょっと違っていました。
紹介ページに書いてある「正しい順番で」というのがポイントです。
趣旨を把握さえすれば、セーブとロードを上手く使ってさっくりコンプリートできるかと。

メアリーの「お願い」はそれぞれのエンディングによって内容が変わってきます。
ベストエンドと思われるルートでは、お願いの内容が予想外すぎΣ('□'*)
天然かそれとも小悪魔かというメアリーのあまりの大胆さに、再び度肝を抜かれるという。
ボスの動揺っぷりにニヤニヤし、展開のデンジャラスさにドキドキさせられました。

エンディングの中では、やはり2人が幸せそうな上記のEND1がいちばん好き。
その他のエンディングもそれぞれ面白かったですが、如何せんEND1のインパクトが強すぎた。
私はEND5→1→2→3→4の順でクリアしたので、後から考えるとEND1は最後に
残しておけば良かったなぁと思います。

ただ、END5の方がお互いのためには良いんじゃない?と冷静に考える自分が居たりもします。
義家族なのに、とか年の離れた2人というのがあまり好みじゃないせいもあるかもです。
そういう設定の恋愛が得意でなくても、単に仲良し家族のコメディとして楽しめるルートもあって、
多彩な展開を楽しめるところが良い作品でした。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。