スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

BAD SANTACLAUS

2014年12月15日 18:27

エフシルベ【タイトル】 BAD SANTACLAUS
【制作】 エフシルベ イノダ様

BAD SANTACLAUS
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 6種類
【スチル】 -
【プレイ時間】 1周15分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 8.97MB
【公開日】 2011年1月6日

3年間仕事をしていない顔の恐いサンタクロースと
そんな彼を尊敬して止まないトナカイ(運転手)の少女が
クリスマスの夜、子どもたちに夢や希望を届けるハートフルな物語。
……ではなく、
お金に困ったサンタクロースがクリスマスプレゼントをもらいに行くという
残念なクリスマス物語です。(制作サイトより引用)


やさぐれサンタとトナカイの掛け合いが面白い、ファンタジーコメディアドベンチャーです。
途中で選択するアイテムの組み合わせによってエンディングが変化。

サンタがぐれてる物語の場合、トナカイさんは真面目っ子でサンタのブレーキ役というのが
定番じゃないかと思うのですが、このゲームのメアリさんは一味違います。
そんなプロトタイプなんてやる訳ねえだろ、常識なんてくそくらえ、みたいなオーラです。
メアリさんパネェっす。正直、メアリさんが一番怖かったっす。

そんな不真面目な2人の不真面目な行動を導く訳ですが、クリア時のエンドロールイラストが
よく見るとヒントになったりで、わりと順調に進めていけました。
それでもいくつかのエンディングはちょっと手こずったかな。エンドリストの画面で
分かり易いヒントが見られるので、それを頼りに無事エンディングコンプできました。

ほっこり心温まるクリスマスストーリーも大好きですが、そればかりじゃ飽きちゃいます。
たまにはこういうコメディも楽しい。エフシルベさんの得意分野ですしね。
グラフィックはカラフルで色使いが可愛いし、変装したキャラクターも面白かった。
見た目でも楽しめる作品でした。
敢えてひとつ言うなら、メッセージウィンドウが黄色で白文字なのが若干見辛かったかな。
拍手する

1123

2014年11月23日 18:01

A子【タイトル】 1123
【制作】 A子 本間A子様

1123
【ジャンル】 落ち物系パズル
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【スチル数】 2枚
【プレイ時間】 8分程度~
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 14.3MB
【公開日】 2012年11月23日

11月23日は何の日でしょう?
勤労感謝の日。そうですね。
他にはどうでしょう。分かりませんか?そうですか。
今日は何と……いい兄さんの日なのです!

という訳で、タイトルそのまま1123のご紹介です。
タイトルの通りいい兄さん……ではなく、なんと!なかなかいけてない兄さんが登場します。
そんな兄さんと可愛い妹のやりとりの後、落ちゲーパズルを楽しむゲーム。

パズルは制止時間やサンプル表示、後ろの透けている絵のON・OFFなど、
色々と調整する事ができるので、各々のレベルに合わせて遊べます。
私も最初は説明を読み流してプレイしたので上手くできなくて(読めよ!)、
少し慣れるまで易しさ全開設定でやらせて頂きました。
しかしあまりに簡単設定にしすぎると、言わば四角いジグソーパズルになってしまうので
多少難易度上げた方がパズルゲームとしては面白いですね。

エンディングは4種類。
エンドリストにカーソルを合わせるとヒントが出ますし、それがなくても結構すぐに見られます。
もう少し色々な図柄でパズルを楽しみたかった気もしますが、さっくりと遊べたので良し。
兄さんと美紅ちゃんの掛け合いも面白かったです。
特に美紅ちゃんの「次元の低い女」発言はなるほど、そういえばそうかと妙に感心。
拍手する

オオカミと赤ずきん

2014年11月17日 17:59

星屑工房【タイトル】 オオカミと赤ずきん
【制作】 星屑工房 琥珀ひつじ様

オオカミと赤ずきん
【ジャンル】 童話赤ずきんパロディ短編ギャグADV
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【スチル数】 5枚
【プレイ時間】 トータル25分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 16.0MB
【公開日】 2013年3月26日

ある日、
赤ずきんはお母さんにお使いを頼まれ、
おばあさんのお見舞いに行くことになりました。(制作サイトより引用)


第9回 ふりーむ!ゲームコンテスト ふりーむ賞受賞された作品です。

タイトルから分かる通り、赤ずきんをモチーフにした短編アドベンチャーです。
フリゲでも赤ずきんモチーフの作品は多いですが、殆どはダークファンタジー系な気が。
今回はジャンルからも分かる通り、とてもコミカルな明るい作品で、そこが逆に新鮮でした。

そしてこのゲーム、絵がすごく綺麗!
事前に制作サイトさんで絵を拝見していたのに、最初に赤ずきんちゃんが
ぱっと表示されたとき「うわー、綺麗~!」と思いました。
絵柄が好きだったり上手いなぁと思う作品は多いけど、何か一味違うんです。
絵心無いので上手く言えないのがもどかしいのですが、彩色のせいなんでしょうか、
キラキラ光る水面を見た時のような、明るく気持ちが高揚するような感動がありました。

ストーリーは予想斜め上のキャラクターが登場します。
その方が超人すぎて若干ひきましたが、めでたしめでたしなのでOK。
最後の展開は途中から予想がついたものの、オオカミさんの反応にニヤニヤできました。
短編なので気軽にプレイできるし、とてもほのぼのして良い気持ちになれる作品です。
拍手する

犯人は田中

2014年09月28日 17:09

SULPTENON【タイトル】 犯人は田中
【制作】 SULPTENON 八久斗様

犯人は田中
【ジャンル】 似非推理寸劇
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 25分程度
【ツール】 RPGツクール2000
【容量】 790KB
【公開日】 2008年10月26日

【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

プレイする前は、タイトルを見て推理ゲームかなと思っていたんですが、
推理モノがネタのギャグ作品でありました。選択肢はなく、純粋な読み物です。
推理の”お約束”をネタにした小説だと、東野圭吾氏の「名探偵の掟」を読んだことがあります。
あれも推理小説のパロディでかなり面白かったんですが、こちらの作品は知的に笑えるというより
「そんなバカな!?」と、ある意味清々しいほどにかなりぶっとんだ展開。
ただ、本格推理を読みこんで愛してないとここまで作れないなと思わされるものでした。

さくさく読み進めるので、推理もの好きな方は読んでみても損はないかも。
ただ、結構おふざけな内容なので、愉快と不愉快がはっきり分かれてしまいそうな気も……します。
拍手する

嘘つきジーニアス

2014年09月27日 19:18

HACKMOCK【タイトル】 嘘つきジーニアス
【制作】 HACKMOCK ムー子様、あしたま様

嘘つきジーニアス
【ジャンル】 乙女向け脱出ラブコメ
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【スチル数】 7枚
【プレイ時間】 1周25分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 40.1MB
【公開日】 2013年5月31日

国民は皆嘘つきで、嘘をつくほど魔法のレベルが上がっていくホラフケン王国。
そんな国で”正直者”という異端児であるロッテ(名前変更可)の元に、
毎日「好きです」と告白しにやってくるクラウス。
彼は有名な高レベルの魔法使い、嘘しか喋らない人物なのに!
そんなクラウスが、年に一度嘘がつけなくなる日――エイプリルフールに、
本当の事を告げにやって来ると言う。
毎日嫌がらせに来るのに、わざわざそんな日にどんな嫌味を言いに来るというの!?
何とかその日はクラウスと会わないようにしたい!
ロッテは、彼が入って来られないように家を封鎖する魔法を使ってみるが、
逆に家から出られなくなってしまい……!?


昨年のエイプリルフール向け作品。

コメディタッチの乙女ゲーでありながら、脱出ゲームの要素もあります。
アイテムをクリックするたびにストーリーが挟まり進んで行くので、
純粋に脱出だけやりたい人向けではないかも。あくまで両方楽しめるゲームです。

謎解きは少ないですが、結構本格的。
普通に脱出だけならさくっと進めたのですが、ベストエンドに辿りつくための謎解きが難しくて、
制作サイトのヒントを見てクリアしました。
薬の調合が分からなくて、何度爆発させた事か……。壊れない主人公ロッテの家すごい。

ロッテとクラウスの会話も楽しいし、キャラクターも可愛くて魅力的。
ピンクの髪の女の子、良いです。可愛いです。
ロッテの、乙女ゲーの主人公にあるまじきげっそりした表情も見どころです!

ストーリー展開はある意味期待通りではあるのですが、そこにどういう風に辿りつくのかな?
というのが楽しみに読み進めました。
ベストエンドの後の2人にはニヤニヤしてしまいます。
それにしても、このサイトさんの作品の女の子は初々しくて可愛いですね。
クラウスじゃなくてもからかってみたくなる気持ち、ちょっと分かります。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。