ちょっと気になる販売機

2019年01月24日 21:24

ちょっと気になる販売機 ふりーむ!のページ【タイトル】 ちょっと気になる販売機
【制作】 たのしいドンダニアンランド 丼打様(twitter

ちょっと気になる販売機
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 25分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 106MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年7月6日
【プレイver.】 1.01

家でも、学校でも、ひとりぼっち。
そんな僕がある日出会った、ちょっと気になる販売機。
この出会いが、僕を、未来を、変えることになるかもしれないなんて、思ってもみなかった。
これは、ほんのささやかな、出会いと勇気の物語。
(ふりーむ!作品ページより引用)


選択肢なしの一本道ノベル。
ティラノビルダー製で、ブラウザプレイ・ダウンロードが可能です。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

「ヒロインが自動販売機」という紹介文に、ちょっとアブナイ話かっ……!と恐る恐るプレイ。
しかし思いのほか良い話で、読了後は暖かい気持ちになりました。
ストーリー中で主人公が購入する飲み物も美味しそう。
夜中に読んだんですが、思わずジュースを飲みたくなっちゃうという罠が。

近頃コンビニが身近になったのもあり、自販機を利用する機会がぐっと減ったように思います。
特に私は職場にコンビニがあるので余計にです。
大人になってからは、外出時だと喉が乾いたらスタバやドトールに入っちゃいますし。
そんな世の中で、少し世間から取り残された自販機に主人公が思い入れるの、分かる気がします。

主人公は、自販機に癒しを見出して通い詰める訳です。
ともすれば、そのまま突っ走ってヤンデレという展開もありそうですが、この子は違いました。
また、自販機は擬人化されている訳でなく、あくまで主人公がそこに慰めを見出しているだけです。
安易なファンタンジーではない、地に足の着いた物語なのでした。

愛嬌あり、感動ありの良い作品でした。
拍手する

夢の国電車

2019年01月20日 22:40

あ行。【タイトル】 夢の国電車
【制作】 あ行。 アワラギ 様

夢の国電車
【ジャンル】 ホラーファンタジーADV
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周1分(トータル4分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 117MB(ダウンロード版)
【公開日】 2017年12月10日
【プレイver.】 1.00

電車の中でウトウトしていると…不思議なことが…  (制作サイトより引用)


ふりーむ!の千文字喫茶2参加中作品とのこと。

以前プレイさせて頂いた「不死の調査録」「不死の探査録」「不死の捜査録」の番外編のような作品。
シリーズ作品のキャラクター達が登場するので、本作品をプレイ済みの方が楽しめそうです。

今作はふりーむ!のみの公開で、基本はブラウザプレイ。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。

電車の中で居眠りした主人公が体験する、ちょっと奇妙なストーリー。
本編でも使用されていた音楽が、このちょっとした悪夢の雰囲気にぴったり合っていますね。
これは死んだか…・・・という流れなのに、実はセーフ!な展開が何とも言えないです。
冷や汗かいて、すぅっと引いていくような安堵感。
ただし、出会ってしまう人物によってはギリギリアウトな展開もあり。ちくしょう。
本編であまり良い印象のなかったかの人物は、この作品でもやってくれます。
更に、油断していると選択次第では夢の国(ディ〇ニーランドじゃないよ)へレッツゴーです。

2周目からは、新しい人物に出会うまで何度も寝なおすことができるという親切仕様もあり。
お手軽に奇妙な体験を満喫できます。

さて、あなたは、無事に家へ戻ることができるでしょうか。
拍手する

幸福のラルカ

2019年01月17日 22:37

劇団kolme【タイトル】 幸福のラルカ
【制作】 Libretto(twitter

幸福のラルカ【ジャンル】 ビジュアルノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周30分(トータル40分)程度
【ツール】 ティラノスクリプト、E-mote
【容量】 235MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年8月6日
【プレイver.】 1.00

『ようこそ、カフェ・エスタシオンへ』
空を見上げて微笑む花。
すべてを溶かしてしまいそうな日差しに、届かぬ願いを運ぶ風。
そして、溶けることのない雪。
移ろいゆく季節の中で、彼らは静かに心を紡いでいく―― (制作サイトより引用)


ふりーむ!およびノベルゲームコレクションにて公開中のビジュアルノベル。
ふりーむ!では、ダウンロード版とブラウザ版が別作品としてそれぞれ公開されています。
下記のリンクでは、ダウンロード版のページにリンクさせて頂いています。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

あるカフェでの、主人公と店員さんたちとの交流の物語。
フルボイスで、キャラクターがぬるっと動きます。
美男美女揃いですし、制服も可愛くて良いのです。
画面の動きも目まぐるしくて臨場感があるし、窓の外の雨なんてとてもリアルでした。
優しいストーリーも魅力ですが、ビジュアル面での完成度が特に目を引く作品だったと思います。

画面は主人公の目線から見た構成。
ただ、主人公は一言も喋りません。店員からの視点で描かれます。
正体も謎めいていますが、序盤で正体は分かってきます。

徐々に足繁くカフェに通うようになる主人公が、店員たちと「幸福」について語ります。
窓の外の景色も、雨から雪、花吹雪など虚ろっていくのが素敵でした。
今どきのゲームにしては珍しい(?)、悪い人が出てこないストーリーです。
ほんの少し悲しみも含んだ穏やかなストーリーで、読んでいて暖かい気持ちになれました。

選択肢次第でエンディングが分岐しますが、どれが「正解」という訳ではない気がします。
拍手する

女子トイレの殺人

2019年01月16日 21:14

劇団kolme【タイトル】 女子トイレの殺人
【制作】 劇団kolme

女子トイレの殺人
【ジャンル】 選択式ノベル
【対象】 6歳以上(小学生~)推奨
【ED数】 8種類
【プレイ時間】 1周10~30分(トータル50分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 126MB(ダウンロード版)
【公開日】 2017年8月20日
【プレイver.】 1.02

主人公が女子トイレの個室から出ると、 目の前には死体が転がっていた。
居合わせた3人のワケアリな人物達から時に疑われ、時に疑つつも、
犯人を捜しだし、社会的死を回避せよ……!
(ふりーむ!作品ページより引用)


ティラノビルダー製で、ふりーむ!とノベルゲームコレクションにて公開中です。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

タイトルからしてミステリーノベルかな?と思いきや、プレイを始めると注意事項にて
ジャンルはギャグです。ホラー、ミステリーではありません。という文字書きが現れます。
殺人事件なのにギャグとはどんな展開になるかな、と逆に興味を引かれました。

女子トイレを愛する男子……の主張に笑えるか引くかは人によりそうな気がします。
(ちなみに私は若干引き気味でしたとさ)
なかなかの変人たちが、公演の人気のないはずの女子トイレに密集しているという
何とも奇怪で濃密な状況にて繰り広げられる推理劇でした。
序盤こそ主人公が際立って変人なのでドン引きしますが、最初はまともに見えた人物も
徐々に隠された変人っぷりが明らかになっていくのです。

清々しいほどの変態っぷりに気圧されたものの、話の展開は面白かったです。
途中の選択肢次第で事件の真相もが変わってくるので飽きません。
しかし、時にはゲームオーバー直行だったりするので、最初の注意書きでも促されますが
選択肢の度にセーブはしておいた方が良いでしょう。

ラストでは思いもよらないどんでん返しがあったりします。
ええぇぇ!?そうくるの!?とビックリしました。
拍手する

To Myself ~記録の私と記憶のわたし~

2019年01月14日 23:00

To Myself ~記録の私と記憶のわたし~ ノベルゲームコレクションのページ【タイトル】 To Myself ~記録の私と記憶のわたし~
【制作】 タク様(twitter)、チョロミ様(twitter

To Myself ~記録の私と記憶のわたし~

【ジャンル】 ノベルゲーム×謎解きADV
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 36分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 196MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年8月21日
【プレイver.】 4.5

知らない場所のはずなのになぜか知っている……。
そんな屋敷への地図を見つけた少女サフィア。
「あなたは……わたし……!?」
屋敷にはサフィアと同じ顔をした少女がいました。 (ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


ティラノビルダー製の、謎解きアドベンチャー。
スマホプレイに合わせてなのか、縦長の画面となっています。

祖父の部屋で、ある屋敷への地図を見つけた少女サフィア。
気になって訪ねると、そこには自分とそっくりの少女が居て……というお話。
驚いて逃げ出そうとするサフィアですが、そっくりな彼女から屋敷で日記を探すように頼まれます。
その日記と共に、提示される謎を解いていきます。

謎解きは、パズルや暗号、クロスワードや簡単な数独まで色々なものがあり面白かったです。
ぱっと見て分かるものもあれば、ちょっと考えさせられるものもあり。
しかし、考えれば解ける程度の難しさで、謎解きの心地良さを味わえました。
ちなみに解いた謎はキーボードで答えを入力する方式なので、当てずっぽうでは進めません。
分からない時は、きちんとヒントも見られるようになっています。
ただし、ヒントを見ても解けない時は、作者さんのtwitterで質問するしかないようです。
多くの人が解ける難易度だとは思いますが、そこだけはちょっと手間がかかってネックかなぁ。

キャラクターがアニメーションで、ぴょこっと動くのも可愛かったです。
特に挨拶の時に上下に動くのが、本当に膝を折って挨拶してるみたいで、可愛い(*´∀`*)
ストーリーも気になって、追っていくのが楽しかったです。
サフィアも、もうひとりのサフィアも素直で屈託のない良い子だったので、
奇怪な雰囲気ながら、ドロドロで救いのない展開ではないはず!と信じてプレイできました。
真相は期待通りドロドロではなかったものの、予想したのとは違う展開でちょっとびっくりでした。
拍手する


最新記事