惑星ホテル

2019年12月05日 22:39

pinetea【タイトル】 惑星ホテル
【制作】 大鳥 友路様(twitter

惑星ホテル
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周10分~40分(トータル1時間10分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 147MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年8月23日
【プレイver.】 ?

疲れて 眠った はずなのに
寝覚めの良い 朝のふしぎ
あなたは 目を覚ますと
宇宙船の 中にいました (ノベルゲームコレクション作品ページより引用)



『ベッドの中で スマホでプレイして そのまま眠れるゲームを 目指しました』
そんなコンセプトが素敵なゲーム。
夢の中を漂うようなふわふわした雰囲気の語り口が心地良いです。
主人公が眠りにつくと、何故か宇宙船に乗っていて……というストーリーなのですが、
プレイし終えるとそのまま本当の夢の中に続いて行けそうな感じが。
ただし、プレイ中は先が気になってしまい、クリアまで夢中になってしまいました。
お休み前にプレイするなら、少し時間のある時が良さそうです。
私はPCでプレイさせて頂きましたが、コンセプトからしてスマホでプレイするのが良いかもしれません。

ご覧の通り、柔らかなパステルカラーと可愛い絵柄に一目で惹かれました。
主人公は男と女から選べます。
見た目の好みで、初プレイは女主人公にしてみました。

ストーリーも柔らかい絵柄にぴったりで、穏やかで優しい。でも、思わぬ悲しみを秘めていました。
なのに時々思いがけないユーモアもあり、プレイしていて退屈しません。
とあるシーンでは主人公の選択肢で突飛なものがあり、つい選んでしまったのですが、
その後の展開が面白すぎて。良いシーン……なのかもしれませんが、笑ってしまいました。

エンディングは4つ。
それぞれ、全く違った展開が示されます。
中には、皆が幸福と思われる、希望に満ちたエンディングもあり。
ただ、どれが「正しい」のかと言われると、正解はないように思えました。
とは言え、この世界を左右する選択の決断を自分がせねばならない、という状況はなかなかに重いものです。
単に夢心地で終れるストーリーではないので、深く心に残るのでした。
拍手する

一触即デス!ZOMBIEGIRL

2019年11月30日 23:00

一触即デス!ZOMBIEGIRL ノベルゲームコレクションのページ【タイトル】 一触即デス!ZOMBIEGIRL
【制作】  さかいあい様(twitter

一触即デス!ZOMBIEGIRL
【ジャンル】 短編ノベルアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周1分~8分(トータル10分)程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 95.6MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年5月4日
【プレイver.】 ?

恋人「しーちゃん」とのドキドキ初デート!だけどなんだか危険な予感…?
「しーちゃん...その恰好...。もう、今日はハロウィンじゃないよ!」
(ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


選択式の短編ノベルゲーム。
こちら、何と8時間で制作された作品だそう。
それだけにセーブ機能やスキップ機能はありませんが、1周が短いのであまり苦もなく遊べました。
スキップ機能は欲しいなぁとちょっと思いましたが……しーちゃんが可愛いからまぁいっかと思えちゃう。

いやー、これは楽しかったです。台詞がいちいち面白い。
一見シリアスな始まりなのに、パパとの電話で笑い転げました。
かと言ってギャグ一辺倒という訳でもなく、よく考えるとかなりホラーな場面もあったり。
シュールさとシリアスが入り混じって、そのアンバランスな感じが何とも言えず良い味わいでした。

選択肢を誤ると即デス!です。
とは言え、デスエンドもなかなか楽しいものばかりなので、全部見ちゃうのがお薦め。
ラストは意外と救いが無く……ですが、その救いの無さの方向性が様々で面白かったです。
拍手する

KOKUTOU - 御伽倶楽部 -

2019年11月26日 21:56

大沼屋【タイトル】 KOKUTOU - 御伽倶楽部 -
【制作】 大沼屋 大沼遼太郎様、アイゼン伯爵様

KOKUTOU - 御伽倶楽部 -【ジャンル】 日常ミステリーアドベンチャーゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 6種類
【プレイ時間】 1周15~45分(トータル1時間)程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 253MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年8月31日
【プレイver.】 1.02

今回の謎は柚葉の通う学園が舞台。
そこでまことしやかに囁かれていた謎の倶楽部の噂、その名も『御伽倶楽部』。
果たして柚葉は御伽倶楽部の謎を見事解き明かすことが出来るのか。
(制作サイトより引用)


日常系ミステリーのKOKUTOUシリーズ、最新作が公開されていました!
今作は、ティラノフェス参加作の為か、今の所ノベルゲームコレクションでのみ公開のようです。

第一作目の「KOKUTOU - 消えた初恋の謎 -」と第二作目「KOKUTOU - 招かれざる常連客 -
の続編となっています。
この作品からプレイすると登場人物の関係が分かり辛いので、順番にプレイすることをお薦めします。

今回は、ヒロイン柚葉ちゃんの通う高校が舞台。
高校に存在すると囁かれる謎の倶楽部を探し当てるというものでした。
秘密の部活動とか、何だか聞いていてワクワクします。
学校が舞台なので、探偵役である黒十さんの出番は、他の作品より薄めでしたが、
その分柚葉ちゃんがいつもより頑張ってました。

柚葉ちゃん、初期の頃は、黒十さんを巻き込んで謎解きに夢中になる天真爛漫な女子高生、
というイメージが強かったように思います。
しかし今回は、お嬢様とは思えない生活力で黒十さんを支える姿が見られました。
そういうシーンも押しつけがましくなくて、柚葉ちゃん良い子やなぁと思いました。

今回は、旧作にも登場した人物、そして新しい人物も登場します。
女子高が舞台なだけに、女子高生だらけ。美麗なイラストで、麗しい……!
それに今回もフルボイスなので、ボイスもそれぞれ違って魅力的です。
私は特に、新キャラ・輝夜先輩の落ち着いたボイスが好みでした。

他愛もない謎解きのようで、実は解かないと柚葉ちゃんが困ったことになるかも、という展開で。
そのプレッシャーが適度な緊張感をもたらしてくれます。
探索や謎解きは、比較的簡単かなと思います。
一応、一発でベストエンドらしき展開に持ち込めました。

ただ、6つあるというエンディングのうち、5つまでしか回収できず。
同じエンドでも、途中の選択によってバッジが2種類貰えるので、それを含めると6つになるのですが……。

柚葉ちゃんメインなお話ながら、最後はちゃんと黒十さんが活躍するという、
プレイヤーの期待を裏切らない展開も嬉しいところでした。
拍手する

脳リップ

2019年11月20日 20:00

都市伝説Navi【タイトル】 脳リップ
【制作】 都市伝説Navi 黒猫銀次様

脳リップ
【ジャンル】 ホラーノベル
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類?
【プレイ時間】 42分程度
【ツール】 ティラノスクリプト
【容量】 139MB (ダウンロード版)
【公開日】 2017年9月18日
【プレイver.】 2.00

――その怪物は、脳をくりぬき、舐める――
ある日の夜、鳴海海斗のスマホに届いた「知識の味」というタイトルの一通の迷惑メール。
いつもなら無視するはずのメールを、何故か……何故かその時だけは、開いてしまった。
たった、それだけの事なのに。
気が付くと海斗は、不思議な力で閉ざされた空間に飛ばされていた。
そこには、海斗の他に同じ境遇の6人の見知らぬ人物が。
そこで彼らに、身の毛もよだつような恐怖が襲い掛かる。
 (一部ふりーむ!作品ページ、ゲーム内より引用)


ツクールMV製で、基本はブラウザプレイ。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。

これは怖かったです。
ただメールを見ただけで奇妙な目に遭い、追われることになる理不尽さ。
そして追いかけてくる相手の気味悪さ。
視覚的には残酷な描写はないものの、生理的に嫌なシーンが多く、
文章と効果音で不快な想像が煽られてゾッとしました。
そして、登場人物にも良い人が多かっただけに……余計に辛いです。

そしてこのゲーム、単に読み進めるノベルというだけでなく、「選択肢を切り貼りできる」という
特徴的なシステムが採用されています。
選択肢が表示されると、その場で必要ないと思う選択肢をキープして、後で使えるというもの。
冒頭でチュートリアルがあるのでさほど戸惑うことはないと思います。

選択を失敗すると即ゲームオーバーなので、その点でもあまり迷う事なく進めました。
ただこれ、選択肢の保存状況によっては詰まることがあるそうです。
私は最後まで行けましたが、選択肢直前ではセーブしておいた方が良いかと思います。
もうひとつ、選択肢を全て空白にして進めると、何も選べずに詰みますのでご注意を。
普通はやらないでしょうが、私は興味本位でやっちゃいました。一度はやっちゃうよね。

ちょっと独特なシステムが目立ちますが、ホラーノベルとしても良い作品だと思います。
最後まで緊張と恐怖を感じられました。
ただ、本当に夢の中に出てきそうなインパクトがあるので……あまり思い出したくはないですね。
眠る前に読もうとしている方は、どうぞご自愛下さい。
拍手する

BRADLEY(ブラッドリー)

2019年11月17日 21:46

BRADLEY(ブラッドリー) ノベルゲームコレクションのページ【タイトル】 BRADLEY(ブラッドリー)
【制作】 柘榴雨様(twitter

BRADLEY
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周13分(トータル18分)程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 107MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年9月1日
【プレイver.】 ?

とある米国の刑務所にて、
幼い女の子を襲った罪で服役中の、模範囚である『彼女』が本日自由の身となる。
精神科医ブラッドリーは『彼女』が正常になったと確かめるために
最後のテストを行うのだが―――。 (ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


【追記】 12月に、ふりーむ!さんでも公開されました。

ふりーむ!でダウンロード版、ノベルゲームコレクションでブラウザ版、ダウンロード版がプレイできます。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

15分強の短編ノベルですが、一本の映画を観終わったような気持ちになれました。
恐らく、台詞の応酬が多いのと、映像が印象的だからかなぁと思います。

まず、冒頭の英語の台詞が素敵。
実際に音声で読み上げられるのがすごいです。
ここで、「オレンジ」と「夕焼け」が心に刻み付けられるのです。

立ち絵はなく、画面は写真の加工のみ。
少しモザイクをかけたその画像が、とても良い雰囲気です。
フォントも、画面の見栄えを良くしていると思います。
このフォント、大人びたストーリーにはそぐわない気がするのですが、違和感がないんですよね。
モザイクで荒く加工された画面と合っているからかもしれません。
ビジュアルも、ストーリーの見せ方もセンスが良いなと思いました。

ストーリーはやや難解で、分かることもあれば分からないこともあり。
何度か読んだんですが、恥ずかしながら私の読解力では全てを理解できたとは言い難いです。

とは言え、全てが分からずとも、読者に強い印象を与える、世界観を確立した読み応えのあるノベルでした。
拍手する


最新記事