スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

りるれふ

2014年11月30日 18:58

春紫【タイトル】 りるれふ
【制作】 春紫 春太郎様、むらさき様

りるれふ
【ジャンル】 サスペンス探索ADV
【対象】 15歳以上
【ED数】 3種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周50分(トータル時間半)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 95.6MB
【公開日】 2014年10月12日

「いってらっしゃい、赤ずきん。”おおかみ”に気を付けるのよ」
お母さんに見送られお婆ちゃんの家に出かけた赤ずきんは、
そこで無残な姿のお婆ちゃんと恐ろしい人狼に遭遇する。
かろうじて逃げ出したものの雨の降る中森で迷ってしまい、
もれ以上歩けないと思ったその時、目前に見えた一軒の館。
赤ずきんは館のドアを叩き、雨が止むまで休ませて欲しいと申し出る。
館内には、館主の孫だという狩人と、同じく雨宿り中の人々が寄り添っていた。


雨に閉ざされた館で起きる殺人事件。
人々の中に紛れているかもしれない人狼を探す、サスペンスゲームです。
「りるれふ」という一見変わったタイトルは、赤ずきんを表す"Little Red Hood"を
それっぽく読んだ感じだそう。レリゴーみたいなものですね……!

いわゆる人狼ゲームとはあまり関連ありませんが、雰囲気たっぷりでした。
登場人物の紹介シーンで「おお、狩人がいる」「この2人は共有者っぽい」等、
色々妄想が浮かんできて、わくわくしつつプレイしました。
人狼ゲームが好きな方なら、きっと楽しさ倍増です。
事件は次々と起こるので緊張感が途切れる事なく、テンポ良く進めます。
凄惨なシーンもあるものの、キャラのドットや立ち絵、そしてフォントがとても
可愛らしいので生々しさはあまり感じませんでした。

探索シーンは回数制限がある箇所もあり、若干シビアな面も見受けられます。
明らかに今失敗したな、やり直したい。と思う所もあったので、メニューに
ゲーム終了(タイトルに戻る)かロードがあれば良いのに、と思いました。
(後で知ったのですが、ウディタってF12でリセット出来るんですね……)
ただ、セーブはあるけどロードがないというのは、安易に虱潰しの捜索をせずに
試行錯誤して欲しいという意図的なものかもしれませんが。
館内はさほど広くないので、あまり無闇に歩き回らずに済むのはありがたかったです。

冒頭や終盤では人狼から逃げるという、若干のアクション(追われ)要素もあります。
冒頭の方は普通に走り抜ければ逃げられるので、「あー怖かった」で済むシーンの
はずなのですが。ここで私は木に引っ掛かりまくり、何度も喰われました orz
再度プレイしてみると、そこ一本道なんですよね。何故か初回は迷いました。
そして、終盤の方は更に厳しく、ここでもガブリ……。反射神経の無さが辛い。

そんな苦労もありつつ、一番に辿り着いたのはEND3でした。
ここまでの所要時間が、約50分。
思いがけずハッピーな展開で「え、あんまり解決してないけどもしかして
いきなりベストエンドに辿りついちゃった!?」と、ちょっと胸がときめいたのですが、
んな訳もなく。いわゆる失敗エンドながら、一番の衝撃エンディングで印象的でした。
その後はEND1→END2の順で無事にクリア。
くまなく探索し直したところ、ヒントは見ずに行けました。
END1をクリアすれば、END2の辿り着き方は予想が付くかと思います。
正直どれもめでたしめでたしとはいかない結末ですが、凄惨な事件の後だし
仕方ないですね。流れ的にはバッドエンドの方がしっくりする気もします。
作者さんのブログを拝見すると、現在追加エンド制作中との事。
また違った展開が見られるのは嬉しい限り。
今度はどう持ってくるのか、今度こそハッピーエンドあり!?と期待しちゃいます。

攻略については、ゲームファイルにヒントが同梱されています。
ポイントが的確に書いてあるので、詰まった方は参考にしてみて下さい。
拍手する
スポンサーサイト

ゲームで裁判員! スイートホーム炎上事件

2014年11月12日 18:27

ゲームで裁判員! スイートホーム炎上事件【タイトル】 ゲームで裁判員! スイートホーム炎上事件
【制作】 大阪弁護士会 法教育委員会

ゲームで裁判員! スイートホーム炎上事件
【ジャンル】 裁判員裁判擬似体験ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周2時間半程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 456MB
【公開日】 2012年5月13日

住宅街がホームイルミネーションに輝く12月、
会社経営者(26)の自宅が放火され、車椅子の妻(26)が死亡した。
被告人として起訴されたのは、被害者の夫婦と同級生だった男。
「私はやっていません」と言う被告人は、はたして有罪なのか、無罪なのか?
放火事件の裁判員に選任された「わたし」は、戸惑いながらも、初めての裁判に臨む――。
(制作サイトより引用)


弁護士が作成した裁判ゲーム、という異色の作品です。
リリース当時から存在を知ってはいたのですが、かなりボリュームがありそうだったので
何となく後回しになってしまい、ようやく今プレイできました。

裁判員体験ゲームというと固そうで身構えてしまいがちですが、そこはさすがというか。
固すぎず、軟らかすぎずの良いバランスを保っていました。
絵師さんがゲーム制作サイト「Ray」でご活躍されている七瀬みゆさんなのも嬉しいところ。
七瀬さんの絵はとてもアニメっぽくて可愛らしいので、裁判ゲームだと浮かないかな?
なんて思ってっていたのですが、その可愛らしさがうまく固さを和らげていました。
ただ、容疑者イケメンすぎるだろう……!
もし容疑者が、中年の冴えない風貌の男だったら全く印象が変わっていたやもしれません。
これはフィクションですが、現実でも外見での先入観って少なからずあると思うので、
視覚情報って恐ろしいなとちょっと思いました。
絵柄だけでなく、人物の性格付けもありそうな範囲で個性的なのが良かったです。
特にピンク髪の桃谷さん。見た目と違ってなかなかしっかりした考えの子で好感が持てました。
オープニングのムービーも迫力で……これが事件になってしまう事を思うと胸が痛みました。
迫力なだけに、ゲームファイルの容量もかなりボリュームあります。
でも、これだけ演出と内容に凝っていたらこうなるだろうな、と納得できるだけの作品でした。

物語は実際の裁判員裁判の流れに沿って進んで行く感じで、実際の1日の流れや
大まかな仕組みが理解できて興味深かったです。
犯行の様子を表したミニマップとか、炎のゆらぎとか、ゲーム中の演出も視覚的に分かり易く、
コンシューマーゲームに劣らない出来栄えだったと思います。

逆転裁判などのゲームと違うのは、クリアしても結局真実が分からないという点でしょうか。
無罪を選んだ場合は、実は黒だったんじゃない?というこちらの不安を払拭するような、
希望のある終わり方にはなっていました。
ただ有罪エンド後のおまけシナリオで検事さんの言っている事も、ごもっともで。
現実でゲームのような際どい裁判がどの程度あるのかは分かりませんが、
本職の裁判官だろうと素人だろうと、決断を下すのは難しいだろうなと想像させられました。

また、こちら本職の弁護士さんが制作されているだけあって、おまけ等で弁護士さんの
本音みたいなものが垣間見えて、それも興味深くて面白かったです。
拍手する

Crimson_Roots

2011年05月23日 21:03

COCOON【タイトル】 Crimson_Roots
【制作】 COCOON 八色いんこ様

Crimson_Roots
【ジャンル】 長編シリアスアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 10種類
【スチル数】 
【プレイ時間】 1周1時間程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 MB
【公開日】 2011年4月9日

目を覚ますと見慣れない部屋に私は寝ていた。
何故私はここにいるのだろうか。
――いや、そもそも自分が誰なのかすら分からない。
傍にいた青年と目が合う。
私の幼馴染らしい。
本当かどうかはもちろん判断出来ないが、
己の置かれている立場を知る為にひとまず信じる事にする。
彼らは私に言う。
私が魔術師である事。
魔術の研究や振興を目的として作られたレーゲトンという場所にいる事。
そのレーゲトンの次期総帥として育てられた事。
そして、偉大なる魔術師の生まれ変わりだという事……。(制作サイトより引用)


COCOONさんの前作品はコメディ色の強い作品ばかりでしたが、
今回はシリアス一直線なストーリーでした。
同作者さんのファンとしては、らしくない新鮮さがあり、しかしやはりCOCOONさんの
作品というだけの事はある!と唸らせられるだけの素晴らしさを兼ね備えていました。

短くてすみません。後ほどもう少し追記します。
拍手する

斬首人が連れて行く

2011年02月19日 19:13

*coelacanth*【タイトル】 斬首人が連れて行く
【制作】 *coelacanth* 18歳未満入室禁止 那々瀬様、雅様

斬首人が連れて行く
【ジャンル】 オカルティックBL18禁ADV
【対象】 18歳以上
【ED数】 9種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周45分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 18.9MB
【公開日】 2009年6月7日

――《斬首人》が俺を殺しにくるのなら、逆にそいつを殺してやる

首斬り役人を先祖に持つカルカテラ家には嵐の晩に現れる《斬首人》に
首を斬られて死ぬという言い伝えがあった。
シア・カルカテラは祖父が病死したのを機に当主の座を受け継ぐための
《カルカテラ後継儀》に臨むことになる。
父と母は首を斬られて死に、唯一の肉親となった兄は別城に篭っていて
もう数年も会っていない。
外では雨が降り続け、不穏な雰囲気に包まれたまま城は運命の夜を
迎えようとしていた……。(制作サイトより引用)


※制作サイトさんは18歳未満の方は入場禁止です。ご注意ください。

私、BLが苦手ですので普段ならプレイはしません。
ですが、こちらの作品はストーリーがすごく面白そうだったので惹かれて、
ぜひともプレイしたくなってしまいました。

嵐の夜、城の中で怒る惨殺劇。
登場人物も誰が味方で誰が敵なのか分からない不信感と不気味さがありました。
まるでクローズド・ミステリのようでとてもドキドキさせられました。

承知してプレイした事とはいえ、18禁作品ということでエロシーンがあるのは
自分としては正直辛かったですが、それでもプレイして良かったと思える面白さでした。

攻略はなかなか難しかったので制作サイトさんのヒントを見てしまったのですが、
何だか珍しく燃え上がり、ちらりとヒントを見た以上は攻略に頼らずに結構頑張りました。
色々試して新展開に持ち込めた時は本当に嬉しかったです。
拍手する

あやじょ!! ~綾椎女子高不思議研究会~

2011年02月18日 22:50

空工房【タイトル】 あやじょ!! ~綾椎女子高不思議研究会~
【制作】 空月まちゃる様

あやじょ!! ~綾椎女子高不思議研究会~
【ジャンル】 アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 6種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周1時間程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 24.2MB
【公開日】 2007年8月27日

呪術師の村と噂される寿祝村へ、呪いの取材に行く綾女(綾椎女子高等学校)の
不思議研究会メンバー。その村で彼女達を待ち受けていたものとは……。
(ふりーむ!紹介ページより引用)


あの知る人ぞ知るギャグノベル「サンダーボルトシリーズ」の作者さんによる
アドベンチャーゲームです。

今回もコメディタッチですが、突き抜けたギャグというより、真面目な(?)
オカルティック学園ストーリーでした。
立ち絵はオリジナルなのか素材なのか分かりませんが、台詞に合わせて口ぱくします。
可愛いし、見ていて楽しかったです。

ストーリーは、閉鎖された村の恐怖感がじわじわ伝わってきた前半の盛り上がりに
対して、後半小さくまとまり過ぎていた感はあります。
バッドエンドは色々と怖かったですが……。
バッドの中ではバッドエンド1に驚きました。まさかの展開でした。
伏線の回収も完璧とは言えなかったものの、最後はきちんとオチもついているし、
すっきりと楽しめました。

と、なかなか満足していたのに、制作サイトさんのブログを拝見すると
当初の予定ではもっと違うストーリーになるようだったとのこと。
その展開が私好みでものすごーく面白そうだっただけに残念な気がしちゃいました。

以下、攻略情報を掲載しています。
反転させないと見えないようにしていますが、ネタばれが嫌な方はご注意ください。
[あやじょ!! ~綾椎女子高不思議研究会~]のヒント・攻略を見る
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。