イービルウィッチ

2018年09月10日 20:00

イービルウィッチ ふりーむ!のページ【タイトル】 イービルウィッチ
【制作】 ハコノネコ様 (twitter

イービルウィッチ
【ジャンル】 推理ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 40分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 81.3MB
【公開日】 2018年8月10日
【プレイver.】 1.01

令嬢・八里千秋は毎晩奇妙な夢をみる。
自分の身体に邪悪なモノが侵入してくる悪夢だ。
ある日、千秋のもとを訪れる旧友・十槍あかね。
あかねは千秋に断言する。
「あなたには入れ替わりの魔法がかけられている。あなたを狙う術者をつきとめないと」
クトゥルフ×推理ゲーム、ここに開幕!! (readmeより引用)


クトゥルフ神話をモチーフにした推理ゲームで、ティラノビルダー製です。
ふりーむ!さんからはダウンロード版がプレイ可能。
その他に、ノベルゲームコレクションにてブラウザ版がプレイ可能です。  ページはこちら→

何となく面白そうだな、と思ってプレイさせて頂きました。
いやー、期待以上に面白かったです。
神様の血を引く能力者、というちょっと厨二な心ときめく設定と、ミステリー。両方大好物なのです。

私はクトゥルフについては「何となくこんなもの」という漠然としたイメージと浅い知識しかないのですが、
そんな人間にも分かり易いよう、序盤で大まかな説明があったりします。
モチーフからしておどろおどろしい昏い雰囲気かと思いきや、登場人物が意外とコミカルで魅力的。
会話に飽きることなく引き込まれました。
ファンタジー要素と堅実なミステリー、そして人物の魅力が相まってとても楽しかったです。

推理に関しては一点、魔女の正体を暴くというファンタジー要素満載のもの。
ですが、とてもベーシックでシンプルな出題で、堅実だなぁという感じです。
きちんと考えればきっと分かるはず、という難易度かと。
ちなみに、私は一発クリアできました。ちょっと嬉しい('-'*)
犯人は2択なので煩雑さはないものの、犯人指摘の根拠が入力形式なので詰まると辛いかもしれません。
推理は失敗するとエンディングが変わるかなぁと思って試したところ、正解するまでループします。

作者さんのtwitterを拝見したところ、続編制作中とのこと。
もう好みにヒットの作品で、「続きがプレイしたい~」と思っていたので、狂喜乱舞しました。
楽しみです。
拍手する

親愛なる○○へ

2018年07月20日 20:00

有限の遑【タイトル】 親愛なる○○へ
【制作】 有限の遑 皐月の夢様

親愛なる○○へ
【ジャンル】 探索ホラーゲーム
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 3種類
【スチル数】 5枚
【プレイ時間】 1周1時間40分(トータル3時間10分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 52.5MB
【公開日】 2017年4月2日
【プレイver.】 1.05

大学に入学し、一人暮らしをしている主人公の女性、つかさ。
一週間前から、彼女の元に差出人不明の手紙やプレゼントが届くようになる。
”愛する君へ”これはストーカー…?
降りかかる恐怖に怯えながら、つかさは自分に何が起こっているのか調べていく。
ストーカーは人間?それとも――。 (ふりーむ!作品ページより引用)


第13回 ふりーむ!ゲームコンテスト 女性向けゲーム部門で金賞を受賞された作品です。

受賞に相応しいと思える良作ですが、ひとつ疑問なのはなぜ女性向け部門なのか?と。
女性向け要素が皆無とはでは言いませんが、特に恋愛メインなストーリーでもなく。
とても面白い作品ですので、そこで男性が敬遠してしまうことがあっては勿体ないと思います。
ミステリー・サスペンス好きな方、男女問わずお薦めしたいです。

実はこの作品、フリーゲームから遠ざかっていてもうやらないな、と思っていた時期に
ゲーム実況動画で一通り見たことがあるのです。
通常は動画で見たゲームはプレイしない傾向なのですが、他の作品で作者さんの
ファンになってしまったので、こちらも改めて自分でプレイさせて頂くことに。

ストーカーの被害に悩まさせる、都会で一人暮らしをする女子大生のストーリー。
ストーカー行為はダメですが、確かに、常に傍で守ってあげたくなるような儚い雰囲気の美人ですよね。
ただ、彼女はその見た目にそぐわず、自分のことは自分で解決するという強さを兼ね備えた女性です。
そこが仇になり、友人や警察になかなか弱みを見せられない……という脆さに繋がっているのですが。

プレイを進めて行くと、彼女がどういう被害に遭っているを体験することになります。
バイト先の同僚、大学の友人、そして幽霊のような超常現象から何と自分自身まで、
何もかもが怪しく見えてくるという語り口が上手いです。すごい展開。

そして、道中には様々な謎解きもあり。
ストーリーは前述のように動画で見たことがあったので記憶に残っていたのですが、
謎解きはほぼ忘れかけていて苦戦しました。
特に、後半で出てくる箱の開け方は全く覚えておらず、相当悩みました。
しかし、翌日まで持ち越したところ突然閃いて何とかクリア。嬉しかったです。
そんなのアリかー!と思わずのけぞるような少し捻った謎解きもあり、結構難しいと思われます。

そして、GoodEndへの行き方も全然覚えてなく、初めはBadEnd2へ到達しました。
普通にプレイしていると真っ先にこれに辿り着くはず。
このエンドはBadながら、作品の真骨頂とも言える展開です。
あまりに印象的なだけに、そこは覚えていたので驚きは味わえず……悔しいところです。
Badをクリアすると、エンディング後に少しおまけのような要素あり。
これを見ると、心が抉られます。
こんなにBadで心が痛む、そして何としてもGoodに行かねば!と思わされる作品もそう無いかと。
そこではGoodEndへのヒントも貰えます。
自力で回収するのは少し大変なので、そこはありがたいところ。

そして、2周目で無事GoodEndへ。やったよ……。・゚・(ノД`)・゚・。
これも諸手を挙げて喜べるエンドではないものの、納まるべきところへ納まったかなというものでした。
BadEnd1は、作中ヒントもないのでさっぱり分からず、攻略サイトを頼りました。
これもちょっとフラグ立てが難しい。しかし、見ていくと「こんなシーンもあったんだ」と面白かったです。
Bad1も後味は悪いですが、それだけでなく何だかとても……複雑な気持ちにさせられました。

また、2周目以降は登場人物が「その時何を考えていたか」という心の声が追加表示されます。
それを見るとストーリー展開がより分かり易いので、スキップせずに読んでいくと面白いです。

これまでの皐月の夢さんの作品は、ストーリー自体が上手いというよりは、
魅力的な舞台と設定をベースにキャラクター同士の絡みや台詞の上手さで
魅せていくものが多かったように思います。
ストーリー以上に、台本と役者が素晴らしかったのです。
しかし、この作品はストーリー構成自体が秀逸で、思わず唸らされる逸品でした。
キャラクターも魅力的なのですが、もし役者を総入れ替えしたとしても恐らく作品は色褪せない。
今までの作品もすごく面白かったけど、更に進化されたなという印象を持ちます。
この作品が今の時点で最新作。
ゲーム制作大変だとは思いますが、新作作られないかなぁ……と心底待ち遠しい作者さんです。
拍手する

太陽がまた輝くとき

2018年07月17日 20:00

セイナルボンジン【タイトル】 太陽がまた輝くとき
【制作】 セイナルボンジン たぬ子様

太陽がまた輝くとき
【ジャンル】 映画風紙芝居ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 35分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 21.9MB
【公開日】 2014年5月2日
【プレイver.】 1.11

久しぶりに帰省する娘のミハルと駅で待ち合わせていた刑事・コガ。
時間を過ぎても現れない娘を捜して駅のトイレへ向かうと、中から甲高い悲鳴が聞こえてきた。
トイレへと飛び込んだコガが見たものは、ナイフで刺されて横たわる愛娘の姿だった……。


第10回 ふりーむ!ゲームコンテスト にて審査員特別賞を受賞された作品です。

テキストと共にコマ送りで絵が変わっていく、紙芝居風のビジュアルノベル。
セイナルボンジンさんの作品をプレイさせて頂くのは3作目ですが、これが処女作です。

熟練の刑事が、愛娘が殺された事件を捜査していくサスペンスノベル。
ただ、事件の黒幕や殺された理由等、ストーリー自体はわりとベタな感じでした。
しかし、そこにプラスして主人公が「少林刑事」と呼ばれる拳法の達人という
ちょっと面白い設定が為されていて、そのB級感がまた良い。
その設定を活かしてのアクションシーンもあり、静と動のメリハリが見事でした。

絵はより新しい作品と比べると少し荒い気もしますが、それもまた味があります。
この作品の為に390枚もイラストを描かれているそうで……凄いですね。

オーソドックスな展開ながら、ストーリーの見せ方が素晴らしかったです。
やっぱり豊富な画像に感情を揺さぶられます。
序盤で凄腕の片鱗を見せつつも、娘に会える喜びでニコニコしているおやっさん。
事件に遭遇し、その表情が苦痛に歪む様やその後の鬼の形相が、見ていて辛かった……。
胸を打たれる悲壮感、手に汗握る緊張感、胸が熱くなる高揚感。
最初から最後までドラマチックで、良質のドラマを観ているように最後まで飽きずに引き込まれました。

ラストでタイトルの「太陽がまた輝くとき」という言葉の意味を噛み締めた時に、思わず涙腺が緩みました。
拍手する

“聴”能力捜査官 キキミミ!!:Complete

2018年07月08日 20:00

LAb246【タイトル】 “聴”能力捜査官 キキミミ!!:Complete
【制作】 LAb246 LIKEMAD/ツシマユキヒロ様

“聴”能力捜査官 キキミミ!!:Complete【ジャンル】 ミステリーADV
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1時間45分程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 119MB
【公開日】 2017年3月30日
【プレイver.】 1.04

サイキックである主人公のヒナタ・スペンサーは、国際特別捜査局の捜査官。
捜査本部のある英国から、生まれ育った桜木町へと本部の命令で戻ってきた。
しかし、それは表向きの理由。
彼女はどうしても解決しなければならない大きな問題を抱えていた。
“聴”能力キキミミ!!を使い、難事件の真相を暴け!  (制作サイトより引用)


第4回 PLiCyゲームコンテスト シナリオ部門・金賞受賞作品。

“聴”能力捜査官である主人公・ヒナタ。
“キキミミ”という、探しものの位置を“音”で聴いて確認できる能力を持っています。
そのキキミミを駆使して、事件を解決していくストーリー。
音が重要なキーポイントになっていますので、音声必須、ヘッドホン推奨です。
MV製なのでブラウザ版もありますし、アンドロイドの方はアプリ版もリリースされています。
私はダウンロード版でプレイさせて頂きました。

ストーリーは何章かに分かれており、EPISODE1~FINALまで全10章。
元々はひとつずつ配信されていたのを纏めたので"Complete"というタイトルのようですね。

ゲームを始めると、オレンジの画面にポップなタイトルが。
キャラクターは、デフォルメされた感じの絵柄でとても可愛いです。
音を手掛かりに探索というのも、上手くできるかな?と少し不安でしたが、分かり易かった。
こちらの作者さん、過去作でも音がキーポイントになる作品があるのですが、
それよりも分かり易くなっていたと思います。

そして嬉しい驚きだったのが、同作者さん制作「迷☆探偵の助手」シリーズに登場する
大和さんというキャラクターがが絡んでくるということ。
この作者さん、作品同士がリンクしていることがないので意外でした。
プレイ後に制作サイトさんを拝見したところ、どうやら大和さんにスポットを当てた
スピンオフ作品として制作されたゲームというようなことが書かれていました。
なるほど、確かに脇役というより重要なポジションとして登場しています。
桜木町のMAPには空木探偵事務所の位置も示されるのですが、そこで同シリーズの
千穂や御影くんが相変わらずドタバタやってるんだろうな……と想像すると、街が愛おしく感じられました。

見た目もポップでスタイリッシュですし、そのイメージ通りに最初は軽快な雰囲気で始まりますが、
捜査が進むにつれ徐々に事件の真相……思いがけない隠された闇が見えてきます。
軽快から警戒へ。なんちゃって。
誰もが怪しく思えてくる手に汗握る展開で、ミステリーとしてとても楽しめました。
ヒナタの大和さんへの淡い恋心も見どころです。大和さんファンの女性はご覚悟を(笑)
大和さんはまだクールな対応ですが……続編も制作中のようですし、これからが楽しみな2人です。
拍手する

セブンテットクロス

2018年07月07日 19:00

有限の遑【タイトル】 セブンテットクロス
【制作】 有限の遑 皐月の夢様

セブンテットクロス
【ジャンル】 微ホラー探索ゲーム
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 5種類
【スチル数】 8枚
【プレイ時間】 1周1時間50分(トータル3時間40分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 117MB
【公開日】 2017年1月4日
【プレイver.】 1.25

警察官になることを目標に大学に通う主人公、ユシア。
彼女は偶然にも殺害現場に居合わせてしまい、殺人鬼と間違われて刑務所に投獄されてしまう。
失意の中、刑務所で出会ったのは個性豊かな囚人たちだった。
彼らの協力を得ながら、脱獄の方法を探るユシア。
しかし、調べているうちに刑務所内で起きている”異変”に 気づいてしまう。
”――この刑務所は、何かがおかしい・・・”
ユシア達はその異変へ巻き込まれていく・・・。
囚人たちと協力し、無事に刑務所から脱獄することはできるのか。 (制作サイトより引用)


以前、過去作の紹介でも書いた通り、皐月の夢様のゲームは実はこれを最初にプレイしました。
あまりに面白くて、全作品プレイしよう!と思ったきっかけになった作品です。

刑務所の謎を探り脱獄を目指すという、なかなかユニークなストーリーのゲームです。
ドラマ(特に海外)だとありそうな設定ですが、フリーゲームでは見た記憶がありません。
牢獄が舞台、だと思い当たるんですけどね。
刑務所だけに、登場人物たちの服装はボーダーの囚人服。
ですが、へそ出しやミニスカート等、キャラクターに合わせた個性的なデザインばかりで面白いです。
自分だったらどんな服がいいかなぁ(入る気か!)と想像したりもしました。
キャラチップは少し頭でっかちのデフォルメキャラで、すごく可愛いのも良し。

無実なのに、何故か真っ黒な証拠を固められ投獄されてしまう主人公ユシア。
そんな馬鹿な……と目を疑う展開や、上記のスタイリッシュな囚人服など、現実感は薄いです。
しかし、リアリティよりもフィクションとして興味を引かれる設定、次に何が起こるんだろうという
続きを知りたくなるドキドキ感がたまらない。
そして、ユシアが刑務所で出会う囚人たち。彼らはいずれも個性的で、そこが一番の醍醐味かと。
特に中心人物となってくるキースは、詐欺師という設定ながら、切れ者で掴みどころのない性格、
そしてイケメンという魅力に溢れたキャラクターです。
そんなキースに最初は振り回されながらも、徐々に協力して謎に迫っていくという展開に胸躍りました。
ストーリーが上手いというより、ストーリーを上手く見せていく演出や台詞回しが巧みで素晴らしいです。

ただ、ユシア以外の囚人は、何かしら罪を犯して投獄されている人物ばかりです。
彼らが何を犯したのか、どんな過去があったのかも少しずつ明かされることとなりますが、
どこまで許容できるかは、個人の倫理観や経験に左右されそうだなぁという気はしました。
私もコレは心情的に許せるかなと思う人と、コレ、ダメじゃね?と思う人に分かれてます。
そして囚人たちの回想シーンは、彼らをより理解するための重要なシーンなのですが、
そこが文章だけで語られるのは少し残念ではありました。
“セブンテットクロス”というタイトルで、7人全員が主人公と言ってもいいはずの作品なのですから、
せめて1枚で良いのでCGがあればなぁと思いました。絵が魅力的な作者さんなので尚更なのです。

途中には謎解きもあり。難易度は中くらいかな?
見てぱっと分かる程に容易ではないけれど、じっくり考えれば正解に辿り着けるという感じです。
時間制限の所もあり焦りますが、最初はゲームオーバーも覚悟でどっしり構えて考えたら
きちんと時間内にクリアできました。
種類も閃きが必要な暗号のようなものから操作手順を考えるロジック系のものまで、
色々な種類があって楽しめました。
もし詰まっても制作サイトさんに攻略があるので安心です。

エンディングは全部で5種類。
Bad2とHappyは分岐が分かり易くなっており、その2つは1周目でさっくり辿り着けました。
NomalとBad1、3については、フラグの立て直しが必要でやや序盤から再プレイすることに。
しかし、手順が分かっていたので思ったより容易に全てのエンディング見ることができました。
どこまでフラグ回収しているかで最初に辿り着くところは変わると思いますが、
全エンド回収の為にはいずれにしても2周以上のプレイは必要になってくると思います。

Bad系は予想通りと言えばそうですが、CG含めて思った以上にエグイ……。
その分Happyは熱い展開。その後のエピソードも予想を超えた形で、希望と幸せに溢れています。
特に、最後のCGでもう何もいらないと思える程に良かった、という気持ちに満たされました。

以下、長くなりますがネタバレありの感想とそれぞれのエンディングの感想を書きます。
既プレイでないと分からない書き方ですので、プレイ後の閲覧を推奨します。
反転させないと見えないようにしていますが、ネタバレが嫌な方はご注意下さい。

※以下、ネタバレ注意※






総じて、キャラクターの魅力、台詞の上手さ、キースとのシチュエーション、CGが魅力的な作品でした。
ストーリー展開自体はそこまで捻りはなかったかなと。
展開として、7人のうちのひとり(特にサイラスとか適役)が黒幕だとまた違った面白さがあったんでしょうが、
そういうところを見せたかった作品ではないのだろうと思っています。


以下は、エンディング毎の感想です。

◆ Bad End3 【殺人鬼

これ、個人的に一番納得いかないエンドです。モヤモヤします。
えー、何それ!?キースの証言もありそうなのに、そんな展開アリ!?と。
たった一つの救いは、キースが生存していることでしょうか……。



◆ Bad End2 【部品

多分この選択肢を選ぶとこうなるだろうな、と分かって初めに回収したエンド。
展開は予想通りでしたが、CGがエグくてうわぁ……と思いました。
しかし、細かく描かれているので思わす見入ってしまったという一面も。
この後のエリオットがどうなったのか気になるところでもあります。ちゃんと3回助けたのだけど。



◆ Bad End1 【失ったモノ

キースが好きな方には一番辛い展開ではないでしょうか。でも彼はカッコ良かった。
正直、これがキース以外のキャラクターだと、
「ああ、なんてこった、彼は良い奴だった。君のことは忘れず、これから頑張るよ……!」
という感じで終わってしまうかもしれないんですよね。
ある意味でキースの見せ場というか役得というか、彼以外では成立しないエンドだと思います。
しかし、ユシアのことだけ考えると私はNomalよりこちらの方が良かったとも思えます。
夢を叶えることができたのですから。
深い傷を抱えたものの、それをバネに頑張れるかどうかはユシア次第。
心折れずにちゃんと夢を叶えた時点で、彼女はきっと大丈夫だと思いたい。
エゴだなぁと我ながら思いますが、私がユシアの身内だったらそう思うかもしれません。



◆ Nomal End 【刑務所での日々

一見幸せそうですが、これ、メリーバッドエンディングというやつでは。
私はちょっと複雑な気分になりました。
そのうち冤罪が証明されるはずというドニスの台詞のように、当てのない期待感だけが救いの、
ぬるま湯のような平穏と幸福。
うーん、悪くはないんだ。でも喜べない。うーん。



◆ Happy End 【それぞれの始まり

これは、もう言うことはないお腹いっぱい、胸いっぱいのハッピーエンドです。
汚名をそそいだだけでなく、当初とは違った夢と目標を見つけ、それに向かって進んで行くユシア。
そしてキースとの再会。
本文でも書きましたが、最後のCGは日差しに溢れる中での2人が幸せそうで感無量です。
エンドロールで流れるその後の様子も、ひとつひとつスクリーンショットに取って眺めてしまいました。
これは、ドニスとの勝負は勝ったな……!と思ってしまったのですが、どうなんでしょうね。
これ、ぜひ乙女ゲーにして欲しいと思う程、この2人の関係にはときめきましたし、良かったです。
拍手する


最新記事