太陽がまた輝くとき

2018年07月17日 20:00

セイナルボンジン【タイトル】 太陽がまた輝くとき
【制作】 セイナルボンジン たぬ子様

太陽がまた輝くとき
【ジャンル】 映画風紙芝居ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 35分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 21.9MB
【公開日】 2014年5月2日
【プレイver.】 1.11

久しぶりに帰省する娘のミハルと駅で待ち合わせていた刑事・コガ。
時間を過ぎても現れない娘を捜して駅のトイレへ向かうと、中から甲高い悲鳴が聞こえてきた。
トイレへと飛び込んだコガが見たものは、ナイフで刺されて横たわる愛娘の姿だった……。


第10回 ふりーむ!ゲームコンテスト にて審査員特別賞を受賞された作品です。

テキストと共にコマ送りで絵が変わっていく、紙芝居風のビジュアルノベル。
セイナルボンジンさんの作品をプレイさせて頂くのは3作目ですが、これが処女作です。

熟練の刑事が、愛娘が殺された事件を捜査していくサスペンスノベル。
ただ、事件の黒幕や殺された理由等、ストーリー自体はわりとベタな感じでした。
しかし、そこにプラスして主人公が「少林刑事」と呼ばれる拳法の達人という
ちょっと面白い設定が為されていて、そのB級感がまた良い。
その設定を活かしてのアクションシーンもあり、静と動のメリハリが見事でした。

絵はより新しい作品と比べると少し荒い気もしますが、それもまた味があります。
この作品の為に390枚もイラストを描かれているそうで……凄いですね。

オーソドックスな展開ながら、ストーリーの見せ方が素晴らしかったです。
やっぱり豊富な画像に感情を揺さぶられます。
序盤で凄腕の片鱗を見せつつも、娘に会える喜びでニコニコしているおやっさん。
事件に遭遇し、その表情が苦痛に歪む様やその後の鬼の形相が、見ていて辛かった……。
胸を打たれる悲壮感、手に汗握る緊張感、胸が熱くなる高揚感。
最初から最後までドラマチックで、良質のドラマを観ているように最後まで飽きずに引き込まれました。

ラストでタイトルの「太陽がまた輝くとき」という言葉の意味を噛み締めた時に、思わず涙腺が緩みました。
拍手する

“聴”能力捜査官 キキミミ!!:Complete

2018年07月08日 20:00

LAb246【タイトル】 “聴”能力捜査官 キキミミ!!:Complete
【制作】 LAb246 LIKEMAD/ツシマユキヒロ様

“聴”能力捜査官 キキミミ!!:Complete【ジャンル】 ミステリーADV
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1時間45分程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 119MB
【公開日】 2017年3月30日
【プレイver.】 1.04

サイキックである主人公のヒナタ・スペンサーは、国際特別捜査局の捜査官。
捜査本部のある英国から、生まれ育った桜木町へと本部の命令で戻ってきた。
しかし、それは表向きの理由。
彼女はどうしても解決しなければならない大きな問題を抱えていた。
“聴”能力キキミミ!!を使い、難事件の真相を暴け!  (制作サイトより引用)


第4回 PLiCyゲームコンテスト シナリオ部門・金賞受賞作品。

“聴”能力捜査官である主人公・ヒナタ。
“キキミミ”という、探しものの位置を“音”で聴いて確認できる能力を持っています。
そのキキミミを駆使して、事件を解決していくストーリー。
音が重要なキーポイントになっていますので、音声必須、ヘッドホン推奨です。
MV製なのでブラウザ版もありますし、アンドロイドの方はアプリ版もリリースされています。
私はダウンロード版でプレイさせて頂きました。

ストーリーは何章かに分かれており、EPISODE1~FINALまで全10章。
元々はひとつずつ配信されていたのを纏めたので"Complete"というタイトルのようですね。

ゲームを始めると、オレンジの画面にポップなタイトルが。
キャラクターは、デフォルメされた感じの絵柄でとても可愛いです。
音を手掛かりに探索というのも、上手くできるかな?と少し不安でしたが、分かり易かった。
こちらの作者さん、過去作でも音がキーポイントになる作品があるのですが、
それよりも分かり易くなっていたと思います。

そして嬉しい驚きだったのが、同作者さん制作「迷☆探偵の助手」シリーズに登場する
大和さんというキャラクターがが絡んでくるということ。
この作者さん、作品同士がリンクしていることがないので意外でした。
プレイ後に制作サイトさんを拝見したところ、どうやら大和さんにスポットを当てた
スピンオフ作品として制作されたゲームというようなことが書かれていました。
なるほど、確かに脇役というより重要なポジションとして登場しています。
桜木町のMAPには空木探偵事務所の位置も示されるのですが、そこで同シリーズの
千穂や御影くんが相変わらずドタバタやってるんだろうな……と想像すると、街が愛おしく感じられました。

見た目もポップでスタイリッシュですし、そのイメージ通りに最初は軽快な雰囲気で始まりますが、
捜査が進むにつれ徐々に事件の真相……思いがけない隠された闇が見えてきます。
軽快から警戒へ。なんちゃって。
誰もが怪しく思えてくる手に汗握る展開で、ミステリーとしてとても楽しめました。
ヒナタの大和さんへの淡い恋心も見どころです。大和さんファンの女性はご覚悟を(笑)
大和さんはまだクールな対応ですが……続編も制作中のようですし、これからが楽しみな2人です。
拍手する

セブンテットクロス

2018年07月07日 19:00

有限の遑【タイトル】 セブンテットクロス
【制作】 有限の遑 皐月の夢様

セブンテットクロス
【ジャンル】 微ホラー探索ゲーム
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 5種類
【スチル数】 8枚
【プレイ時間】 1周1時間50分(トータル3時間40分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 117MB
【公開日】 2017年1月4日
【プレイver.】 1.25

警察官になることを目標に大学に通う主人公、ユシア。
彼女は偶然にも殺害現場に居合わせてしまい、殺人鬼と間違われて刑務所に投獄されてしまう。
失意の中、刑務所で出会ったのは個性豊かな囚人たちだった。
彼らの協力を得ながら、脱獄の方法を探るユシア。
しかし、調べているうちに刑務所内で起きている”異変”に 気づいてしまう。
”――この刑務所は、何かがおかしい・・・”
ユシア達はその異変へ巻き込まれていく・・・。
囚人たちと協力し、無事に刑務所から脱獄することはできるのか。 (制作サイトより引用)


以前、過去作の紹介でも書いた通り、皐月の夢様のゲームは実はこれを最初にプレイしました。
あまりに面白くて、全作品プレイしよう!と思ったきっかけになった作品です。

刑務所の謎を探り脱獄を目指すという、なかなかユニークなストーリーのゲームです。
ドラマ(特に海外)だとありそうな設定ですが、フリーゲームでは見た記憶がありません。
牢獄が舞台、だと思い当たるんですけどね。
刑務所だけに、登場人物たちの服装はボーダーの囚人服。
ですが、へそ出しやミニスカート等、キャラクターに合わせた個性的なデザインばかりで面白いです。
自分だったらどんな服がいいかなぁ(入る気か!)と想像したりもしました。
キャラチップは少し頭でっかちのデフォルメキャラで、すごく可愛いのも良し。

無実なのに、何故か真っ黒な証拠を固められ投獄されてしまう主人公ユシア。
そんな馬鹿な……と目を疑う展開や、上記のスタイリッシュな囚人服など、現実感は薄いです。
しかし、リアリティよりもフィクションとして興味を引かれる設定、次に何が起こるんだろうという
続きを知りたくなるドキドキ感がたまらない。
そして、ユシアが刑務所で出会う囚人たち。彼らはいずれも個性的で、そこが一番の醍醐味かと。
特に中心人物となってくるキースは、詐欺師という設定ながら、切れ者で掴みどころのない性格、
そしてイケメンという魅力に溢れたキャラクターです。
そんなキースに最初は振り回されながらも、徐々に協力して謎に迫っていくという展開に胸躍りました。
ストーリーが上手いというより、ストーリーを上手く見せていく演出や台詞回しが巧みで素晴らしいです。

ただ、ユシア以外の囚人は、何かしら罪を犯して投獄されている人物ばかりです。
彼らが何を犯したのか、どんな過去があったのかも少しずつ明かされることとなりますが、
どこまで許容できるかは、個人の倫理観や経験に左右されそうだなぁという気はしました。
私もコレは心情的に許せるかなと思う人と、コレ、ダメじゃね?と思う人に分かれてます。
そして囚人たちの回想シーンは、彼らをより理解するための重要なシーンなのですが、
そこが文章だけで語られるのは少し残念ではありました。
“セブンテットクロス”というタイトルで、7人全員が主人公と言ってもいいはずの作品なのですから、
せめて1枚で良いのでCGがあればなぁと思いました。絵が魅力的な作者さんなので尚更なのです。

途中には謎解きもあり。難易度は中くらいかな?
見てぱっと分かる程に容易ではないけれど、じっくり考えれば正解に辿り着けるという感じです。
時間制限の所もあり焦りますが、最初はゲームオーバーも覚悟でどっしり構えて考えたら
きちんと時間内にクリアできました。
種類も閃きが必要な暗号のようなものから操作手順を考えるロジック系のものまで、
色々な種類があって楽しめました。
もし詰まっても制作サイトさんに攻略があるので安心です。

エンディングは全部で5種類。
Bad2とHappyは分岐が分かり易くなっており、その2つは1周目でさっくり辿り着けました。
NomalとBad1、3については、フラグの立て直しが必要でやや序盤から再プレイすることに。
しかし、手順が分かっていたので思ったより容易に全てのエンディング見ることができました。
どこまでフラグ回収しているかで最初に辿り着くところは変わると思いますが、
全エンド回収の為にはいずれにしても2周以上のプレイは必要になってくると思います。

Bad系は予想通りと言えばそうですが、CG含めて思った以上にエグイ……。
その分Happyは熱い展開。その後のエピソードも予想を超えた形で、希望と幸せに溢れています。
特に、最後のCGでもう何もいらないと思える程に良かった、という気持ちに満たされました。

以下、長くなりますがネタバレありの感想とそれぞれのエンディングの感想を書きます。
既プレイでないと分からない書き方ですので、プレイ後の閲覧を推奨します。
反転させないと見えないようにしていますが、ネタバレが嫌な方はご注意下さい。

※以下、ネタバレ注意※






総じて、キャラクターの魅力、台詞の上手さ、キースとのシチュエーション、CGが魅力的な作品でした。
ストーリー展開自体はそこまで捻りはなかったかなと。
展開として、7人のうちのひとり(特にサイラスとか適役)が黒幕だとまた違った面白さがあったんでしょうが、
そういうところを見せたかった作品ではないのだろうと思っています。


以下は、エンディング毎の感想です。

◆ Bad End3 【殺人鬼

これ、個人的に一番納得いかないエンドです。モヤモヤします。
えー、何それ!?キースの証言もありそうなのに、そんな展開アリ!?と。
たった一つの救いは、キースが生存していることでしょうか……。



◆ Bad End2 【部品

多分この選択肢を選ぶとこうなるだろうな、と分かって初めに回収したエンド。
展開は予想通りでしたが、CGがエグくてうわぁ……と思いました。
しかし、細かく描かれているので思わす見入ってしまったという一面も。
この後のエリオットがどうなったのか気になるところでもあります。ちゃんと3回助けたのだけど。



◆ Bad End1 【失ったモノ

キースが好きな方には一番辛い展開ではないでしょうか。でも彼はカッコ良かった。
正直、これがキース以外のキャラクターだと、
「ああ、なんてこった、彼は良い奴だった。君のことは忘れず、これから頑張るよ……!」
という感じで終わってしまうかもしれないんですよね。
ある意味でキースの見せ場というか役得というか、彼以外では成立しないエンドだと思います。
しかし、ユシアのことだけ考えると私はNomalよりこちらの方が良かったとも思えます。
夢を叶えることができたのですから。
深い傷を抱えたものの、それをバネに頑張れるかどうかはユシア次第。
心折れずにちゃんと夢を叶えた時点で、彼女はきっと大丈夫だと思いたい。
エゴだなぁと我ながら思いますが、私がユシアの身内だったらそう思うかもしれません。



◆ Nomal End 【刑務所での日々

一見幸せそうですが、これ、メリーバッドエンディングというやつでは。
私はちょっと複雑な気分になりました。
そのうち冤罪が証明されるはずというドニスの台詞のように、当てのない期待感だけが救いの、
ぬるま湯のような平穏と幸福。
うーん、悪くはないんだ。でも喜べない。うーん。



◆ Happy End 【それぞれの始まり

これは、もう言うことはないお腹いっぱい、胸いっぱいのハッピーエンドです。
汚名をそそいだだけでなく、当初とは違った夢と目標を見つけ、それに向かって進んで行くユシア。
そしてキースとの再会。
本文でも書きましたが、最後のCGは日差しに溢れる中での2人が幸せそうで感無量です。
エンドロールで流れるその後の様子も、ひとつひとつスクリーンショットに取って眺めてしまいました。
これは、ドニスとの勝負は勝ったな……!と思ってしまったのですが、どうなんでしょうね。
これ、ぜひ乙女ゲーにして欲しいと思う程、この2人の関係にはときめきましたし、良かったです。
拍手する

狂い月

2018年07月01日 20:00

有限の遑【タイトル】 狂い月
【制作】 3色ぱん ネコの人様、scarecrow様

狂い月
【ジャンル】 サスペンスホラーADV
【対象】 15歳(高校生~)以上
【ED数】 2種類+α
【スチル数】 15枚~
【プレイ時間】 3時間~4時間程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 80.8MB
【公開日】 2016年1月24日
【プレイver.】 1.04

普段と変わらない高校生活を送る主人公は幼馴染みの誘いで
部活動に参加する予定だった。
だが、クラスメイトが持ちかけた≪幽霊屋敷≫の噂話に巻き込まれ、
4人のクラスメイトと共に屋敷へと足を踏み入れる。
その場所に秘められた真実も知らずに―― (制作サイトより引用)


高校生たちが廃屋に探索へ訪れる、典型的なパターンのホラーゲームです。
追いかけられ要素もあり。

廃屋は……行っちゃダメだ、ダメなんだよぉぉぉ。・゚・(ノД`)・゚・。
と、心の中で叫んでいたら、初っ端から行かない選択肢もありまして。選ぶと終了しました。
あ、あれ……?
上記の私のようなプレイヤーの突っ込みを予想した、作者さんの反撃のように感じました。
正直、これが一番良い選択肢なのではという気がしますが、やっぱり行くしかないっと……。

閑話休題。
数あるホラーゲームの中でも、一見してまずグラフィックに惹かれる作品だと思います。
MAPもすっきりしていて綺麗ですし、キャラクターも美麗。
立ち絵も良いのですが、所々見られるスチルが本当に美しくてぞくりとしました。
同作者さんの別作品「アントールの犬」も絵がガチで上手いので、キャラクター絵だけでなく、
本当に画力が高い方なのだなぁ、と。

そんな美しさに反してか、もしくは相応しくなのか。ストーリーは陰鬱です。
ネタバレになるので詳しくは書きませんが、事前に想像していた以上でした……。
狂い月というタイトルに相応しく、月にちなんだクラシックも多用されていて雰囲気を盛り上げていました。
残酷さもあり、中にはドット絵での表現もあるのですが、そこも表現が細かくて良く出来ていて、
恐怖感もさながらつい感心して見入ってしまいました。
ストーリーは作りこまれていて設定も緻密。プレイ時には理解できないままだったところも、
クリア後に行ける「開発資料室」を見ると丁寧な解説を見ることができ、全貌が把握できました。

舞台になる廃屋は、元々学生寮として使われていたという設定で、かなり広いです。
徐々に行ける範囲が広がっていくのですが、終盤はMAPがあってもかなり迷いました。
確かあそこは西の方だったな~と思って進むも辿り着けず、どれだけ彷徨ったことか。
不思議と探してないときには行けるんですよね……。
探索中、あぁ、ここであれを使うのかと思って取りに行こうとしたけど迷って辿り着けず、
どんどんストーリーが先へ進行していったという一面もあります。
でも、上手くやれていたらトゥルーエンドを先に見てしまった可能性もあるので、これで良かったかも。
セーブは出来る箇所が決まっているものの、たくさんあるので不便には感じませんでした。

謎解きは攻略無しでいけました。難しすぎないけれど簡単ではないと思います。
閃きが必要なものが多く、謎解きに対する慣れで感じ方が結構変わってきそうです。
むしろ謎解きより、終盤の追いかけられ要素が私には難しかった……。
チェイサーの動きはゆっくりなのですが、やっぱり道に迷い、何度も捕まってゲームオーバーに。
クリアできたときはほっとしました。

エンディングは、最初にノーマルエンド、次にトゥルーエンドの順で見ました。
ノーマルのルートでは、明らかに途中で解いてない謎や使っていないアイテムがあり、
そこが怪しいとは思ってはいたのですが、初回プレイでは前述のように迷って辿り着けず。
2回目でアイテム回収はできたもののそれをどうしてよいか分からず、ヒントを参考にさせて頂きました。
おかげでイベント回収、トゥルー共に達成できました。

この作者さん、処女作はノベル形式のアドベンチャーゲームを作られているので、
探索ホラーとしては初作品のはずなのです。
なのに、これだけのボリュームでこれだけの完成度は、素晴らしいという他ありません。
そこそこ長時間ながら、人気作なのが頷ける、プレイして良かったと思える作品でした。

以下、トゥルーエンドの内容にやや触れるので、反転しないと見えないようにしておきます。
かなりぼかしていますが、ネタバレしたくない方は閲覧にご注意下さい。

トゥルーエンドで明かされる真相は、プレイ開始時に「もしやこれは……」と想像していたもので、
あまり驚きはなく、あー、やっぱりそうきたか!と(むしろノーマルで、考えすぎだったかと思ってました)。
この辺り、フリーゲームの経験数などで感じ方が変わってくる気がします。
拍手する

何も事件は起こらなかった

2018年06月28日 20:00

鳥籠のゲーム作品【タイトル】 何も事件は起こらなかった
【制作】 鳥籠のゲーム作品 鳥籠様

何も事件は起こらなかった
【ジャンル】 ホラーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類?
【プレイ時間】 1周20分(トータル1時間50分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 149MB
【公開日】 2016年12月29日
【プレイver.】 1.05

僕はお姉ちゃんと2人、家で夕飯を食べ、トランプで遊び、風呂に入って、眠りに就く。
ただそれだけなのに、何かが、何かがおかしい。 (Read meより引用)


第12回 ふりーむ!ゲームコンテスト 短編部門にて銅賞を受賞された作品。

「何も事件は起こらなかった」という平穏そうなタイトルでありながら、
“事件”という単語が出る時点で既に日常ではないことを予感させられます。
逆に興味を引かれる面白いタイトルだと思います。
何となく「そして誰もいなくなった」(このタイトルも好き)を思い起こしちゃいました。

ストーリーは、主人公レンと、お姉ちゃんの一晩のお話。
何気ない日常風景のはずですが、それにしてはBGMが不穏でやはりどこかおかしいと感じます。
そして家の中には、黒い影が……。彼らに話しかけると、音楽も歪むのです。
それだけでぐにゃりと空間まで歪んだように感じられて、怖い。
ちょっとしたことで顕著に奇妙な感覚が表現できていて、すごく良いと思いました。

真相はひたすら隠そうとはしていない(というかむしろ気付くように仕向けられている)ので、
プレイしているうちに、多分こうなんだろうという予想はできるのです。
ただ、それがどういう結末を迎えるのか、という点でハラハラしつつプレイしていました。

エンディングはGOOD END、NORMAL END、BAD ENDがあります。
私は順調に(?) BAD→NOMAL→GOOD の順番で到達。
BADとNOMALの分岐は分かり易いのですが、GOODを見るのにしばし悩みました。
所要時間は、エンディング探しにどのくらいかかるかで大きく変わってくるかと。
(記事に記載のトータル所要時間は、「全ての」エンディングを回収するまでにかかった時間です)
試行錯誤した甲斐あり、何とかGOODを自力でクリアできたときは嬉しかったです。
注意していれば気付くようにできてはいるのですが……何というか、思い込みを突いた盲点でした。

GOODでのラストシーンは台詞まわしが絶妙で、胸が熱くなり思わず涙腺が緩みました。
レンよ……君は本当に小学生なのか……!?
このタイトルにしてこのシーンあり。結び方がお見事です。
読み終わって時間が経った今でも、心に残っています。
見るのがややむずかしいとはいえ、これこそがこの作品の真骨頂だと思うので、
プレイする方はぜひ探してください。迷ったときは、Read meにヒントがあります。

以下、ぼかしていますが少しだけストーリーの内容に触れますので、閲覧注意して下さい。

私の住んでいる地域では、登場人物に降りかかった出来事が相次ぎました。
私や近しい方は大丈夫だったのですが、そのことについては何度も考えて胸を痛めたので、
登場人物の気持ちが痛い程に感じられ、辛かったです。
ですが感情移入できたが為に、終幕の感動もひとしおでした。

※以下、更にネタバレですので反転しないと見えないようにしています。

クリア後、ふりーむ!さんのレビューを見て初めて気が付いたのですが、
この作品にも鳥籠さん作品でお馴染みのあの要素が隠されていました。
すぐにゲームに舞い戻って探したものの、見つけられず……。
GOODまで自力クリアできたのでヒント部屋の存在に気が付いてなく、この時に偶然辿り着きました。
ここで初めてヒント閲覧。
おお、こんなところに懐かしの鳥山恵司さん(にそっくり)な方が……!
この方は神林家殺人事件の登場人物でわりと好きだったので、ご本人かどうかは別として
またお会いできて光栄でした。
タイトルは元々違うものを考えていらっしゃったそうですが、私は現タイトルの方が好きです。

そこでのお姉ちゃんの台詞で条件は閃いたので、その通りにやろうとしたものの更に躓きました。
え、何か無理じゃね?できるのこれ?
もうそれからはそこを目指して一直線で、お姉ちゃんの話とか全然聞いてませんでした。
物語を読まず感じずでただの作業になってしまい、複雑な気持ちです(・ω・`)
全然人の話聞いてないレンを見て、お姉ちゃんどう思っただろうか、と……。

そうして頑張った甲斐があって、ようやく目指すものには到達することができました。
そちらで明かされる結末では、これまた鳥籠さんお馴染みの要素があって、あー、そうきたかー、と。
既にGOODで感動していたので、ストーリー的には見なくても十分だったとも思いましたが、
最後まで(本当にこれで全部かという疑いはありますが)見られてほっとしましたし、楽しめて良かったです。

しかし改めてRead meを読んで思ったのですが、意図的に誤解を招くように記載してあるのに
よくよく考えると嘘は付いていない、というところが絶妙です、ホント。
この作者さん、メタなところでもミスリードを仕掛けてくるので油断ならないです(そういえば前作もそうでした)。
してやられたー、という感じですね。

記事内のエンド数の表記をどうするか迷いました。悩んだ末?を付けて誤魔化してます。
拍手する


最新記事