ゲーム実況者失踪させてみた

2019年12月08日 21:57

部屋の中に死体があった。 ふりーむ!のページ【タイトル】 ゲーム実況者失踪させてみた
【制作】 時計チクタク様(twitter

ゲーム実況者失踪させてみた
【ジャンル】 死者選択型デスゲームアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 7種類
【プレイ時間】 1周20分(トータル55分)程度
【ツール】 RPGツクールMV、VX Ace
【容量】 180MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年6月24日
【プレイver.】 1.03

誰も知らないユーザーが開始したとある生放送。
四人の実況者がプレイするゲームは「デスゲーム」。
クリアしなければ死ぬゲームで誰が生き残るのか。? (readmeより引用)


ツクールMV製で、基本はブラウザプレイ。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。

ふりーむ!の作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

世間で流行りの(?)デスゲームを繰り広げるアドベンチャーゲームです。
と言っても、難しいゲームや駆け引きはありませんでした。
ただ、誰を生き残らせるか――裏を返せば、誰を犠牲にするかを選ぶだけの選択式です。
うん、シンプルだけど重いですね……。

ストーリーは、4人のゲーム実況者が無理矢理デスゲームに参加させられるところから始まります。
序盤で、偶然にも4人中3人が生き残る「鍵」を手に入れてしまった主人公。
自分の他にあと2人生かすことができるが、果たして誰を選ぶのか?という。
悩ましいところですが、そこは敢えて非情に徹してプレイしました。

選ばなかかった人物が「処刑」されていく様子も結構きっちり描かれていて、心にグサッときます。
個性的なキャラクターとあり得ない展開でリアリティは薄いのですが、どの人物も魅力的。
更に、どの人物も「良い人」っぽいので、どの人も助けてあげたくなっちゃうんですよ。
でも、逆に彼らが「処刑」されるシーンを見たい……と思ってしまう自分が居たのも事実です。

エンディングは、これまたシンプルに「誰が生き残るか」によって変わってきます。
それぞれ全く違う展開が用意されているので、結末を見るのが非常に楽しみでした。

エンディングをひとつ迎える度に、7つ目のエンディングへのヒントが開示されていきます。
全ての結末を見るのも、そう手間取ることはないでしょう。

緊迫した展開、そしてあっと思わされる結末。
ほんとにあり得ない展開で現実味は薄いのに、魅せるストーリー展開でした。
拍手する

BRADLEY(ブラッドリー)

2019年11月17日 21:46

BRADLEY(ブラッドリー) ノベルゲームコレクションのページ【タイトル】 BRADLEY(ブラッドリー)
【制作】 柘榴雨様(twitter

BRADLEY
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周13分(トータル18分)程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 107MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年9月1日
【プレイver.】 ?

とある米国の刑務所にて、
幼い女の子を襲った罪で服役中の、模範囚である『彼女』が本日自由の身となる。
精神科医ブラッドリーは『彼女』が正常になったと確かめるために
最後のテストを行うのだが―――。 (ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


【追記】 12月に、ふりーむ!さんでも公開されました。

ふりーむ!でダウンロード版、ノベルゲームコレクションでブラウザ版、ダウンロード版がプレイできます。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

15分強の短編ノベルですが、一本の映画を観終わったような気持ちになれました。
恐らく、台詞の応酬が多いのと、映像が印象的だからかなぁと思います。

まず、冒頭の英語の台詞が素敵。
実際に音声で読み上げられるのがすごいです。
ここで、「オレンジ」と「夕焼け」が心に刻み付けられるのです。

立ち絵はなく、画面は写真の加工のみ。
少しモザイクをかけたその画像が、とても良い雰囲気です。
フォントも、画面の見栄えを良くしていると思います。
このフォント、大人びたストーリーにはそぐわない気がするのですが、違和感がないんですよね。
モザイクで荒く加工された画面と合っているからかもしれません。
ビジュアルも、ストーリーの見せ方もセンスが良いなと思いました。

ストーリーはやや難解で、分かることもあれば分からないこともあり。
何度か読んだんですが、恥ずかしながら私の読解力では全てを理解できたとは言い難いです。

とは言え、全てが分からずとも、読者に強い印象を与える、世界観を確立した読み応えのあるノベルでした。
拍手する

Loose Lips(SIDE:rainy day)

2019年11月16日 23:46

LAb246【タイトル】 Loose Lips(SIDE:rainy day)
【制作】 LAb246 LIKEMAD/ツシマユキヒロ様

Loose Lips(SIDE:rainy day)【ジャンル】 クリックADV(ノベルゲーム)
【対象】 15歳以上
【ED数】 2種類+失敗エンド4種類
【プレイ時間】 1周33分(トータル1時間)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 -
【公開日】 2019年6月6日
【プレイver.】 1.0.4

あなたはただ話を聞くだけ
唇から秘密が溢れていく…

都会の警察署から捜査になれていない田舎警察へと異動になって1年
刑事のカサイはある連続殺人事件の容疑者を取調べることに
意味深長にこちらへと微笑む若い男
緩んだ唇から全ての秘密が溢れた時、事件の裏に隠された真実が姿を現す――――
(制作サイトより引用)


ツクールMV製で、ふりーむ!およびPLiCy、RPGアツマールで公開されています。

ふりーむ!の作品ページ→  PLiCyの作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

無料版はブラウザプレイのみ。
他に、設定資料付きや、後日談の「Loose Lips(SIDE:sunny day)」が同梱された有料版があり、
そちらはダウンロードしてプレイできます。

主人公のカサイ刑事が、取調室で犯人を追い詰めていくサスペンスゲーム。
犯人と対峙している構図、そして相手の顔が見えない画面が良い雰囲気です。

カサイ刑事の手元には事件の資料があり、読むといくつかのキーワードが手に入ります。
集めた単語を犯人に問い、真相を聞き出していく……という流れ。

ところが、犯人から逆に思わぬ言葉を投げかけられます。序盤からびっくりしました。
あぁ、映画とかだとこれ、主人公が破滅していくイヤな感じのやつだぁ……と気が重くなったり。

ミステリーっぽい展開ですが、推理しないと進めないところは特にありません。
しかし、尋問は上手く順を追ってやらないと相手は何も喋ってくれませんので、試行錯誤してみましょう。
話が進むにつれ少しずつ真実が分かってくる展開に、始終ドキドキしました。
最初に思ったほど救いのない展開ではなかったので、そこは個人的には良かったです。
とは言え、決して明るいエンディングという訳ではなく、どれに転んでもほろ苦い後味ではありますが。

ひとつのエンディングに辿り着くまで、約30分かかりました。
中にはクリアするのが難しいのもありましたが、ゲーム内でヒントが見られる隠し要素があります。
それを参考にさせて頂き、コンプリートできました。
ヒントページの見つけ方は分かり易いと易いと思うので、見つけるのはさほど難しくないと思います。

正規エンドであろうLooseLipsエンドには、あまり労せず辿り着けました。
これもハッピーとは言い辛いのですが、一番好きです。
ただ、私としてはセディの犯した罪が重すぎて、同情できず……。
ちょっと複雑ですね。
拍手する

部屋の中に死体があった。

2019年11月08日 22:39

部屋の中に死体があった。 ふりーむ!のページ【タイトル】 部屋の中に死体があった。
【制作】 時計チクタク様(twitter

部屋の中に死体があった。
【ジャンル】 短編探索アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 6種類+α
【プレイ時間】 1周1~20分(トータル30分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 139MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年4月1日
【プレイver.】 2.00

部屋の中に死体があった。
死んでいるのは見知らぬ女。一体誰だ!?どうする俺!?


ツクールMV製で、基本はブラウザプレイ。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。

部屋に見知らぬ女性の死体が!という、緊迫感溢れる状況から始まる短編アドベンチャー。
主人公、だいぶ焦っています。
部屋を調べることで色々と行動でき、その行動によってエンディングが変化します。

主人公の行動、ごく常識的なものから、「何やってるのこの人」と突っ込みたくなる奇行まで色々あって
選択肢を選ぶのが楽しかったです。
謎解きはほとんどありません。
パスワードを捜す箇所がひとつありますが、ヒントも豊富なので迷う事はなさそうです。

進めていくにつれ――いえ、もしかしたらもっと前から何となく違和感が出てくることになるでしょう。
全部分かってしまえば「そうか、そういうことか」と腑に落ちる物語です。
……何であんな奇怪な行動するんだ、という点に関しては腑に落ちませんがね!

真相エンドに辿り着くのはさほど難しくはないと思います。
すごく意外な犯人像という訳ではないものの、見た目とか色々な面でゾッとしました。
真相エンドでのエンドロールには特に唸らされました。うーん、コレがアレなのかぁ。と。

6種類のエンディングを集めるのは少し手間取りました。
特にEND3がなかなか探しきれず。難しかったというより、なぜかなかなか分からなかったという感じ。
見つけた時は嬉しかったです。
また、6種類の他にゲームオーバーもあります。

真面目なようで不真面目、しかしふざけているようでしっかり計算されている。
独特のノリと雰囲気が魅力的な作品でした。
色々伏線を貼っていて、しっかりミステリー作品として成立しているところも好きです。
以前プレイさせて頂いた、同作者さんの「オカルト研究ラボ~幽霊は暗闇に立つ~」にも共通したテイストがあります。
クセがあると言えばあるので、もしかしたら万人向けではないのかもしれません。
私はこの作風大好きです。
拍手する

ひとりを救うチカラ

2019年06月12日 21:51

『人ひとりを救うチカラ』【タイトル】 ひとりを救うチカラ
【制作】 『人ひとりを救うチカラ』 HareValley様

ひとりを救うチカラ
【ジャンル】 短編ADV
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 6種類
【プレイ時間】 1周9分(トータル1時間)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 95.7MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年4月30日
【プレイver.】 1.00

指先ひとつ ひとりを救うだけ (ふりーむ!作品ページより引用)


ティラノビルダー製で、ブラウザ・ダウンロード版あります。

ふりーむ!の作品ページ(ブラウザ版)→  ふりーむ!の作品ページ(ダウンロード版)→
ノベルゲームコレクションの作品ページ→

ごく普通っぽい男性が、突然有無を言わさずに「この中のひとりだけ救えうという選択を迫られるゲーム。
「何から救うのか」「救わなかった人はどうなるのか」が詳らかにされることはありません。
まぁ、何となく想像はつくのですが。

作者さんは漫画を描く方のようで、人物がすごく美麗でした。
老若男女揃い踏みで、どの人も魅力的です。
1周は10分弱くらいで終わります。
最初は仕方がないので誰かを選ぶわけですが。
選んだあとの展開が予想外というか理不尽すぎてびっくり……唖然としました。何だそれぇぇぇ。
何だか、想像したのとは違う後味の悪さを感じました。

エンディングは6種類。
まず、それぞれを救うエンドが4種類あり。
残りのうちひとつは、偶然発見してわりとすぐに見ることができました。
が、このエンドの発生条件がちょっとはっきり分かっていません。
こうやるのだろうと思ってやってみても、上手くいかなくてかなり時間が掛かりました。
最後のエンドは、制作サイトさん(twitterのまとめ)のヒントを拝見して見ることができました。

結局、最後まで謎は明かされず消化不良な感じを受けたものの、
エンディングによって本当に様々な展開で、飽きることなくプレイできました。
拍手する


最新記事