この部屋にいるのは誰

2020年11月08日 20:00

まんなかマナカ 主に制作したフリゲについて備忘録【タイトル】 この部屋にいるのは誰
【制作】 まんなかマナカ 主に制作したフリゲについて備忘録 まんなかマナカ様

この部屋にいるのは誰
【ジャンル】 ミステリーホラーノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周11分(トータル15分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 130MB
【公開日】 2020年10月11日
【プレイver.】 1.00

とある夫婦の、秘密の物語――。
夫の様子がおかしい。
彼にはどうやら幽霊が見えている様子。
でも、何も感じない妻は、夫の正気を疑うが、果たして……
おかしいのは夫の方なのか。
それとも、妻なのか。
……それとも……?
妻と夫の視点から、真実を探るミステリーホラーノベル。 (ふりーむ!作品ページより引用)


シンプルなグラフィックと語り口が魅力な、ショートノベルです。
夫は妻の言葉に反応せず、幽霊が見えているかのような尋常でない様子。
果たしてホラーなのか、それとも……と、どう転ぶか分からないストーリーに惹き込まれました。

章の始まりはちょっとホラーっぽいアイキャッチが。
ただ、本編は背景画像がフローリングと言うシンプルさで、これが却っておしゃれな印象を受けました。

エンディングは後半の選択肢により分岐します。
全て試せば網羅できるので全エンド見ても15分程度で読了しました。

ストーリーについては、何を書いてもネタバレになりそうで……感想は控えめにしておきます。
最初に感じるちぐはぐな感じが、終盤には段々とピースが嵌っていき、明らかになっていく。
その様が面白く、気持ち良かったです。
短時間で読めて、きちんと纏まりのあるストーリーと鮮やかな語り口が魅力的な作品でした。
ぜひ読んでみて下さい。

以下、ネタバレになり得る感想を反転させないと見えないようにしておきます。
閲覧にはご注意下さい。

上記の背景がフローリングなのも、終わって考えるときちんと意味があってと感心しました。
他にもよく見ると細かい描写が巧妙に書き分けられています。
一度読んでなるほど……!と唸らされ、すぐにもう一度読みたくなり。
再度読むと、一周目では整理できなかったところも理解できました。
しかし、制作サイトさんや他の方の感想を拝見すると、まだ気付いていなかった箇所もあり、
作者さんの文章の巧みさと奥深さにより感心させられました。
拍手する

3564デス

2020年11月06日 21:50

3564デス【タイトル】 3564デス
【制作】 時計チクタク様(twitter

3564デス
【ジャンル】 死者選択型デスゲームアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 6種類+?
【プレイ時間】 1周50分(トータル2時間25分)程度
【ツール】 RPGツクールMV、VX Ace
【容量】 197MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年2月15日
【プレイver.】 1.04

誰をミゴロシにするか、選ぶのはあなた。 (readmeより引用)


ふりーむ!とRPGアツマールにて公開されていて、基本はブラウザプレイの作品です。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能。

ふりーむ!の作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

誰かを3564(ミゴロシ)にしなければ、生き残れない。
ユニークで愉快なキャラクターとは裏腹に、サスペンスフルなデスゲームです。

同作者さんの前作「ゲーム実況者失踪させてみた」もデスゲームを扱った作品で、
ストーリーや大まかな展開が今作とよく似ていると思います。
前作プレイさせて頂いたのが約1年前なのでちょっとうろ覚えではありますが、
プレイしてみて違うなぁと思った点を挙げてみると、

前作

・登場人物が他人同士
・主人公は安全圏内にいる
・登場人物が、良い人ばかり

今作

・登場人物が友人やその知人
・主人公もミゴロシにされる危険あり
・登場人物が、時に醜い本音をさらけ出してぶつかってくる

というところでしょうか。
前作は、登場人物が良い人(少なくとも私視点では)ばかりで胸が痛んだのですが、
今作は親友同士でありながら激しく本音をぶつけてくるので、より殺伐としていました。
デスゲームなだけにやや残酷なシーンもあります。
しかし、流血がオレンジ色で表現されていたりと、視覚的な配慮もされていました。
流血が苦手という訳ではない私でも、オレンジ色だと嫌悪感が和らぎますね。
そして、ご覧の通りキャラクターが個性的なので、オレンジが調和して違和感がない気がします。

個人的には前作の方が好みです。
ただ今回は、なぜかゲームの中でゲームプレイすることになったり、
毒入りコーヒーを押し付け合うというような心理的な駆け引きが際立っていて、そこが面白かったです。

誰をどうミゴロシにするかによって、ストーリー展開や真相が変わってきます。
ルートによっては意外な真実が判明したりと、最後までドキドキして飽きませんでした。
途中、言動に腹が立った人物もいたのですが、終わってみると印象が変わったり。
最初の印象を覆す、シリアスなストーリーでした。

エンディングは、ミゴロシのパターンで変わってきますので、順番を変えれば迷わず回収できます。
+αのエンドも、作中でヒントがあるので見るのは難しくありません。
拍手する

RoomNo.666

2020年10月14日 20:00

RoomNo.666 ふりーむ!のページ【タイトル】 RoomNo.666
【制作】 心ときおり雨様(twitter

RoomNo.666

【ジャンル】 サイコミステリー
【対象】 15歳以上(高校生~)推奨
【ED数】 6+1種類
【プレイ時間】 1周14分程度
【ツール】 Unity
【容量】 -
【公開日】 2020年4月29日
【プレイver.】 1.01

西の魔女が死んだ。
死因は焼死。しかし、事故にしては不可解な点があるのだという。
容疑者は3人。いずれも精神的な問題があり、尋問できる時間は1人につき1分に制限されている。
取り調べの期間は6日間。
この限られた期間で、主人公は犯人を指摘することができるだろうか――?


ブラウザでプレイできるサイコミステリーノベルです。
ふりーむ!とunityroomにて公開されている模様。

ふりーむ!の作品ページ →  unityroomの作品ページ→

ふりーむ!だと表示が大きすぎてメッセージウィンドウが表示されなかったので、
Unityroomでプレイさせて頂きました。

こちらの作品、ふりーむ!の1分ノベルコンテスト参加作品です。
ちょっと思うところがあって1分ノベルについて概要を調べてみたのですが、
“1プレイ1分程度。(数分程度までが目安。面白すぎて体感時間1分など、1分は幅広く解釈可)”
とのこと。
しかしこの作品、どうしても1周1分程度では終わりませんし、1分ノベルと言うのは苦しいような。
尋問に1分という制限を設けてはいるので、1分ゲームの解釈としてはOKなのでしょうが、
自分としては「1分ゲームと聞いて期待するもの」とはかけ離れていたので、少し首を傾げてしまいました。

ただし、1分ノベル云々というしがらみを除けばゲームとして面白く楽しめました。
モノクロームの鉛筆画っぽいキャラクターは、ミステリアスな雰囲気で個性的。
誰も彼もが怪しく、何もかもが疑わしいという状況です。
彼らに尋問できるのは1分だけなので、それには焦りました。
とは言っても一度に話してくれるのは一つの話題のみなので、時間が足りないということはありません。
じっくり話を聞くべしです。

何度もプレイしたものの、自力では2つのエンディングしか見られませんでした。
作者さんのtwitterから攻略ページが見られるので、それを頼りに6つまでクリア。
よく方向性を考えて煮詰めていくと攻略なしで行けるのかもしれませんが、結構難しかったです。
更にもうひとつトゥルーエンドがあるようなので、まだ辿り着けていません。
拍手する

犯人はあなたです。

2020年09月30日 20:00

犯人はあなたです。 ふりーむ!のページ【タイトル】 犯人はあなたです。
【制作】 P1tchBend様(Webサイトなし)

犯人はあなたです。
ジャンル】 1分ノベルゲーム
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 10種類
【プレイ時間】 1周3分(トータル19分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 -
【公開日】 2020年6月22日
【プレイver.】 1.1.1

ふりーむ!で開催中の、1分ノベルコンテスト参加作品。
ブラウザでのみプレイ可能です。

タイトルのように、いきなり「犯人はあなたです。」という台詞から始まるストーリーです。
じっくり読むと1周3分くらいかかりました。

一見推理ものなのですが、自分で事件を追ったり推理する作品ではありません。
選択肢によって、探偵のタンテイさんが勝手に事件を解き明かしていきます。
それにしても、ぱっと見てタンテイさんの方が犯人だと思ってました。すみませんタンテイさん。

プレイヤーが選んだ選択肢によって、語られる事件ががらりと変わるので面白いです。
何だか詳細はよく分からないけど、そういうミステリーあるよね!といったネタが満載。
話の中に出てくる駅の名前にはちょっと笑いました。
地名なので読み飛ばしてしまいがちですが、ぜひちゃんと読んでみてください。

選択肢を全て選んでいけば、基本的にエンディング回収できます。
ただし、ひとつだけ到達するには工夫が必要なエンディングもあり。
分かり易いヒントなのでどうすれば良いかピンとくると思います。

ひとつひとつの話が「次はどんなだ?」と読むのが楽しみでしたし、全体としてもオチがつく。
結末も好印象でした。
拍手する

60秒のセレナーデ

2020年09月28日 20:00

箱庭のイデア【タイトル】 60秒のセレナーデ
【制作】 箱庭のイデア 栄崎様

60秒のセレナーデ
ジャンル】 1分ノベルゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周1分(トータル13分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 126MB (ダウンロード版)
【公開日】 2020年4月6日
【プレイver.】 1.01

見知らぬ部屋で目を覚ましたあなたは全身を拘束され身動きが取れません。
「あなたを60秒後に殺すわ」
傍らの少女はそういって微笑みました。
少女と対話して、自分を殺すのを止めましょう。 (ふりーむ!作品ページより引用)


ふりーむ!で開催中の、1分ノベルコンテストに参加されている作品。
基本ブラウザプレイで、ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。

1分ノベルって、短すぎでは?とも思いましたが、それだけに気軽にプレイできるのでありがたい。
そして、この作品は時間制限を上手く使っていらっしゃるなぁと思います。

ストーリーはいきなり衝撃的なシーンから始まります。
ゲームの内容と言いこの時点で「面白そう!」ってなりますね。
すぐにカウントダウンが始まるので、焦る焦る。
しかし、できるだけ読み飛ばさず、とにかく彼女の話をよく聞くことが大切です。
数回プレイし解きほぐしていけば、何となく「答え」が見えてくるので。

しかしこれ、ひとつ真相が明かされたときに、あまりに予想外すぎてびっくりしました。
何と言うか、思いもしなかった方向性というか……。

エンディングは4つで、死亡エンド2つ、生還エンド2つです。
真相に辿り着けさえすれば、パターンをいくつか試せばコンプリートできると思います。


※以下、少しネタバレ含むかもしれません。未プレイの方はご注意下さい。


たった1分のゲームに、長い年月の背景を込めたところがまた素晴らしいなぁと。
彼と彼女のこれまでとこれからに思いを馳せずにはいられません。
シンプルにバッドとかハッピーの区分ができない、ちょっと複雑な気持ちですね……。
拍手する


最新記事