スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

月夜に処女は恋文を濡らす

2011年02月01日 19:25

Ray【タイトル】 月夜に処女は恋文を濡らす
【制作】 Ray 18歳未満閲覧禁止 さよのすけ様、七瀬みゆ様

月夜に処女は恋文を濡らす
【ジャンル】 微エロサスペンス
【対象】 15歳以上推奨程度
【ED数】 6種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周15分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 26.5MB
【公開日】 2010年6月17日(Web公開)

とあるお嬢様女子高の教師・真弓(名前変更可)は、正体不明のストーキングと
気味の悪い恋文まがいの手紙に悩まされていた。
ある日真弓は、わざと差出人を挑発し、真夜中に教室に呼び出す作戦に出る。
待ち構えていた彼女の前に現れたのは、真面目な生徒のはずの月坐清花だった。
まさか、彼女が犯人なのか。それとも――


シナリオの鉄人

こちらの作品は、あらかじめ用意された2人分10種の立ち絵、3枚の背景、
3曲のBGMの16素材(+任意の効果音)を使ってゲームの出来を競うという企画
シナリオの鉄人」への応募作です。
最初はコミケで販売された作品集でしたが、初公開から半年経過した後、
ありがたいことにWeb上でもダウンロードできるようになりました。

シナリオの鉄人のルールでタイトルの画像もあまり個性的なものは使えないはずなんですが、
画面いっぱいに踊る文字とか、装飾がいい感じです。

初回プレイは決まった選択肢しか選べず一本道ですが、2回目から選べるようになります。
選択肢はいくつかあり、ルートによって色々なもので手紙が濡らされます。
お話は……隠微な雰囲気。ルートによっては結構エロかったです。うん。
立ち絵が女の子のものしか使えない関係で想像がつくかと思いますが、百合ものです。
そちら系のお話が苦手な方は少々抵抗があるやもしれません。

それにしても、黒髪眼鏡っ子の泣き顔がこれ程いやらしく見えるとは思ってもみませんでした。
シナリオの鉄人はシナリオの出来を競うイベントとのことですが、文章の見せ方で
これ程イメージが変わるんだーと改めて文章の表現力を思い知った次第です。
絵の表現も、ズームアップなどでの演出が効いていて良かったと思います。

エンディングは6種類。
全ての選択肢を試していけば苦労なく見られると思います。
一応、以下攻略を掲載します。
反転しないと見えないようにしていますが、ネタばれが嫌な方はご注意ください。
[月夜に処女は恋文を濡らす]のヒント・攻略を見る
拍手する
スポンサーサイト

セカイハイタ

2011年01月15日 23:00

DNA【タイトル】 セカイハイタ
【制作】 DNA D.S.様

セカイハイタ
【ジャンル】 学園サスペンス
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類?
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周1時間30分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 34.2MB
【公開日】 2010年6月17日(Web公開)

ふと目を覚ました秋月輔。どうやら真っ暗な教室で寝ていたらしい。
自分がどこにいるのか、なぜこんなところで寝ていたのか思い出せない。
教室内に人の気配を感じて近付くと、見覚えのない女子生徒が横たわっていた。
目を覚ました彼女は瀬階リネと名乗るが、彼女もまたなぜここにいるのか
記憶がないという。2人は学校内の探索をすることに――。


シナリオの鉄人

こちらの作品は、あらかじめ用意された2人分10種の立ち絵、3枚の背景、
3曲のBGMの16素材(+任意の効果音)を使ってゲームの出来を競うという企画
シナリオの鉄人」への応募作です。
最初はコミケで販売された作品集でしたが、初公開から半年経過した後、
ありがたいことにWeb上でもダウンロードできるようになりました。

真っ暗な学校をヒロインと2人きり、状況も分からないまま探索していきます。
こういうシチュエーションは舞台制限がある関係もあり、シナリオの鉄人の
応募作品中だけでも結構多いなーと思うのですが、この作品の個性は後半からです。
正直、そういう展開になると思っていなかったのでびっくりしました。

ゲーム的には面白かったのですが、後半に出てくる人物のトークが世界設定の
語りばかりなのは、個人的にはあまり面白みを感じませんでした。
主人公たちの状況はともかく、その世界だけのルールを詳細に語られるよりは、
もっとシンプルにゲームに集中してプレイできたほうが面白かったのではないかと思います。

あまり言い過ぎるネタばれになりそうなので曖昧な感想になってしまいますが。
私は普段、攻略を載せるときのために選んだ選択肢を全てメモを取りながら
プレイしているので、それが役に立ったか!と一瞬喜びました。
が、結果的には意外と立たなかったような……(・ω・`)
ノーマルエンドには意外とあっさり辿り着いてしまったのでした。

エンディングはバッドとノーマルの他に隠しエンドがあるらしいのですが、
条件が分からず辿り着けませんでした。
拍手する

luna

2011年01月14日 22:43

こんな物でもないよりましよ【タイトル】 luna
【制作】 こんな物でもないよりましよ karimikarimi様(代表)

luna
【ジャンル】 短編SFサウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 5分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 28.1MB
【公開日】 2010年6月17日(Web公開)

シナリオの鉄人

こちらの作品は、あらかじめ用意された2人分10種の立ち絵、3枚の背景、
3曲のBGMの16素材(+任意の効果音)を使ってゲームの出来を競うという企画
シナリオの鉄人」への応募作です。
最初はコミケで販売された作品集でしたが、初公開から半年経過した後、
ありがたいことにWeb上でもダウンロードできるようになりました。

5分で読める短編です。
まさに発想の転換。
お話としてはボリューム短めですが、読み終わった後何だか清々しいような
故郷が愛おしいような気持ちになれました。
拍手する

―――あやしかた

2011年01月11日 20:21

熊月温泉【タイトル】 ―――あやしかた
【制作】 熊月温泉 三根崎 優介様

―――あやしかた
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 15分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 27.3MB
【公開日】 2010年6月17日(Web公開)

シナリオの鉄人 バナー

こちらの作品は、あらかじめ用意された2人分10種の立ち絵、3枚の背景、
3曲のBGMの16素材(+任意の効果音)を使ってゲームの出来を競うという企画
シナリオの鉄人」への応募作です。
最初はコミケで販売された作品集でしたが、初公開から半年経過し、
ありがたいことにWeb上でもダウンロードできるようになりました。

制作サイトさんではこちらの作品は公開されていないようですので、ダウンロードは
上記「シナリオの鉄人」サイトよりどうぞ。

実は2番目にプレイした作品なのですが、感想を書きあぐねていた作品だったりします。
いきなりアニメさながらの戦闘シーンから始まり、テンポよくぐいぐい進んでいきます。
同じ登場人物が異なる設定で異なるストーリーを繰り返していき、最後には意外なオチが。
しかしながら、如何せん私の好みには合わなかったとしか言いようがありません……。

こういうノリやキャラが好きな方には痛快に感じられる楽しい作品だと思います。
逆に私のように波に乗れないと、ちょっと置いてけぼりを喰らった感じが無きにしも非ず、です。
拍手する

幻幽(げんゆう)の夜

2011年01月10日 18:39

十三妹【タイトル】 幻幽(げんゆう)の夜
【制作】 十三妹 18歳未満閲覧禁止 虎舟 和彦様

幻幽(げんゆう)の夜
【ジャンル】 学園アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 ?種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周15分程度
【ツール】 らのべえ
【容量】 78.6MB
【公開日】 2010年6月17日(Web公開)

真夜中にふと目が覚めると、学は学校の屋上にいた。
どうやら屋上でうたた寝をして、そのまま寝入ってしまったらしい。
急いで帰宅しようとした学は、忘れものを取りに来た幼馴染のあすみと遭遇する。


シナリオの鉄人

こちらの作品は、あらかじめ用意された2人分10種の立ち絵、3枚の背景、
3曲のBGMの16素材(+任意の効果音)を使ってゲームの出来を競うという企画
シナリオの鉄人」への応募作です。
最初はコミケで販売された作品集でしたが、初公開から半年経過した後、
ありがたいことにWeb上でもダウンロードできるようになりました。

制作サイトさんではこちらの作品は公開されていないようですので、ダウンロードは
上記「シナリオの鉄人」サイトよりどうぞ。

たくさんあるシナリオの鉄人からこの作品プレイした動機は、「らのべえ」という
ツールがどんなものか気になったからだったりします。
ということで、まずはツールの感想から。
テキストのウィンドウも綺麗だし、ログもホイールで操作できて快適でした。
が、いくつか致命的な欠点が……。
なぜか私の環境だとロードができなかったのです。
ロードすると、BGMの流れる真っ暗な画面が表示されるだけ。
セーブ自体は普通にできたように見えるので、読み終わってから気付き愕然としました。
仕方ないので2度目以降は最初からプレイをしたものの、既読スキップもできず。
エンディングは数種類あるようですが、3回ほどでプレイを断念してしまいました。
私は制作もやったことはありませんし、他に同じツールで作ったゲームを
プレイしたこともないので、作り手の工夫でどこまで快適にカスタマイズできるか
不明なのですが、一見操作性が良さそうだっただけにこの仕様は残念です。

ストーリーについては、オチは正直途中で予想がついてしまって意外性はなかったものの、
オーソドックスながら浮いたところが無く地に足がついた文章で好感が持てました。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。