ボクはキミのロボット

2020年10月16日 20:00

ドッド工房ブログ【タイトル】 ボクはキミのロボット
【制作】 ドッド工房ブログ ドッド工房様

ボクはキミのロボット
【ジャンル】 ビジュアルノベル
【対象】 6歳以上推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1周1分(トータル6分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 126MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年4月10日
【プレイver.】 1.03

4人の人物とロボットが紡ぐ「出会いと別れの物語」。
少し奇妙でとても短いビジュアルノベルゲーム。 (ふりーむ!作品ページより引用)


第23回3分ゲーコンテストにて第7位に選ばれた作品。
また、ふりーむ!で開催された1分ノベルコンテストにも参加されています。

ふりーむ!とRPGアツマールでもプレイできるようです。
ブラウザプレイですが、ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロード可能。

ふりーむ!の作品ページ→ RPGアツマールの作品ページ→

この作品、今の所判明している3分ノベルゲーコンテストの順位では上位とは言えないのですが、
ひとつの物語としてとてもよく出来た、完成度の高い作品だと思います。

1分ノベルでもあり、1周がきっちり1分で終わります(読むスピードにもよるとは思いますが)。
1周はあっさり終わるものの、もう一度読むと別の物語が始まりますので、何度か繰り返して読むべし。
ただ全部読んでも短い作品なので、最初にプレイしたときはあっさり読み終わってしまったのです。
そこでゲームを閉じていたら、もしかしたらあまり感じ入るものなく終わっていたかもしれません。
が、再プレイして細かい演出に気が付いて「これは良く出来ているなぁ」と。

プレイを始めると出てくる「データ削除中」の画面、良く見ると読む度に変化があるのです。
それに気付いた時、この作品がタイトルロールの「ロボット」を感情豊かに、
見事に描き切っていることにも気が付いたのでした。

グラフィックは突出したところはなく、恐らく素材かな?と思われる背景画像メインですし、
文章もロボットの主人と思われる人物の会話のみで進みます。
詳細が語られる訳でもないのに、何が起こっているのかがちゃんと伝わってきます。
ロボットは一言も喋りませんし、姿も登場しません。
シンプルに無駄なく、それなのにロボットの「感情」がきちんと伝わってくるのはお見事です。
グラフィックや文章を盛ることだけが表現ではないのだと、改めて考えさせられました。
そこで振り返ると、タイトル画面でスタートのボタンが"DELETE DATA"と表現されているのも感慨深いです。

正直、シンプルなだけに読み手によって印象や受け取り方が変わるでしょうから、
私と同じように感じる人ばかりではないとも思います。
ですので万人にお薦め!とまでは言えないのですが、個人的にかなり感心した、好きな作品でした。
拍手する

ライトを消すだけの高時給な宿直

2018年05月27日 20:00

ドッド工房ブログ【タイトル】  ライトを消すだけの高時給な宿直
【制作】  ドッド工房ブログ ドッド工房様

ライトを消すだけの高時給な宿直
【ジャンル】 ホラーアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 10分程度
【ツール】 RPGツクール2000(RTP不要)
【容量】 28.6MB
【公開日】 2013年12月9日
【プレイver.】 2.09

あなたには今夜、
当社で宿直のアルバイトとして働いていただきます。
業務内容は特別難しいわけではありません。
募集要項の通り"ライトを消すだけ"です。
オフィスのライトが点いていたら、ただそれを消してください。
でもご安心ください。給与の高さは保証します。募集要項の通りです。
当社は3Fまであります。そのすべての階をあなた1人にお任せします。
では、よろしくお願いしますね。 (ふりーむ!作品ページより引用)


えー、お仕事が休みだったので、偶然見かけた高時給のアルバイトをやってみました。
12歳以上ならできるそうで、とっても簡単なお仕事でーす。
それにしても、何でライト付けっぱなしにしちゃうかなー。
何だか変な音聞こえるし。社内を走り回ってます。だって、早く終わらせたいんだもん。

……え?聞いていたのと、違うよ……。
労災、おりるかな……。

※こちらはドネーションウェア(カンパウェア)のゲームです。

という訳で、怖かったです。そもそも3Dの画面を進む事自体が怖いです。
ヘッドホン付けて始めると怖すぎたので挫折しかけました。
でも、前作エフレメイをヘッドホン無しでプレイして後悔したので、今度は勇気を出しました。
ヘッドホン有りだと細かい音までつぶさに聞こえるので、震え上がります。
プレイ時間は短かったようで、クリア後のヘタレ度は1でした。
じわじわ進むと逆に怖くて、道中物凄い勢いで進みましたので。

脅かしゲームだと分かっていたので身構えていましたが、それでも何度かビクッとしました。
ただし急げば10分で終わるボリュームなのが、私としては丁度良い長さで。
心臓に悪いけど、面白かったです。
ラストも怖いのに、終わった解放感で思わず安堵してしまいました。何だこの気持ち。
やり遂げた達成感と怖いもの見たさで、他の作品もプレイしたい!と闘争心が湧いて(?)きました。
心が静まった頃に、チャレンジしたいと思います。

あ、これからこのバイトに応募される方は、除霊や魔除けの資格を取っておいた方がいいですよ。
拍手する

Efframai -エフレメイ-

2018年04月30日 20:00

ドッド工房ブログ【タイトル】 Efframai -エフレメイ-
【制作】  ドッド工房ブログ ドッド工房様

Efframai -エフレメイ-
【ジャンル】 ホラーアドベンチャー
【対象】 6歳以上推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 7~10分程度
【ツール】 RPGツクール2000(RTP不要)
【容量】 36.8MB
【公開日】 2013年12月9日
【プレイver.】 1.18

こちらはドネーションウェア(カンパウェア)のゲームです。

普段なら絶対手を出さないであろう、怖がらせる為だけのホラーゲーム。
ちょっとですね、たまたまプレイ動画でこの作品を見かけまして。
怖くても面白そうで、時間も短いしできるかな?と思い、動画は見ずに自分でやる事に。

しかしヘタレな為、作者さんお勧めの、部屋を暗くしてヘッドホン使用でプレイする勇気が出ず。
お昼に、明るい部屋で、音声はそのままでプレイしてしまいました。
怖がる為のゲームをできるだけ怖くないようにプレイしたいという時点で
楽しみ方を間違っている気がしますが、何とか恐怖心をごまかしてやってみたかったんですよー。

画面はスクリーンショットをご覧の通り、かなり暗いです。
私の環境では暗すぎて、何が起こったかはっきり見えなかったシーンもあったり。
やっぱりヘッドホンくらいは使って、音の臨場感は感じるべきだったかもしれません。
パソコンで遊べるお化け屋敷というコンセプトだけあって、次々と色々な事が起こります。
しかし、何かが起こると分かって身構えているし、ゲームオーバーになる訳ではないので、
その辺は妙な安心感がありました。
次に何が起こるか楽しみで、びくびくしつつも最後まで楽しめました。オチも良かったです。

何だか作者さんの意図に反したプレイのやり方で申し訳ない気持ちもありますが、
私でもホラーを楽しめる!という自信が少し付きました。
この作品には続きがあって、だんだん怖さも増していくとの事。
次こそはヘッドホン使ってチャレンジしてみたいです。

それにしても、タイトルの"Efframai "がどういう意味なのか分からず気になります。
翻訳するとウェールズ語の訳で意味が出てきたりするんですが……、
サイトによって訳せなかったり訳が異なるので違うんだろうなぁ。うーん、気になります。
拍手する


最新記事