イービルウィッチ2

2019年01月23日 22:29

イービルウィッチ2 ふりーむ!のページ【タイトル】 イービルウィッチ2
【制作】 ハコノネコ様 (twitter

イービルウィッチ2
【ジャンル】 推理ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 47分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 113MB
【公開日】 2019年1月4日
【プレイver.】 1.01

南横須賀市の人工島にそびえるクオスタワー。
その夜、タワーでは人造<レンのガラス>による超空間ゲートの実験が行われていた。
しかし実験中に事故が発生、人造ガラスは制御不能に陥った。
事態を聞きつけた十槍あかねは、エージェント・ななみに進言する。
「私なら人造ガラスを破壊できます。一刻も早く異界との扉を閉じないとーーー」
(readmeより引用)


クトゥルフをモチーフにした推理アドベンチャー第2弾。
個人的に楽しみにしていたシリーズの続編なので、プレイできて嬉しいです。

前作「イービルウィッチ 」は、人物や世界背景の説明がきちんとありましたが、
今回は細かい説明はなく、いきなりクライマックスなシーンから始まります。
個人的には、前作からプレイすることをお薦めします。

今作は、異世界に繋がるゲートを破壊するという心くすぐられる熱い展開。
……の中で、ニャテップのキャラクターに癒され、更におっぱいネタで脱力してしまいました。
緊張感と軽快さが良い塩梅で大好きです。
今作は前作にくらべてイラストも豊富で、アクティブなシーンも多くて面白かったです。
良いなぁ、カッコ良いなぁ。

今回もストーリーの最後に謎解きがどんと来るかな?と身構えていたのですが、
最初の謎解きは「そう来たかぁぁ!」という感じでした。
必死で直前のシーンから見直したけど、しばらく分からなかったという……。
私の眼は節穴か。

今回は、謎解きがひとつだけではなくいくつかあります。
最後はやはり状況を推理しての、答えをキーボードで入力する形式でした。
よく読んでいれば、何となくこれかな?というのは想像できると思います。
ちなみに、間違えてもペナルティなくやり直せるので、心おきなくチャレンジできますよ!

クトゥルフと言っても恐怖系ではなく、クトゥルフを知らなくても楽しめるシリーズです。
SF系、推理系お好きな方はぜひ挑戦してみて下さい。
拍手する

イービルウィッチ

2018年09月10日 20:00

イービルウィッチ ふりーむ!のページ【タイトル】 イービルウィッチ
【制作】 ハコノネコ様 (twitter

イービルウィッチ
【ジャンル】 推理ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 40分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 81.3MB
【公開日】 2018年8月10日
【プレイver.】 1.01

令嬢・八里千秋は毎晩奇妙な夢をみる。
自分の身体に邪悪なモノが侵入してくる悪夢だ。
ある日、千秋のもとを訪れる旧友・十槍あかね。
あかねは千秋に断言する。
「あなたには入れ替わりの魔法がかけられている。あなたを狙う術者をつきとめないと」
クトゥルフ×推理ゲーム、ここに開幕!! (readmeより引用)


クトゥルフ神話をモチーフにした推理ゲームで、ティラノビルダー製です。
ふりーむ!さんからはダウンロード版がプレイ可能。
その他に、ノベルゲームコレクションにてブラウザ版がプレイ可能です。  ページはこちら→

何となく面白そうだな、と思ってプレイさせて頂きました。
いやー、期待以上に面白かったです。
神様の血を引く能力者、というちょっと厨二な心ときめく設定と、ミステリー。両方大好物なのです。

私はクトゥルフについては「何となくこんなもの」という漠然としたイメージと浅い知識しかないのですが、
そんな人間にも分かり易いよう、序盤で大まかな説明があったりします。
モチーフからしておどろおどろしい昏い雰囲気かと思いきや、登場人物が意外とコミカルで魅力的。
会話に飽きることなく引き込まれました。
ファンタジー要素と堅実なミステリー、そして人物の魅力が相まってとても楽しかったです。

推理に関しては一点、魔女の正体を暴くというファンタジー要素満載のもの。
ですが、とてもベーシックでシンプルな出題で、堅実だなぁという感じです。
きちんと考えればきっと分かるはず、という難易度かと。
ちなみに、私は一発クリアできました。ちょっと嬉しい('-'*)
犯人は2択なので煩雑さはないものの、犯人指摘の根拠が入力形式なので詰まると辛いかもしれません。
推理は失敗するとエンディングが変わるかなぁと思って試したところ、正解するまでループします。

作者さんのtwitterを拝見したところ、続編制作中とのこと。
もう好みにヒットの作品で、「続きがプレイしたい~」と思っていたので、狂喜乱舞しました。
楽しみです。
拍手する


最新記事