Hello Trickers

2018年10月21日 20:00

offoffo【タイトル】 Hello Trickers
【制作】 offoffo 壱川ひゅろ様

Hello Trickers
【ジャンル】 ギャルゲー風味乙女ゲー
【対象】 15歳以上
【ED数】 1種類
【スチル数】 1枚
【プレイ時間】 10分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 8.91MB
【公開日】 2013年11月1日
【プレイver.】 1.1

交錯する男女の駆け引き――――
生きるか死ぬかの決死のバトル………!!
ギャルゲー風、不真面目乙女ADV (ふりーむ!作品ページより引用)


ギャルゲーのようでギャルゲーでない、乙女ゲーのようで乙女ゲーでない。
メタ発言多めのコメディアドベンチャーです。

ゲームは、レントという男子大学生の独白から始まります。
そこで、「ん、これは?」とゲームの設定を何となく把握。

そして、ヒロインのジュミ(名前変更可)はロリ巨乳……!(レント談)
ジュミ目線から見たレントはイケメンですが、ジュミちゃん毒舌が半端ない。
本音と建て前、裏表のギャップが面白かったです。

選択肢は時間制限があるので焦ります。
が、きちんと読んで判断できる程度には余裕ありました。
しかし、これ正解じゃないのか……!と意外と難しい面もあり。
正解を選ばないとGAME 」OVERなので、エンディングはひとつです。
ただ、GAME OVERもそれはそれで見どころでした。

何度かプレイすると、どれを選べばOKか分かってくるのでクリアは簡単です。
短時間でさっくり楽しめますし、笑える良作でした。
ネタバレしない程度に語るのが難しいですが、こういうメタ系作品、個人的に好きです。
拍手する

カボチャの種とバラの魔女

2018年10月20日 22:30

Pinklover【タイトル】 カボチャの種とバラの魔女
【制作】 Pinklover 鈴華様

カボチャの種とバラの魔女
【ジャンル】 RPG風ワンマップミニゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 ?種類
【プレイ時間】 35分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace(RTP不要)
【容量】 24.6MB
【公開日】 2015年9月11日
【プレイver.】 1.5.1

使い魔のフェイスが居なくなっちゃった。仕方ないので捜しに行こう! (制作サイトより引用)


魔女のミサ(名前変更可)が、いなくなった使い魔を捜して森を探索します。
恋愛要素はないものの、クール(というか無愛想?)でイケメンなソラとのコンビが良い雰囲気で、
どちらかというと女性向けな雰囲気でした。
ソラは一見普通の人間ですが、闇魔といういわゆる吸血鬼らしいです。
しかし、血を吸ったりコウモリになったりはしないので、一般的な吸血鬼のイメージではなかったです。

RPGなので戦闘もあり。
シンボルエンカウントで、倒しても敵が消えません。ここ注意。上手く避けつつ進みましょう。

全体的に難易度は易しめです。
回復アイテムなどもありますが、余らせたままでクリアできました。
終盤、体力を消耗してきたのでアイテムで回復したら、数歩先に全回復ポイントがあったという。
しかし、そこでアイテム勿体なかった!と思う程に枯渇しないのでOKです。

戦闘ではいくつかのアイテムを手に入れることができ、途中でそれを調合するイベントもあります。
ただ、調合はイベント進行の為の簡素なものでして、そこがメインで遊べる程のものではありません。
ノーヒントでやることになりますが、ちょっとだけ試行錯誤するのが楽しかったです。
探索の合間の良いスパイスになっていて面白かったです。

エンディングは、がっつり数種類に分岐という訳ではない様子。
途中の進行状況によりちょっとした変化があるようです。
現時点では1周プレイ終了したところですが、また違う選択を試しに2周目やろうと思っています。
拍手する

ハロウィンビレッジの事件簿

2018年10月19日 20:00

おばけやしき【タイトル】 ハロウィンビレッジの事件簿
【制作】 おばけやしき おばけ様

ハロウィンビレッジの事件簿
【ジャンル】 ほのぼのアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 25分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace(RTP不要)
【容量】 219MB
【公開日】 2015年10月21日
【プレイver.】 1.00

ここは“ハロウィンビレッジ”。
朝起きたら使い魔の吸血鬼が灰になっていた。
Q子「“こみけ”に行こうとしたら、人間界は朝で灰になったきゅう…」
魔女子「てか、アタシのホウキと財布どこやった?」
Q子「ホウキは売って、財布は人間界の木のうろに隠してきたきゅう♪」
ホウキと財布を取り戻し、コミケへ急げ!! (ふりーむ!作品ページより引用)


財布を取り戻すため、ハロウィンビレッジを探索していくゲーム。
謎解きはなく、目的の人を探してひたすらうろうろする感じです。
キャラクターボイス付で、ゲーム開始時またはプレイ中でも、ON/OFF切り替えが可能。

○○ビレッジの事件簿はシリーズ作品のようです。
私はこの作品が初プレイでした。
初めてでも楽しめましたが、途中で「あぁ、これはきっと他の作品に登場するんだろうな」
というキャラクターがいたりします。
季節感ある作品が多いので、時期に合わせて他の作品もプレイできたらいいなぁ。

プレイ前、魔女子がどうしても腐女子に見えて何度か目をゴシゴシしていたところ、
どちらでも間違ってなかった!
腐女子の魔女子です。

キャラクターは可愛いし、村の住人とのコミカルでシュールな会話が面白いです。
その軽いノリに反して、ハロウィンビレッジは幻想的で素敵です。住んでみたい。
テンポよくサクサク進めるのも良かったです。
途中、ある人物を捜すのに手間取ってそこそこ奔走しましたが、
単に私が気付けなかっただけで探索は難しくありません。普通にやれば詰まることはないでしょう。
拍手する

おいしいパンプキンパイのつくりかた

2018年10月18日 20:00

chiffon cake【タイトル】 おいしいパンプキンパイのつくりかた
【制作】 chiffon cake 遠江様

おいしいパンプキンパイのつくりかた
【ジャンル】 ハロウィンドタバタコメディ
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類+α
【プレイ時間】 1周7分(トータル15分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 17.2MB
【公開日】 2018年10月9日
【プレイver.】 1.00

今日はハロウィン。
師匠のレンさんがパンプキンパイで賞をとったおかげでパティスリーイロンデールは大盛況になり、
主人公もカボチャの下ごしらえで大忙しです。
そんな中、自分を切ってとしゃべるカボチャがあらわれて!? (制作サイトより引用)


とある菓子店を舞台にした、ハロウィン向けファンタジー作品。

絵柄が可愛くて優しくて柔らかいタッチで、見ただけで癒されます。
そして見た目通り、お話も可愛くて優しく、ちょっぴりコメディタッチ。心安らぎました。

大忙しのパティスリーに突如、自分を切って!と身を差し出す(!?)喋るカボチャが現れます。
ハロウィンなのに緑のカボチャって珍しいと思いましたが、食用前提なので緑が正解なのかも。
しかし、食べられるキャラクターなんてア○パンマンくらいしか見たことないので、
このカボチャくんには軽く衝撃を受けました。
食べてもお互い大丈夫そうなんですが、やっぱり抵抗あります……。
ヒロインのヒロちゃんもやっぱり躊躇うよねぇ、なんて思っていたところ、
ルートによっては身も蓋もなくバッサリ。ちょっと笑えた。

実は、食べるとお腹なのかでうごううごして身体を乗っ取られるとかなんとかいう
ホラー作品にも転じられそうな気がしてドキドキしたものの、始終ほのぼの路線でほっとしました。
作品紹介に乙女風とありますが、特に恋愛要素がある訳ではありません。
とはいえ、どちらかと言うと女性に好まれそうな雰囲気です。
師匠のレンさんとヒロちゃんも、あくまで師弟関係。
ただ、乙女ゲー好きの方なら、妄想膨らませられそうではありました。

エンディングは3種類。
選択肢を全て選べば見られるので、コンプリートは容易でした。
またクリア後に読めるおまけストーリーがあり、それが恐らくもうひとつのエンディングだと思います。
拍手する

リトルリトルウィッチ

2018年10月16日 20:00

沼から現れた【タイトル】 リトルリトルウィッチ
【制作】 沼から現れた 地獄カバ様

リトルリトルウィッチ
【ジャンル】 絵本風短編RPG
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類?
【プレイ時間】 56分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 61.2MB
【公開日】 2013年10月5日
【プレイver.】 1.06

これは 小さな小さなお話です。
わがまま魔法使いの「マルク」と、その使い魔「ブッチャー」が
小さな森でおこした事件のお話です。 (ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

ニコニコ自作ゲームフェス2で敢闘賞を受賞された作品だそうです。

わがままな魔女っ子と、かぼちゃ頭の使い魔のコンビのお話。
同作者さんの過去作の登場人物がたくさん出てくるので、先にプレイしておくとより楽しめそう。
特に"tiny green"とはストーリー上の繋がりが濃いので、併せてプレイするのをお薦めしたいです。

この魔女っ子さん、かなりの傍若無人なんで正直苦手なタイプです。
見た目通りの性格で、キャラクター造形上手いなあと思いました。
過去作の登場人物がヒドイ目に遭ってまして、「何すんじゃー!」と憤慨もしましたよ。
しかし最後までプレイすると、なるほど前作の物語とこう繋がるのねと、ちょっと感慨深かったです。

システム周りについては作品内で説明がありますが、PRGながら経験値の概念がありません。
5回限りの戦闘をしてアイテムを入手→そのアイテムを使ったり魔法を購入したりして強化→ボス戦に挑む!
という流れです。
序盤は楽勝なのですが、後半ボスが強くて歯が立たなかったです。
購入する魔法とかで変わってくるのかなぁ。
全部勝った時の反応見たかったですが、まだ達成できていません。
ただ、恐らく勝敗はストーリー分岐には関係しないものと思われます(勝てていないので未検証ですが)。

戦闘回数が限られているのでシビアな反面、余計なレベル上げとかしなくて良いのは気楽でした。
拍手する


最新記事