Trick & Treat

2020年10月30日 20:00

RabbitonGames【タイトル】 Trick & Treat
【制作】 RabbitonGames Rabbiton様

Trick & Treat
【ジャンル】 謎解き探索アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 3種類(+DEAD9種類)
【プレイ時間】 1周1時間40分(トータル1時間53分)程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace(RTP不要)
【容量】 104MB
【公開日】 2016年9月27日
【プレイver.】 2.0

ハロウィーンの夜に、若い魔女シャーロットとメイドのアメリアが「トリック・オア・トリート」を行います。
訪れた先は、呪われた古いお屋敷。
気づいたら、アメリアはそのでかい、恐怖な屋敷に迷い込んでしまった。
ゴーストと踊ったり、ドールと遊んだり。
そして、果たして彼女は、屋敷の暗い過去を暴き出し、シャーロットと再会できるのか。
(ふりーむ!作品ページより引用)


ハロウィンの日に訪れたお屋敷を探索するゲーム。
謎解きとホラー要素あり。ただ、ホラーは怖いというよりは微笑ましさの方が勝るかも。
どうやら海外のゲームを翻訳したものらしく、日本語に多少の不自然さはあります。
きちんと意味は分かりますし、謎解きには問題ないので、そこはご安心を。
ただ、同梱のReadMe日本語バージョンが文字化けしていて読めず、そこは残念です。

主な操作キャラはかぼちゃを頭に乗せたメイドのアメリアで、はぐれてしまったシャーロットを探し回ります。
スクリーンショットの屋外のシーンはプロローグでして、探索は屋敷の中のみ。
グラフィックは少なくともキャラクターはオリジナルかと思われます。
このキャラクター達が、動作含めてすごく可愛いかったです。

屋敷はそこそこ広いものの、行ける場所が限られていて少しずつ解放される仕組みなので、
探索がすごくスムーズで快適でした。謎解きもきちんと考えれば解ける難易度かと。
セーブは固定で、開いた本の形のオブジェクトがセーブポイントになっています。
大体イベントが起こる箇所には隈なく配置されていて、不便は感じませんでした。
謎解き探索ゲームとしてすごく楽しくて、プレイして良かったです。
エンディングは後半で分岐するので、時間かけずに回収できたのもGOODでした。

エンディングは、NOMAL→BAD→TRUEの順で到達しました。
9種類用意されているデッドエンドは「多分これやると死ぬな」と思ったところを敢えてやると
回収できたのですが、いくつか見逃したものもあり。
バッドエンドのタイトルもウィットが効いていていて、おぉ……と感心。
特にBAD4あたり上手いなぁと思います。

ひとつエンディングを迎えるとタイトル画面からおまけに行け、攻略を見ることができます。
一枚絵も可愛いものが多いのですが、ちゃんとここで見られるのでありがたい……!
同じエンディングでもちょっとストーリーが変わったりするようなので、またチャレンジしたいですね。
2周目をやるとアメリアの衣装がチェンジできると書いてあったのでちょっとだけやってみたんですが、
オープニングの注意喚起の文章まで変わっていて笑ってしまいました。

前述したように、ホラー演出も過剰ではなく可愛らしいところもあり、ホラーが苦手な方も大丈夫なはず。
終わってみればほっこりした気持ちになれる、良いストーリーでした。
拍手する

ルグレ

2020年10月24日 20:08

half【タイトル】 ルグレ
【制作】 half はる助様

ルグレ
【ジャンル】 ハロウィンもどきの捜索ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【スチル数】 1枚(差分あり)
【プレイ時間】 1周6分(トータル31分)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 18.0MB
【公開日】 2012年10月21日
【プレイver.】 1.01

森の奥の古びた屋敷に住むマルクス博士と主人公。
主人公は里帰りをするために数週間館を空けるが、
帰って来た時には、屋敷から博士の姿が消えていた……。 (制作サイトより引用)


主人公ミーナ(名前変更可)が、いなくなった博士の手掛かりを探して屋敷の中を探索するゲーム。
探索した箇所により、エンディングが変わります。

ハロウィン風ゲームとのことですが、ミーナの服装(魔女の帽子が可愛い!)以外は
あまりハロウィンさはなかったです。
帽子だけでなく、ミーナちゃんの髪色がすごく好きでした。

探索箇所はそこまで膨大でもないのですが、意外と難しかったです。
何度やってもノーマルエンドになってしまう(・ω・`)
ED2だけは自力到達したものの、残りは分からずヒントを拝見してしまいました。
ゲーム内のEXTRAの中からヒントが見られるようになっています。
(ただ、ヒントに間違いがあるとのこと。制作サイトの作品ページをご参照下さいね)

それにしても、一見微笑ましく見えるけど、この2人何かありそう……とは思っていたのですが。
EXTRAのおまけ拝見して、なるほどね、と思いました。
ちょっと闇を含んだお話です。
拍手する

エレメンタルクッキング

2020年10月23日 21:44

half【タイトル】 エレメンタルクッキング
【制作】 half はる助様

エレメンタルクッキング
【ジャンル】 ツンデレを弄ぶエセハロウィンゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 8種類
【スチル数】 8枚
【プレイ時間】 1周8分(トータル46分)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 17.1MB
【公開日】 2011年10月27日
【プレイver.】 1.01

ハロウィン乙女ゲーム。
魔女&吸血鬼の組み合わせは同作者さんの「とんがり帽子の魔女ミコラ」でもありましたが、
良い組み合わせです。

乙女ゲーと言っても、この2人、まだ(?)ラブラブな関係ではありません。
ただストーリーを進めるとお互いがどう思っているのかが垣間見え、その微妙な距離感が良かったです。

ゲーム前半は会話パート、後半で料理パートとなり、作った料理次第でエンディングが分岐します。
料理は材料・調理器具・調理法を選び、デザートとメイン、スープを作るというもの。
最初はどうすれば良いかよく分からず、ことごとく失敗しました。
ただ、何度かやっていると「あー、こういうことね」とコツが掴めてきます。
新しい料理が出来ると嬉しいよ('-'*)

エンディングは8つあり、自力で7つまではクリア。
エンディング7だけがどうしても埋まらず、制作サイトさんの攻略を拝見しました。
最後に見たエンディングはちょっと異色で、ちょっぴりゾクっとしましたよ。
自力コンプを目指すとそれなりに時間はかかりますが、1周10分弱でプレイできます。
9年前のリリースと少し旧作ながら、今でも楽しめる作品でした。
拍手する

ハロウィンパニック

2020年10月21日 20:00

レパートリーの少ない喫茶店TAKE2【タイトル】 ハロウィンパニック
【制作】 レパートリーの少ない喫茶店TAKE2 アルス様

ハロウィンパニック
【ジャンル】 探索アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 ?種類
【プレイ時間】 10分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 22.0MB
【公開日】 2017年10月6日
【プレイver.】 1.00

仕事もなくゆっくりしたハロウィンを迎えていたひよこ達。
しかし赤ひよこがとある問題に気がつく。
「菓子をねだりに来る子ども達をもてなす飾り付けが終わってない」
イタズラを避けるためにはこの家をパーティー会場にしてお菓子を大量に配るしかない。
しかし飾りつけは終わってない…誰かに子ども達の足止めをしてもらわないと…
そんな役目に選ばれたのは人見知りで足が遅い白ひよこ!
はたして無事にハロウィンを開催できるのか!? (ふりーむ!作品ページより引用)



ハロウィンの準備が終わるまで、ゴーストや子供たちを足止めするミニゲーム。
主人公と仲間たちは、色とりどりのひよこです。なぜひよこなのかは謎ですが、可愛いからヨシ!

ミニゲームは、ゴーストに触れるとお菓子が減り、箱などに触れるとお菓子が補充できます。
お菓子を切らさないようにしつつに配っていきます。
ちょっと難しそう?と思いましたが、実際やってみるとそれ程でもありませんでした。
初回はコツが分からずウロウロしすぎてゲームオーバーになってしまったものの、
補給所の傍に陣取って構えていると向こうが勝手に寄って来てくれるので楽勝でした。

エンディングは、ミニゲームの成績によって台詞が変わってきます。
今のところ2種類見られましたが、まだあるかもしれません。

仲間に無茶振りされて奮闘する白ひよこちゃんに萌えたゲームでした。
拍手する

Wicked Room

2020年10月20日 20:00

Neutral【タイトル】 Wicked Room
【制作】 Neutral Mya様

Wicked Room
【ジャンル】 謎解きゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 2時間13分程度
【ツール】 Flash
【容量】 -
【公開日】 2015年10月26日

ハロウィンをテーマにしたミニリドル(謎解き)ゲームです(脱出ゲームではありません)。
クリックで画面内を調べてヒントやアイテムを見つけ
暗号を解いて隠された『歯車の鍵』を見つけ出しましょう。
何やら部屋の様子がいつもよりちょっとおかしいようですので、気をつけて探索してください・・
(制作サイトより引用)


脱出ゲームの老舗、NeutralのMyaさん制作の謎解きゲーム。
脱出ゲームと要領は同じなのですが、アイテム探しはほぼ無く、謎解きメインの構成です。

私にとってはかなり手応えある難易度でしたが、何とか自力でクリアできました。
私の脳みそでよう解けたなぁ、と感心します。自分で自分を褒めてあげよう。
特に青い箱の開け方と最後の謎は手こずりました。
寝る前にちょっとだけ……と思ってプレイし、気付いたら2時間以上かかっていたという。
頑張ってクリアして、いやっほぅぅ!クリア!!でも1時間くらいはかかったか?と思い、
時計見てびっくりしました。
ミニリドルって書かれてるけど、全然ミニじゃないよ!?

ご覧の通りハロウィンがモチーフのお部屋で、ストーリーが怖くて幾度かゾッとしました。
壁のおばけの絵とか、一見可愛くて和むのに……下手なホラーより怖かったです。

※以下、ちょっとストーリーのネタバレになりそうなので、反転しないと見えないようにしておきます。

ただ、クリア後の画面を見て「あれ、これはもしや……?」ってなりました。
私としては本物の恐怖の館だったというオチの方が好みなんですが、どっちなんだろう。


ちなみに、こちらの作品はFlash製なので、プレイできるのも今年限りとなります。
面白いのに勿体ないなぁ……。
難しめの謎解きをお探しの方、ぜひ今のうちにプレイしてみて下さい。
拍手する


最新記事