ミッドナイトストレンジ2

2019年10月25日 20:00

ビーの一族 ブログ【タイトル】 ミッドナイトストレンジ2
【制作】 ビーの一族 ブログ ウチチャン様(代表)

ミッドナイトストレンジ2
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類+バッドエンド
【プレイ時間】 1周16分(トータル25分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 132MB
【公開日】 2019年10月16日
【プレイver.】 1.00

この町にやって来てはや一年。今日はハロウィン。
不思議な出来事ばかりに遭遇した去年のハロウィンに交わした、あの人との再開の約束。
果たして本当に来るだろうかとソワソワして待つ主人公の元に訪れたのは――?


※2019年11月現在、公開されていません。

前作「ミッドナイトストレンジ」の続編です。
前作クリア済みが前提のアフターストーリーなので、前作プレイ済みの方推奨。

また、前作はブラウザプレイのみでしたが、今作はダウンロード版のみ公開されています。

こちらも冒頭でまず名前を聞かれます。
主人公は前作と同じという設定なので、同じ名前にすると良いでしょう。
名前を聞いてくるキャラクターを見て、「おおっ」と歓喜。
しかし、あちらは私を覚えてない模様。ちょっぴり寂しいよ(・ω・`)

前作がかなり面白かったので、続編を公開して頂けて嬉しい限りです。
お馴染みのキャラクターがほぼ勢揃いしてます。

ストーリーは、ハロウィンを楽しもうと町に出た彼らが異世界に飛ばされるというもの。
ホラー展開か!?と思いきや、そこはやっぱりシリーズの明るい雰囲気炸裂なのでした。

今回は、お馴染みのキャラに加えて新キャラも登場します。
特にラスボスのキャラクターに心を射抜かれました。
ネタバレになりそうなので、どう思ったのかはここでは伏せておきます。
そして、死神たんがちょっぴり良い人(?)になっていて癒されました。
でも、君はもうちょいウザキャラでも良かったんだよ。と思わなくもないですが……!

エンディングは2種類とバッドエンド。
選択肢は少ないので、2つのエンディングは難なく見られます。
バッドエンドは迎え方が分からなくて、ゲームファイルに同梱のヒントを参考にさせて頂きました。
いや、あの選択肢に意味があったんかい。と心の中で突っ込みました。

基本的に明るいコメディタッチのストーリーながら、最後はちょっぴり寂しい展開もありました。
またいつかハロウィンの日に、彼らに会えたらいいなぁと願わずにはいられません。
拍手する

ミッドナイトストレンジ

2019年10月24日 20:00

ビーの一族 ブログ【タイトル】 ミッドナイトストレンジ
【制作】 ビーの一族 ブログ ウチチャン様(代表)

ミッドナイトストレンジ
【ジャンル】 短編ノベルアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周9分(トータル37分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 -
【公開日】 2016年10月8日
【プレイver.】 2.01

最近この町に引っ越して来たばかりの主人公が、初めて迎えるハロウィンの夜。
まだ友達もいないが、せっかくのハロウィンだし一人で町を散策することに。
そこで主人公が出会ったのは……?


※2019年11月現在、公開されていません。

ハロウィンが舞台の短編ノベルアドベンチャー。

まず、主人公の名前を決定するところから始まります。
自分の名前を入れちゃえばいいのですが、私はあまり自分の名前は付けないタイプでして。
この主人公、男女性別が決まってないというのでしばし悩みました。

名前が決まると、ストーリーに登場する4人の中からキャラを選んで進めていきます。
この作品、キャラクターがとにかく個性的で楽しい。
台詞が結構痛いんですが、痛すぎて面白すぎ。読みながら笑い転げてました。
中でも痛かったのが、死語を連発する死神……!
どちらかと言うと悪役で、性格も痛いのですが、なぜか憎めませんでした。

私はパッと見てエメロードちゃんが気にいったので、エメロードちゃんから順に進めました。
一見気が強そうな女の子ですが、気が強い面が出すぎず、礼儀正しくて優しい子で。
キャラクターも想像以上に良かったし、ストーリーも良かったー。
でも、この子はちょっと最後に取っておけば良かったかも、と思ったり。
とは言え、プレイ順はお好みで良いとは思います。

主人公の性別が不明なのでBL、GL要素ありとの記述があるものの、
あまりがっつり恋愛という感じで描かれてないので、さほど気にならなかったです。
一番猛烈に主人公に迫ってくるキャラがちょっとアレなので、恋愛どころかギャグでしかないという。

最初は乙女ゲーかギャルゲーっぽいのかな、と思ってプレイさせて頂いたのですが、
どちらという訳でもなく、最初に想像したより面白かったです。思いがけず心が温かくもなりました。
拍手する


最新記事