こうはいががんばるとロクなことにならない!

2018年07月16日 20:00

COCOON【タイトル】 こうはいががんばるとロクなことにならない!
【制作】 COCOON 八色いんこ様

こうはいががんばるとロクなことにならない!【ジャンル】 女性向けノーマル恋愛ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 9種類
【スチル数】 10枚
【プレイ時間】 1周8分(トータル40分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 16.4MB
【公開日】 2015年5月12日
【プレイver.】 1.10

優秀な主人公(先輩)は、仕事が出来ない後輩の指導に頭を悩ませながらも
日々真面目に働いていました。
そんなある日、後輩にとある秘密を知られてしまいます。
強気になった後輩から負けた方が相手の言う事を聞くと言うゲームを
半ば強制的に持ちかけられ、それに挑みますが……? (ふりーむ!作品ページより引用)


カードを使ったミニゲームが楽しめる、コメディタッチの乙女ゲー。
サラリーマンの2人が主人公……と思いきや、さすがはCOCOONさんと言うべきか。
意外な楽しい設定でした。素敵すぎる!

カードは、天使・悪魔・人間の3種類を使ったもの。
出す回数に制限がないので、要するにカード式のじゃんけんです。
ターン制、更に4枚制(全てに勝つカードが1枚ある)等の方式だったら、
ゲームとしては更に面白かっただろうなーと思いました。
ですが、そうなると思う結果を出すのが難しくコンプリートするのが大変になるので、
あくまで乙女ゲー作品だと考えるとこれはこれで良かったかな。

そしてこの勝負、後輩くんはわりと理不尽な条件を突き付けてきます。
そんなのアリかーい!と思いました。
弱みがあるとは言え、受けて立つ先輩かっこいい。
しかし、セーブ&ロードを駆使すれば思った結果を出すのは簡単です。
ただ、最初は運に任せてみるのも一興かと。
1周目クリア後は、EXITRAのEVENTLISTにて、自分がどのエンドに辿り着いたのか、
そして他のエンドに辿り着くにはどうすれば良いのか分かるという親切設計。
これ、シンプルだけど一目瞭然で、本当に分かり易くてありがたい仕様です。

また、1周目クリア後にはある所でチートアイテムが貰えて使えるようになるので、
それを使うと2周目以降は攻略が楽になります。
実は、ここで過去作のあるキャラがゲスト出演……!懐かしくて小躍りしてしまいました。
他にも、ストーリー中にさりげなく出演している過去作キャラも居たりします。

ミニゲームをさっくり楽しみつつも、、前述のようにやっぱりこの作品の本筋は乙女ゲー。
堅物の先輩と、ノリの良い後輩のやり取りが面白かったです。
COCOONさんの作品はコメディタッチに見えても、ちょっとした仕草や台詞で
きちんと乙女ゲーとして萌えのツボを突いてくるんですよね。
今回も“残念ながら全年齢”(制作サイトの紹介ページの一文です)向けの範疇で
恋愛未満の2人でしたが、心を鷲掴みにされてキュンとしました。
後輩も良いキャラでしたが、それ以上に先輩の様子が可愛くて。
もっとこの2人のストーリーを見ていたいなぁ……と心底思いました。
拍手する

エインルート

2018年07月15日 20:06

箱庭のイデア【タイトル】 エインルート
【制作】 箱庭のイデア 栄崎様、すけ様

エインルート
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【スチル数】 11枚
【プレイ時間】 1周20分(トータル1時間)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 68.0MB
【公開日】 2016年2月14日
【プレイver.】 1.12

ある日、世界は命を蝕む瘴気に包まれました。
なんの力も持たない人間は、瘴気に侵され、死ぬのを待つしかありませんでした。
哀れに思われた神様は一人の少女に2つの魔法を授けました。
ひとつは、瘴気から皆を守る魔法。
もうひとつは、それを継承する魔法の儀式。
そして前回の儀式から8年目の今日魔法の継承が行われようとしていました。
(制作サイトより引用)


淡い色合いの可愛いドット絵と、神秘的な雰囲気が魅力の短編アドベンチャーです。

魔法の継承の儀式に来た主人公。
とても物悲しい音楽と、付き添いの女性の何か言いたげな態度。
詳細は明かされないものの、その儀式が恐らく望ましくないものなのだろうと想像がつきます。
儀式の内容は、神殿の奥に潜む魔物を倒すというものだと。
訳が分からぬまま進んで行くと、そこは何やら神秘的な建物でした。
窓ガラスの外を流れる万華鏡のような美しい色彩に目を奪われました。

チュートリアルで戦い方を説明され、後はとりあえずやってみよう!とトライ。
8つある扉のひとつを潜ると、これまた美しい風景が広がってました。
シンプルなドット絵の景色ですが、流れる音楽と相まって本当に綺麗です。
次のステージはどんなだろうと、次に進むのが楽しみでした。

戦いは、「怒り」や「喜び」等、それぞれ違ったステータスを持つ感情のひとつを武器として選び、
ステージの奥に居る「魔物」と対峙してくというもの。
前述のようにあまり良く分からずの戦いでしたが、意外とあっさり勝てました。

そして何度目かの戦いの後、偶然ながらある変化が起きました。
それを見て、「ああ、そういうことか……!」と、今自分がやっていることがどういうことなのか理解。
ピースが嵌った気がしました。
とりあえずやり直しはせず、初回はそのまま続行してクリア。END2でした。
エンディング分岐の検討はついたので、それを実行してEND3→END1の順でコンプリートしました。
エンディング回収には、前述の戦闘後の「違い」に気が付くかどうかが重要な気がします。
もし気付くことができれば、コンプリートは容易でしょう。
逆に気が付かなければ、さっぱり分からなかった恐れも。

END2では結局詳細が分からないままです。
一見同じようでありながら、END3は儀式の真相が明かされるエンド。
TrueともいえるEND1では、大きな変化があります。
そこでは付き添いの女性の正体も明かされ、それを見てハッとしました。
END1を見た後だと、END3での彼女の行動が何故なのか理解でき、胸が痛みます。

コンプリート後に見られるおまけ部屋では、「エインルート」というタイトルの由来も解説があり。
ドイツ語?それにしては違和感が……と首を傾げていたので、なるほどそういう意味だったのかと。
作品の元になったものについての豆知識もあり、全く知らなかったので興味深く勉強になりました。

物悲しい物語、美しい景色、そして戦闘などゲームとしての面白さも楽しめました。
更に新しい知識も得らるという。
とても素晴らしく、とても良い作品でした。

最初にプレイさせて頂いた「白のキョウメイ」も面白かったし、これで一気に作者さんのファンになりました。
拍手する

Book Book Book

2018年07月14日 20:00

喫甘展【タイトル】 Book Book Book
【制作】 正午の夜喫甘展) 献科様

Book Book Book
【ジャンル】 かんたんミニ探索ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace(RTP不要)
【容量】 29.4MB
【公開日】 2014年6月1日
【プレイver.】 1.04

ミアは、おじいちゃんがどうしても読みたいという本を借りる為、
村の外れに住む魔法使いのエリーンさん家へ向かう。


20分程度で遊べる探索ゲームです。
謎解きや分岐はありません。
Bookというシンプルな単語も、3つ並べると途端に個性を放ち、インパクトがありますね。

こちらのツクールVX製とは別に、PLiCyにてFLASHのブラウザ版も公開されています。
ブラウザ版のプレイはこちらから→

童顔なのに巨乳という、けしからん少女ミアが魔法使いの家を探索します。
魔法使いの家というと、某魔女の家のようなおどろおどろしい家を想像してしまいますが……
意外と普通のおうちでした。
ただしそこはやっぱり魔法使いの家ないので、見た目とは異なり色々な仕掛けがいっぱい。
そこはかとなくエロい……いえ、危ない目に遭うシーンもあったりします(大丈夫、全年齢向けです!)。
上手くいかないとゲームオーバーになりますが、直前からリプレイできる親切仕様でした。

勝手に謎解きありだと思っていたのでやや残念に思ったものの、その分気軽に遊べました。
探索は丁寧にやっていると詰まる事はなさそう。
万が一進めなくなった場合は、ゲームファイル内に攻略テキストも同梱されているので安心です。

始終コミカル&ほのぼので、キャラクターも可愛くて癒されました。
ただ、ゲーム内でも明かされないおじいちゃんの所業が気になって仕方ないです。
拍手する

はじまりのエターナル

2018年07月13日 20:00

BabyClan【タイトル】 はじまりのエターナル
【制作】 BabyClan マリモ様

はじまりのエターナル【ジャンル】 短編ノベルゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 10分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 27.4MB
【公開日】 2017年4月19日
【プレイver.】 1.00

異世界トリップで出会った2人。
ついにお別れの日がやってきて…… (ふりーむ!作品ページより引用)


10分程度で読める、一本道のコメディファンタジーゲームです。
女性向けですが、糖度は控えめ。
エイプリルフール作品として制作されたようです。

私、その辺をあまり意識せず「綺麗だなぁ……」と見た目に惹かれてプレイしました。
元々他の作品をプレイさせて頂いて、好きな作者さんだったというのもあります。
パステルカラーの美しい色合い。無機質な研究所なのに、どこか柔らかくて暖かい感じがします。
異世界トリップというと、現代の女の子がファンタジー世界へgo!という展開が殆どかと思いますが、
この作品は、異世界ファンタジーの女の子が現代に迷い込んできたという珍しい設定。
そして更に物語は意外なシーンからスタートします。

が、しかし!
“コメディ”と銘打つだけあり、内容はなかなかアレです。アレ。
ぽかんとしたその後、笑い転げました。
事前に心構えが無かった分、尚更です。

ストーリーはどちらかというと真面目(?)な気がするんですが、キャラクターが個性的。
特にあるお方は……一目見た時から目を奪われてしまい、忘れられません。
まぁ、後からよく見るとふりーむ!さんの作品紹介ページにもばばーんと登場されているのですが、
前述のようにあまりじっくり見ずにやったので。
また、他の方々もすごく美麗で見惚れた……のに、皆お顔以上にキャラが濃いです。
クリア後に見られるおまけ部屋での解説は、想像を超えた設定でこれまたのけぞりました。
なんて話だ……!
色々書いておいて何ですが、これからプレイする方はあまり前知識なくやった方が面白いと思います。

しかし、その個性に圧倒されはしたものの、所々ちゃんと乙女ゲーしてるな!と。
続編もあるかもしれないとのことで、楽しみにしています。
きちんと主人公2人のストーリーを見たいというのももちろんありますが、
心奪われたあの方との再会も……楽しみなのです( ̄¬ ̄*)
拍手する

死ンデル嬢と魔法使い

2018年07月11日 20:00

■なつの遊技場■【タイトル】 死ンデル嬢と魔法使い
【制作】 ■なつの遊技場■ 城本なつめ様

死ンデル嬢と魔法使い
【ジャンル】 微ホラー探索ADV
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 45分~1時間程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 18.5MB
【公開日】 2015年6月28日
【プレイver.】 1.6

賊に襲われ、皆殺しにされてしまったとある一家。
通りすがりの魔法使いの力でゾンビとして蘇ったお嬢様は、同じく蘇った執事・メイドと共に、
ゾンビ退治にやって来た人間に囲まれた屋敷から脱出しようと試みる。


※作者さんのお名前が、ゲーム本体、ふりーむ!さんのページ、ブログで全て異なるのですが、
 当記事ではゲーム本体のお名前で紹介させて頂きました。

ななかな珍しい、ゾンビのお嬢様が主人公のストーリー。
肌にちょっと血の気がないですが、デロンと崩れてはないのでキャラは可愛いです。
ただ、執事さんはお嬢様に顔を見られたくないようで、動物の頭蓋骨を被っているという。
彼の個性的な容姿は特に印象的で、良いスパイスになっていると思います。
しかし、仮面の下がどうなっているのか想像するとちょっと辛い……。
思い出いっぱいの自分のお家から逃げ出すというのも切ないです。

ゲームとしては、オーソドックスな探索&謎解きもの。
人間に見つからないよう行動するので、シーンによって行ける範囲が限られています。
ただ、まだ行けない場所へ向かおうとすると「こっちには行かないようにしよう」と言われて
強制的に止められるので、見つかるかもしれないという緊張感はほぼありませんでした。

探索はあまり迷うこともなく、さくさく進めます。
謎解きは……難しくはないと思うのですが、解き方に複数の解釈がある感じでやや苦戦しました。
数字のパスワードは、「おかしい、これで良いと思うのに」と何度も試したけど上手く行かず、
ちょっとやり方を変えたら正解できました。
この手の謎解きをやり慣れていると、逆に固定観念が仇になるかも?

執事を慕うお嬢様や、お嬢様を大事に思う執事&メイドのやりとりには始終和みました。
ただそれだけに、生前の彼らを思うと現状に胸が痛みますし、
探索中には悲しく残酷な傷跡の片鱗も見ることになります。
単にゾンビ嬢たち可愛い♪とか、逆にダークで救いがない、というどちらにも傾きすぎない、
両方の要素が入り混じった、バランスの良いストーリーでした。

エンディングは2種類。
分岐点は分かり易いかなと思います。
私はエンドA(HAPPYぽいの)→エンドB(BADぽいの)の順でクリア。
Aは、出だしの暗い気持ちを払拭するような、希望が持てる終わり方ですごくほっとしました。

以下、攻略を掲載しています。
重要な部分は反転させないと見えないようにしていますが、アイテム取得などについては丸見えです。
ネタバレが嫌な方は、閲覧にご注意下さい。
[死ンデル嬢と魔法使い]のヒント・攻略を見る
拍手する


最新記事