たまよりひめ

2020年11月04日 20:00

Classic Pink【タイトル】 たまよりひめ
【制作】 Classic Pink

たまよりひめ
【ジャンル】 和風短編乙女ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【スチル数】 6枚
【プレイ時間】 1周20分(トータル40分)程度
【ツール】 ティラノスクリプト
【容量】 193MB
【公開日】 2020年8月31日
【プレイver.】 2.00

――夢か現か、蜃気楼か。

祖母の家で退屈な夏休みを過ごしていた少女、玉姫(たまき)は
村で変わった容貌の少年のソウシと出会う。
そして短い夏の間に交わした約束を果たすため、少女は再び村へ訪れる。

真夏の思い出の結末は。 (作品ページより引用)


ティラノスプリクト製のノベルゲームで、ふりーむ!とノベルゲームコレクションにて公開されています。

ふりーむ!の作品ページ→ ノベルゲームコレクションの作品ページ→

和風のタイトルと可愛いキャラクターが魅力的。
特に、ヒロイン玉姫の衣装が巫女さんっぽくて好きです。
お相手のソウシは何とフルボイス付き。

プレイを始めると物悲しい音楽が流れてきて、悲しいストーリーなのかな?と想像が膨らみます。
ふわりとした絵柄から勝手にほのぼの系の物語を想像していたので、ちょっと意外でした。

おばあちゃんの家のある田舎で出会った不思議な少年ソウシとの物語。
子供時代と大人になってからのキャラクター対比が面白いです。
成長して大人びているけど、きちんと面影を留めていて上手いなぁと思いました。

最後には究極の(?)選択を迫られるのですが、何だかどちらを選んでも辛い展開でした。
しかしこの物語、乙女ゲーではあるものの恋愛描写は薄いように思えます。
「たまよりひめ」のエンドでは、そんな選択ができる程、いつの間に想いを深めたのだろう?と。
これは愛?それとも呪縛なのでしょうか?

以下、これは言うと野暮かなと思いつつ、思わずにいられないことなのですが。
少々ネタバレになるので、反転しないと見えないようにしておきます。

異世界トリップものでよく書いているんですが、こういうの、残された人たちが可哀相(・ω・`)
玉姫一家は幸せな家族として描かれていたのに、恐らくその幸せは滅茶苦茶になったでしょう。
いっそ天涯孤独だとか、都合の良い設定にして欲しかったと思ってしまいます……。
その犠牲に目を瞑る程の覚悟や彼への愛が納得できるだけの描写がなかったように感じるので、
そこは惜しいなぁと思いました。


でも、後書きのエピソードでその辺りの悲哀も示唆されているので、
そこも意図された上で、哀愁ある物語として書かれているのかなとも思います。
拍手する

うなずく、うべなう

2020年11月03日 20:08

maymoku games【タイトル】 うなずく、うべなう
【制作】 maymoku games すてばち様

うなずく、うべなう【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周17分(トータル45分)程度
【ツール】 ティラノスクリプト
【容量】 190MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年6月21日
【プレイver.】 1.00

口のきけない元死体として、話をきいては相槌を打つお話です。 (作品ページより引用)


ティラノビルダー製のショートノベルです。
制作サイトさんの作品ページとふりーむ!でブラウザ版がプレイ可能。
ノベルゲームコレクションではブラウザ版・ダウンロード版が公開されています。
この記事のタイトルからは、制作サイトの作品ページにリンクさせて頂いています。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

グラフィックを一目見て、「な……キョンシーだと!?」とびっくり。
どうやら立ち絵は素材をお使いのようですが、キョンシーの立ち絵素材があるということもびっくり。
需要、少なそうなのに……(笑)
キョンシーをご存じない方は、ググってみて下さいませ。

それはさておき、このゲームはそのレアなキョンシーを上手くストーリーに絡めていました。
プレイヤー側の目線となる人物は、何と……死体です。
性別も年齢も何もかも、一切分かりません。
ただ、何かしらの理由で死亡したところを、2人のキョンシーに蘇生させられたようです。
しかし蘇生術は成功せず、首を僅かに動かすことしかできない瀕死のゾンビとなってしまいました。
うべなうは「肯う」と書くようですね。知らなかったので、ひとつ勉強になりました。

うーん……自分が死体なら、この状況はすごく嫌です。
無理やり起こされた上、また死ぬのを待つだけなんて。・゚・(ノД`)・゚・。
そんな死体の私に、2人のキョンシーは身の上話など色々と話しかけてきます。
こうなってはもうどうしようもないので、2人に付き合うしかないのでした。

彼らの話や問いかけに頷いたり、時には無言で否定を示したり。
そう、私は決してNoと言えない日本人ではなかった……!
頷かないことでNoという意思をちゃんと示せるのでした。
頷くと画面が動いたり、時には瞬きしたり視界がぼやけたりと、
画面のこちら側の存在が感じられる演出が面白かったです。

会話への返答によってエンディングが分岐していきます。
ひとつめ、ふたつめは自力で到達できたものの、みっつめがクリアできず攻略を拝見しました。
かなり頑張って色々選択肢を試したのに、ダメだった~εミ(ο_ _)ο
ひとつエンディングを迎えると、タイトル画面の「付記」からヒントと攻略が見られるようになります。
2人についてのエピソードも見られますので、自力クリアできた方も見てみると良いかも。

話を聞いているうちに、彼らのおかれた状況が段々と分かってきます。
後半は意外なことも分かってきて、あぁ、何てことだと同情を禁じ得ませんでした。
不死の存在となって過ごす時間の虚しさ、悲しさをどこか感じてしまいます。
しかし、2人いるからこそ支え合って「生きて」いられるのだなぁと。
それもどこか危うい均衡であるように思えますが……。
彼らの未来に希望はあるのでしょうか。願わくば、どうか穏やかで幸福でありますように。
拍手する

魔女の塔 ~The Witch's Tower

2020年11月01日 20:30

魔女の塔 ~The Witch's Tower ふりーむ!のページ【タイトル】 魔女の塔 ~The Witch's Tower
【制作】 38様(twitter

 魔女の塔 ~The Witch's Tower
【ジャンル】 探索謎解きアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 ?種類
【プレイ時間】 1周2時間45分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 112MB
【公開日】 2020年10月6日
【プレイver.】 1.01

見知らぬ塔で目覚めた少女・サーディ。
塔を出る為、鍵を持つ魔女のメルを探しに行くことになるが……。


謎解き探索アドベンチャー。
ふりーむ!のタイトル下にある“この『ゲーム』は、『最後』までプレイしてください。”という一文で
何かありそう?と興味を引かれプレイさせて頂きました。

プレイ開始すると、最初に「多少の脅かし要素がある為――」という注意書きがありますが、
過度な脅かしやホラー表現ではないので、余程ホラーが苦手でない限りは大丈夫かと思います。

そしてその後、突如「貴方の名前は?」と尋ねられて。
ゲーム紹介で主人公はサーディという名前が書いてあったのに?と、ここでまず首を傾げました。
まあでも、貴方の名前というからには私か?と思い、沙鳥と命名。
でも、ゲーム開始するとやっぱり操作キャラはサーディ―なのです。
意味深なオープニングで謎が深まり、俄然興味が湧いてきました。

塔の中を探索していくと、そこには幾人かの住人が。
誰かひとりを探索のお供にできるのですが、途中で変えられないので慎重に選びましょう。
人間の他にもトリサンという鸚鵡がいて、この子が可愛くて一番のお気に入りでした。
私の事を「ヒト!」と言い放つそのセンスが素敵ぃぃ。
でも残念ながらトリサンはお供にできません……。

セーブはオートセーブで進行します。
探索も謎解きもさほど難しすぎず、概ねサクサクと進めました。
ただ、塔の作りが何階に行っても同じなので、どこに何の部屋があるかちょっと迷ったりはしました。
自分の記憶力が悪いだけなのですが。
それから、キーボード入力をする謎解きが2つあるのですが、そこで少々躓きました。
ネタバレになるので詳細は書きませんが、どちらも同じようなミスしてました。
詰まった同士にアドバイスできるとしたら、「文章はよーく読みましょう」ということです。
プレイ後にバージョンアップされていてヒントが追加になっているようなので、
今からプレイする方はよりやり易いかもしれません。

ストーリーは、ゲームの前半と後半でガラリと変貌します。
これまたネタバレになるのであまり語れないですが、こういう謎解き系統のゲームは以前にプレイしたことがあり、
とても好きなタイプの作品でした。
前述したラストの謎解き入力で躓いて「えー、これが答えじゃないの?」と
頭を抱え2週間くらい放置してしまったのの、謎解き用メモと睨めっこしていてハッと自分のミスに気付き、
ようやくクリアできました。
ああ、このゲームをプレイして良かったなと思えるストーリーで、クリアできた充足感もひとしおでした。

エンディングについては、ストーリー分岐はないと思われますが、幾つかのパターンや台詞違いはありそうです。
ただ、私はひとつしか見ていません。
クリアして頂けたら、私がそれ以上プレイしない訳は察して頂けるかなと思います。

普通の探索謎解きゲームとは一味違う、凝ったストーリーと演出が光る作品です。
大いに楽しめました。
拍手する

塔に囚われた僕

2020年10月31日 21:13

塔に囚われた僕【タイトル】 塔に囚われた僕
【制作】 こいしかわ様(twitter

塔に囚われた僕
【ジャンル】 短編脱出RPG
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周22分(トータル46分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 18.1MB
【公開日】 2019年11月24日
【プレイver.】 1.4

塔に囚われた主人公がネズミと協力して脱出を目指すゲームです。
(ふりーむ!作品ページより引用)


ふりーむ!、フリーゲーム夢現でダウンロード版、PLiCyでブラウザ版が公開されています。

ふりーむ!の作品ページ→ フリーゲーム夢現の作品ページ→ PLiCyの作品ページ→

ウディタ製なので、ブラウザ版でも操作はキーボードかゲームパッドになります。
そして、ダウンロード版では主人公の名前が決められるのですが、
ブラウザ版は名前が「レオ」で固定のようでした。

塔の一室に閉じ込められた主人公が、突如現れたネズミと共に脱出を目指すゲーム。
主人公が何者なのか、ここがどこなのかは一切語られません。
前述のように、最初に名前入力があるのですが、タイトルからして恐らく主人公は男性かな?
程度しか分からないのでここでしばし迷い、とりあえず「サトリ」にしてみました。
結果、うん、良かったかな。

逃亡中に兵士に接触すると戦闘になりますが、ボタン連打していれば勝てるのでサクサク行けます。
ボス戦(?)もありそちらはさすがにちょっぴり強い。
でも、戦闘はストーリーの一部のようなもので、それがメインのゲームではないです。
謎解きは一ヶ所だけで、さほど難しくはないものの、ちょっと捻りが必要でした。

ゲームを進めるにつれ、何となく状況が呑み込めてきます。
こちらの作品、先にプレイさせて頂いた「隠れ森」と同じ作者さんなのですが、かなり違う作風で。
全体的にシュールな雰囲気でした。
後味が良い終わり方ではないのに、ちょっと昏い優越感を抱いてしまいました……。

エンディングは3種類。
作品ページに「プレイ時間15分」と書いてあったのでサクっと終わるかな?と思いきや、
予想より時間がかかっちゃいました。
エンディングは2つまで自力クリア、3つ目は分からずにヒントを拝見しました。
実は3つ目も辿り着いていたのに、同じエンディングだと思ってリセットしちゃってたという。
攻略については、ゲームファイルに攻略テキストが同梱されています。
拍手する

Trick & Treat

2020年10月30日 20:00

RabbitonGames【タイトル】 Trick & Treat
【制作】 RabbitonGames Rabbiton様

Trick & Treat
【ジャンル】 謎解き探索アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 3種類(+DEAD9種類)
【プレイ時間】 1周1時間40分(トータル1時間53分)程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace(RTP不要)
【容量】 104MB
【公開日】 2016年9月27日
【プレイver.】 2.0

ハロウィーンの夜に、若い魔女シャーロットとメイドのアメリアが「トリック・オア・トリート」を行います。
訪れた先は、呪われた古いお屋敷。
気づいたら、アメリアはそのでかい、恐怖な屋敷に迷い込んでしまった。
ゴーストと踊ったり、ドールと遊んだり。
そして、果たして彼女は、屋敷の暗い過去を暴き出し、シャーロットと再会できるのか。
(ふりーむ!作品ページより引用)


ハロウィンの日に訪れたお屋敷を探索するゲーム。
謎解きとホラー要素あり。ただ、ホラーは怖いというよりは微笑ましさの方が勝るかも。
どうやら海外のゲームを翻訳したものらしく、日本語に多少の不自然さはあります。
きちんと意味は分かりますし、謎解きには問題ないので、そこはご安心を。
ただ、同梱のReadMe日本語バージョンが文字化けしていて読めず、そこは残念です。

主な操作キャラはかぼちゃを頭に乗せたメイドのアメリアで、はぐれてしまったシャーロットを探し回ります。
スクリーンショットの屋外のシーンはプロローグでして、探索は屋敷の中のみ。
グラフィックは少なくともキャラクターはオリジナルかと思われます。
このキャラクター達が、動作含めてすごく可愛いかったです。

屋敷はそこそこ広いものの、行ける場所が限られていて少しずつ解放される仕組みなので、
探索がすごくスムーズで快適でした。謎解きもきちんと考えれば解ける難易度かと。
セーブは固定で、開いた本の形のオブジェクトがセーブポイントになっています。
大体イベントが起こる箇所には隈なく配置されていて、不便は感じませんでした。
謎解き探索ゲームとしてすごく楽しくて、プレイして良かったです。
エンディングは後半で分岐するので、時間かけずに回収できたのもGOODでした。

エンディングは、NOMAL→BAD→TRUEの順で到達しました。
9種類用意されているデッドエンドは「多分これやると死ぬな」と思ったところを敢えてやると
回収できたのですが、いくつか見逃したものもあり。
バッドエンドのタイトルもウィットが効いていていて、おぉ……と感心。
特にBAD4あたり上手いなぁと思います。

ひとつエンディングを迎えるとタイトル画面からおまけに行け、攻略を見ることができます。
一枚絵も可愛いものが多いのですが、ちゃんとここで見られるのでありがたい……!
同じエンディングでもちょっとストーリーが変わったりするようなので、またチャレンジしたいですね。
2周目をやるとアメリアの衣装がチェンジできると書いてあったのでちょっとだけやってみたんですが、
オープニングの注意喚起の文章まで変わっていて笑ってしまいました。

前述したように、ホラー演出も過剰ではなく可愛らしいところもあり、ホラーが苦手な方も大丈夫なはず。
終わってみればほっこりした気持ちになれる、良いストーリーでした。
拍手する


最新記事