少年と林檎の樹

2019年02月18日 20:51

不思議な玩具箱【タイトル】 少年と林檎の樹
【制作】 不思議な玩具箱 優生様

少年と林檎の樹
【ジャンル】 探索ホラーアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 7種類
【プレイ時間】 1周10~30分(トータル40分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 420MB
【公開日】 2018年7月2日
【プレイver.】 1.01

偶然拾った林檎によって全てを壊された少年の物語。 (ふりーむ!作品ページより引用)



「林檎を食べてはいけない」という法律がある国で、林檎を口にしてしまった少年の物語。
少年の独白から林檎は食べちゃダメだという自覚はあったようですが、
食べるとどうなるかという知識はなかったよう。
ま、いっか、というノリでやってしまったことが彼の運命を大きく狂わせていきます。

ちなみに、食べずにスルーはできない模様。食べないとお話が進みません(;ω;`)

タイトルから何となくほのぼのした雰囲気を連想したのですが、このように不穏な物語です。
思った以上にシビアで「うへぇ」と思いました。
ゲーム自体は敵のオブジェクトを避けるという簡単なアクションがあるものの
難易度調整がされているようで、さほど苦労はしませんでした。

トータル30分強の短編ながら、エンディングが7つと豊富で色々な展開が楽しめます。
一度クリアするとおまけ部屋に行けて、そこで各エンディングへのヒントも貰えます。
中には少し分かり辛いものもあったので、私もヒントを頼りにコンプリートしました。

ダークファンタジーと言いますか、暗めな物語お好きな方にお薦めです。
拍手する

w2

2019年01月31日 21:35

nino【タイトル】 w2
【制作】 nino ノラ様

w2
【ジャンル】 短編ノベル(3分ゲー)
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 3~6分程度
【ツール】 RPGツクール2000
【容量】 1.94MB
【公開日】 2007年12月30日
【プレイver.】 1.0

そのお店のものは、買われても盗まれても
決して減ることがない。
必ず補充される。 (ふりーむ!作品ページより引用)


注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

第17回 3分ゲーコンテスト応募作品。9位を獲得されているようです。
3分ゲーコンテスト、懐かしい。
嬉しいことに最近復活して開催されている様子なので、また作品プレイしたいですね。

こちらの作品、一軒メルヘンでファンシーな雰囲気ながら、どこか剣呑さを感じます。
まずスタートした初っ端から、見た目に反してBGMが不穏なのです。
そして冒頭のクマちゃんも、あら可愛い♪というよりは何となく不気味……。
何が起こるのだろう?と心穏やかではありませんでした。

お店の中を探索して、最後の行動でエンディング分岐があります。
あまりハッピーな物語ではなさそうだと覚悟していたものの、ラストはハッとしました。
怖さもあるけれど、上手さに感心させられます。
ただ、勘の良い方ならもしかしたら想像がつくかもしれません。

ゲーム性は薄いものの、掌編小説をひとつ読み終わったような余韻を残す作品でした。
拍手する

あめおと。

2019年01月27日 23:00

FROGS Vectorのページ【タイトル】 あめおと。
【制作】 ゲーム制作日記 tokoro家様

あめおと。
【ジャンル】 探索アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周30分(トータル40分)程度
【ツール】 RPGツクール2000 VALUE!
【容量】 1.03MB
【公開日】 2012年7月14日
【プレイver.】 0.1

雨宿りにアンリーとリリーは変な館に入るのだが・・ (ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

雨の中、無人の館に辿り着いた姉妹。
「お姉ちゃん様子見てくるからここで待ってて」
と言い残して一人で館に入っていく姉。
あかーん、これ絶対戻って来んやーん。という展開ですよね。
しかしこの残された妹さん、じっと待つこともなく、姉が入ってすぐ館に突撃していきます。
待たんのかーい!と突っ込みたくなりましたが、待つ演出を省いた潔い演出で良いかも。

そして案の定姉は既におらず、館を探索することになります。
行ける場所はいくつかありそうに見えて、実は限られているのであまり迷うことはありません。
奥に行くと、想像以上に奇妙な景色が広がっていてびっくりでした。
ドロドロしたホラー系ではなく、むしろ癒しの空間なのですが……
不思議さと奇妙さを煽るBGMなので、少し不安な気持ちになります。
追いかけられ要素は、基本ありません(選択肢次第では、終盤追われて逃げる展開あり)。
ただし触るとゲームオーバーになるキャラクターがいます。
じわじわ追ってきますが、容易に避けられるのであまり驚異ではありませんでした。
見た目が少しヤバイので、直感で避けた方が良いだろうと分かるんですが、
あまり追ってこないので「これ触っちゃダメなんだよね?」と一度は突撃して確認してしまいました。

謎解きは、青の部屋の謎解きが難しくてしばらく悩みました。
思いついたことを片っ端から試して、何とか突破。
「詰むかも」と思ってたので、クリアできて良かった……。
そのは比較的サクサクと進めました。

エンディングは2種類だと思われます。
終盤で選択肢があり、そこで分岐。
エンディング名はありませんが、ハッピーとバッドです。
実はバッドの方がちょっと辿り着くのが難しかったという。
なかなかうまくいかず、この選択肢だと進めないのではと思いかけました。

最初に辿り着いたのはハッピーで、意外とあっさり終わったのでホッとすると同時に物足りなさもあったり。
その分バッドはゾッとする展開で、とても嫌なんですけどホラーの醍醐味を味わえました。
拍手する

夢の国電車

2019年01月20日 22:40

あ行。【タイトル】 夢の国電車
【制作】 あ行。 アワラギ 様

夢の国電車
【ジャンル】 ホラーファンタジーADV
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周1分(トータル4分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 117MB(ダウンロード版)
【公開日】 2017年12月10日
【プレイver.】 1.00

電車の中でウトウトしていると…不思議なことが…  (制作サイトより引用)


ふりーむ!の千文字喫茶2参加中作品とのこと。

以前プレイさせて頂いた「不死の調査録」「不死の探査録」「不死の捜査録」の番外編のような作品。
シリーズ作品のキャラクター達が登場するので、本作品をプレイ済みの方が楽しめそうです。

今作はふりーむ!のみの公開で、基本はブラウザプレイ。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。

電車の中で居眠りした主人公が体験する、ちょっと奇妙なストーリー。
本編でも使用されていた音楽が、このちょっとした悪夢の雰囲気にぴったり合っていますね。
これは死んだか…・・・という流れなのに、実はセーフ!な展開が何とも言えないです。
冷や汗かいて、すぅっと引いていくような安堵感。
ただし、出会ってしまう人物によってはギリギリアウトな展開もあり。ちくしょう。
本編であまり良い印象のなかったかの人物は、この作品でもやってくれます。
更に、油断していると選択次第では夢の国(ディ〇ニーランドじゃないよ)へレッツゴーです。

2周目からは、新しい人物に出会うまで何度も寝なおすことができるという親切仕様もあり。
お手軽に奇妙な体験を満喫できます。

さて、あなたは、無事に家へ戻ることができるでしょうか。
拍手する

HORROR HOUSE

2019年01月19日 23:12

206 ふりーむ!のページ【タイトル】 HORROR HOUSE
【制作】  yang子様(twitter

HORROR HOUSE【ジャンル】  コマンド探索ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1~30分程度
【ツール】 ?
【容量】 6.23MB
【公開日】 2018年10月25日
【プレイver.】 1.00

There is house. (ゲーム内より引用)


コマンド入力式の探索ゲーム。
なんと、英語です。
と言っても使用するのはごく簡単な動詞だけなので、英語が得意でなくても大丈夫かと。
文章にする必要はなく、単語のみです。

シンプルな線画で、ぐにゃりと歪んでいるのが不気味。
まずは画面に示される通りに"START"から開始。
入力した単語が使えるものだと、単語がグリーンに変化します。
とりあえず、思いつく単語を片っ端から試しました。

シンプルなんですが、結構苦戦しました。
ひとつのエンディングは偶然辿り着けたものの、その先が見られず。
実は恥ずかしながら、途中スペル間違ってて進めなかったという……。
簡単な単語なのにほんと恥ずかしいです。

検索していると、攻略を書いていらっしゃるサイトさんがありまして、
それを頼みに3つのエンディングコンプリートしました。
正直、エンディングはシンプルですし、クリアしても結局何だったのかよく分からないです。
が、このシンプルさが逆に新鮮で面白かったです。
拍手する


最新記事