ツクモノガタリ~ゆうじょ編~

2020年01月12日 22:58

WHGF【タイトル】 ツクモノガタリ~ゆうじょ編~
【制作】 WHGF WH様

ツクモノガタリ~ゆうじょ編~
【ジャンル】 ホラー風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 50分程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 46.3MB
【公開日】 2019年12月6日
【プレイver.】 1.00

死んだ男が戻ってきたという「上総の戻り橋」。
佐久間からの依頼で、九十九は共に噂の調査へ向かう。


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

MHさん制作のツクモノガタリシリーズ9作目です。
今作は、九十九の秘密にぐっと迫ってきました。
ふりーむ!さんの注意書きにもあります通り、過去作から先にプレイするべしです。

今回はエンディング分岐なし、ミニゲームも易しめ、MAPもシンプルで誘導が多く、迷う箇所なし。
サクサクと進めました。
お馴染みの妖街も、いつもは目的の人物に会うためにかなり振り回されるのがパターンなのに、
今回はお使い少な目で、あっさり目的のセンリに会えちゃった。
謎解きや試行錯誤が好きな方は物足りないかもですが、ストーリーを追うのがメインとなります。
大好きな佐久間さんの影が薄かったのも個人的には惜しいところ。
ですが、その分前述のように九十九の過去に迫っています。
九十九がいつも以上に仄暗い雰囲気で、遠い人になっていくようでドキリとしました。

そろそろ10作目に届くということで、物語も佳境、なのかもしれません。
次回作が楽しみです。
拍手する

繋ギ工芸館

2019年12月16日 21:47

繋ギ工芸館 ノベルゲームコレクションのページ【タイトル】 繋ギ工芸館
【制作】 凡多工房(twitter

繋ギ工芸館
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周1分(トータル5分)程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 78.2MB(ダウンロード版)
【公開日】 2017年7月29日
【プレイver.】 ?

京都の洋館で起こるサスペンスホラー  (ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


不思議なタイトルに惹かれてプレイさせて頂きました。

サスペンスホラーという紹介文から、てっきり真面目でミステリアスなストーリーかと思いきや。
冒頭の主人公の名前で「ん?変わってるな?」と首を傾げる私。
いや、でもそういう名前の人もいるかもなぁ。
と納得しかけた次のシーンで、突如予想外の行動を取る主人公に吹きました。
何だよ、シリアスなミステリーじゃないのかよ!
主人公と、彼が出会う相棒(?)が個性的すぎるのです。

でも、想像していたミステリアスな雰囲気とは違ったものの、どこか奇矯で奇妙な雰囲気が漂ってます。
突如としてギャグをかましてくるのに、単なるギャグとは違う「何か」が潜んでいそうで。
このアンバランスさに、どこかソワソワしてしまうのでした。

途中に選択肢があり、誤ったものを選ぶと即ゲームオーバーでした。
どちらを選ぶべきかは、何となく分かるんですよ。
でも、選んじゃいけない方を選んでしまいたくなるという恐ろしい吸引力がありまして、
いちいち引っ掛かってしまいました。

彼らが入った「繋ギ工芸館」も、ちょっと想像できないような奇妙な場所でした。
あまりに奇妙なので、もし登場人物が普通の人だったら、恐らく場所の滑稽さだけが浮いてしまったでしょう。
ですが、人物も状況に負けず劣らずオカシイので、何か馴染んで凄いことになってる。
シュールというか、あまりにも常識外すぎて頭が付いていけないぞ。

いやぁ、読了後の何とも言えないこの気分。
ああ、紹介文は間違っていなかった。
正直、「何じゃこりゃ?」と思う方もいるかもしれません。
私は、あまりに濃い作品の個性に、ただただ圧倒されて呆然としてしまいました。
5分程で読み終わるボリュームなのに、すごいもの見ちゃったなぁという感じです。
特に台詞のセンスが凄く良いなぁと。テンポ良くて、面白かったです。

こんな作品を思いつく作者さんの頭の中を覗いてみたいです。
拍手する

一触即デス!ZOMBIEGIRL

2019年11月30日 23:00

一触即デス!ZOMBIEGIRL ノベルゲームコレクションのページ【タイトル】 一触即デス!ZOMBIEGIRL
【制作】  さかいあい様(twitter

一触即デス!ZOMBIEGIRL
【ジャンル】 短編ノベルアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周1分~8分(トータル10分)程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 95.6MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年5月4日
【プレイver.】 ?

恋人「しーちゃん」とのドキドキ初デート!だけどなんだか危険な予感…?
「しーちゃん...その恰好...。もう、今日はハロウィンじゃないよ!」
(ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


選択式の短編ノベルゲーム。
こちら、何と8時間で制作された作品だそう。
それだけにセーブ機能やスキップ機能はありませんが、1周が短いのであまり苦もなく遊べました。
スキップ機能は欲しいなぁとちょっと思いましたが……しーちゃんが可愛いからまぁいっかと思えちゃう。

いやー、これは楽しかったです。台詞がいちいち面白い。
一見シリアスな始まりなのに、パパとの電話で笑い転げました。
かと言ってギャグ一辺倒という訳でもなく、よく考えるとかなりホラーな場面もあったり。
シュールさとシリアスが入り混じって、そのアンバランスな感じが何とも言えず良い味わいでした。

選択肢を誤ると即デス!です。
とは言え、デスエンドもなかなか楽しいものばかりなので、全部見ちゃうのがお薦め。
ラストは意外と救いが無く……ですが、その救いの無さの方向性が様々で面白かったです。
拍手する

脳リップ

2019年11月20日 20:00

都市伝説Navi【タイトル】 脳リップ
【制作】 都市伝説Navi 黒猫銀次様

脳リップ
【ジャンル】 ホラーノベル
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類?
【プレイ時間】 42分程度
【ツール】 ティラノスクリプト
【容量】 139MB (ダウンロード版)
【公開日】 2017年9月18日
【プレイver.】 2.00

――その怪物は、脳をくりぬき、舐める――
ある日の夜、鳴海海斗のスマホに届いた「知識の味」というタイトルの一通の迷惑メール。
いつもなら無視するはずのメールを、何故か……何故かその時だけは、開いてしまった。
たった、それだけの事なのに。
気が付くと海斗は、不思議な力で閉ざされた空間に飛ばされていた。
そこには、海斗の他に同じ境遇の6人の見知らぬ人物が。
そこで彼らに、身の毛もよだつような恐怖が襲い掛かる。
 (一部ふりーむ!作品ページ、ゲーム内より引用)


ツクールMV製で、基本はブラウザプレイ。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。

これは怖かったです。
ただメールを見ただけで奇妙な目に遭い、追われることになる理不尽さ。
そして追いかけてくる相手の気味悪さ。
視覚的には残酷な描写はないものの、生理的に嫌なシーンが多く、
文章と効果音で不快な想像が煽られてゾッとしました。
そして、登場人物にも良い人が多かっただけに……余計に辛いです。

そしてこのゲーム、単に読み進めるノベルというだけでなく、「選択肢を切り貼りできる」という
特徴的なシステムが採用されています。
選択肢が表示されると、その場で必要ないと思う選択肢をキープして、後で使えるというもの。
冒頭でチュートリアルがあるのでさほど戸惑うことはないと思います。

選択を失敗すると即ゲームオーバーなので、その点でもあまり迷う事なく進めました。
ただこれ、選択肢の保存状況によっては詰まることがあるそうです。
私は最後まで行けましたが、選択肢直前ではセーブしておいた方が良いかと思います。
もうひとつ、選択肢を全て空白にして進めると、何も選べずに詰みますのでご注意を。
普通はやらないでしょうが、私は興味本位でやっちゃいました。一度はやっちゃうよね。

ちょっと独特なシステムが目立ちますが、ホラーノベルとしても良い作品だと思います。
最後まで緊張と恐怖を感じられました。
ただ、本当に夢の中に出てきそうなインパクトがあるので……あまり思い出したくはないですね。
眠る前に読もうとしている方は、どうぞご自愛下さい。
拍手する

囚われのヘンゼル

2019年11月11日 20:00

きゃべTクリエイション【タイトル】 囚われのヘンゼル
【制作】 きゃべTクリエイション きゃべT様

囚われのヘンゼル
【ジャンル】 探索ADV
【対象】 6歳以上(小学生~)推奨
【ED数】 6種類
【プレイ時間】 1周7分(トータル23分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 170MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年7月19日
【プレイver.】 1.00

ある日、家族と離れ離れになったグレーテル。
グレーテルがいないことに気づきヘンゼルが迎えに来てくれたが、そこから事態は更に一変した。
(ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


ふりーむ!でブラウザ版、ノベルゲームコレクションではブラウザ・ダウンロード版がプレイ可能。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

ヘンゼルとグレーテルをモチーフにした短編ノベルアドベンチャー。
ストーリーに共通点はあるものの、オリジナル部分が濃厚です。

冒頭で2人は森の中で熊に襲われて、森の奥へと逃げる事に。
大ピンチなシーンなのですが、熊が可愛すぎて何というか……和んでしまいそう。
ヘンゼルもグレーテルも、すごく可愛い絵柄です。
ただ、ストーリーは全般を通してシリアスでした。

熊に追われたヘンゼルを追うと、彼は魔女に囚われていました。
お兄ちゃんを救い、魔女の目を盗んで逃げだすのが目的となります。

探索はさほど調べる箇所が多くなく、難しくありません。
ただ、見つけ辛くて最初は気付かなかったところもありました。

ED1~3まではさっくりクリアできたものの、その後がなかなか進展せず、ヒントを拝見しました。
EDヒントはタイトル画面の右下にあり、最初から見ることも可能です。ありがたや。

選択次第では彼らを悲惨な運命に導いてしまうので、何だか申し訳なく……辛かったです。
ただ、頑張れば2人が幸福になる結末もきちんと用意されています。
これは最高のエンディングでした。
ED5は完全なるハッピーエンドではないものの、この終わり方も好き。
そして、ED4は心に突き刺さり、最も印象的でした。

ちなみに、ある選択肢で正解以外を選ぶとED2なのですが、
同じED2でも選ぶものによってエンディングタイトルが異なります。
ヘンゼルの反応も違うので、つい全部試しちゃいました。
バッドエンドなのに、ごめんよヘンゼル……。

お馴染みの童話なのに、途中から全然展開の予想がつかず面白かったです。
拍手する


最新記事