スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

どうぶつ達の森

2015年01月18日 19:51

Poruがゲームを作る場所【タイトル】 どうぶつ達の森
【制作】 Poruがゲームを作る場所 Poru様、Fran様

どうぶつ達の森
【ジャンル】 ほのぼのホラー風探索ゲーム
【対象】 12歳(中学生)以上推奨
【ED数】 4種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 2時間半~3時間10分程度
【ツール】 RPGツクールXP
【容量】 5.89MB
【公開日】 2013年5月24日

森を歩く私
コワイユメヲミルゾ
嬉しそうにカラスが語る
家に帰って私は夢を見る
鳥が私をついばむ 虫達が身体を這い回る 狼が息を鳴らして私に迫る
目覚めた私は父と母に夢の事を話す
二人は笑うだけ
私は怖いの
私は森へ行く(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールXPのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

タイトルから天堂の某ゲームを連想しちゃったのですが、何の関係もありませんでした。
ゲーム内容をシンプルに表すとこれ以上のものはない、と思える直球のタイトルですね。

それにしても、ほのぼのホラー風とは如何に!?と思いつつプレイ。
うむ、確かにほのぼのホラー風ですねえ。
そこまで怖くないけど、ホラーと言えるだけの雰囲気あるゲームです。
ほのぼのを期待してプレイした方の期待を打ち砕くタイトル画面の不気味さと、
そこで流れるミステリアスな音楽がとても好きでした。
状況を考えると怖いはずなんですけど、主人公の少女が気丈というか冷静ですし、
どうぶつとの会話もユーモア(時々毒舌)が効いててくすりと笑えました。
ある種の残酷さはあるものの、脅かし系や追われ系が苦手な方でも楽しめると思います。

それにしても、生贄に選ばれた少女を食べちゃうというどうぶつ達よりも、
自らの死を回避するためとはいえ、今まで親しげに会話していたどうぶつ達を
ごめんね、と言いつつ冷静に着実に処理していく少女にある種の恐怖を感じました。
やってる事結構えげつないんですけど、躊躇いないんですよこの子。
一番怖いのは人間です、ね。

基本的にMAPを覚えるのが得意でないので、似た地形の森をぐるぐる回って
若干迷ったりもしましたが、何とかクリアできました。
1周目で2時間半程度かかりましたが、森で迷わなければもう少し短時間でいけるかも。
まずは一番最悪と思えるEND1を順調に?回収。
2周目からは半分戻ったところからのスタートになったので辛いなと思っていたのですが、
やり方が分かっていると初回の半分以下の時間でスムーズに進めました。
そして後半の山場ではセーブができないイベント部分があるのですが、そこも慣れちゃえば
楽に突破できたので、周回プレイも苦になりませんでした。
事前に想像したよりストレスなく全エンディング回収する事ができました。

最初はただ不気味な森を抜け出すゲームという感覚でしたが、進めていくにつれ
この森にも悲しい背景が隠されている事が明らかになっていきます。
前述のように「この少女怖えぇ」と思っていたのも、END4まで頑張ると結果的には
オーライだったので、プレイ後の後味も悪くありません。
拍手する

UTOPIA 幻想ホラーアドベンチャー

2015年01月17日 23:16

Lab.【タイトル】 UTOPIA 幻想ホラーアドベンチャー
【制作】 Lab. 晋太郎様

UTOPIA 幻想ホラーアドベンチャー
【ジャンル】 謎解き探索アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1時間~程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 228MB
【公開日】 2014年6月13日

突然のめまいで、病院に搬送され一晩入院することになった、あかね。
向かった病室の隣のベッドには、小さな女の子が、人形のように眠っていた。
「ごめんなさいね、他に空きがなくて。……この子、もうずっと眠ったままなの」
夜。隣のベットでまどろむあかね。
ふと誰かに体をゆすぶられ、目を開けると、そこにはずっと眠っていたはずの女の子が、
小さな体をのばし、不思議そうにあかねを見ていた。
そこは、少女が見ている夢の中だった。
少女の記憶の奥底にある、「おかあさん」に会いに行くために、
あかねはまるで海の中にいるような、不思議な病院の中をさまよっていく……
(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

幻想ホラーというだけあって、非常に幻想的な舞台を探索していくアドベンチャー。
ホラー要素は皆無とは言いませんが、脅かし要素は特にありませんでした。
ホラー苦手な方でも楽しめると思われます。

ゲームのスクリーンショットを見て、あまりの雰囲気の良さにひと目ぼれしてプレイしました。
深い海を思わせる藍色の病院がとてもとても綺麗です。
無機質な病院と、有機物に溢れた海との組み合わせが、不思議と調和して心地良い。

ストーリーは、あかねの協力により昏睡状態の少女・ゆいが記憶を取り戻していくというもの。
ストーリー自体に意外性や、物凄い盛り上がりというのは無かったのですが、
場面の演出や、何度も繰り返しますが舞台の美しさが際立って印象的な作品でした。
ゲームファイルの容量がかなり大きいのも、この美しさの為と思えば止むを得ないと思えちゃう。
1時間程度でクリアできるので、このタイプのゲームにしては短めかなと。
もう少しこの世界を堪能したかった気もしますが、探索の舞台としては広すぎずお手頃で、
無駄にウロウロして時間を費やす事がないのは良かったです。

後半、若干のアクション要素もあります。
これが最初は難しくて何度も何度もやり直しました。
一時は「これクリアできないんじゃ?」と諦めかけたりも。
でも実はこれ、コツを掴んだら全然難しくなかったという……。
焦って適当に、強引にやるとダメですね。冷静に状況を見てやると良いです。

エンディングはGOOD、MOMAL、BADの3種類の模様。
最初はNOMALでクリア。次にGOODまでクリアしました。
BADは調べたところ最初からやり直さないと見られなかったので、
プレイしかけたものの途中で止まってます。
GOODを見て感動した後に、BAD見る為にやり直すのはちょっと辛い。
こちらの作品、セーブポイントが固定な上、それぞれ1回しかセーブできないのです。
ですので、「ここの選択は怪しい」と思っても直前でセーブができないのですよね。
更にセーブファイルが4つしかないので、数もあまり残しておけないのが大変です。
拍手する

The Crooked Man

2015年01月05日 17:55

Horror Game【タイトル】 The Crooked Man
【制作】 Horror Game うり様

The Crooked Man
【ジャンル】 探索ホラーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 5時間12分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 112MB
【公開日】 2013年1月4日

恋人と別れ傷心のデヴィッドは、友人の勧めで気分転換に引っ越しをした。
ボロで住み心地が良いとは言えないが、家具付きで家賃も安い、手頃なアパートだ。
しかし、新居では夜毎に不可解な現象が起こり始める。
引き出しの隅等から前の住人の走り書きのメモ等の痕跡を発見したデヴィッドは、
前の住人に会えばこの気味の悪い現象の答えが分かるかもしれないと考え、
彼の足取りを追って探しに行くだのが――


MANシリーズの一作目。前にご紹介した"The Sand Man"より前の話になります。
ストーリー自体は別ですが世界が共通しているので、2作ともやりたいけれど
どちらを先にやろうか迷った方には、まずこちらからプレイするのをお薦めします。

まず、制作サイトさんの作品ページに「あまり怖くありません」と「突然の脅かしや
残酷描写を多分に含んでいます」と両方の表記があったので、どっちやねん!!と
ビクビクしながらプレイしました。
いや、普通に怖かったです。
でも、心配した程脅かし要素も多くなくて私でも耐えられる範囲だったので、
ホラー大好きな方だと物足りない程度なのかも。

正直、恐怖感よりも、アクション要素(戦闘)があるのが私にはきつかったです。
苦労して倒してもどこまでも追いかけてくる奴……。そしてどんどん強くなる。
何度もやり直して頑張りました。その分、突破できた喜びもひとしおでした。

謎解き要素もありますが、難易度はそれ程高くないと思います。
謎解きの誘導も親切で、例えばパスワードで開くボックスや扉が多数ある場所では、
ヒントを見てフラグを立てないと、パス入力のダイヤルが表示されないようになっています。
ですので、「今見たヒントがどの箱に当てはまるか」がとても分かり易い。
ただし、鍵については自動で使ってくれるものと自分で使うものが存在します。
そこを意識しておかないと、ある場面で迷う……かもしれません。

探索の舞台はいくつかあって、トータルで5時間以上かかる長編です。
しかし、ひとつひとつの舞台に違った緊迫感があって、時間を感じさせない面白さでした。
終わってみると、クリアできて良かったと思える、とても心に残るストーリーでした。
GOOD ENDは主人公デヴィッドの心の成長物語となっており、
恐怖を乗り越えてクリアできた嬉しさと共に、とても清々しいカタルシスを得られます。
デヴィッドの心情には共感する部分が多々あったので、尚更でした。

エンディング5種類と書いていますが、GOOD ENDは1つで、残りはBADです。
時折挟まれる選択肢次第なので、分岐地点は分かり易いです。
恐らくBADは4つで全部のはずなのですが、見逃していたらすみません。
拍手する

白黒~モノクロ~の記憶

2014年12月27日 18:11

白黒~モノクロ~の記憶【タイトル】 白黒~モノクロ~の記憶
【制作】 サラ様

NO IMAGE
【ジャンル】 探索型ホラーアドベンチャー
【対象】 12歳(中学生)以上推奨
【ED数】 2種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1時間10分~2時間40分程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 126MB
【公開日】 2013年3月25日

とある村で平和な生活を送っていた少女、ミア。
しかし、彼女は幼い頃の記憶を一部失っていた。
あることがきっかけで幼い頃の記憶を垣間見たミアは、
やがて決して踏み入れてはいけない『北の館』へと誘われ――……。
(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

ツクール製の探索ゲームで謎解き要素ありですが、ストーリーメインの作品です。
単に謎解きだけを楽しみたい方より、良質なストーリーを読みたい方にお薦めしたい作品。
ファンタジックで恋愛要素(一般寄り)があるので、どちらかと言うと女性に好まれそうです。

グラフィックは恐らくツクール用素材で、子供と言われている人物の顔グラが
子供に見えなかったりという違和感は若干はありました。
ただ、謎めいた悪役や、徐々に明かされるミアの過去、そして途中で登場する
謎のイケメンは敵か味方なのか!?というように、すごく引き込まれる展開が魅力です。
実はホラー要素あるのですが、苦手な方でもプレイできる程度かと。
追われ要素は逃げ切るの楽勝でした。ただ、時々思い出したように脅かそうとしてくるので
「うわぁそうだ、一応(失礼)ホラーだった!」と何度か思いました。

エンディングは2種類。
ノーマル、トゥルーの順番で見ました。
作者さんのお薦め順も上記です。トゥルーの分岐は……運が良ければ最初にこちらに
辿り着いたかもしれないとですが、普通にプレイすればノーマルになる可能性が高そう。
ノーマルは悲劇かもしれませんが、非常に余韻を残すこれはこれで好きな終わり方でした。

あまり前評判を見ずにプレイしたけど、とても面白いストーリーに巡り合えて幸運でした。
作品は今のところシリーズ4作あるようで、どれも面白そう。今からプレイが楽しみです。
拍手する

Merry

2014年12月20日 21:07

DeepWhite【タイトル】 Merry
【制作】 DeepWhite 白川琉様、深海凜様

Merry
【ジャンル】 短編脱出アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 55分程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 65.8MB
【公開日】 2013年12月25日

クリスマス当日、一緒に過ごす恋人もなくバイトを終えた主人公・大和。
帰り道、ゴミ捨て場で小さな人形を見つける。
人形を持ち帰ろうとした大和だったが気がついたら全く知らない建物の中にいた。
出口を探して大和は探索を開始するのだった。 (ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

作者さんのサイトはなく、Twitterのみの模様。
作品タイトルからふりーむ!の作品ページへリンク張らせて頂いています。

見知らぬ建物から脱出する短編の脱出アドベンチャー。
クリスマスの日という設定ですが、ストーリー的にはあまりクリスマスっぽくはなかったです。
シーズン外にプレイしても季節外れな違和感はないと思われます。

メインは謎解き脱出ですが、多少の脅かし・追われ要素あり。
プレイ時はホラー系だと思っていなかったので、途中でビクッとしました。
しかし、そういう事が起こるかもと分かって臨めば冷静に対処できる怖さです。

謎解きは比較的スムーズに進めました。
難しかったという程ではなく、かと言ってさくさく進めたとまでは言えない程良い塩梅。
ひとつ終盤の謎解きで、これだ!と思ったら違っていて、え、こうじゃないの?と繰り返してると
何か成功した。みたいな箇所がありまして、そこの正しいやり方が未だによく分かりません。
まあ、解けたからよし!

エンディングは2種類らしいのですが、ちゃんとエンドロールが流れるエンディングは
トゥルーエンドしか見られていません。
もうひとつストーリーの分岐があったけど、そちらはゲームオーバー扱いだったんですよね。
これがバッドエンディングという事で良いのでしょうか。

そしてこちらの作者さん、よく似た名前のゲームをもうひとつ作成されています。
そちらの方がどうやら人気作らしくて面白そうなんですが、結構怖そうなんですよね。
すごく興味があってプレイしたいけど、怯えています。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。