スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

今宵は隣人と

2015年02月17日 21:59

ポンコツKNIGHT【タイトル】 今宵は隣人と
【制作】 ポンコツKNIGHT 織吾様

今宵は隣人と
【ジャンル】 乙女向けファンタジーADV
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周18分(トータル50分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 37.6MB
【公開日】 2015年2月8日
【プレイver.】 1.01

身寄りがなく貧乏な娘カロン。
自称「マジシャン」の彼女は、酒場で手品を披露して生計を立てていた。
ある日、カロンは隣人の大貴族が催す舞踏会に、仕事で赴くこととなる。
なんでも、この舞踏会で御曹司・エルネストの婚約者を決めるという噂だが・・。
「失敗するなら思い切りやってくれ。客を大笑いさせて、いい余興になるよ。」
何かにつけてカロンに嫌味を言いに来るエルネストに、一泡吹かせる決意をするカロンだった。
さて、舞台はパーティの夜。突然カロンの前に見知らぬ大男が現れる。
「お前のばーさんが魂のカタにお前をくれるっつーから、嫁にもらいにきてやった。」
――今宵、カロンに待ち受ける運命は如何に?(制作サイトより引用)


ちょっと素直じゃない主人公、嫌みばかりの美形な隣人、突然現れた悪魔。
濃いメンツの恋物語でした。

徐々に恋に落ちて行くストーリーではなく、最初からそれなりに関係と秘めた思いがあるので、
このどう見てもくっつきそうにない関係がどこをどうやってまとまるのか!?というのが見所です。
個人的にはお隣の貴族・エルネストが良かったです。
前半の嫌味っぷりと後半のギャップがツボでした。
大人のフェロモンたっぷりのベルフェも違った魅力で良かったですが、こちらのルートだとちょっと
エルネストが可哀相な気がしちゃいます。傍から見てる分には楽しそうなコンビですが(*´∀`*)

エンディング4つのうち3つはエルネストのエンディングとなっています。
その中でもエルネストベストエンドより、違うエンディングの展開が好きだったり。
そちらのルートでは危険から守ってくれるシーンがあり、そういうの大好きです。

おまけストーリーもそれぞれニヤニヤしてしまう展開で、最後まで楽しめました。
拍手する
スポンサーサイト

エヴァンズ夫人と不思議

2015年01月13日 19:22

ポンコツKNIGHT【タイトル】 エヴァンズ夫人と不思議
【制作】 ポンコツKNIGHT 織吾様

エヴァンズ夫人と不思議
【ジャンル】 女性向け西洋風ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 8種類
【スチル数】 11枚(+ラフスチル9枚)
【プレイ時間】 1周20分(トータル2時間)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 22.3MB
【公開日】 2011年12月9日

舞台は19世紀末のイギリス、霧の街ロンドン。
灰色の街の一角に、エヴァンズ夫妻は住んでいた。
妻(ジェーン)は10歳年上の上流貴族の夫、レスリーと結婚してまだ一年である。
庶民出のジェーンは、別世界の生活に慣れるため日々奮闘しており、
夫に釣り合う女性になりたいと思い悩む日々である。
しかしこれがいつも失敗ばかりで、我侭な夫とケンカが絶える日はなかった。
さて、今日はエヴァンズ夫妻の結婚記念日。
ジェーンは夫のために心づくしのお祝いを用意するが、出先から夫に酷く叱られてしまう。
我慢ならなくなって、ジェーンは家を飛び出し、霧深いロンドンの街を彷徨うが……?
(制作サイトより引用)


夫と口論になり街に飛び出したジェーン。
彼女の身に起こる不思議な出来事と、仲直りのストーリーです。

現実のロンドンを舞台にしている所がかえって珍しく感じます。
私の中でロンドンと言えば、霧と雨が立ちこめる灰色の重い街というイメージ。
舞台が良い具合に、雰囲気の重みを添えてくれています。
もしこの作品の舞台がファンタジーの創作世界だったとしたら、ファンタジーは
ある意味何でもアリなので不思議な現象が不思議ではなくなってしまうのですよね。
現実のロンドンが舞台だからこそ、不思議が不思議として映えています。

不可解な目に遭ってもちっとも危機感と自覚がないジェーンに多少苛々もしましたが、
いざという時に助けに来てくれるレスリーにときめきました。
序盤では、なぜジェーンがこんな不思議な目に遭うのか、そしてレスリーの方が
状況を認識して焦っているのか分からなかったのですが、ストーリーを進めるうちに
段々と分かってきて面白くなっていきました。
あまり多くは言えませんが、思った以上にレスリー卿は魅力的な方でした。
玉の輿という点を除いても、これはジェーンが羨ましい!
エンディングのスチルも素敵です。

夫婦喧嘩については、最初はどっちもどっちと思っていたけど、色々と分かってみると
やっぱりレスリーの分が悪いです。19世紀にツンデレは通用するのかレスリー卿。
彼は妻に真実を話す気はないようなので、これからも喧嘩は絶えないのかもしれません。
でも、誰よりも信頼し合って喧嘩と仲直りを繰り返していくんでしょうね。
もう少し時間が経てば、2人で共有し合える時が来るのかな。
そういう想像をするとニヤニヤが止まりません。
拍手する

サンタにお願いっ!

2014年12月17日 17:57

ポンコツKNIGHT【タイトル】 サンタにお願いっ!
【制作】 ポンコツKNIGHT 織吾様

サンタにお願いっ!
【ジャンル】 おねだり系女性向けADV
【対象】 15歳(高校生)以上推奨
【ED数】 5種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周12~20分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 11.6MB
【公開日】 2011年12月31日

クリスマスイヴの前日の夜は、サンタクロースが最も忙しい日。
サンタクロース補助のメアリーは、サンタクロースの「ボス」に付いて、
クリスマスの準備をします。毎年毎年、いつも同じように……
でも今年だけは、ちょっと勇気を出して、ボスに「お願い」してみたいんです!
(制作サイトより引用)


初っ端から、とても迫力のあるサンタ(ボス)に度肝を抜かれました。
舞台は北欧っぽいので恐らく天然ブロンドなんでしょうが、どうみてもヤンキーだ。
この人が家の中に入ってきたら、両手を挙げて「撃たないで!」って泣きます。多分。

そんなボスの補助をしている主人公のメアリーちゃん。
クリスマスにお願いを聞いてもらいたいらしいのですが、勇気がでない。
そこで、トナカイ達に悩みを相談してみよう!というストーリーです。
9頭のトナカイ達は、制作サイトさんのゲーム紹介ページを見てもらえると分かるように
3等身ですご可愛らしい、愛すべきキャラクターでして。
性格もそれぞれ個性的。話しかける度に「どんな子かなー」と楽しみでした。

最初にプレイした時は3匹に話したところで終了したので、3回のうちどの子に話しかけるかで
エンディングが変わると思っていたら、ちょっと違っていました。
紹介ページに書いてある「正しい順番で」というのがポイントです。
趣旨を把握さえすれば、セーブとロードを上手く使ってさっくりコンプリートできるかと。

メアリーの「お願い」はそれぞれのエンディングによって内容が変わってきます。
ベストエンドと思われるルートでは、お願いの内容が予想外すぎΣ('□'*)
天然かそれとも小悪魔かというメアリーのあまりの大胆さに、再び度肝を抜かれるという。
ボスの動揺っぷりにニヤニヤし、展開のデンジャラスさにドキドキさせられました。

エンディングの中では、やはり2人が幸せそうな上記のEND1がいちばん好き。
その他のエンディングもそれぞれ面白かったですが、如何せんEND1のインパクトが強すぎた。
私はEND5→1→2→3→4の順でクリアしたので、後から考えるとEND1は最後に
残しておけば良かったなぁと思います。

ただ、END5の方がお互いのためには良いんじゃない?と冷静に考える自分が居たりもします。
義家族なのに、とか年の離れた2人というのがあまり好みじゃないせいもあるかもです。
そういう設定の恋愛が得意でなくても、単に仲良し家族のコメディとして楽しめるルートもあって、
多彩な展開を楽しめるところが良い作品でした。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。