考古探偵満田~紅蓮の来訪者

2019年06月09日 23:00

考古探偵満田~紅蓮の来訪者 ノベルゲームコレクションのページ【タイトル】 考古探偵満田~紅蓮の来訪者
【制作】 ばたお様(Webサイトなし)

考古探偵満田~紅蓮の来訪者
【ジャンル】 ミステリーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 33分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 140MB(ダウンロード版)
【公開日】 2017年8月31日
【プレイver.】 1.00

あるホテルの一室にて深夜、殺人事件が発生。
警察は捜査を続けるも、犯人の痕跡から手がかりになるものはなにもなく、困惑していた。 
警察は考古学研究家であり、探偵である満田に、捜査を依頼。
自身が開発したタイムマシンを使い、事件を解いていきます。
(ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


ティラノビルダー製のノベルアドベンチャーです。
ノベルゲームコレクションでブラウザ版・ダウンロード版がプレイ可能。

タイムマシンを駆使して殺人事件を捜査するという、なかなか突き抜けた設定のミステリーノベルです。

主人公の満田時は、日本では知らぬものがいない程に有名な名探偵という設定です。
しかし、タイムマシンを作る時点で名探偵よりすごいのでは。
天才設定ながら、キャラクターはあまり奇矯なところがなく馴染みやすい人物として描かれていました。

タイムマシンがあれば殺人事件とか一発解決……というか、未然に防げてしまうのでは?と
深く考えるとタイムパラドックスに陥りそうですが、そこまで複雑さを出さず上手くまとめています。
推理は、選択肢を間違えると選びなおしになるので実質一本道。
後半の犯人との対決では選択肢を選ぶのに時間制限があり、緊迫感を煽られます。
これは間違えると即終わりますが、やはりすぐにやり直しができるので親切設計ですね。
途中迷ったところもあったものの、選択肢さえ当てれば満田探偵が推理を披露してくれるので、
なるほど!という感じでした。

逆転裁判を彷彿とさせる指差しポーズも印象的でした。
30分程度でさっくり遊べますし、推理が苦手でも詰まることはなさそうなのでプレイし易いと思います。
拍手する

取調室

2019年05月15日 22:24

バニラ最中のゲーム置き場【タイトル】 取調室
【制作】 バニラ最中のゲーム置き場 バニラ最中様

取調室
【ジャンル】 短編推理アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 37分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 105MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年4月15日
【プレイver.】 1.00

嵐の夜、山奥の廃工場で奇妙な殺人事件が起きた。
バールで頭を殴られて殺された、2億円の窃盗犯。
現場には、何故か盗まれた現金が燃やされ、灰になっていた。
犯人はどうして金を燃やしたのか? 殺人の動機は?
事件の担当刑事、古谷警部は真相を暴くため、
5人の関係者を尋問することになる。
彼らは参考人であると同時に、殺人の容疑者でもあった…… (制作サイトより引用)


ティラノビルダー製で、ブラウザ・ダウンロード版あります。
ふりーむ!ではブラウザ版のみ公開されています。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

ある殺人事件の真相を推理する、ノベル形式の推理アドベンチャーです。
主人公は刑事。
ゲームタイトル通り「取調室」で容疑者を尋問していきます。

人物はシルエットで表示されるという、昔ながらのサウンドノベルを彷彿とさせるシンプルな構成です。
しかし、冒頭の事件のシーンやいかにも怪しげな容疑者たちと、ワクワクする要素がいっぱい。
奇抜な設定などもなく、好感の持てる正統派の推理ゲームでした。

推理は選択式で、きちんと話を聞いていれば、何となく犯人と動機は見えてくる感じ。
推理ものに慣れた方ならストレートでクリアできそうです。
万が一推理を失敗しても、5回までは許されますので、クリアは難しくないと思います。
推理ゲームやってみたいけど難しそう、という方にも馴染みやすそうでお薦め。

それにしても、途中で明かされる犯人の行動にはビックリですよ。
何てことするんだぁぁぁ!!と内心歯噛みしつつ読んでました。フィクションなのにね。

短時間で推理ものの楽しさを味わえて良かったです。
拍手する

1000文字探偵

2019年05月14日 20:00

しのさんの散歩道R【タイトル】 1000文字探偵
【制作】 しのさんの散歩道R しの様

1000文字探偵
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周1分(トータル6分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 112MB(ダウンロード版)
【公開日】 2016年12月24日
【プレイver.】 2.01

絶海の孤島に佇む洋館で殺人事件が起こった。
現場は密室だ。
事件は迷宮入りするかのように思われた。

「その事件、1000文字で解決して見せよう」 (作品中より引用)


ふりーむ!の千文字喫茶参加中作品。

ミステリー作品かと思いきや、プレイしてみてずっこけました。
千文字喫茶って、短い文字数の制限で上手くまとめてて凄いなぁって企画じゃナカッタノ?
まさか、まさかこういう手法で攻めてくるとは。
しょーもなさすぎて、めっちゃ笑いました。


※以下、ヒントになり得る文章が書かれています。


ただ、この作品ただのギャグだと侮ってはいけません。
一応推理もの……と言えるんじゃないかと。
どこがと言うと、どこがミステリーなのか探るところかな。
これを書いていいか迷ったんですが、ただのギャグ作品だと思って終わるのは勿体ないと思うのですよ。

私もふりーむ!のレビューを読んでそれに気づいたクチです。
レビューが色々とヒントになっているので、読む際はご注意を。
拍手する

オカルト研究ラボ~幽霊は暗闇に立つ~

2019年05月03日 20:12

オカルト研究ラボ~幽霊は暗闇に立つ~ ふりーむ!のページ【タイトル】 オカルト研究ラボ~幽霊は暗闇に立つ~
【制作】 時計チクタク様(twitter

オカルト研究ラボ~幽霊は暗闇に立つ~
【ジャンル】 短編ホラーミステリーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周12分(トータル14分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 162MB (ダウンロード版)
【公開日】 2018年12月24日
【プレイver.】 1.02

廃校舎の一教室。
鼠家灰音はそこを「オカルト研究ラボ」と呼び、今日もそこにいる。
生水瑠璃男は灰音にトンネルに現れた幽霊の調査の依頼を持ってきて……。 (read meより引用)


ツクールMV製で、基本はブラウザプレイ。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。

登場人物がとにかく個性的――を通り越してぶっ飛んでいるので、
ゆるふわコメディなB級ホラーかな、と思いつつプレイさせて頂きました。
が、しかし!
オカルト研究ラボと謳っておきながら、そもそもオカルトに対して否定的だという。
ストーリーは、ホラーとミステリーが調和していてどちらも楽しめます。面白いです。
登場人物が勝手に喋ってくれるで推理要素はないものの、真相には衝撃を受けます。
思いもしなかったブラックな展開で、驚きと戦慄を感じました。
これ……下手なホラーより余程恐ろしく思えます。

同じストーリーでも、登場人物がごく普通の高校生だったらこれ程のインパクトはなかったのかも。
ふざけた(失礼)キャラクターだからこそ、余計に衝撃が大きく際立っていました。
コメディ要素もあるんですが、ブラックすぎて笑えない……(((゜Д゜)))
ちょっと見た目がアレなので敬遠する方もいるかもしれませんが、良作だと思います。
個人的に好きです、これ。

エンディングは3種類。
選択肢ではなく、行動によって変化します。
エンディング名はありませんが、トゥルー、ノーマル、バッド的なもの。
私は運よくトゥルーを最初に見ることができました。
そこに辿り着くと他のエンディングはどうすれば見られるか見当がつくかと。

短編なのに、このインパクトと独特のオーラはすごいです。
ミステリーもしくはサスペンス好きな方は楽しめると思います。きっと。
拍手する

untruth -アントゥルース-

2019年04月24日 21:06

untruth -アントゥルース- ふりーむ!のページ【タイトル】 untruth -アントゥルース-
【制作】 Zh様(twitter

untruth -アントゥルース-
【ジャンル】 ホラーノベルゲーム
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 7種類
【プレイ時間】 1周25分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 133MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年3月27日
【プレイver.】 1.00

主人公は酷い雨の日、洋館で雨宿りをすることにした。
そこで主人公は「家族」になった。
そこでは2つ守らなくてはいけないことがある。
ひとつ、「夜、9時以降は部屋から出てはいけない」。
ふたつ、「二階の奥の部屋は入ってはいけない」。 (作品ページより引用)


ティラノビルダー製のノベルアドベンチャーです。
ふりーむ!でブラウザ版のみ、ノベルゲームコレクションでブラウザ版・ダウンロード版がプレイ可能。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

※2019年6月のver.1.01へのアップデートで、3~6時間程度の長編になったようです。
 この記事はアップデート前の作品についてのものです。


雨の中、辿り着いた洋館での出来事。
ホラーゲームのように無人の館という訳ではなく、優しい女性と執事が迎えてくれます。
ただこの館、何か奇妙で、どこかおかしい。
しっとりした優しい雰囲気の中に、何か良くないものが潜んでいる……そんな不穏さがあるのです。
この館は何で、どうなっていくんだろう?と物語に惹き込まれました。

その館で主人公は宿泊することになりますが、夜9時以降決して部屋から出ないよう言われます。
更に、お約束の「決して入ってはいけない」と言われた部屋があるのでした。
了解、夜に部屋から出てそこを目指すんだね!と張り切る私。

探索シーンは館内を隈なく探索するという訳でもないので、するりと目的地まで進んで行きます。
そこで待ち受けていたものは、想像していたのと違うものでした。
ある意味、怖いと言えば怖い。でも悲しい。寂しいと言ってもいいのかもしれません。
心にぐさり、というよりはちくりと棘が刺さったような痛みを覚えました。

グラフィックや雰囲気はホラーと言えるですが、過度な脅かし表現や残酷な描写もないので、
ホラーが苦手な方も読んでみて欲しいと思います。

エンディングは7種類。
作品紹介によると、バッドエンド4つ、ノーマルエンド2つ、トゥルーエンドがあるそうです。
私は、NOMAL1→TRUE→BAD3→BAD2→BAD1 までクリアしました。
全部選択肢は試したつもりですし周回プレイもしているのですが、残り2つにどうしても辿り着けません。
TRUEが見られたので良いのですが、それぞれ違った趣があるので全部見てみたいですね。
時間のあるあときにちょっとずつチャレンジしてみるつもりです。
拍手する


最新記事