スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

勇者ラルフの冒険殺人事件

2009年12月29日 19:28

うみどりや【タイトル】 勇者ラルフの冒険殺人事件
【制作】 うみどりや うみどり様

勇者ラルフの冒険殺人事件
【ジャンル】 推理アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 - (全3話)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1、2話15~20分、3話30分程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 1.01MB
【公開日】 2009年5月16日

王様より魔王討伐の勅命を受けた帰り道。
勇者ラルフは、道端で倒れている男を発見する。
慌てて駆け寄ると男は既に死亡しており、傍にはモンスターのゴブリンが佇んでいた。
お前が殺したんだな!とラルフはゴブリンを問い詰めるが、ゴブリンは必死で否定する。
「ち、ちがう、殺したのはオイラじゃない!オイラが来た時にはもう死んでいたんだ!」
そのどこかで聞いたような言い訳は信じてもらえず、ラルフと集まって来た野次馬たちは
ゴブリンを成敗しようと取り囲んだ。
と、そこに颯爽と現れた1人の人物。彼は探偵オスカーと名乗り、一同に言い放つ。
「そのゴブリン君は犯人じゃない。被害者を殺害した人物は他にいる!」


ランタイムパーティー!!

【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

ランタイムパーティー!!(RPGツクールシリーズのRTP、もしくはツールに付属の
基本データだけでゲームを制作する、という趣旨で開催された大会)に応募された作品で、
そちらからもDL可能です(エントリーNo.25)。

RPGの世界を舞台にした推理アドベンチャーゲーム。
なので普通のミステリーとちょっと違い、RPGならではのお約束がトリックに絡んできちゃいます。
そこが新鮮で面白かった。read meにも洒落が効いていて作者さんのユーモアを感じました。
RPGはあまりやらないな~という方も、かなり丁寧なヒントがあるので心配ないと思います。
丁寧と言っても文章のテンポが良くスムーズなので、まどろっこしく感じることはありませんでした。
ツクールVXの仕様なのか、文字がすっきりしていて読みやすいのも良かったです。

キャラクターは個性的だけどきちんと人間味があり、好感が持てます。
彼らのやりとりが微笑ましく(後半例外もありましたが)、見ていて楽しかった。
推理は、間違えると減点されていく場面もあり、一定数間違えるとゲームオーバーになります。
ですが、前述のようにヒントが丁寧なので、行き詰ることはまずない……はず。
プレイしてのお楽しみということで詳細は書きませんが、普通の殺人事件ほど緊迫感がないのもあり、
考えて悩む楽しさよりは、ストーリーを見る楽しさのほうが上回っていました。

全3話構成ですが、キャラクターたちとのお別れが名残惜しかったです。
もっとたくさんプレイしたかったー。
最後のエンドロールでの触りも、面白そうで興味津々。
ラストはTo be continued...?で終わってますが、?じゃなくてぜひ続いてほしいと思わされました。
拍手する
スポンサーサイト

ジンロウコウル

2009年12月10日 19:22

魚心あれば下心 【タイトル】 ジンロウコウル
【制作】 魚心あれば下心 夜光様

ジンロウコウル
【ジャンル】 探索アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 7種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周20分程度
【ツール】 RPGツクール2003
【容量】 1.37MB
【公開日】 2009年6月

ランタイムパーティー!! バナー

【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2003のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

ランタイムパーティー!!(RPGツクールシリーズのRTP、もしくはツールに付属の
基本データだけでゲームを制作する、という趣旨で開催された大会)に応募された作品で、
そちらからもDL可能です(エントリーNo.44)。

カードゲーム「汝は人狼なりや?」のオマージュで作られたとのこと。
最初の犠牲者が出たときの台詞や会話ポイントなどのシステムは、カードゲームを元にした
Web上で遊べる人狼BBSを連想させました。

雰囲気や舞台設定は人狼ゲームなんですが、ゲーム性はかなり違います。
誘導系と言いますか、誰とどれだけ話したかによってエンディングが変わるタイプの作品でした。
元ネタのゲームが好きな方はニヤニヤしつつ楽しめるでしょうし、知らなくても問題なさそうです。

何か、理不尽に突然処刑される恐怖が実感を伴って迫ってきて怖かったです。
Web上の人狼ゲームやっているときは、処刑は観客席への退場という扱いになるので
悔しいときはあっても恐怖感はないんですよね。
でも、実際こんな出来事あったら怖すぎるよなぁとしみじみ思いました。

敢えて気になった点を挙げると、話すべき人数の少なさに反して、MAPが広すぎかなということ。
あと、疑心暗鬼に陥るシチュエーションが面白かっただけに、狂った人間の台詞が
あsfgkl@みたいに意味不明の文字を並べて表現されていた点は、少し残念だなと感じました。
ネット上によくある使いやすい表現なので気持ちは分かるんですが、安易にこういう手法に頼ると
場合によっては興醒めしてしまうのではないかという気がします。

大抵ツクール作品ではエンディングリストはありませんが、この作品はそこを上手く工夫されていて、
どのエンディングをクリアしたかが一目で分かるのはありがたかったです。
一度エンディングを迎えるとヒントが貰えたりするのも、なかなか親切設計でした。
どうしても分からなければ、制作サイトさんに攻略がありますので安心。
拍手する

The marks

2009年08月07日 19:22

ヤルハラ【タイトル】 The marks
【制作】 ヤルハラ 丼様

The marks
【ジャンル】 ビジュアルノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 -
【プレイ時間】 3分
【ツール】 RPGツクール2000
【容量】 1.07MB
【公開日】 2009年6月?

ランタイムパーティー!!

ランタイムパーティー!!作品一覧からダウンロードできます(No.69)■

RPGツクールシリーズのRTP、もしくはツールに付属の基本データだけでゲームを制作する、
という趣旨で開催された大会・ランタイムパーティー!!に応募された作品です。

ゲームというよりビジュアルノベルなんですが、何かすごいです。
RPGツクールの海だとか壁等の素材を組み合わせて動きが描かれていて、
静止画を見ると何の絵なのかさっぱり分からないんですが、
連続させるとちゃんと色々なものに見えてくるのです。

ただ、動きや色遣いが派手な部分が多いので、見ていると目が痛くなります。
目が疲れているときのプレイはお勧めしません。
そう言う点から、短時間で読めてしまうのはありがたかったです。

ゲームというのとは少し違う気もしますが、ツクールでこういうものも作れるんだ、
という新しい境地みたいなものを感じられて面白かったです。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。