巡るランドリー

2020年11月02日 20:00

ペンションおしぼり【タイトル】 巡るランドリー
【制作】 凡多工房

巡るランドリー
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 13種類
【プレイ時間】 1周8分(トータル54分)程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 85.9MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年5月3日
【プレイver.】 ?

夕暮れのコインランドリー、子供たちの噂、怪しい大人たち、ちょっとだけ怖い出来事
(ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


ティラノゲームフェス2018 にて、佳作に入賞された作品です。

以前プレイさせて頂いた「繋ギ工芸館」が非情に独特なカラーで面白かったので、
こちらもきっと新鮮な驚きが待っているに違いない!と期待してプレイさせて頂きました。

私、実はコインランドリーを一度も利用したことがなく、実際の現場をよく知りません。
ただ、あくまで近代的で清潔な施設だろうし、果たしてホラーの舞台になり得るのかなぁと疑問でした。

いやぁ、滑稽であり、奇妙であり、そしてしっかり怖かったです。
ルートによってテイストが違うのですが、怖いルートはしっかり怖かった。
シュールでコミカルな雰囲気に気が緩みかけていただけに、急展開にゾッとしました。
ただ、繰り返しますがルートによって様々なテイストがあり、一口にホラーとかコメディとか言えないのです。

エンディングは13種類と豊富。
ちょっとした違いのものも1種類と数えるなら全部見られたかなぁと思うのですが、自信はありません。
エンディング名がダブっていたりはっきりしなかったりと奔放なので、分からなくなってしまったよ。

作品ページにもありますが、隠しルートもあります。
私、偶然隠しルートに入れるチャンスを得たのに、うっかりそれを手放してしまい、後悔しました。
真っ白に洗濯してしまったんだよー。・゚・(ノД`)・゚・。
そこからどうしても再現できず、ネットの海を彷徨ってヒントをゲット。
何とか見ることができました。

個人的には前作の方が好みでしたが、こちらも充分なインパクトと個性のある作品でした。
ちょっと不思議な世界を体験したい方、ぜひプレイしてみて下さい。
ただし、プレイ後に怖くてコインランドリーに行けなくなっても責任は持てませんので、あしからず。
拍手する

繋ギ工芸館

2019年12月16日 21:47

ペンションおしぼり【タイトル】 繋ギ工芸館
【制作】 凡多工房

繋ギ工芸館
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周1分(トータル5分)程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 78.2MB(ダウンロード版)
【公開日】 2017年7月29日
【プレイver.】 ?

京都の洋館で起こるサスペンスホラー  (ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


不思議なタイトルに惹かれてプレイさせて頂きました。

サスペンスホラーという紹介文から、てっきり真面目でミステリアスなストーリーかと思いきや。
冒頭の主人公の名前で「ん?変わってるな?」と首を傾げる私。
いや、でもそういう名前の人もいるかもなぁ。
と納得しかけた次のシーンで、突如予想外の行動を取る主人公に吹きました。
何だよ、シリアスなミステリーじゃないのかよ!
主人公と、彼が出会う相棒(?)が個性的すぎるのです。

でも、想像していたミステリアスな雰囲気とは違ったものの、どこか奇矯で奇妙な雰囲気が漂ってます。
突如としてギャグをかましてくるのに、単なるギャグとは違う「何か」が潜んでいそうで。
このアンバランスさに、どこかソワソワしてしまうのでした。

途中に選択肢があり、誤ったものを選ぶと即ゲームオーバーでした。
どちらを選ぶべきかは、何となく分かるんですよ。
でも、選んじゃいけない方を選んでしまいたくなるという恐ろしい吸引力がありまして、
いちいち引っ掛かってしまいました。

彼らが入った「繋ギ工芸館」も、ちょっと想像できないような奇妙な場所でした。
あまりに奇妙なので、もし登場人物が普通の人だったら、恐らく場所の滑稽さだけが浮いてしまったでしょう。
ですが、人物も状況に負けず劣らずオカシイので、何か馴染んで凄いことになってる。
シュールというか、あまりにも常識外すぎて頭が付いていけないぞ。

いやぁ、読了後の何とも言えないこの気分。
ああ、紹介文は間違っていなかった。
正直、「何じゃこりゃ?」と思う方もいるかもしれません。
私は、あまりに濃い作品の個性に、ただただ圧倒されて呆然としてしまいました。
5分程で読み終わるボリュームなのに、すごいもの見ちゃったなぁという感じです。
特に台詞のセンスが凄く良いなぁと。テンポ良くて、面白かったです。

こんな作品を思いつく作者さんの頭の中を覗いてみたいです。
拍手する


最新記事