九泉の屋敷

2018年12月16日 20:31

さかあがり様【タイトル】 九泉の屋敷
【制作】 さかあがり様 

九泉の屋敷
【ジャンル】 和風探索型アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 5種類
【プレイ時間】 1周30分(トータル1時間半)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 60.3MB
【公開日】 2018年8月31日
【プレイver.】 1.01

連続殺人事件が起こっている九泉山。
山中に市民が立入る事のないよう、登山口の警戒をさせられていた日向彦(ひなたひこ)は、
山の主を名乗る可惜夜(あたらよ)と出会う。
口論を重ねるうちに、二人は何者かによって屋敷の中へと誘い込まれてしまう。
果たして、彼らはここから脱出することが出来るのか。 (ふりーむ!作品ページより引用)


警官の日向彦と、愛嬌のある神様・可惜夜のコンビが協力し、連れ去られた屋敷から脱出するゲーム。
まず、冒頭で可惜夜の見た目の性別を選べます。
男女どちらとも可愛くて迷いましたが、男でプレイしてみました。
ストーリーに変わりはないものの、途中の台詞が若干違ったりするのかも。

舞台は、元々は可惜夜の住いである屋敷。
今は何者かに支配され、主である可惜夜も完全には自由が利かない様子です。
神様の屋敷……というととんでもなく広そうですが、意外とコンパクトで探索し易かったです。

探索中、時々2人が離れるのでその時に話しかけると会話ができるのに加え、
一緒のときでもCキーを押すと日向彦と可惜夜の会話を聞くことができます。
これ、意外と重要になってくるので、色々なシーンで試してみると良いでしょう。
私はゲームパッド操作なのでCキーに当たるボタンがなくて、うっかり会話していませんでした。
エンディングに影響してきますし、他の他愛ない2人の会話も面白いです。
可惜夜は神様ですが、方言を喋るので親しみを感じます。
性格も気さくで良いキャラクターでした。

一部ホラーっぽい演出はあるものの、脅かしや追いかけられ要素はないのでホラー苦手でも大丈夫そう。
後半には時間制限のイベントもありますが、普通にやれば余裕の難易度でした。
ストーリーの骨格については、道中の書籍を読むことで何となく分かってきます。
中には恐らくあまり一般的には有名とまで言えない文献もあり、作者さんの造形の深さが垣間見えました。
私は知らないものも多くて、引用されていたのがどんな物語なのか興味を惹かれます。

エンディングは、全部で5つに分岐します。
悲惨なエンドから爽やかなものまで、色々な結末で楽しめました。
エンディングによっては、日向彦についても色々と分かってきます。
能天気に思えた彼の、意外な一面に驚かされました。

ちなみに私は、END4→END2→END1→END5→END3 の順でクリアしました。
END4、2、1までは分岐点が分かり易くてさっくりクリアできたんですが、END5と3は少し難しかった。
攻略情報を見て挑んだのに、ポイントを外して何度かチャレンジするはめに。・゚・(ノД`)・゚・。
丁寧にひとつずつチェックして、ようやくコンプリートです。
ちなみにEND5がハッピーエンドなので、計画的にプレイするなら最後に見るのがお薦めかも。
私はEND3回収していないのに気づいていなくて、上記のような順番になりました。

END5をクリアすると、おまけ部屋で裏設定やキャラクター設定など見ることができます。
短時間で気軽にプレイできるのに、プレイ後の充実感は大きかったです。
細部まで丁寧に考えて作られた作品だなぁと感じました。
拍手する

冬蟲禍草

2018年11月26日 22:03

アメシコウ【タイトル】 冬蟲禍草
【制作】 アメシコウ

冬蟲禍草【ジャンル】 和風奇譚ADV
【対象】 15歳以上推奨
【ED数】 3種類
【スチル数】 13枚(差分 / ミニスチル数枚 など含まず)
【プレイ時間】 1周1時間17分(トータル2時間13分)程度
【ツール】 ティラノスクリプト
【容量】 230MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年11月11日
【プレイver.】 1.1

私たちは寄生される。

近代化を急ぐ都市から遠く離れた場所に、その村はある。
未だ前時代の色を濃く残し、緑溢れるその村を人々は―

山の神に呪われた村だと言った。

本来足で踏みしめる地べたに生えるはずの草花が、蔓が、苔が、
村人たちの体を苗床にこの世の春を謳歌する。
まるで山の一部となるように息絶えていく 禍草 と呼ばれるその呪いは、
等しくすべての村人たちの上に降りかかっていた。

たった一人をのぞいて。 (制作サイトより引用)


ふりーむ!からはダウンロード版のみ、ノベルゲームコレクションではブラウザ版もプレイ可能。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

こちらの作品は何年も前にゲーム紹介ページをお見かけしまして、
何て面白そうなストーリーなんだ!と心惹かれていた作品です。
一時更新が止まっていたので残念に思っていたのですが、こうしてプレイできる日が来るとは……っ!
もう、完成させて下さった作者さんに感謝です。

やや女性向け傾向ですが、乙女ゲーというよりは怪談・奇談に相当する伝奇ノベルかと。
奇病なのか呪いなのか。身体から植物が生えるという村人たちが暮らす、閉鎖的な村が舞台です。
植物とはいかずとも、現実の我々も悪性腫瘍のような病魔に蝕まれる運命は抱えている訳で。
身体の中に巣食う忌まわしいものに、怯え、怒り、否定し、そして諦念を抱く。
村人たちの感情は想像するに難くありません。

そんな中、人知を超えた存在として君臨する「あらひとがみ」。
人間離れした美しさ、表現する文章も素敵でしたが、語らずともイラストを見れば伝わってきます。
作品中で顔がきちんと描かれているのは主人公のアヤメ、幼馴染のナズナ、そして現人神の3人のみ。
中でも現人神は群を抜いて妖しく美しく、見惚れてしまうシーンが多かったです。

ストーリーは奇怪なだけではなく実に淫靡で、残酷、そして美しくもありました。
ただただ目を背けたくなるような残酷さというよりは、怖いのに、後ろめたいのに
つい覗いてしまいたくなるような引き付けられる何かがあります。
タイトルの元になっている冬虫夏草も、奇怪な現象に顔をしかめつつも生命の神秘に畏怖させらるものです。
それに似た感情のようでもあり、或いは単に怖いもの見たさや秘密を垣間見たい好奇心なのかも。

エンディングは、どれも「ハッピーエンド」と言えるものではないと思います。
もしこの作品がもう少し乙女ゲー寄りなら、また一味違った穏やかなエンドもあり得たのかもしれません。
ただ、伝奇ノベルとしてはこの終わり方で良かったと思えるものでした。

日本の昔話や怪談が持つ雰囲気を踏襲した作品だなぁと思います。
幼い頃はただただ怖くて震えていたそれが、大人になった今では澱となっていつまでも心に残っている。
そんな原風景をどこかに感じるのでした。
理詰めで考えるよりは、御伽噺がもたらす余韻を楽しむべしです。

エンディングは3種類。
私は自力コンプリートできましたが、やや手間取りました。
詰まった方は、作者さんのtwitterから攻略ページへのリンクがあります。
拍手する

四季神楽

2018年09月26日 21:10

WHGF【タイトル】 四季神楽
【制作】 WHGF WH様

四季神楽
【ジャンル】 和風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1時間50分程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 44.4MB
【公開日】 2016年12月23日
【プレイver.】 1.01

中学校生活を終えた春休み、友達との別れを寂しく思いながら川のほとりを歩いていた佐々木。
見事に咲き誇る桜を眺めていたとき、ふと誰かに呼ばれた気がして返事をすると、
世界が突然今いた場所とは違う景色に一転する。
あまりの出来事に混乱し、戸惑う佐々木。
そこへ現れた喋るカエルに喰われそうになったところを、謎の人物に助けられ……。


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

妖の世界へ迷い込んでしまった少年が、人間の世界へ帰る為に奮闘します。

WHさんの作品は、切ないストーリーや暗い結末のものも多いのですが、
この作品は主人公の性格も手伝って、明るい「陽」の雰囲気を感じました。
作者さんのコメントで、この作品はキャラクターが先に思い浮かんで制作された、
という趣旨のものをお見掛けしたことがあります。
確かに、キャラクターが魅力的で面白い。
最初は妖怪たちの跋扈する世界でひとり奮闘していた主人公の佐々木。
運よく味方を得てからは、彼らの掛け合いが始終面白く、最後まで楽しかったです。
単発ストーリーの作品ですが、彼らのお話をもっと読みたい……と思わされました。

ゲーム性としては盤で追いかけられアクションがあり、そこが一番の難関でした。
ストーリーの流れとして、そこを逃げ切ったことで妖から「できる人間」と見なされるのですが……
いや、ものすごく捕まったよ。平凡な人間だよ。むしろそれ以下だよ……(・ω・`)
こっちは迷路を走っているのに、敵は壁をすり抜けてくるのでチートだと思います。
アクション苦手なので、何度も頑張ってクリアしました。
その後の展開は苦労して良かったと思える魅力に溢れるものだったので、挫折しなくて良かったー。

途中ではストーリー進行と関係ないミニゲーム等もあります。
先を急がず、そこは出来るだけ遊んで楽しみました。
もういっそこの世界から出たくないと思ってしまう居心地の良さも感じたり。
ドット絵の世界とはいえ、四季の色どりを楽しめる景観も見応えがありました。
拍手する

2018年09月11日 20:00

Sinilintu【タイトル】 
【制作】 Sinilintu 梅ヶ枝きな様

蝶
【ジャンル】 短編和風ファンタジー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【スチル数】 2枚
【プレイ時間】 1周5分(トータル35分)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 16.6MB
【公開日】 2016年5月8日
【プレイver.】 1.01

目が覚めた私は周りを見渡した。
見覚えのない――けれど知識としては知っている。
敷かれたレールの上を真っ直ぐに走っていく、これは「汽車」だ。
私は汽車に乗っている――何故? (制作サイトより引用)


大正時代くらいのレトロな雰囲気が魅力のゲーム。
どちらかと言うと女性向けな感じですが、乙女ゲーという訳ではありません。

最初のプレイは5分程度であっけなく終わります。
何気ない会話や文章なのに、「何かおかしい」と不穏な気配を感じさせられ……。
制作サイトさんにも記載があるように、初期はセーブ・ロードがなく、
何度か繰り返すと段階が進んでいくという周回前提の作品です。
もし進めなくなった際は、ゲームフォルダ内のreadmeにヒントあり。

少しづつ進んで行くうちに、一体何が起こるのか。終着点はどこなのかと引き込まれました。
終盤の展開では、ついに序盤で感じた不穏さがついに姿を現した感じ。
全体的に妖艶で美しいグラフィックとも相まって、破滅に酔うような酩酊した気分を味わえました。
拍手する

ツクモノガタリ~心泣ノ聲編~

2018年09月09日 20:00

WHGF【タイトル】 ツクモノガタリ~心泣ノ聲編~
【制作】 WHGF WH様

ツクモノガタリ~心泣ノ聲編~
【ジャンル】 ホラー風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 40分程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 41.0MB
【公開日】 2018年9月1日
【プレイver.】 1.00

「消える村」の噂を調査する為、京都近くの村へと出かけけていた佐久間。
彼から手を貸して欲しいとの手紙を受け取り、九十九も佐久間を追って村へ向かう。


先日公開された、ツクモノガタリシリーズの最新作。
待ってました!
この作者さん制作ペースが驚くべき速さで、プレイヤーとしては嬉しい限りです。

今回は、いきなり佐久間氏が調査をしているシーンからの開始です。
スタートもさながら、全体的に今までと違った雰囲気を感じました。
いつも以上にストーリーメインで、それをひたすら追っていくような構成です。
謎解きも特になく、ゲーム的な要素としては妖を避けつつ進むイベントくらいでしょうか。
妖の動きはゆっくりで襲っても来ないので、苦労なく進めました。

キャラクターとしては九十九や佐久間氏が主人公には違いないのですが、今作は何というか、
2人がメインなのに「影」になっていて、関わる妖が外側から主役として俯瞰しているような……。

悲しみややるせなさ、受け入れるしかないのに受け入れがたい苦しみ。
静かに語られる色々な感情が内包された、複雑な余韻を残す物語でした。

シリーズとしては、九十九の過去がまた少しだけ垣間見られます。
また、佐久間さんの年齢がばっちり分かったのが一番の収穫かも!?
(過去作でもう出てましたっけ?忘れました……ゴメンナサイ)
拍手する


最新記事