一朶の仇花

2019年11月10日 21:15

一朶の仇花【タイトル】 一朶の仇花
【制作】 さかあがり様 

一朶の仇花
【ジャンル】 和風探索アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 3種類
【スチル数】 3枚+α
【プレイ時間】 1周30分(トータル1時間)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 122MB
【公開日】 2019年7月21日
【プレイver.】 1.07

秘密の封書を探して、秋谷邸に忍び込むことになった墨。
なぜかついてきた伊之介と共に、邸の中を歩き回るが……。 (ふりーむ!作品ページより引用)


第11回 WOLF RPGエディターコンテスト 総合5位、物語性3位等を獲得された作品です。
作品公式ページ他、ふりーむ!、ウディコンのサイトからもダウンロード可能(エントリー番号【22】)。

和風のドット絵とキャラクターが魅力的な、探索アドベンチャー。
戦闘もあるのでRPGと言った方が良いのかな?

何やら、密書を探りに忍び込んだ仲間が行方不明になり、主である姫の命で探索に行くことになった墨。
隠密行動ですからとひとりで忍び込むと思いきや、姫様の兄の伊之介がくっついてきます。
墨はなにやら嫌そうですが、味方居るって心強い。

天井裏に忍び込んで、下の部屋の様子を伺いつつ調べていきます。
最初は状況からてっきりステルスゲーだと思い、見つからないように慎重に探索していました。
が、うっかり見つかってしまいやむを得ず戦ったところ、倒すと二度と襲われないことに気付きまして。
決して殺すわけではなく気絶させるだけ、というところで良心の呵責もなく、
その後は手あたり次第になぎ倒して探索していきました。
序盤の隠密行動は何だったのだ。
まぁ、結果としては気絶させて調べないと進まないので、隠密に徹することは出来なそうです。
また、屋敷の見張りだけでなく、天井裏にはごく稀に妖怪も出没します。

敵の強さはさほどでもなく、サクサク勝てる感じでした。
ありがたいことに天井裏には商人がいて、回復アイテムや防具を買ったり武器を研いで強化したりできます。
武器は買い替えでなく、そのまま強くしていくというのも面白いですね。

ほんの少し謎解き要素もありますが、これも難しくはありません。
屋敷も迷うほど広くなく、ストレスなく探索できました。
しかし、後半になるにつれ、何やら不穏な気配が漂ってきます。
段々と程良い緊迫感が生まれましたし、ストーリーも気になるしで、進めるのが楽しかったです。

エンディングは、後半で分岐します。
最後の選択肢で、「えぇー……伊之介怪しい」と疑心暗鬼に囚われ、ちょっと選択を迷いました。
何と言うか、ほのぼのゲーというだけではない、でもドロドロでもない(エンディングにもよりますが)。
清濁併せ持つも、後味は悪くない、良い塩梅のストーリーだったと思います。
コンテストの物語性3位に輝いたのも納得。

END2だけは条件が分からず、公式サイトさんを拝見しました。
攻略があって、ありがたかったです。

姫も墨も可愛いし、伊之助も良いです。
墨の仲間たちも魅力的でしたし、もっと彼らのストーリーが見たいと思わされました。


WOLF RPGエディターコンテスト
拍手する

ツクモノガタリ~天女の羽衣編~

2019年09月25日 23:24

WHGF【タイトル】 ツクモノガタリ~天女の羽衣編~
【制作】 WHGF WH様

ツクモノガタリ~天女の羽衣編~
【ジャンル】 ホラー風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周45分(トータル1時間15分)程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 39.2MB
【公開日】 2019年6月27日
【プレイver.】 1.01

山道で「天女のように美しい」娘を助けた茂吉。
その後、行商に来た港町で茂吉は娘と偶然にも再開する。
二人は橋の桟橋に結んだ文を交わす仲となり、やがて茂吉は恋に落ちた。

とある村の寺を調査に訪れた九十九は、茂吉から人探しの依頼を受ける。
ある日を境に、茂吉は娘と連絡が取れなくなったというのだった。


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

MHさん制作のツクモノガタリシリーズ8作目です。
今回は、この物語の主人公である茂吉と、美しい娘のエピソードから始まります。
そこに九十九が別件で訪れて……という展開。
こういうパターンは初めてではないのですが、佐久間氏などお馴染みのキャラの出番がないのもあり、
九十九より茂吉に感情移入してプレイしていました。

プレイヤーからすると、美しい娘が恐らく人間ではないことは想像がつきます。
茂吉の気持ちを応援したいものの、上手くいかないのではないか、悲しい結末になるのではいかと
結末を知りたいような、知りたくないような複雑な気持ちでした。
そんな物悲しさもツクモノガタリシリーズの良いところではあるのですが。

今作はあまり難しいミニゲームや謎解きはなくて、サクサク進めました。
グッドエンドを目指して道中隈なく探索しても、クリアまで45分程度。
寄り道しなければもう少し短時間でクリアできるかもしれません。

探索頑張ったのですが、最初はノーマルエンドにあたる結末・弐に辿り着きました。
ただ、今回は何となく手応えがあったので、ヒントを見ずに自力で結末・壱を見られました。
今まで結末・弐を最初に見た作品で自力で壱に辿り着けたことがなかったので、地味に嬉しい('-'*)

結末は、私の想像通りの悲恋だったのかどうかは、プレイして確かめて頂きたいなぁと思います。
ただ、以下ちょっとだけ感想を。
ネタバレになるかもしれないので、反転しないと見えないようにしておきます。

ことの真相は、すごく心苦しかったです。
茂吉に感情移入していただけに尚更。彼は辛いだろなぁ。
反面、娘は幸せというか満足だったのかもしれません。何だか複雑な気持ちでした。
願わくば、来世で2人が幸せでありますように。
拍手する

隠し神と夏の夕べ

2019年09月08日 20:48

せんやも、いちやも【タイトル】 隠し神と夏の夕べ
【制作】 せんやも、いちやも 砂原みたけ様

隠し神と夏の夕べ
【ジャンル】 和風ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周50分(トータル1時間10分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 62.4MB
【公開日】 2018年9月4日
【プレイver.】 1.02

ある夏の夕暮れ。
中学生のミズホ(名前変換可能)は帰路の途中、
近道をしようと立ち寄った神社から出られなくなってしまった。
帰り道がわからず困っていたミズホの前にタマキと名乗る一匹の狐が現れる。
「このまま日が暮れると非常にまずい。ここは僕のようなあやかし達の住む場所だ」
ミズホはタマキと共に家へ帰る方法を探すことにするが、
それを面白く思わないあやかしたちが邪魔をしてきて……。 (制作サイトより引用)


第14回 ふりーむ!ゲームコンテスト 和風部門にて銅賞を受賞された作品です。

神社を通り抜けようとした女の子が、あやかしの世界へ迷い込んでしまう物語。
よく見る系統のお話ですが、これは大好物だ……!

狐のタマキの助けを借りて、ミズホと遊びたいが為に帰路を阻止しようとする妖怪たちを
上手く交わして進んで行きます。
和風の風景と、妖怪たちのドット絵が可愛くて魅力的。
特に、ミズホにちょこんとくっつくタマキは可愛すぎ。
妖怪たちの仕草も細かくて、見ていて面白かったです。

いやしかし、可愛いドット絵に「遊びたい」という可愛い動機に騙されてはいけません。
あやつら、油断すると本気で殺しにかかってくるぞ……!
大体は、簡単な謎解きを読み解いて対処していくパズル的なものなのですが、
わりと難しい箇所もあって、思ったより大変な道のりでした。
何度もやられて「こいつら……」と思いましたとさ。
愛嬌と、相反する無情さも兼ね備えていて、ほのぼの系一辺倒でないところも良い味出していると思います。

とは言え、基本的に一本道でシンプルなので、手間取るところはあっても迷わず進めるはずです。
エンディングは後半で分岐しますので、道中は分岐点を探って試行錯誤する必要はありません。
安心してガンガン進んでください。

道中、「これ、ここでこうするとどうなるんだろう?」とふと思ったところが分かれ道でした。
もし分からなくても、ゲーム同梱の「初めにお読みください」に答えが書いてあります。

最初は敢えてEND2(ノーマルエンド)を見て、その後もうひとつのEND1を見ました。
あぁ、やっぱりこういう作品好きだなぁ、と胸が温かくなるエンディングです。
見た目の雰囲気に惹かれた方、その期待を裏切らない作品だと思います。
拍手する

夢もすがら花嵐

2019年05月04日 22:47

NUMBER7【タイトル】 夢もすがら花嵐
【制作】 NUMBER7 六夏様

夢もすがら花嵐
【ジャンル】 探索型アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周1時間半(トータル2時間半)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 173MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年3月25日
【プレイver.】 1.01

生ぬるい水の中をたゆたう感覚。
ここはどこで、自分は何をしているのか。
思い出そうとする彼の傍で女の声が問う。
「書生さん。どちらまで?」
声の主は夢を食べる獏で、ここは夢の中なのだと言う。
彼は獏と共に、夢の世界を彷徨うことになるが――


ティラノビルダー製の、画面クリック型探索謎解きアドベンチャー。
ふりーむ!ではダウンロード版、ノベルゲームコレクションでブラウザ版・ダウンロード版が公開されています。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

ご覧の通り、和風の華やかなグラフィックが目を引く作品です。
前作「こわいへや」はテイストが全く違うものの、B級ホラー感が目を引くグラフィックが魅力的な作品でした。
フォントも作風にばっちり合っていて良いです。
ただ、ダウンロード版だとブラウザ版より画面がやや小さいので、文字が少し読み難かったです。

曖昧な記憶の中を揺蕩う主人公は、獏と名乗る少女から「これは夢の中」だと告げられ、
彼女と2人で夢の奥深くへと旅することになります。
獏といえば夢を食べる妖獣(?)なので、最初は警戒心を抱いていました。
でもこの獏、少し風変りなものの、とっても愛嬌があるのです。
彼女にアイテムを見せると色々とコメントをくれるのですが、食べてしまうので慌てました。
中盤からは反応が見たくてやたらに食べさせてましたけどね。ゲーム的には問題なし。

ゲームとしては、画面をクリック探索してアイテムを集め、簡単な謎解きをして進めていくものです。
いくつかの章に分かれており、進むごとに色々な場面が現れます。
どれもどこか奇妙だけれど、悪夢のような嫌らしさというよりは不思議な感じ。
どの章も基本的に一画面の探索なので、アイテムを見つけるのはあまり難しくはありません。
謎解きはヒントを見てよく考えれば解けるなという難易度かと思います。。
基本的に文学が小道具に使われており、有名なとある俳句の知識が必要になるところもありました。

途中、難しくて悩んだところもあり。
謎が解けなかったのではなく、答えを自分で文字入力をするところなのですが、
ちゃんと問いを読んでいなくて必要な単語以外も入力してしまい弾かれていたという。
そんないらぬ苦労をしつつも、きちんとクリアできました。わーい。

エンディングは2種類あります。
1周目で埋まってないアイテム欄があったので、一度は自力で2周目をプレイしたのですが上手く行かず。
ただ、トゥルーエンドは難しくて、制作サイトさんのヒントを参考にさせて頂きました。
答えまであと一歩という塩梅のヒントなので、少しは自分で頑張れたのも嬉しいところ。
ちなみに、攻略は章ごとに分かれているので必要なところだけ見ることができます。

ラストは、ノーマルもトゥルーも、楽しい夢から覚めた時のような寂しさもありました。
フリーゲームとしてはこのくらいの長さが遊びやすいんですが、もっと旅を続けていたかったです。
ただ美しいだけではなく、謎解きゲームとしても楽しめた素晴らしい作品でした。
拍手する

蒼乱之竜

2019年05月02日 22:32

PIKA's GAME【タイトル】 蒼乱之竜
【制作】 PIKA's GAME どらぴか様

蒼乱之竜
【ジャンル】 短編RPG
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 2時間10分程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 214MB
【公開日】 2017年8月20日
【プレイver.】 1.03

陰気な雨が降り続く町、晴陵≪セイリョウ≫
民を、地を腐らせる暗雲の謎を探るべくひとりの剣客がその地に赴いた……
(制作サイトより引用)


第13回 ふりーむ!ゲームコンテスト 短編RPG部門にて銀賞を受賞された作品。

また、Colar Game Projec参加作品「青」担当とのこと。
サイトを拝見すると、何色かの色をテーマに様々な作者さんが作品を作られている企画のよう。
確かに、青を基調にした画面が印象的な作品でした。

とある村に降り続く雨を止ませるべく、ひとりの青年が戦います。
一見和風に見えますが、名前などはちょっと中華風。
かと言って中国が舞台という訳でもなさそうで、東洋風のRPGといったところでしょうか。

立ち絵は主人公のみで表情差分もないものの、これがまた凛々しく美形で見惚れてしまいます。
どうやら、"Paper Moon"のゆきはな様がイラストを担当されているよう。
素敵な絵を描かれる方なので、あー、そりゃ美形だわと納得しました。
彼が序盤で助けることになる姉妹も間違いなく美人姉妹なので、
欲を言えば彼女たちも見たかったなぁと思ったりしました。

戦うのは主人公ひとり。何気にひとりで戦うRPGってあまりない気がします。
戦闘は、敵の一撃を避けて怯んだところに反撃……みたいな、独特のシステムあり。
最初の戦闘でチュートリアルになっています。
ちょっと難しそうと思いましたが、あまり使う機会は多くありませんでした。

敵を倒すと色々な材料が手に入り、それを道具屋に売ることでお金が入ります。
回復アイテムは買っておいていいと思いますが、道中で手に入る分だけでも足りるかもです。
装備は最初に持っている剣のみで、購入することはありません。
その剣に嵌める「宝玉」を作って強化するというシステムがあります。
宝玉のお店、これまた怪しげな美しいお店で好きでした。
宝玉は作れば作るほど経験値が貯まって、強いものを作成できるようになります。
ただ意外と経験値が必要なので、強化したければ必要のない捨て宝玉を制作して
経験値を稼ぐはめになります。
そして、短編なのでそこまで強いものを作る時間も必要性もなかったかなぁ。
楽しいシステムだったので、そこをがっつりやれないのは少々残念でした。

MAPも綺麗です。
広すぎずでサクサク進めますが、一部進めるところが分かり辛くて少し迷った箇所もあり。
後半になると、数ヶ所を自由に移動できる手段ができるので、ありがたかったです。

戦闘のバランスについても良かったと思います。
後半強い敵もいるものの、逃げて再チャレンジすれば構成が変わるので工夫していました。
ボスはやや強いものの、道中で普通に戦いをこなしてレベルが上がっていればちゃんと勝てます。
ラスボスは、宝玉で強化しておかないとキツイかも?

ストーリーもシリアスで落ち着いたもので、とても好みでした。
ファンタジー系のPRGも大好きですが、こういう硬派な雰囲気の作品も良いですねー。
紹介文にプレイ時間は1時間程度とありますが、私は材料集めなどで寄り道したので2時間強費やしました。
短編ながら十分楽しめるので、雰囲気に惹かれた方はぜひプレイしてみて下さい。
拍手する


最新記事