KOKUTOU - 御伽倶楽部 -

2019年11月26日 21:56

大沼屋【タイトル】 KOKUTOU - 御伽倶楽部 -
【制作】 大沼屋 大沼遼太郎様、アイゼン伯爵様

KOKUTOU - 御伽倶楽部 -【ジャンル】 日常ミステリーアドベンチャーゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 6種類
【プレイ時間】 1周15~45分(トータル1時間)程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 253MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年8月31日
【プレイver.】 1.02

今回の謎は柚葉の通う学園が舞台。
そこでまことしやかに囁かれていた謎の倶楽部の噂、その名も『御伽倶楽部』。
果たして柚葉は御伽倶楽部の謎を見事解き明かすことが出来るのか。
(制作サイトより引用)


日常系ミステリーのKOKUTOUシリーズ、最新作が公開されていました!
今作は、ティラノフェス参加作の為か、今の所ノベルゲームコレクションでのみ公開のようです。

第一作目の「KOKUTOU - 消えた初恋の謎 -」と第二作目「KOKUTOU - 招かれざる常連客 -
の続編となっています。
この作品からプレイすると登場人物の関係が分かり辛いので、順番にプレイすることをお薦めします。

今回は、ヒロイン柚葉ちゃんの通う高校が舞台。
高校に存在すると囁かれる謎の倶楽部を探し当てるというものでした。
秘密の部活動とか、何だか聞いていてワクワクします。
学校が舞台なので、探偵役である黒十さんの出番は、他の作品より薄めでしたが、
その分柚葉ちゃんがいつもより頑張ってました。

柚葉ちゃん、初期の頃は、黒十さんを巻き込んで謎解きに夢中になる天真爛漫な女子高生、
というイメージが強かったように思います。
しかし今回は、お嬢様とは思えない生活力で黒十さんを支える姿が見られました。
そういうシーンも押しつけがましくなくて、柚葉ちゃん良い子やなぁと思いました。

今回は、旧作にも登場した人物、そして新しい人物も登場します。
女子高が舞台なだけに、女子高生だらけ。美麗なイラストで、麗しい……!
それに今回もフルボイスなので、ボイスもそれぞれ違って魅力的です。
私は特に、新キャラ・輝夜先輩の落ち着いたボイスが好みでした。

他愛もない謎解きのようで、実は解かないと柚葉ちゃんが困ったことになるかも、という展開で。
そのプレッシャーが適度な緊張感をもたらしてくれます。
探索や謎解きは、比較的簡単かなと思います。
一応、一発でベストエンドらしき展開に持ち込めました。

ただ、6つあるというエンディングのうち、5つまでしか回収できず。
同じエンドでも、途中の選択によってバッジが2種類貰えるので、それを含めると6つになるのですが……。

柚葉ちゃんメインなお話ながら、最後はちゃんと黒十さんが活躍するという、
プレイヤーの期待を裏切らない展開も嬉しいところでした。
拍手する

KOKUTOU - 招かれざる常連客 -

2018年12月05日 22:30

大沼屋【タイトル】 KOKUTOU - 招かれざる常連客 -
【制作】 大沼屋 大沼遼太郎様、アイゼン伯爵様

KOKUTOU - 招かれざる常連客 -【ジャンル】 日常ミステリーアドベンチャーゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周15分(トータル30分)程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 207MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年8月31日
【プレイver.】 1.02

港が見下ろせる丘にひっそりと佇む骨董品店。
この店にはアンティーク以外のモノが集まることがある。
それはどこにでもある些細な“日常の謎”。

骨董品店を営む男“黒十美鶴”。
お嬢様学校に通う財閥の娘“小倉柚葉”。
二人が挑む謎は殺人でも脱出でもサスペンスでもないミステリー。
今回の謎は少女が“取らなかったとある行動”から始まった。

『黒十さん見てくださいよ、窓際の席の女の人』

果たして二人は、少女の謎を解き明かすことができるのか。
(制作サイトより引用)


ティラノゲームフェス2018 にて、佳作を獲得された作品です。

前作「KOKUTOU - 消えた初恋の謎 -」に続く、日常系ミステリーのノベル作品第2弾。

ティラノスプリクト製で、ふりーむ!やノベルゲームコレクション等でのブラウザ版、
Vector等からのダウンロード版もあり。
制作サイトさんからリンク一覧があるので、お好みのものをどうぞ。
この記事の作品タイトルからは、ふりーむ!の作品ページへリンクさせて頂いています。

今回も黒十さんと柚葉ちゃんのコンビ(?)が主人公。
柚葉ちゃん、今作では季節が変わって冬服来ていますね。セーラー服は良いものです。

今回は、前作でも登場した喫茶店が舞台です。
落ち着いた雰囲気の喫茶店、そして美味しいコーヒーの魅力に取りつかれたらしい黒十さん。
すっかり常連になっているご様子でした。
こういう「行きつけの店」って憧れます。良いなぁ。

今度の謎は、この喫茶店でのちょっとした「謎」――というか、疑問点から始まります。
ある少女の行動の理由を2人で推測するというもの。
しかし、静かな喫茶店の中、細部が観察できる程度の近い席に座っているというのに、
相手のことを噂するって……全部聞こえてるんじゃΣ('□'*)
と、ちょっとビックリしました。

謎は前作ほど簡単に推測はできないものでした。
派手さはないけれど、言われてみると確かに気になる謎。
そこを論理的に追及しようとするのは面白かったです。

そして推理だけでなく、黒十さんと柚葉ちゃんの雰囲気も一歩進んで良くなったような!
その点で少し女性向けの雰囲気が増していますね。

作品全体に漂うミステリアスな雰囲気も気になります。
作者さんのブログを拝見すると、少なくとも第三章、四章まではあるような文章をお見掛けしました。
続き、楽しみです。
拍手する

KOKUTOU - 消えた初恋の謎 -

2018年12月04日 21:40

大沼屋【タイトル】 KOKUTOU - 消えた初恋の謎 -
【制作】 大沼屋 大沼遼太郎様、アイゼン伯爵様

KOKUTOU - 消えた初恋の謎 -【ジャンル】 日常ミステリーアドベンチャーゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周25分(トータル35分)程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 214MB(ダウンロード版)
【公開日】 2017年8月29日
【プレイver.】 2.01

港が見下ろせる丘にひっそりと佇む骨董品店。
この店にはアンティーク以外のモノが集まることがある。
それはどこにでもある些細な“日常の謎”。
骨董品店を営む男“黒十美鶴”。
お嬢様学校に通う財閥の娘“小倉柚葉”。
二人が挑む謎は殺人でも脱出でもサスペンスでもないミステリー。

今回の謎はとある女生徒の初恋から始まった。
『消えたんですよ! 人が! 突然!』
果たして二人は、初恋から始まった謎を解き明かすことができるのか。
(制作サイトより引用)


ティラノゲームフェス2017 にて、佳作を獲得された作品です。

日常系ミステリーのノベル作品。
グラフィックも綺麗ですし、その上フルボイス付きです。

ティラノスプリクト製で、ふりーむ!やノベルゲームコレクション等でのブラウザ版、
Vector等からのダウンロード版もあり。
制作サイトさんからリンク一覧があるので、お好みのものをどうぞ。
この記事の作品タイトルからは、ふりーむ!の作品ページへリンクさせて頂いています。

主人公の黒十さん、特に示唆するものはないけどジャン・コクトーを連想していたのですが、
実は彼は、黒糖どらやきが好物だという設定が。
そっちが元ネタ!?
そんな黒十さんとコンビ(?)を組むのは、女子高生の小倉柚葉ちゃん。
となると、彼女は小倉あん!と思いきや、読みは「こくら」とのこと。
こくとう&こくら。「こく」繋がりでした。

日常ミステリーなので、殺人や誘拐など派手な事件が起こる訳ではありません。
柚葉ちゃんのクラスメイトから依頼され、ちょっとした謎を紐解いていくというもの。
これ、話を聞いた時点で「もしかしてそれ……」と、ある予想が頭に浮かびました。
結構キーワードをさりげなく強調しているので、きっと多くの人が思い浮かぶはず。

結果、予想はずばり正解とは言えないものの、当たらずとも遠からずという感じでした。
そして、そこから更に思いがけぬ展開も待っていました。
陰鬱な雰囲気がないので安心して読めますし、キャラクター同士の絡みも楽しかったです。
黒糖どらやき、食べたいよ。

ただ、多分読んだ方なら何を言っているか分かるかなと思うのですが、
作中のとある単語がしっくり来なかったというか、それってそれを表す言葉ではなくない?
と疑問に思った点がありました。
そこだけはちょっぴり気になったのでした。
拍手する

ma cherie [マ シェリ] ~美女と野獣と見詰める瞳~

2009年12月31日 20:00

S STYLE【タイトル】 ma cherie [マ シェリ] ~美女と野獣と見詰める瞳~
【制作】 S STYLE アイゼン伯爵様

ma cherie [マ シェリ] ~美女と野獣と見詰める瞳~
【ジャンル】 童話ベースのデジタルノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 8.03MB
【公開日】 2005年12月20日

ストーカー気質の悪魔・アスモデウスは、愛する女性サラを陰から見つめ続けて
彼女が結婚するたびに夫を殺していたが、天使ラファエルの横槍で失恋。
再び愛を求めて地上に行った彼は、そこで運命の女性に出会う。
彼女の名はベル。誰からも”綺麗なお嬢ちゃん”と呼ばれる美女だ。
アスモデウスは、またしてもベルをこっそりと見つめ続ける……。


※現在、ボイス付きの新バージョンが公開されているようです。
 当記事は公開終了している旧バージョンをプレイしてのものです。


ボーモン夫人著の「美女と野獣」のノベライズ化+αという感じの作品です。
ざっくり粗筋を書いてみましたが、アスモデウスとサラの件は旧約聖書に出てくる物語だそう。
制作サイトのストーリー紹介に詳しく書かれていますので、ご覧になってみてください。

じっと見つめ続けるって普通はキモイんですけど、悪魔のくせに意外と小心者っぽくて
何か可愛く思えてきたり……。
演出も、演劇の幕開けのようなタイトルから、鍵穴から覗いてる表現など洒落ていました。
実際にアスモデウスが話に絡む聖書の部分はともかく、美女と野獣にこの悪魔が
どう絡んでくるのかな?と興味深かったです。
小心者のストーカーらしく見ーてーるだーけー状態だったんですが、彼の存在も
さりげなく物語に絡ませたりして、その辺りのさじ具合がいいなぁと思いました。

最後は良いオチで終わるのかと一瞬思いきや、ラストの展開でお茶噴きそうになりました。
アスモデウスの表情が良すぎ。
キモイはずなんですけど、オチで笑えたので爽やかな読後感です。
拍手する

LIEBENDER

2009年07月06日 22:28

LIEBENDER【タイトル】 LIEBENDER
【制作】 S STYLE アイゼン伯爵様、TYGZONE さかい ともこ様


LIEBENDER
【ジャンル】ゴシックロマン恋愛アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 32種類(マリールート17、ハインルート15)
【スチル数】 ?
【プレイ時間】 約5時間~
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 83.9 MB
【公開日】  2007年10月16日

女性向けだと思います(BLなどの同性愛要素はありません)。
吸血鬼モノですので、流血表現があります。苦手な方はご注意ください。

吸血鬼と、生贄に差し出された女性が中心のストーリーです。
特色は、そのどちらの視点からもゲームを遊べるということ。
最初はマリー(女性)しか選べませんが、何でもいいので一度クリアすると
吸血鬼ハインリッヒ(男性)の視点を選べるようになります。

初めのほうは全然分岐がなくて、ゲームというよりノベル系なのかな?と
思ったんですが、進めて行くと選択肢が出てきました。
しかも、行動できるパターンが多いので、なかなかエンディングに着くのが大変。
最初「こんな屋敷、逃げてやるぜ~ふはは」と、登場人物の誰にも関わらずに
ひたすら逃げルートと思われる行動を試みてたんですが、ことごとく失敗(・ω・`)
ある程度は、屋敷の人間と仲良くしておかなければダメだったようです。

どうしてもGAME OVERしか見られなかったので、断念して作者さんの攻略ページを見つつ、
マリー視点のハインルートを主にクリア。
切ないお話もあり、背徳的なものもありで、なかなか好みでした。
立ち絵も表情がコロコロ変わったりするのが見ていて面白かったです。

その後、マリー視点のノウハウを頼りにハイン視点でやってみているのですが、
今のところ進展がありません。・゚・(ノД`)・゚・。
ストーリーは是が非でも全部見てみたい!と思いましたので、もう少し自力で試して、
どうしても道が開けなければ攻略を参考にコンプリートしたいと思います。
エンディングは32種類もあるようなので、やりがいがありそうですね。
特に、主役の2人よりまだ手つかずなメイドのロザーリエさんが気になってます。
彼女のルートやるのが楽しみだー。
拍手する


最新記事