好きだ!好きだ!大好きだッッ!!

2018年09月18日 20:00

籠の街【タイトル】 好きだ!好きだ!大好きだッッ!!
【制作】 籠の街 稲海様

好きだ!好きだ!大好きだッッ!!【ジャンル】 ラブコメノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【スチル数】 4枚
【プレイ時間】 1周5~15分(トータル30分)程度
【ツール】 Ren'Py
【容量】 128MB
【公開日】 2018年5月5日
【プレイver.】 1.00

夕暮れに染まる教室。
二人きりの男女。
見つめ合う目と目……
そう、ここまで読んだ貴方ならお気付きかと思う。

私は、断じてコイツのことなんか好きではない!!! (readmeより引用)


選択式のノベルゲーム。
作者さんの公式サイトが、前作「籠の街」の作品サイトなのでそちらにリンクさせて頂いています。

こちらは「ゴールデンウィークだよ!一週間ゲーム製作大会」に参加で作られた作品のようです。
確かに短編ですが、ストーリーも丁寧だし、絵も綺麗だし、一週間で作ったとは思えない良作です。

断じて好きではない!!!って、ダイエット中の女子がスイーツを前にして言っているぽくて、ちょっと笑えます。
しかし、個人的にちょっと苦手な青春ラブコメノベル……と思いきや、不覚にも感情移入してしまいうるっときました。
学生時代の、打算も計算もなくただただ相手が「好き」だった感情を思い出したというか。
知られるのが怖くて、好きなのに好きじゃないよ?ってフリをしてみたり。
いつも相手のことを目で追いかけて、ひとつひとつの仕草をあぁ好きだなぁ、と思ったり。
コメディタッチなのですが、単なるドタバタ劇や上っ面の会話ではなく、感情が丁寧に描かれていたと思います。

最初は月子ちゃん視点で物語が進んで行きます。
エンディングは2つ。進展あり、なしに分かれます。
どちらに転んでも、それはそれであぁ、青春だなぁ……と思える終わり方ではありました。
ただっやっぱり、進展ありのエンディングでは、ちょっと甘酸っぱくて身悶えしそうでした。
良いですねぇ良いですねぇ(*´∀`*)

そして、クリア後からは連くんでのプレイが出来るようになります。
月子ちゃんルートで見た展開を連くんの視線で見ていくことになるのですが、全く同じという訳ではなく。
月子ちゃんが連くんに惚れた理由は何となく分かるんですが、
連くんのストーリーを見ると彼が何故月子ちゃんを好きになったのかも分かります。
連くんルートも進展なし・ありの2種類のエンディングあり。
こちらの進展ありエンドは、月子ちゃん編より更に甘くて、更に身悶え(*/∇\*)

何か、こう、清々しい良い気持ちを分け与えて貰えた気分です。ありがたや。
読んで良かったと思いました。
拍手する

四色さん

2018年09月12日 20:00

たぶんおそらくきっと【タイトル】 四色さん
【制作】 たぶんおそらくきっと 神波裕太様

四色さん
【ジャンル】 ショートホラーノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間 】 1周5分(トータル10分)時間
【ツール】 NScripter 
【容量】 10.2MB
【公開日】 2007年6月30日
【プレイver.】 1.00

トイレの怪談は様々で、よくある話が「トイレの花子さん」
でも、私たちの学校にはトイレの花子さんなんていない。
いるのは、「四色さん」
四色さんは呼び出すと三つの色を聞いてくる。
「あかいろとあおいろときいろ、どれがいーい?」
答えはどれでもいい。
どれを答えても、昔流行った「怪人赤マント」や「赤い紙青い紙」みたいに殺されたりしないから。
けれど、絶対にどれかの色を答えないとだめ。
答えないと、黒に染められて殺される。
それが、私たちの学校に伝わる怪談。 (readmeより引用)


怪談として聞いたことのある「赤い紙青い紙」かなと思いきや、説明文では違う怪談らしい。
「赤い紙青い紙」は子供の頃に聞いてかなり怖かった(今も思い出すと怖いですが……)ので、
この作品では何が起こるのか?と結構ドキドキしつつプレイしました。

普通に怖かったです。
あか、あおと読んで救いのない展開にへこみ、「きいろって……きいろって何よ!」と。
ひぃぃ。ある意味予想外で、きいろが一番エグかった気がします。

短時間で怪談ならではの嫌な感じが味わえる、まさにこれぞホラーでしょうという作品。
10年以上前の作品ですが、こういう昔ながらの定番ホラーは色褪ないものです。

ちなみに、暗い嫌な気分で終わった後、ギャグ編がプレイ可能。
読むとホラーテイストは台無し……とはいえ、何か救われます。
拍手する

この謎には理由(わけ)がある

2018年09月05日 20:00

この謎には理由(わけ)がある ふりーむ!のページ【タイトル】 この謎には理由(わけ)がある
【制作】 kmt様 (Webサイトなし)

この謎には理由(わけ)がある
【ジャンル】 短編ミステリーノベルゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 12分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 118MB
【公開日】 2017年12月3日
【プレイver.】 1.02

「お隣のアキちゃんが失踪したんです。
ねえ、先輩。彼女はどこに消えてしまったんでしょう?」
放課後の図書室、少女は唐突にそう言った。
突然消えてしまった幼なじみの行方を捜しているというのだ。
問われた少年は眼鏡を押し上げながらこう言った。
「――ひとつ、訊きたいことがある」 (ふりーむ!作品ページより引用)


ライトなミステリー(風)ノベルゲーム、という触書の、選択肢なしノベル作品。

人物の顔はシルエットになっています。
お顔が見えなくても綺麗な絵ですし、画面がすっきりしていて見易かったです。
お隣のアキちゃんの失踪事件について、女子高生と先輩が会話を繰り広げていきます。

※以下、ネタバレというほどではありませんが先入観になりかねないので隠します。
反転させないと見えないようにしていますが、ネタバレなしで楽しみたい方は閲覧にご注意ください。

ふりーむ!さんのレビューにもあるのですが、正直、オチは予想の範囲内。
途中で、これって……まさかこういうことじゃないよね?と嫌な予感がしたんですが、まぁ、その通りでした。
しかし、それにしては会話が不自然だし……と不可解な面もあり、首を傾げつつ読み進めることに。


ただ、失踪事件の真相というオチ意外にも色々と意外なことが判明し、そこは楽しめました。
あまり「推理」という部分に期待しすぎるより、日常ミステリーとして気負わず読むのが正解かもです。
拍手する

ねこの帰り道

2018年06月14日 20:00

有限の遑【タイトル】 ねこの帰り道
【制作】 3色ぱん ネコの人様、scarecrow様

ねこの帰り道
【ジャンル】 運試しノベルゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 24種類
【スチル数】 20枚
【プレイ時間】 1時間20分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 47.9MB
【公開日】 2014年1月27日
【プレイver.】 1.01

ごく普通のネコ好き高校生・猫田陽(ねこた よう)。
いつもの放課後、彼は友人から不吉な【警告】を受ける。
「お前、今日は災難な日になるぞ」
そして出会う、謎のネコ。
彼と謎のネコの、帰り道に起きる数々の災難。
無事、家にたどり着くことが出来るのか――? (制作サイトより引用)


猫好きの少年と、とある猫の物語。
登場人物がかなり個性的なコメディノベルです。猫、お姿も鳴き声も可愛すぎる。
ついでにゲーム起動のアイコンも可愛いです。猫、ねこー。
猫以外のキャラクターでは、胡散臭い宇佐見くんが好きでした。

ゲーム紹介にもありますが、普通の選択式ノベルと違うのが、
所々にセーブ不可なランダムの選択肢が登場するところかと思います。運試しにぴったり。
確率は定かではないものの恐らく1/2なので、外れまくってストレスということはありませんでした。
しかしながら、全エンド回収する為には敢えて外さないといけない所もありまして。
かえって正解ばかり引いてしまい、「外れろー!」と念じざるを得ない場面もあったという。

エンディングは24種類と多いですが、選択肢を全て選んでいけば回収はさほど難しくないと思います。
本編をクリアすると、おまけストーリーも読むことができます。
それを見ると、本編で不可解だったところが明かされて、そういう事だったのね、とスッキリ。
ちなみに、おまけストーリーもランダム選択肢が立ちはだかっています。
ふりーむ!さんのレビューコメントを拝見すると、200回やっても突破できないという書き込みが……。
まじか(((゜Д゜))) 
私は4、5回でクリアできたので、そんなに理不尽な確率ではないはずなのですが……。

ストーリーは始終ギャグ・コメディ寄りなので気軽に遊べます。
しかし、道中の分岐によっては思いがけずシリアスなシーンもあり、ぞくりとしました。
そういう箇所も、ストーリーのスパイスになって良い感じでした。
拍手する

lovelivelife~らぶりぶらいふ~

2012年05月01日 20:39

A子【タイトル】 lovelivelife~らぶりぶらいふ~
【制作】 A子 本間A子様

lovelivelife~らぶりぶらいふ~
【ジャンル】 恋愛アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 6種類
【スチル数】 8枚+α
【プレイ時間】 1周10分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 54.3MB
【公開日】 2011年6月1日

今まであまり印象になかったちょっと暗めの男子が
雨の日に捨て猫を抱いてその猫に優しく微笑みかけているのを見て
ベタなシチュエーションながらも赤い実はじけちゃった女の子が
その男子と仲良くなろうと奮闘する物語。

よくある王道恋愛アドベンチャーゲーム。
哲学的恋愛アドベンチャーゲーム。(制作サイトより引用)


一見普通の恋愛アドベンチャーですし、恋愛アドベンチャーそのものなのですが、
哲学的恋愛アドベンチャーと謳っているだけあり、一風変わった雰囲気です。
A子さんの作品は、どれも独特な異質さを備えた感があるのですが、
今回もそれを感じました。私はそこが大好きです。

まず、主人公の台詞のフォントがちょっと読みづらい。
全編これか!と思ったら、攻略相手はごく普通でちょっと笑いました。
恋愛至上主義だとかこの女子風文字だとか、いかにも頭の中がお花畑(失礼)なのに、
実は相手の心理まで読もうとする計算高さ(褒めてます)を持ち合わせていたり、
色々前向きにしっかり考えていたりと好感が持てました。
しかし、哲学的なスケールの考えを持っているかと思うと、必ずしも堅物女子高生
という訳でなく、意外と押しに弱いところとかも可愛かったです。

普通の学園アドベンチャーを期待するとちょっと雰囲気に呑まれるかもしれませんが、
芯は直球な恋愛アドベンチャーだったと思います。
メインっぽい大也ルートは、途中の展開で驚きましたが最後は好感持てて良かったです。
クワルツは私の中では最初サブキャラ扱いだったのですが、後半のデンジャラスな
魅力にはドキドキしました。彼もまた良し……!
どちらも劣らず印象的でした。
そして忘れてはいけないのが父。彼のキャラも良い。
こんな人がお父さんだったら良かったなぁとしみじみ思いました(ごめんねMy父)。
拍手する


最新記事