KOKUTOU - 御伽倶楽部 -

2019年11月26日 21:56

大沼屋【タイトル】 KOKUTOU - 御伽倶楽部 -
【制作】 大沼屋 大沼遼太郎様、アイゼン伯爵様

KOKUTOU - 御伽倶楽部 -【ジャンル】 日常ミステリーアドベンチャーゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 6種類
【プレイ時間】 1周15~45分(トータル1時間)程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 253MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年8月31日
【プレイver.】 1.02

今回の謎は柚葉の通う学園が舞台。
そこでまことしやかに囁かれていた謎の倶楽部の噂、その名も『御伽倶楽部』。
果たして柚葉は御伽倶楽部の謎を見事解き明かすことが出来るのか。
(制作サイトより引用)


日常系ミステリーのKOKUTOUシリーズ、最新作が公開されていました!
今作は、ティラノフェス参加作の為か、今の所ノベルゲームコレクションでのみ公開のようです。

第一作目の「KOKUTOU - 消えた初恋の謎 -」と第二作目「KOKUTOU - 招かれざる常連客 -
の続編となっています。
この作品からプレイすると登場人物の関係が分かり辛いので、順番にプレイすることをお薦めします。

今回は、ヒロイン柚葉ちゃんの通う高校が舞台。
高校に存在すると囁かれる謎の倶楽部を探し当てるというものでした。
秘密の部活動とか、何だか聞いていてワクワクします。
学校が舞台なので、探偵役である黒十さんの出番は、他の作品より薄めでしたが、
その分柚葉ちゃんがいつもより頑張ってました。

柚葉ちゃん、初期の頃は、黒十さんを巻き込んで謎解きに夢中になる天真爛漫な女子高生、
というイメージが強かったように思います。
しかし今回は、お嬢様とは思えない生活力で黒十さんを支える姿が見られました。
そういうシーンも押しつけがましくなくて、柚葉ちゃん良い子やなぁと思いました。

今回は、旧作にも登場した人物、そして新しい人物も登場します。
女子高が舞台なだけに、女子高生だらけ。美麗なイラストで、麗しい……!
それに今回もフルボイスなので、ボイスもそれぞれ違って魅力的です。
私は特に、新キャラ・輝夜先輩の落ち着いたボイスが好みでした。

他愛もない謎解きのようで、実は解かないと柚葉ちゃんが困ったことになるかも、という展開で。
そのプレッシャーが適度な緊張感をもたらしてくれます。
探索や謎解きは、比較的簡単かなと思います。
一応、一発でベストエンドらしき展開に持ち込めました。

ただ、6つあるというエンディングのうち、5つまでしか回収できず。
同じエンドでも、途中の選択によってバッジが2種類貰えるので、それを含めると6つになるのですが……。

柚葉ちゃんメインなお話ながら、最後はちゃんと黒十さんが活躍するという、
プレイヤーの期待を裏切らない展開も嬉しいところでした。
拍手する

ワタシヲ赦サナイ

2019年05月20日 20:00

Kiyo Game Storage【タイトル】 ワタシヲ赦サナイ
【制作】 Kiyo Game Storage(サイト消滅) 吉良(きよ)様(twitter

ワタシヲ赦サナイ
【ジャンル】 探索ホラーアドベンチャー
【対象】 15歳以上(高校生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周30分(トータル35分)程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 22.8MB
【公開日】 2016年3月22日
【プレイver.】 1.2

忘れ物を取りに 深夜の学校へと忍び込む二人
何も起こらないはずはなく――― (ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

深夜の学校を探索するホラーゲーム。
何も起こらないはずはなく――というあらすじがプレイヤーの気持ちを代弁していますね。

学校って大抵、教室が並ぶ似た場所が多くて広くて探索が大変なんですよね。
この作品は忘れ物を取りに行くという目的があるので、前半は違うところに行こうとすると
「そっちじゃないよ」という誘導が入ります。
無駄な探索しなくて良いので、これはありがたかったです。
後半は探索が必要になるものの、行くべき場所のヒントが示されるのでさほど迷うことなく進めました。

暗闇の中、懐中電灯の光だけで探索するのは結構ドキドキしました。
ストーリーとしてはかなりホラゲーの王道で、このパターンはこうなるのでは?という
ホラゲーフラグがかなり予想通りに立てられていきます。
そして終盤には追いかけられ要素もあります。
苦手な私は何度かゲームオーバーになりましたが、何度かやればクリアできる難易度でした。
また、心臓に悪い脅かしがあまりないの(皆無ではないかも)、そこも私にはありがたかったです。
難しすぎないし、脅かしではなく演出が絶妙で、怖い。
プレイ時間も短めですし、怖すぎるホラゲー苦手な方でもプレイし易いと思います。

エンディングは2種類あり。
私はTRUEっぽいエンド→BADっぽいエンド の順でクリアしました。
分岐は、ゲームプレイ慣れてる方だと、もしかしてこれかなとピンとくるかと思います。
TRUEっぽいエンドでは、ワタシヲ赦サナイというタイトルの意味も分かります。
ただ、真相は気持ちの良いものではなく、少ししこりが残る感じ。
それでもクリア後の画面を見て、少なくとも「彼女」は救われたのではないかと、気持ちが和らぎました。
拍手する

だっしゅつげーむ

2019年05月19日 20:21

バニラ最中のゲーム制作日記【タイトル】 だっしゅつげーむ
【制作】  桜井ひなな様(twitter

だっしゅつげーむ
【ジャンル】 謎解き脱出ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周17分(トータル23分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 79.2MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年9月26日
【プレイver.】 ?

謎の手紙に従って、放課後の教室に訪れた俺。
だが、そこで待ち受けていたのは、命を賭けた脱出ゲームだった……!
(ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


ティラノビルダー製の、文字通りの脱出ゲーム。
ブラウザ・ダウンロード版あります。

命を賭けた脱出ゲーム……!という不穏な紹介文ですが、
すぐその下には「時間制限もなければ、死エンドもないので、安心してプレイしてください」
という作者さんからのコメントが。
どんなゲームやねん!と思いつつプレイしましたが、どちらかというとコミカルな雰囲気でした。

謎解きも取り組みやすい方だと思います。
漢字を当てはめるパズルでは、メモに書き写さなくてもゲーム中で文字を選択して嵌めていけるので
その場で視認できて楽でした。
ただこれ、きっちり理解して解いたというよりは何となくこれかな?で正解になってしまったので、
個人的にはやや消化不良だったり。まぁ進めたのでいっか!
他にも、アイテムの隠し場所を示した暗号トを解く前に目的のものを見つけてしまったりもしました。
後から「あれ、あの暗号使ってないけど何だったんだ?」と思って調べたらノーヒントで進んでしまっていたという。
これもクリアできたから良し、と言いたいところですが、せっかくの謎解きゲームなので
きっちり手順を踏まないと進めない仕様でも良かったかなとは思います。
この説かなかった暗号が、一番難しくて手応えあったんじゃないかなぁ。

エンディングは2種類。
ひとつはノーヒントでクリア(使わなかった暗号は除く)でいけました。
もうひとつは、別サイトさんでヒントを拝見して無事クリア。
コミカルで面白かったです。
しかし、主人公を監禁した謎の人物はいったい何だったのか……。
その正体が明かされることはありませんでした。気になります。
拍手する

オカルト研究ラボ~幽霊は暗闇に立つ~

2019年05月03日 20:12

オカルト研究ラボ~幽霊は暗闇に立つ~ ふりーむ!のページ【タイトル】 オカルト研究ラボ~幽霊は暗闇に立つ~
【制作】 時計チクタク様(twitter

オカルト研究ラボ~幽霊は暗闇に立つ~
【ジャンル】 短編ホラーミステリーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周12分(トータル14分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 162MB (ダウンロード版)
【公開日】 2018年12月24日
【プレイver.】 1.02

廃校舎の一教室。
鼠家灰音はそこを「オカルト研究ラボ」と呼び、今日もそこにいる。
生水瑠璃男は灰音にトンネルに現れた幽霊の調査の依頼を持ってきて……。 (read meより引用)


ツクールMV製で、基本はブラウザプレイ。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。

登場人物がとにかく個性的――を通り越してぶっ飛んでいるので、
ゆるふわコメディなB級ホラーかな、と思いつつプレイさせて頂きました。
が、しかし!
オカルト研究ラボと謳っておきながら、そもそもオカルトに対して否定的だという。
ストーリーは、ホラーとミステリーが調和していてどちらも楽しめます。面白いです。
登場人物が勝手に喋ってくれるで推理要素はないものの、真相には衝撃を受けます。
思いもしなかったブラックな展開で、驚きと戦慄を感じました。
これ……下手なホラーより余程恐ろしく思えます。

同じストーリーでも、登場人物がごく普通の高校生だったらこれ程のインパクトはなかったのかも。
ふざけた(失礼)キャラクターだからこそ、余計に衝撃が大きく際立っていました。
コメディ要素もあるんですが、ブラックすぎて笑えない……(((゜Д゜)))
ちょっと見た目がアレなので敬遠する方もいるかもしれませんが、良作だと思います。
個人的に好きです、これ。

エンディングは3種類。
選択肢ではなく、行動によって変化します。
エンディング名はありませんが、トゥルー、ノーマル、バッド的なもの。
私は運よくトゥルーを最初に見ることができました。
そこに辿り着くと他のエンディングはどうすれば見られるか見当がつくかと。

短編なのに、このインパクトと独特のオーラはすごいです。
ミステリーもしくはサスペンス好きな方は楽しめると思います。きっと。
拍手する

カシコキノカミ

2019年04月23日 20:00

カシコキノカミ【タイトル】 カシコキノカミ
【制作】 Ton☆kara!!(Webサイトなし) 憂様、 deletesk様

カシコキノカミ
【ジャンル】 推理ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周1時間(トータル1時間15分)程度
【ツール】 NScripter
【容量】 63.8MB
【公開日】 2015年12月24日
【プレイver.】 1.0

ボードゲーム部に所属する涼雲風矢は、6人の部員たちと新しいゲームで遊ぶことに。
そのゲームの名前は、「汝は人狼なりや?」。
ゲームを始めた瞬間、白い光に包まれた彼らが目を覚ますと、部員の一人が……。
(作品サイトより引用)


人狼ゲームをモチーフにしたノベルアドベンチャー。
とある高校のボードゲーム部が舞台なのですが、登場人物が個性的で面白かったです。
「マーガレット3世」ちゃんとか、ハーフなのか何の3世なのか語られることも一切なく。
そこが却って清々しく、逆に語られないことで「そういうものか」と納得できる感があります。

人狼ゲームなので狼を当てることになる訳ですが、部員が6人と少ないので複雑さはありませんでした。
うち一人は初日に死亡(ネットの人狼だとNPCですね)、プレイヤーに主人公は村人と示されている
……等々で、実際に怪しい人物はかなり限定されていきます。
人狼ゲーム好きな方だとやや物足りないかもですが、逆にプレイしたことのない方も遊びやすいと思います。

グラフィックも綺麗ですし、ストーリー展開も面白いと思います。
仲良しの部員たちが疑い合う緊迫した状況はスリルがあって楽しめました。
処刑や襲撃による「死亡」も、果たして仮想空間でだけのことなのか現実なのか分からないという、
そこも不安を煽られ、緊迫感がありました。
しかし、せっかく個性的で魅力的なキャラクター揃いなのに初っ端でひとりいなくなるのが惜しい。
もっと彼の活躍も見たかったなぁと思わされました。
推理も、ある程度ヒントというかリードがあるので分かり易いと思います。
まぁ、そのヒントも素直に受け取ってよいのかどうかと勘繰ったりもしましたけどね。

エンディングは3つ。
私は最初にトゥルーエンドを迎えることができました。
その後バッド1を回収。バッド2は条件が分からず難しかったです。
これが最難関エンドのような気が。
作品タイトルでヒントを検索して、何とか全エンド見ることができました。
全部見てみたいので頑張ったものの、バッドを回収するのに心血を注ぐって……と思わなくもないですね。
バッドも必見、と言えるだけの展開でもなかったと思うので、トゥルーエンドをクリアできれば十分かもしれません。

ちなみに、某掲示板で見付けたヒントの転載ですが、下記にヒントを記しておきます。
反転させないと見えないようにしていますが、ネタバレとも言えるのでご注意下さい。

全部正しい推理をして狼に投票し続ければ】true
ぶれてると】bad1
逆にアホになって間違った方に投票し続ければ】bad2

とのこと。
これを参考に考えて選択肢を選ぶとバッド2に行けました。
拍手する


最新記事