スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Black Blind Spot

2010年12月16日 21:42

小倉ハムスター【タイトル】 Black Blind Spot
【制作】 小倉ハムスター

Black Blind Spot
【ジャンル】 短編サウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 15分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 6.96MB
【公開日】 2010年9月1日

夜の校舎に集まった用務員、火種、靴下、鼻紙
この四人が織りなす夜の学園物語(コンテストページより引用)


One dot contest

Fantasistaの横顔(注・18禁サイト)・二位俊哉さん主催の第三回One dot contest
応募された作品(No.11)。
(作品一覧はこちら、結果発表と主催者さんの批評はこちらのページでご覧になれます)

現在制作サイトさんで再公開されていますが、私がプレイしたのはコンテスト応募作の
方ですので、もしかすると内容に若干の違いがあるかもしれません。
また、ストーリーに第三回One dot contestのレギュレーションが絡んでくるので、
コンテストの規約を把握して読むと、より感心度が高くなるかも。

いきなり余談ですが。
最初、2つの●を見たときに「これは鼻の穴だ。鼻の穴の話に違いない!」と思いました。
その妄想が当たっていたかどうかはプレイしてのお楽しみということで……。

この作品、とにかくキャラが可愛いです。
特に女の子の制服がイイ!ニーソとスパッツ両方楽しめるのもポイントです。
ネコミミフード被ってにゃんにゃん言ってる女の子も、そのキャラで通しすぎると
「痛いナァ……」と思ってしまうのですが、人前ではふと普通に戻るのが可愛くてツボでした。

ストーリーは前作「72」のように心にじんわりくる感動というのはなかったのですが、
最後のオチにはその上手さに驚き、ニヤリとさせられてしまいました。
今流行り(?)のアレを、ピリッと〆のスパイスとして持ってこられるセンスは素敵だと思います。

以下、参考のためにコンテストの制約を引用させていただきます。



コンテストの制約として、

一 製作期間は一週間
二 シナリオは20KBまで
三 テーマに沿った作品を仕上げること
四 学園と関わる物語に仕上げること(詳細に目を通して下さい)
五 二十分以内に一度はクリア(若しくは視聴終了)出来るように仕上げること
六 登場人物はモブキャラを含めて五人まで
七 背景に使用出来る画像は十五枚まで
八 BGMは五曲まで

という条件のもとで制作されたものです。

ちなみに第三回のテーマは、
【1】学園の危機
【2】伝説の●●
【3】誰にも言えない秘密
三つの中から一つの選択方式、だそうです。
拍手する
スポンサーサイト

72

2010年01月22日 19:47

小倉ハムスター【タイトル】 72
【制作】 小倉ハムスター

72
【ジャンル】 短編サウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 11.2MB
【公開日】 2010年1月22日

科学者である姉が開発した次世代電脳製品「ネオビジョン」。弟である誠次は、
ネオビジョン実験段階のバイトとして、知らない相手と三日間同居することになる。
(コンテストページより引用)



Fantasistaの横顔(サイト閉鎖)・二位俊哉さん主催の第二回One dot contestに
応募された作品(No.11)。

ちなみに、審査期間が過ぎるとコンテストページでのダウンロードはできなくなります。
その後公開されるかどうかは制作者さんの意思に委ねられ、公開される場合も
最低1ヶ月のクール期間が設けられるので、興味ある作品がございましたら、
この期間にダウンロードしておくことをお勧め致します。

コンテスト終了しました。
1ヶ月後以降に制作サイトさんで再公開の予定があるようです。

応募作品はこちらが初プレイになりますが、いきなり私の好みにクリーンヒットです。
キャラ絵も綺麗だし、ストーリーもコンテストの制約を練り込んだ上で素晴らしいし、
1週間で作ったとは思えないです。恐るべし。
コンテストの制約に「姿形が全く同じ人物を必ず登場させること」というのが
あるんですが、その発想もなかなか斬新です。
双子という最もオーソドックスな方法を取る作品も多かったですが、この作品は
その条件がストーリーに深く関わってくる構成で、面白いなぁと思いました。
絵姿が同じキャラがずらっと並んでいても、表情が豊かでそれぞれ違うので見ていて飽きません。
ただ、制約ゆえの強引な部分がストーリー上全くないとは言えない……のですが、
この制作条件下でそこまで言うのは酷だろうと思えるレベルです。
キャラクター同士の会話もテンポよく、そちらも楽しめました。
ちょっと全年齢対象でいいんかいと思った節もありますが。
途中のコミカルさに騙されて、ラスト付近では不覚にも泣きそうでした。

あ、あと読んでるとお腹空きました(美味しそうなご飯が登場するというだけなんですが)。
空腹時のプレイには要注意……!?

※以下、ストーリーのネタばれを含むので反転させています。未プレイの方はご注意ください。

序盤に「最期」って漢字が出ていたので、ああよく見る「最後」の使い間違えかなと
思っていたのですが、そのままの意味だったんですね。
こんな細かいところまで伏線になっているのにも驚きました。
途中で同棲相手の正体に気付きオチが読めたかなと思っていただけに、ちょっとやられましたね。




最後に、参考のため第二回 One dot contestの応募要項を転載しておきます。

コンテスト応募作品は、以下の制約の元で制作されています。

一 製作期間は一週間
二 シナリオは20KBまで
三 テーマに沿った作品を仕上げること
四 姿形が全く同じ人物を必ず登場させること
五 二十分以内に一度はクリア出来るように仕上げること
六 登場人物はモブキャラを含めて五人まで
七 背景に使用出来る画像は十五枚まで
八 BGMは五曲まで

ちなみに第二回のテーマは、
【A】変態科学者
【B】普通じゃない学園
【C】有名な家族を持つ主人公
【D】お互い好きだって何となく分かっているのに告白出来ないままの人達
【E】中二病をこじらせたまま大人になってしまったやつら

五つの中から一つの選択方式、だそうです。
拍手する

群青蝶

2009年10月27日 19:54

小倉ハムスター【タイトル】 群青蝶
【制作】 小倉ハムスター

群青蝶
【ジャンル】 ホラーサウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 15分
【ツール】 NScripter
【容量】 13.1MB
【公開日】 2009年9月

何となく、古い民話のような哀しさと切なさが感じられる良いお話でした。
自分の祖母の事を思い出しちゃいましたよ。

物語の出だしで私は「あること」に思い当ってしまったんですが、それでも物語の
面白さが損なわれずに楽しめたのは良かったと思います。
ゲーム中、選択肢が1ヶ所だけ出てきます。
それを見て「こっちと選ぶとこうなるんじゃないか」と頭の中で想像していた
ストーリーと全然違ったのでびっくり。しかも良い方向に外れていました。

ホラーだけあって薄気味悪いような怖さもありますが、グロや恐ろしい描写が
ある訳ではないので、万人が楽しめるタイプのホラーだと思います。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。