スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

シロノノロイ

2015年02月08日 19:21

シロノノロイHP【タイトル】 シロノノロイ
【制作】  シロノノロイHP namahage2様

シロノノロイ
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 15歳(高校生)以上推奨
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1時間40分~程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 25.6MB
【公開日】 2012年10月28日(?)
【プレイver.】 1.06

夏休みも終わりに近づく、夏祭りの夜、少女・真白は不思議な世界に迷い込み、
「ノロイ」に触れてしまう。祈りや願いをテーマにした不思議で不気味な
アドベンチャーゲーム。(readmeより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

夏祭りの最中、異世界に迷い込んでしまう女の子のお話。
ホラーと言えばホラーですが、怖い演出はあまりないので怖いのが苦手な方も大丈夫そう。

ただ、ホラーとは別の意味で色々と苦しめられました。
手順を失敗すると即ゲームオーバーな場面が結構あるのです。
アクション系が含まれるタイプのゲームはあまりに難しいと苛々してしまうんですが、
このゲームは結構やる気満々でチャレンジできました。
単に難しい操作が必要というより、頭を使う系だったのが面白かったです。
謎解きも難しすぎずに楽しめましたが、ラスト付近の4択の箇所では
ひとつだけよく分からずに総当たりでやっちゃった場面も。

不気味な世界に迷い込んでしまった真白ちゃんですが、頼りになるハチや明るいハルという
心強い仲間の登場に救われます。プレイヤーの私も心細さ半減でプレイできました。
夏祭りが舞台なので、ノロイに怯えながらも煌びやかな屋台の散策にもすごくわくわくしました。

エンディングは3種類で、今のところノーマル→バッドの順で2種類クリア。
トゥルーエンドは条件が分からなくてヒントを見ましたが、結構色々とフラグが必要な模様。
ノーマルでは心残りのある結末を迎えてしまったので、トゥルーエンド見たいですね。
かなり序盤からやらないと辿り着けない感じなので、後日じっくりチャレンジしたいです。
拍手する
スポンサーサイト

ha*co

2015年02月07日 19:14

ha*co ふりーむ!のページ【タイトル】 ha*co
【制作】  nununu様(Webサイトなし)

ha*co
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 15歳(高校生)以上推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 15分程度
【ツール】 RPGツクール2000
【容量】 8.16MB
【公開日】 2015年1月31日
【プレイver.】 1.01

「ちーちゃん、でかけてくるね。いいこでおるすばんしててね」
ふみくんは出かけたみたい。ちーちゃんは、ひとりぼっちの部屋で帰りを待つ。


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

とても可愛らしいキャラクターとグラフィックが魅力の探索ゲームです。
可愛らしいけれど……ふりーむ!の紹介ページにある「残酷表現あり」の注意書きに、
嫌な予感がひしひしとしてました。

主人公はぽてぽてとゆっくり歩いてダッシュできませんが、おうちも狭いので大丈夫でした。
フォントも可愛くて、可愛い絵柄とドットとの雰囲気が合っています。
イベント中や時間経過で右上のハートが減っていき、無くなるとゲームオーバー。
探索中にもひとつ減ったのですが、時間経過で減るのかな?
普通にプレイしていればライフ0にはならないと思うので、あまり気にしなくて良さそうです。
謎解きと言えるもの少しだけありますが、ごく簡単なものなので悩む事はないと思います。

ストーリーは、やはり嫌な予感の想像の範囲内ではありました。
真実ははっきりと語られません。
色々な事が頭に浮かんだのですが、合っているのでしょうか。

※以下、ネタばれになると思うので反転させないと見えないようにしています。ご注意下さい。

最初は、この子は人間じゃなくてうさぎなのか?と思ったけど違うぽい。
誘拐のような形で同棲していたけど、ばれそうになってふみくんの様子がおかしくなった?
ちーちゃんが帰ろうとしたのでああいう結末になった?


そんな感じで想像しています。
拍手する

節分恋香

2015年02月03日 20:04

sodalite【タイトル】 節分恋香
【制作】 sodalite もか様

節分恋香
【ジャンル】 和風恋愛ゲーム
【対象】 15歳以上推奨
【ED数】 4種類
【スチル数】 15枚
【プレイ時間】 1周16分(トータル50分)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 25.6MB
【公開日】 2013年3月25日
【プレイver.】 1.00

節分福麻呂(ふしわき の ふくまろ)には従順で
そのうえ美しいと聞こえた一人娘がいる。
福麻呂の意向により、彼女はもうじき幼なじみの柊という青年と
結婚することになっている。
しかし……
(制作サイトより引用)


すごく珍しいと思われる、中世和風の「節分」乙女ゲームです。

男性陣も主人公のお姫様もとても綺麗。平安風な和風もの、いいですね~。
玉手箱(おまけギャラリーコーナー的な所)のサブストーリーが3人分なので
攻略対象は3人かな?と思ってプレイを始めたのに、男性は2人しか登場せず。
まさか鬼が超イケメン恋愛対象!?とあらぬ妄想が膨らんだのですが、そうでもありませんでした。
鬼の影がやや薄い気がしたので、鬼VS彼!のシーンも見たかった気もしますが、
節分ですし、鬼は外だからね。

元々婚約者である柊のストーリーが一番しっくり来て好きでした。
そして3人目の攻略対象は見た目が好きでした。
意外と王道ストーリーだなぁと思っていたのに、おまけストーリーを読んでびっくり。
まさかこんな裏話があったとは……。何だか複雑な気分です。
しかし総じておまけストーリーは当分高めで、いちゃいちゃする2人を存分に楽しめます。
和風好きな方、短時間で遊べる乙女ゲーをお探しの方は、この季節にぜひ。
拍手する

夕暮れの未来

2015年02月01日 21:44

Inside Brain【タイトル】 夕暮れの未来
【制作】 Inside Brain KC.R様

夕暮れの未来
【ジャンル】 短編サイコサスペンス
【対象】 15歳以上推奨
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周6分(トータル15分)程度
【ツール】 RPGツクール2000
【容量】 1.37MB
【公開日】 2006年5月21日
【プレイver.】 1.2

仕事に疲れて、インターネットに依存した青年。
小さな掲示板に救われていた彼は、しかし既にそれだけでは足りないと思い始めていた。
(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

短編サイコサスペンス。行動によってエンディングが変わるアドベンチャーです。
制作サイトさんに年齢制限の注意はないのですが、ふりーむ!の作品ページに
年齢制限の「表記があったので、それに沿って書かせて頂いています。

もう、見るからにストーカーですね?と想像できるあらすじで、実際その通りな物語です。
ただ、読んでいると意外な点もあり驚きました。

主人公、典型的なストーカーながら境遇が悲惨でちょっぴり同情してしまいます。
誰しも心が健全な時は「こんな事する人なんて理解できない。気持ち悪い」と思うでしょう。
でも、本当に苦しくて、もがいて心を捩っていないと生きていけない時、
自分がこうならないと断言できる訳ではありません。
だからと言って非常識な行動が許される訳ではありませんが、自分が被害者と加害者、
どちらの立場である事も想像できるのが、この作品を読んで感じた怖さでした。

いやはや、冒頭読んで「ボブってなんやねん!」という心のツッコミが最初の感想だったのに。
読み終わると、どのエンディングを見ても「夕暮れの未来」というタイトルが重く感じられました。
拍手する

××をください!

2015年01月22日 21:15

へもへも【タイトル】 ××をください!
【制作】 へもへも まゆげ様

××をください!
【ジャンル】 短編乙女アドベンチャー
【対象】 12歳以上推奨
【ED数】 4種類
【スチル数】 16枚
【プレイ時間】 1周5分~40分(トータル1時間)程度
【ツール】 YU-RIS
【容量】 40.6MB
【公開日】 2012年11月5日
【プレイver.】 1.8

東の小さな国。
父に代わり国を治める主人公は多忙な日々を過ごしながらそれなりに国を治めていた。
でもある日魔王に誘拐されてしまい妙な事を頼まれて……?(制作サイトより引用)


コメディ調の乙女ゲームです。
YU-RIS製のゲームは久々にプレイしましたが、システム面でも快適ですね。

初っ端のインパクトから笑わせて頂き、どう転ぶのか読めない展開に引き込まれ、
ラスト付近はきゅんとしたり、暖かい気持ちになったり。
短編ながら色々と楽しめた作品でした。

主人公のラリサ、魔王さま共に「普通」とは言えない個性を持っているのですが、
何と言うか、人間性や考え方等は至って誠実で好感が持てるキャラクターなのです。
お話自体はコメディ調ながら、そういう部分で共感できるので単に「笑えた」だけでは終わらない。
プレイして良かったと思いました。

特にラリサ、序盤の女傑っぷりも素敵だったけど、終盤の彼女が可愛くて。
魔王さまもカッコイイところはあるけど如何せんアレですし、
男性陣を凌駕するラリサの魅力に惚れ惚れしっ放しっでした。
乙女ゲーとしても、微糖ながらこういう恋愛の始まりいいなとニヤニヤしてしまいます。
人間と魔王という立場だと壁がありそうですが、弟に譲位した後はそれも乗り越えやすそう。
いやしかし、弟が新たな壁になる可能性もあるのか……!?
いやしかし、芯のしっかりした2人なので、きっと大丈夫でしょう!
波乱万丈そうな2人のその後、見てみたいですね。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。