胡蝶蘭のメヌエット

2020年10月17日 21:06

胡蝶蘭のメヌエット【タイトル】 胡蝶蘭のメヌエット
【制作】 桃 実女子様(twitter

胡蝶蘭のメヌエット【ジャンル】 選択式ショートノベル
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 6種類
【プレイ時間】 1周1分(トータル26分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 121MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年6月27日
【プレイver.】 1.04

昔々、ある屋敷で、主人とメイドが暮らしておりました。
ある日、主人はメイドを呼び出すと、クビを言い渡しました。
メイドは大層驚き、そして……。 (ふりーむ!作品ページより引用)


ティラノビルダー製で、ふりーむ!ではブラウザ版のみ、ノベルゲームコレクションではダウンロードも可能です。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

ふりーむ!の1分ノベルコンテスト参加作品。

色鉛筆で描かれた綺麗な人物画に惹かれてプレイさせて頂きました。
メイドさんの肌色からするとファンタージで、優美なタイトルだし百合風味か女性向けのノベルかな?と想像。
プレイ開始すると、タイトル画面でバッハのメヌエットが流れてきて。おお、やっぱり優雅~。
しかし、辿り着いたエンディングがあまりに予想外で衝撃を受けました。え、ナニコレ!?
どんな話なん!?とびっくりして、気が付いたらのめり込んで夢中でプレイしておりました。

1分ノベルだけに1周は1分程度と短いのですが、選択肢が多くて選ぶ楽しみがあります。
そしてこれ、「選ばない」という選択肢も用意されているので、分岐が豊富。
こう答えるとどうなる?と、展開が楽しみでした。
大体バッドエンド――というか一番行き易いmeasure1に辿り着くんですが、
何度かプレイして違う展開になると「おおっ」と嬉しくなりました。
何度も繰り返しましたが、自力で全部クリア。
ちなみに私は、1→3→2α→4→2β→5 という順で辿り着きました。
困った方は、タイトル画面の"help"の中に攻略ヒントがあります。

序盤は気付かなかったのですが、タイトル画面の"Da Capo"というメニューに前日譚?が収録されており、
本編で特定のエンドを見る毎にひとつずつ解放されていきます。
それを読むと、なぜこんなことが起きているのかが少しずつ分かってくるという構造です。
シリアスで、ある意味残酷なストーリーなのですが、展開によっては思わずクスリとするコミカルな面もあり、
プレイヤーとして気持ちが重くなりすぎずに済むのも魅力的でした。

全てクリアすると、後日譚や人物紹介も読めるようになります。
メイドさんの人物紹介の文章も、後々の余韻を感じられてほうっと溜息が出るようでした。

斬新な手法や仕掛けはなく、選択式ノベルゲームとしてはオーソドックスな作品。
そして、純粋に選択式ノベルとしてとても面白かったです。
拍手する

キングオブデモンズ

2019年10月31日 20:00

Leave ふりーむ!のページ【タイトル】 キングオブデモンズ
【制作】  ガキノハウス 友川康昭l様

キングオブデモンズ
【ジャンル】 魔界再建SLG
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 7種類
【プレイ時間】 1周55分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 39.5MB
【公開日】 2019年10月27日
【プレイver.】 1.00

魔界の力「オーの炎」を失ったこの世界は、
大部分を闇にのまれ、すっかりと朽ちてしまった。
魔界が朽ちてその15年後。
人間界で暮らしていた主人公(デフォルト名:ニュート)は、
魔界に呼び戻され、自分が魔界王の子であることを知る。
次期魔界王として、主人公は6名の家臣とともに魔界再建に乗り出す。
(ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

突如、「お前は魔界の王の子だ!」と言われた主人公が、魔界の再建を目指す物語。
ハロウィンの日までの25週で再建を目指しつつ、魔界の住人と仲良くなり、結婚を目指しましょう。

最初に会ったキャラクターが女性だったので、うっかり主人公は男だとばかり思いこんでいましたが、
主人公に性別設定はないです。
よって、交流する魔界の住人も男女両方。
脳内でBL、GL、ノーマルと想像し放題ですね。

流れとしては、住人と交流して好感度を上げつつ、魔界の再建で数値上げてクリアを目指す感じ。
交流で時々プレゼントを貰えるので、それを使って好感度を上げたりできるようです。
制作者さんコメントによると、1周で全てのキャラクターをクリアできるとのこと。
しかし、私はそんな器用なことはできなかった(・ω・`)
各キャラクターに会うと再建のお手伝いを頼めるのですが、どうも得手不得手があるようなんですよね。
で、自分が上げたい再建パラメーターが得意なキャラクターばかりに会っていたら、
すごく好感度に偏りが出てしまいました。

キャラクターは魔界の住人だけあって、人造人間や吸血鬼、ゾンビと様々です。
ただ、見た目はモンスターらしからぬ美男美女。
しかし、その容姿安堵していると、思わぬブラックさや奇妙さが垣間見えて「うへぇ」となります。
一筋縄ではいかない、クセのあるキャラクターが多し。

私は、初回クリアまでに55分程かかりました。
制作者さんの想定プレイ時間より長かった。
好感度MAXまでいけたのは2人だったので、とりあえず2人とはめでたくゴールイン(*/∇\*)
今度は最初からプレイして、全員を隈なくたらしこみたい、と野望を抱いています。
拍手する

Last Halloween Night

2019年10月23日 20:00

【タイトル】 Last Halloween Night
【制作】 tato様(twitter

Last Halloween Night
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 13種類
【プレイ時間】 1周4~7分(トータル30分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 75.3MB(ダウンロード版)
【公開日】 2016年5月31日
【プレイver.】 1.00

ハロウィーンが毎年行われている村で、子供としての最後の夜。 私は彼らの元へと向かう。
ハロウィーンの夜にだけ、来てくれる彼らに。 (作品ページより引用)


ティラノゲームフェス2016 にて、入賞された作品です。
ふりーむ!でダウンロード版、ノベルゲームコレクションではブラウザ・ダウンロード版がプレイ可能。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

子供としてお菓子を貰える、最後の年を迎えた少女の物語。
毎年、ハロウィンの日のみに会って遊んでいた友達との一夜の出来事が描かれます。

作者さんのコメントに「ハロウィンを題材にした人外との恋愛ゲーム」とあるのですが、
友情の延長という感じで、あまり恋愛という感じはしなかったです。

選択肢次第で、背筋が冷えるような展開やちょっと微笑ましい展開など様々で、ギャップがすごい。
どのキャラがどんな性格なのか、それぞれどんな展開になっていくのか、読み進めるのが楽しみでした。
パンプキンくんは見た目が一番好き。ミイラくんはちょっと意外なところがあり、面白い設定だなと思いました。
そして、骸骨くん。イイ……!
プレイ前はあまり注目してなくて最後に彼を選んだのですが、一番好きでした。

可愛らしいキャラクターと、リアルな背景、これもギャップがありますがどちらもすごく素敵でした。
森や小道の背景など、リアリティがあるのに少し非現実的な雰囲気があり、ちょっと見惚れてしまいました。

ストーリー中はBGMなしで、エンディングのみBGMが流れます。
途中のBGMが無いからこそ、少し空恐ろしい雰囲気をより味わえたように思えます。
エンディングは少し奇妙な感じのシンプルな曲で、物語の雰囲気にはぴったり。
ただ、どのエンディングも曲が同じなので、ハッピーな感じがあまり味わえなかったかも。
どのエンディングを迎えても、どこか「歪んだ結末」に思えてしまうんです。
その「歪んだ、奇妙な感じ」こそが、ハロウィンという舞台には相応しいのだとは思います。

エンディングは、各キャラクター毎に4種類と、誰も選ばないエンド。
選択肢を全て選べばコンプリートできます。
拍手する

カルダモンズ・ホラーハウス

2019年10月21日 20:00

せんやも、いちやも【タイトル】 カルダモンズ・ホラーハウス
【制作】 せんやも、いちやも 砂原みたけ様

カルダモンズ・ホラーハウス
【ジャンル】 短編ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周30分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 31.3MB
【公開日】 2019年5月4日
【プレイver.】 ?

機織りの少女アンゼリカ(名前変換可能)は小さな村で平和な日々を過ごしていた。
だがある日何の前触れもなく「ホラーハウス」という洋館が村の近くに出現する。
怯える村人たちのため館の調査へ向かった神父様もそのまま消息不明となり、村人たちはますます混乱。
そんな様子にしびれを切らしたアンゼリカは神父様を探すため、彼が消えた「ホラーハウス」へ向かった。
(制作サイトより引用)


「ホラーハウス」と呼ばれる洋館を探索していく、ホラーアドベンチャーです。

この作品、説明にもあるのですが、最初に「怖いのは好き?」という質問を投げかけられるのです。
「嫌い」と答えると、明るい画面で脅かし要素なくプレイできる。
しかし「好き」と答えると、少し暗い画面、脅かし要素ありになります。
普段の私なら迷わず「嫌い」と答えるところですが、「好き」にすると「スーベリアコイン」というアイテムをGETでき、
全部集めるとクリア後のおまけがあるという特典が……っ!
迷いつつも、「好き」モードでプレイさせて頂きました。
結果、正解でした。
脅かし要素も何というか可愛くて、ドキッとするというより微笑ましくて楽しかったのです。
ホラー作品に「怖くなかった」という感想は複雑かもしれませんけど、でもほんと良かったです。
この作品の肝は、ストーリーからしても「恐怖」より「楽しさ」なんだと思っています。

探しものや謎解きはそこまで難しくなく、サクサク進めました。
30分程でエンディング到達。END1でした。
アンゼリカと神父様の様子が良すぎて、身悶えしてしまいましたよ。
神父は妻帯不可っぽいので(例外はありそうですが)、ここは名称を牧師にして未来を妄想させて欲しかったかも。
まぁ、禁じられているからこそ逆にドキッとさせられるという面もあるのですけど。

その後END2を見ようと頑張ったものの、実は辿り着けていません。
選択肢で好感度下げればいけるかなと思ったのですが、どうやってもEND1になってしまいます。
実は私の予想が間違っていて、END1が好感度低めなエンドで、END2の方が高いんでしょうか。
まさか、あの身悶えENDより更に上があるというのか……!?
このゲーム、やり方が分かるとかなり短時間でクリアできるので、もうちょっと試行錯誤してみたいと思います。
拍手する

遠い海のアリア

2019年10月10日 20:00

Paper Moon【タイトル】 遠い海のアリア
【制作】 Paper Moon ゆきはな様

遠い海のアリア
【ジャンル】 百合ADV
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周1時間(トータル1時間25分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 262MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年8月29日
【プレイver.】 1.03

浜辺で海を見つめる人間に、一目で恋に落ちた人魚の少女。
彼女は、海の魔法使いに「人間になりたい」と願い出る――


ティラノビルダー製でふりーむ!でブラウザ版、ノベルゲームコレクションではブラウザ・ダウンロード版がプレイ可能。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

ティラノゲームフェス2019 にて、準グランプリを獲得された作品です。

これは、冒頭からラストまで、ほうっと溜息が出る程美しい作品です。

正直、私は百合はあまり好みではないです。
何で好きでないのかをよく考えると、「女の子がただイチャイチャしてるだけの百合」が苦手な模様。
この作品もそうだと言われればそうなのですが、良い意味で女性同士だからこその
肉感の無さが際立っていて、読んでいてとても綺麗だなと思いましたし、自然に受け入れられました。
百合に抵抗ある方にも読んでみて欲しいです。
だがしかし……っ!アリアとセレナには申し訳ないのですが、サフィルスお兄様のイケメンっぷりが
私の中ではイチオシでした。ゆきはなさんの描く男性、すごい好きなのです。

ストーリーは淡々と語られる感じで、いつかは終わってしまうという危うさを抱えつつも穏やかに進んでいきます。
光に包まれたグラフィックはベールのむこうを見ているようで、どこか現実感が薄い。
でも、だからこそ美しい。
プレイ時間にして1時間強、作品中で過ぎる時間は1年程。
しかし、その背景に長い長い年月の深淵を感じさせられる物語でした。

エンディングは2つ。ハッピーとトゥルーで、終盤の選択肢で変化します。
ハッピーを読んでとても良いエンドだなぁと思っていた矢先、トゥルーでハッと胸を突かれました。
まさか、物語がそういう風に繋がっていたとは……。あまり予想していなかったので衝撃でした。
このトゥルーのエピソードが、先の述べた永遠とも思える時と深淵を思わせて物語に深みを与えています。
読み終わってみると、トゥルーがあまりにも良すぎてハッピーが霞んでしまったんですが、
よくよく思うとハッピーの展開に進んで欲しいと思う気持ちも芽生えてきていたり。

音楽もオリジナル曲が用意されていたりと、とても贅沢です。
音楽、グラフィック、物語とどれをとっても印象的で、心の琴線に触れる作品でした。
拍手する


最新記事