“聴”能力捜査官 キキミミ!!:Complete

2018年07月08日 20:00

LAb246【タイトル】 “聴”能力捜査官 キキミミ!!:Complete
【制作】 LAb246 LIKEMAD/ツシマユキヒロ様

“聴”能力捜査官 キキミミ!!:Complete【ジャンル】 ミステリーADV
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1時間45分程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 119MB
【公開日】 2017年3月30日
【プレイver.】 1.04

サイキックである主人公のヒナタ・スペンサーは、国際特別捜査局の捜査官。
捜査本部のある英国から、生まれ育った桜木町へと本部の命令で戻ってきた。
しかし、それは表向きの理由。
彼女はどうしても解決しなければならない大きな問題を抱えていた。
“聴”能力キキミミ!!を使い、難事件の真相を暴け!  (制作サイトより引用)


第4回 PLiCyゲームコンテスト シナリオ部門・金賞受賞作品。

“聴”能力捜査官である主人公・ヒナタ。
“キキミミ”という、探しものの位置を“音”で聴いて確認できる能力を持っています。
そのキキミミを駆使して、事件を解決していくストーリー。
音が重要なキーポイントになっていますので、音声必須、ヘッドホン推奨です。
MV製なのでブラウザ版もありますし、アンドロイドの方はアプリ版もリリースされています。
私はダウンロード版でプレイさせて頂きました。

ストーリーは何章かに分かれており、EPISODE1~FINALまで全10章。
元々はひとつずつ配信されていたのを纏めたので"Complete"というタイトルのようですね。

ゲームを始めると、オレンジの画面にポップなタイトルが。
キャラクターは、デフォルメされた感じの絵柄でとても可愛いです。
音を手掛かりに探索というのも、上手くできるかな?と少し不安でしたが、分かり易かった。
こちらの作者さん、過去作でも音がキーポイントになる作品があるのですが、
それよりも分かり易くなっていたと思います。

そして嬉しい驚きだったのが、同作者さん制作「迷☆探偵の助手」シリーズに登場する
大和さんというキャラクターがが絡んでくるということ。
この作者さん、作品同士がリンクしていることがないので意外でした。
プレイ後に制作サイトさんを拝見したところ、どうやら大和さんにスポットを当てた
スピンオフ作品として制作されたゲームというようなことが書かれていました。
なるほど、確かに脇役というより重要なポジションとして登場しています。
桜木町のMAPには空木探偵事務所の位置も示されるのですが、そこで同シリーズの
千穂や御影くんが相変わらずドタバタやってるんだろうな……と想像すると、街が愛おしく感じられました。

見た目もポップでスタイリッシュですし、そのイメージ通りに最初は軽快な雰囲気で始まりますが、
捜査が進むにつれ徐々に事件の真相……思いがけない隠された闇が見えてきます。
軽快から警戒へ。なんちゃって。
誰もが怪しく思えてくる手に汗握る展開で、ミステリーとしてとても楽しめました。
ヒナタの大和さんへの淡い恋心も見どころです。大和さんファンの女性はご覚悟を(笑)
大和さんはまだクールな対応ですが……続編も制作中のようですし、これからが楽しみな2人です。
拍手する

思い出の記憶

2018年07月05日 20:00

思い出の記憶【タイトル】 思い出の記憶
【制作】 サラ様 (twitter

思い出の記憶
【ジャンル】 ホラー&探索型アドベンチャー
【対象】 12歳(中学生)以上推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 3時間程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 189MB
【公開日】 2013年5月27日
【プレイver.】 1.02

病気で母を失い、事故で父を失った少女、レイ。
ある時レイは、祖父であるルイフから『北の館』で父が死んだと知らされる。
そのことをきっかけに、レイは父の死因を突き止める覚悟を決める。
やがてレイは、様々な怪奇現象が起こると聞く『北の館』へ一人、足を踏み入れるのであった――。
(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

サラ様制作、記憶(北の館)シリーズの第2作目。
このシリーズは「北の館」という名称の洋館を舞台にしているのですが、
毎回、登場人物も館の「正体」も異なるようです。
昔プレイさせて頂いた、第1作目の「白黒~モノクロ~の記憶」は、
探索ホラーゲームながらやや女性向けな恋愛ストーリーがとても魅力的で。
続きもぜひやりたいと楽しみにしていた作品です。
こんなに遅くなりましたが、ようやくプレイできましたヾ('ω'*)ノ

キャラクターは恐らくツクール系の素材を使用されていると思うのですが、
この作品の為に書き下ろされたのか?と思う程見事にぴったり。
特に男性陣はイケメン揃いでイイ……!
前作の細かい記憶は残念ながら曖昧なのではっきり比較できないものの、
今作はホラー度がアップしていたように思います。油断しているとビクっとさせられました。

そして今回、途中のミニゲームがかなり……かなり難しかったです。
もうこれクリアできないんじゃと心が折れそうになった瞬間もありました。
(プレイした方でないと分からないでしょうが、黒豹のところです)
制作サイトの謎解き&ミニゲームのヒントの中にアドバイスがあるので、
詰まった方は参考にすると良いかもです。
私はヒントを見ずに一生懸命やって、何とかクリア。突破できて良かったー。・゚・(ノД`)・゚・。
難しかったですが、頑張ってクリアするゲームの醍醐味を味わえたとも言えるでしょう。

ストーリーは期待通りに秀逸でした。
ホラーだけに残酷な面がありつつも、終盤の思いがけない展開に魅了させられる展開です。
そしてそのストーリーを盛り上げるように、キャラクターが面白く、魅力的でした。
クリア後のおまけ部屋に行くと、キャラクターについての作者さんのコメントが見れるのですが、
あるキャラクターが一番人気のようで、例に漏れず私も彼が大好きです。
ちなみにおまけ部屋では、前作のキャラクターとも会うことができます。
それを見て、あー、そうだった!と記憶が蘇りました。
まさに、プレイヤーの思い出の記憶、ですね。

エンディングは一応2種類と表記していますが、分岐なしの一本道です。
ん、どういうこと?と思った方!
そこがこの作品の面白いところなので、ぜひプレイしてお確かめ下さい。
拍手する

眠れない夜に

2018年06月16日 21:22

九州壇氏のノベル工房【タイトル】 眠れない夜に
【制作】 九州壇氏のノベル工房 九州壇氏様

眠れない夜に
【ジャンル】 サウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 1時間半程度
【ツール】 NScripter
【容量】 37.7MB
【公開日】 2016年12月24日
【プレイver.】 1.04

舞台は、秋の福岡。
なんとなく眠れない夜を過ごしていた俺は、彼女をドライブに誘う。
彼女は苦笑しながらも了承してくれた。 (ふりーむ!作品ページより引用)


第12回 ふりーむ!ゲームコンテスト 健闘賞を受賞された作品です。

実在の街・福岡を舞台にしたノベルということで、興味を持ってプレイさせて頂きました。
作者の九州壇氏さん、ずいぶん昔からノベルゲーム制作者としてご活躍なのは
存じていたのですが、今作が初プレイとなります。

秋の夜長にドライブする僕と彼女のストーリー。
物語は、高校時代の回想からスタートします。もうそれが、ああ、青春だねぇ……という。
個人的な嗜好でしかないんですが、青春ど真ん中のストーリー、わりと苦手なんです。
その後も大学生になった2人のドライブシーンも、個人的な苦手が続きました。
あぁ、青春だねぇ……。
苦手ジャンルなんですが、まぁ、白状すると羨ましいですね。ハイ。

しかし中盤まで読み進めて行くと、これぞ真っ当な青春だと思っていたものが
何やら違う側面を見せ始めます。
ラブストーリーには違いないものの、ただのラブストーリーじゃない。
「眠れない夜に」というタイトルも、最初に感じた印象とは全く違った意味を持って心に迫りました。
その辺りのどんでん返しはお見事。
読み終わって、ああ、あそこの何となく違和感のあった台詞は伏線だったのか、と気付かされます。

そしてこの作品、福岡が舞台とのことで、背景も実際の福岡の景色なのです。
そこもすごいと思いました。
道路と建物の中までは定かではありませんが、浜辺とか街中、ゲームセンター辺りはそうですね。
車や人が映らないように撮影されるの、大変だったのではないかと思います。
この作品のために撮り歩かれたのでしょうか。大変そうですが、そういう作業も何だか楽しそう。
終盤に登場する建物の中の写真、ここもまさか本当にあそこなのか!?と確かめたくなってしまいました。
拍手する

私の勇者ちゃんが!

2018年06月11日 20:00

babycast【タイトル】 私の勇者ちゃんが!
【制作】 babycast 涙様

私の勇者ちゃんが!【ジャンル】 ゆるファンタジー女性向けネタゲー
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 10分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 10.9MB
【公開日】 2018年5月11日
【プレイver.】 1.00

ついに魔王城にたどり着いた勇者(主人公)は、魔王と対峙するが……
(ふりーむ!作品ページより引用)


あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「おれは 乙女ゲームをプレイしていると思ったら いつのまにかネタゲーをプレイしていた」

な… 何を言っているのか わからねーと思うが おれも 何をされたのか わからなかった…

いや、紹介文にちゃんとネタゲーって書いてあるんですけどね。
久しぶりにお腹抱えて大笑いしました。
これ、素敵すぎます。
ネタゲーなんですけど、なぜか魔王さまに萌えてしまう。
乙女ゲーとしても案外イケル。素晴らしい作品です。

こちらの作品、

うろ子さん(@urokoScale)主催の企画「ゴールデンウィークだよ!一週間ゲーム製作大会」に
参加させてもらい作ったゲームです。(6日遅刻)


とのこと。短期間で制作されたようでアフターストーリーまで見てもトータル10分程度の短編ですが、
キャラクターもとても美しいし、ネタも好みで最高に楽しめました。
どの程度笑えるかどうかは個人のツボ次第な気もしますが、
ファーストインプレッションのインパクトがすごいので、一度はプレイしてみて欲しいです。

ちなみに、これ周回プレイ前提なので、衝撃のあまり1周目でゲームを閉じないようご注意を。

※以下、ネタバレではないのですが一部伏せます。プレイ後の閲覧を推奨。

この作品、一応名前が変えられるのですが、【ケンシロウ】に変更して2周目やりました。
2回目なのに、ひとりツボに入ってウフフアハハと笑っておりました。
拍手する

胡蝶夢

2018年04月26日 19:18

泥中花【タイトル】 胡蝶夢
【制作】 泥中花 夕星様

胡蝶夢
【ジャンル】 短編ホラー乙女ADV
【対象】 15歳以上
【ED数】 3種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周7分(トータル20分)程度
【ツール】 ティラノスクリプト
【容量】 76.0MB
【公開日】 2018年2月26日
【プレイver.】 1.00

私は、電車の中で目を覚ます。
どこへ、何のために向かおうとしていたのか――『私』は、誰なのか。
何もかも忘れてしまった私に、メッセージアプリからの通知が届く。 (制作サイトより引用)



伝奇ホラー風のアドベンチャー。恋愛要素あり。
ただし、甘い恋愛という訳ではないので一般寄りかも。

ティラノスプリクト製で、ブラウザ版・Win版・Mac版と3点勢揃いなのが嬉しいところです。
私は当初ブラウザ版でプレイを始めたのですが(FireFox)、途中まで順調にプレイできたのに
バックログを見た後に挙動がおかしくなってしまい、ダウンロード版で再プレイしました。
ダウンロード版は画面がやや小さいものの、ブラウザ版よりすっきりしていて見易かったです。

乙女ADVとは言っても、描かれているのは恋愛未満の恋心程度です(あくまで主人公側から見て、ですが)。
最初は読者側としても何が起こっているかよく分からず、エンディング後はうっかりホッとしたのですが、
Extraの解説を読んで一転、ゾッとしました。うーん、これは不穏ですね。
こういう心理的なホラーはとても好きです。
立ち絵なしのノベルゲームでなのも、却って想像力を掻き立てられました。

このゲームもカテゴリーを迷ったのですが、ホラーとしておきます。
個人的に色々と妄想力を掻き立てられて悶えたので、乙女ゲー好きな方にもお勧めしたいです。
拍手する


最新記事