好きだ!好きだ!大好きだッッ!!

2018年09月18日 20:00

籠の街【タイトル】 好きだ!好きだ!大好きだッッ!!
【制作】 籠の街 稲海様

好きだ!好きだ!大好きだッッ!!【ジャンル】 ラブコメノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【スチル数】 4枚
【プレイ時間】 1周5~15分(トータル30分)程度
【ツール】 Ren'Py
【容量】 128MB
【公開日】 2018年5月5日
【プレイver.】 1.00

夕暮れに染まる教室。
二人きりの男女。
見つめ合う目と目……
そう、ここまで読んだ貴方ならお気付きかと思う。

私は、断じてコイツのことなんか好きではない!!! (readmeより引用)


選択式のノベルゲーム。
作者さんの公式サイトが、前作「籠の街」の作品サイトなのでそちらにリンクさせて頂いています。

こちらは「ゴールデンウィークだよ!一週間ゲーム製作大会」に参加で作られた作品のようです。
確かに短編ですが、ストーリーも丁寧だし、絵も綺麗だし、一週間で作ったとは思えない良作です。

断じて好きではない!!!って、ダイエット中の女子がスイーツを前にして言っているぽくて、ちょっと笑えます。
しかし、個人的にちょっと苦手な青春ラブコメノベル……と思いきや、不覚にも感情移入してしまいうるっときました。
学生時代の、打算も計算もなくただただ相手が「好き」だった感情を思い出したというか。
知られるのが怖くて、好きなのに好きじゃないよ?ってフリをしてみたり。
いつも相手のことを目で追いかけて、ひとつひとつの仕草をあぁ好きだなぁ、と思ったり。
コメディタッチなのですが、単なるドタバタ劇や上っ面の会話ではなく、感情が丁寧に描かれていたと思います。

最初は月子ちゃん視点で物語が進んで行きます。
エンディングは2つ。進展あり、なしに分かれます。
どちらに転んでも、それはそれであぁ、青春だなぁ……と思える終わり方ではありました。
ただっやっぱり、進展ありのエンディングでは、ちょっと甘酸っぱくて身悶えしそうでした。
良いですねぇ良いですねぇ(*´∀`*)

そして、クリア後からは連くんでのプレイが出来るようになります。
月子ちゃんルートで見た展開を連くんの視線で見ていくことになるのですが、全く同じという訳ではなく。
月子ちゃんが連くんに惚れた理由は何となく分かるんですが、
連くんのストーリーを見ると彼が何故月子ちゃんを好きになったのかも分かります。
連くんルートも進展なし・ありの2種類のエンディングあり。
こちらの進展ありエンドは、月子ちゃん編より更に甘くて、更に身悶え(*/∇\*)

何か、こう、清々しい良い気持ちを分け与えて貰えた気分です。ありがたや。
読んで良かったと思いました。
拍手する

サイレントフィリア

2018年08月31日 20:00

箱庭のイデア【タイトル】 サイレントフィリア
【制作】 箱庭のイデア 栄崎様、すけ様

サイレントフィリア
【ジャンル】 宝探しADV
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類(+α)
【プレイ時間】 1周40分(トータル1時間40分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 189MB
【公開日】 2018年2月1日 (ダウンロード版)
【プレイver.】 1.03

見知らぬ屋敷の部屋で目を覚ましたクラード。
目の前には、どうやら人形にされてしまった一人の女性が。
彼女が誰だか思い出せないが、大切な人だったという記憶だけはある。
戸惑うクラードの前に突如謎の双子が現れ、彼女を助ける薬と引き換えに
この屋敷で「宝探し」をするよう求めるのだった。


ツクールMV製の探索ゲーム。
ダウンロード版とブラウザ版が別々に公開されています。
こちらのページのタイトルからは、ダウンロード版の作品ページにリンクさせて頂いています。
私はダウンロード版でプレイしましたが、シンプルな操作なのでブラウザ版でも遊びやすそう。

ふりーむ!さんのブラウザ版の作品ページはこちら→

見知らぬお屋敷で目を覚ました青年、クラード。
目の前には人形のようにものを言わぬ女性が。
彼女が誰だか分からないクラードですが、とても大切な人だというのは記憶にある様子。
そんなクラードの前に突如現れた双子のような子供たち。
女性を助ける薬と引き換えに、双子たちの言うがまま御屋敷での宝探しをすることになります。

このストーリーだと双子が悪者のパターン……っぽいのですが、この子たち憎めません。
物言いが独特で面白く、双子のトークを見るのがプレイ中最大の楽しみでした。

探索は難しくなく、次はどこに行けばいいのかヒントが貰えます。
プレイしていて思ったのが、サクサク進むように動線が考えられているなぁと。
自然に進めるようユーザビリティに配慮されていて、ストレスなく快適にプレイできました。

エンディングは3つ。
最初は、恐らくひとつのエンディングにしか辿り着けないようです。
2周目からがこの作品の真骨頂だと思われます。
少しだけ難易度が上がって、これどこだったっけ!?と一層宝探しを楽しめました。

謎解きは難しくはないと思いますが、ロジカルな謎いうよりは閃きが必要な感じかも。
制作サイトさんに攻略情報があります(ただし、答えズバリではなくヒントのみ)。

主人公たちの人物の設定上、色々考えさせられる複雑なストーリーではありましたが、
登場人物たちのそれぞれ懸命な姿が印象的でした。
そして、前述のしましたが双子のキャラ、ほんと最高です。
色鉛筆で描いたようなお屋敷の背景も綺麗ですし、完成度の高い作品だと思います。
拍手する

描き変える記憶

2018年08月29日 20:00

描き変える記憶【タイトル】 描き変える記憶
【制作】 サラ様 (twitter

描き変える記憶
【ジャンル】 ホラー&探索型アドベンチャー
【対象】 12歳(中学生)以上推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 2時間~2時間半程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 368MB
【公開日】 2014年1月8日
【プレイver.】 1.02

物語を描くことが好きな少女、シャルル。
ある時彼女は、知らぬ間にとある館で目を覚ます。
そう、その館は……。
誰も寄り付かない森の奥の奥……。
死神の棲む『北の館』――。 (制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

第10回 ふりーむ!ゲームコンテスト 探索アドベンチャー部門で銀賞を受賞された作品です。

サラ様制作の、記憶シリーズ(北の館シリーズ)第4作目。
続編の有無は明らかにされていませんが、今のところこちらが最終作品です。

このシリーズ、どれもストーリー展開がドラマチックでとても面白くいのです。
中でも今作が一番好きかもしれません。
これまたシリーズの特徴である「ホラー」と「恋愛」のコラボもばっちり描かれています。
良いですね良いですねぇ(*´∀`*)

今までの作品は、北の館に辿り着くまでのプロローグがしっかりあり、キャラクターを操作して
見ていく作りだったのですが、今作では文章での簡潔なプロローグのみ。
主人公がいきなり暗い館の中で目を覚まします。
キャラクターもプレイヤーも、なぜここにいるのか分からない状況からのスタートです。

細かいところですが、主人公の少女の名前が初っ端から気になりました。
シャルルって男性名では……!?
まぁ、実際この名前の女性もいるのかもしれないし、おまけにファンタジーなので
気にする所じゃないだろうと分かってはいるのですが。
自分の中でがっつり男性のイメージの名前だったので、ちょっと違和感ありました。

最初は、シャルルひとり心細い状態で探索していくことになります。
脅かしなどホラー要素もあるものの、怖すぎることはありません。
何というか、妖しい「影」たちも話しかけるとフレンドリーに会話してくれたりするので、
そういう面も怖さを和らいだ一因だったかなと。
むしろ序盤のちょっとしたアクション(敵から逃げる)が難しく、そちらに少々手こずりました。
よく分からないタイミングと場所で突如敵が出現するので、何度やっても上手く逃げられなくて(・ω・`)
ここだけはちょっと理不尽さを感じました。

探索は、きちんとやれば順調に鍵がひとつずつ手に入っていく感じで、さくさく進めます。
即死要素はあるものの、何かここ怪しいという予感がするので、回避可能なところが多かったです。
(でも確かめたいから、セーブ→敢えて突っ込んでゲームオーバー回収するという運命なんですけどね)
ただ私は序盤で一ヶ所詰まってしまい、「詰んだ!」と思って制作サイトさんの攻略を拝見しました。
難しいことではなく、単なる探索不足でした……。

そして、途中で同じように北の館を彷徨う仲間たちと出会うことに。
仲間がいるって心強いです。
どのキャラクターも尖りすぎず平凡過ぎずの違った個性があり、魅力的でした。
謎解きは易しめのものから、やや工夫が必要なものまであり。
少し頭を捻ってうーんと考えるものもあり、面白かったです。

エンディングは2種類(のはず)。
最初はBAD ENDに辿り着いてしまい、その結末に「嘘でしょ……」と呆然としたのですが。
次にTRUE ENDを見て、その真相に衝撃と震えるような感動を覚えました。
シリーズのラストに相応しい(本当はラストでなく、続きがあれば嬉しいのですが!)素晴らしい作品だと思います。
拍手する

ツキの記憶

2018年07月21日 20:00

ツキの記憶【タイトル】 ツキの記憶
【制作】 サラ様 (twitter

ツキの記憶
【ジャンル】 ホラー&探索型アドベンチャー
【対象】 12歳(中学生)以上推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 2時間20分程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 386MB
【公開日】 2013年9月22日
【プレイver.】 1.03

身勝手な父親と優しい母親の間に生まれた少女、ステラ。
ある時少女の母親は行方をくらませ、父親は別の女性と再婚してしまう。
やがてステラを疎ましく思い始めた父親と新しい母親の計画により、
ステラは『北の館』へと辿り着く――。
(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

第9回 ふりーむ!ゲームコンテスト ホラー部門で銀賞を受賞された作品です。

サラ様制作の、記憶シリーズ(北の館シリーズ)第3作目。
今回の主人公ステラは、父親と継母から虐待を受けている哀れな少女です。
両親からの仕打ちは序盤でしっかり描かれていて、見ているのが辛かった……。
しかし、顔グラフィックは素材だと思うのですが、酷い父親がかなりのイケメンΣ('□'*)
いやー、ここはやっぱり歪んだ悪人面であって欲しかったです。
だって、イケメンだと心底憎めないじゃないですか……
何で優しかったステラの母親はこんな男と結婚したんだ、と最初は疑問でしたが、
その辺りの事情もストーリーが進むと明かされていきます。

今作も、前作に続きホラー要素が多めでした。
途中のメモや手記から察せられる北の館の正体が怖すぎる。
突然物が壊れる等の脅かし要素、追いかけられ要素もあります。
ただ前作のアクションがかなりきつかったので、比べると今回はかなり楽に感じられました。
脅かしも、それ程びっくりせずに遊べました(ホラー経験積んだので、慣れただけかもですが)。

北の館は広くて、しかも今回はちょっと特殊な構造になっており、探索中は結構迷いました。
が、攻略なしで何とかクリア。
道中には「なぞなぞ」もあり、程よい難易度で楽しかったです。

そして今作もストーリー展開が素敵。
最早シリーズの特徴でもありますが、がっちり恋愛要素があります。これがとても良い+(n'∀')n.+゜。.
更に、今回はストーリー中驚きの展開が待っていました。
えぇぇ、あれはこの為ので、そういうことだったのかぁぁ! という感じです。
これから遊ぶ方は、あまり穿ちすぎず、先入観なしでプレイした方が楽しめると思います。

○延々と→×永遠と
〇道理で→×通りで
のような、ありがちな誤字が散見したところは少々気になりました。
すごく良いストーリーなだけに、細かいところが目に付いてしまったかも。
拍手する

“聴”能力捜査官 キキミミ!!:Complete

2018年07月08日 20:00

LAb246【タイトル】 “聴”能力捜査官 キキミミ!!:Complete
【制作】 LAb246 LIKEMAD/ツシマユキヒロ様

“聴”能力捜査官 キキミミ!!:Complete【ジャンル】 ミステリーADV
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1時間45分程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 119MB
【公開日】 2017年3月30日
【プレイver.】 1.04

サイキックである主人公のヒナタ・スペンサーは、国際特別捜査局の捜査官。
捜査本部のある英国から、生まれ育った桜木町へと本部の命令で戻ってきた。
しかし、それは表向きの理由。
彼女はどうしても解決しなければならない大きな問題を抱えていた。
“聴”能力キキミミ!!を使い、難事件の真相を暴け!  (制作サイトより引用)


第4回 PLiCyゲームコンテスト シナリオ部門・金賞受賞作品。

“聴”能力捜査官である主人公・ヒナタ。
“キキミミ”という、探しものの位置を“音”で聴いて確認できる能力を持っています。
そのキキミミを駆使して、事件を解決していくストーリー。
音が重要なキーポイントになっていますので、音声必須、ヘッドホン推奨です。
MV製なのでブラウザ版もありますし、アンドロイドの方はアプリ版もリリースされています。
私はダウンロード版でプレイさせて頂きました。

ストーリーは何章かに分かれており、EPISODE1~FINALまで全10章。
元々はひとつずつ配信されていたのを纏めたので"Complete"というタイトルのようですね。

ゲームを始めると、オレンジの画面にポップなタイトルが。
キャラクターは、デフォルメされた感じの絵柄でとても可愛いです。
音を手掛かりに探索というのも、上手くできるかな?と少し不安でしたが、分かり易かった。
こちらの作者さん、過去作でも音がキーポイントになる作品があるのですが、
それよりも分かり易くなっていたと思います。

そして嬉しい驚きだったのが、同作者さん制作「迷☆探偵の助手」シリーズに登場する
大和さんというキャラクターがが絡んでくるということ。
この作者さん、作品同士がリンクしていることがないので意外でした。
プレイ後に制作サイトさんを拝見したところ、どうやら大和さんにスポットを当てた
スピンオフ作品として制作されたゲームというようなことが書かれていました。
なるほど、確かに脇役というより重要なポジションとして登場しています。
桜木町のMAPには空木探偵事務所の位置も示されるのですが、そこで同シリーズの
千穂や御影くんが相変わらずドタバタやってるんだろうな……と想像すると、街が愛おしく感じられました。

見た目もポップでスタイリッシュですし、そのイメージ通りに最初は軽快な雰囲気で始まりますが、
捜査が進むにつれ徐々に事件の真相……思いがけない隠された闇が見えてきます。
軽快から警戒へ。なんちゃって。
誰もが怪しく思えてくる手に汗握る展開で、ミステリーとしてとても楽しめました。
ヒナタの大和さんへの淡い恋心も見どころです。大和さんファンの女性はご覚悟を(笑)
大和さんはまだクールな対応ですが……続編も制作中のようですし、これからが楽しみな2人です。
拍手する


最新記事