たまよりひめ

2020年11月04日 20:00

Classic Pink【タイトル】 たまよりひめ
【制作】 Classic Pink

たまよりひめ
【ジャンル】 和風短編乙女ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【スチル数】 6枚
【プレイ時間】 1周20分(トータル40分)程度
【ツール】 ティラノスクリプト
【容量】 193MB
【公開日】 2020年8月31日
【プレイver.】 2.00

――夢か現か、蜃気楼か。

祖母の家で退屈な夏休みを過ごしていた少女、玉姫(たまき)は
村で変わった容貌の少年のソウシと出会う。
そして短い夏の間に交わした約束を果たすため、少女は再び村へ訪れる。

真夏の思い出の結末は。 (作品ページより引用)


ティラノスプリクト製のノベルゲームで、ふりーむ!とノベルゲームコレクションにて公開されています。

ふりーむ!の作品ページ→ ノベルゲームコレクションの作品ページ→

和風のタイトルと可愛いキャラクターが魅力的。
特に、ヒロイン玉姫の衣装が巫女さんっぽくて好きです。
お相手のソウシは何とフルボイス付き。

プレイを始めると物悲しい音楽が流れてきて、悲しいストーリーなのかな?と想像が膨らみます。
ふわりとした絵柄から勝手にほのぼの系の物語を想像していたので、ちょっと意外でした。

おばあちゃんの家のある田舎で出会った不思議な少年ソウシとの物語。
子供時代と大人になってからのキャラクター対比が面白いです。
成長して大人びているけど、きちんと面影を留めていて上手いなぁと思いました。

最後には究極の(?)選択を迫られるのですが、何だかどちらを選んでも辛い展開でした。
しかしこの物語、乙女ゲーではあるものの恋愛描写は薄いように思えます。
「たまよりひめ」のエンドでは、そんな選択ができる程、いつの間に想いを深めたのだろう?と。
これは愛?それとも呪縛なのでしょうか?

以下、これは言うと野暮かなと思いつつ、思わずにいられないことなのですが。
少々ネタバレになるので、反転しないと見えないようにしておきます。

異世界トリップものでよく書いているんですが、こういうの、残された人たちが可哀相(・ω・`)
玉姫一家は幸せな家族として描かれていたのに、恐らくその幸せは滅茶苦茶になったでしょう。
いっそ天涯孤独だとか、都合の良い設定にして欲しかったと思ってしまいます……。
その犠牲に目を瞑る程の覚悟や彼への愛が納得できるだけの描写がなかったように感じるので、
そこは惜しいなぁと思いました。


でも、後書きのエピソードでその辺りの悲哀も示唆されているので、
そこも意図された上で、哀愁ある物語として書かれているのかなとも思います。
拍手する

ルグレ

2020年10月24日 20:08

half【タイトル】 ルグレ
【制作】 half はる助様

ルグレ
【ジャンル】 ハロウィンもどきの捜索ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【スチル数】 1枚(差分あり)
【プレイ時間】 1周6分(トータル31分)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 18.0MB
【公開日】 2012年10月21日
【プレイver.】 1.01

森の奥の古びた屋敷に住むマルクス博士と主人公。
主人公は里帰りをするために数週間館を空けるが、
帰って来た時には、屋敷から博士の姿が消えていた……。 (制作サイトより引用)


主人公ミーナ(名前変更可)が、いなくなった博士の手掛かりを探して屋敷の中を探索するゲーム。
探索した箇所により、エンディングが変わります。

ハロウィン風ゲームとのことですが、ミーナの服装(魔女の帽子が可愛い!)以外は
あまりハロウィンさはなかったです。
帽子だけでなく、ミーナちゃんの髪色がすごく好きでした。

探索箇所はそこまで膨大でもないのですが、意外と難しかったです。
何度やってもノーマルエンドになってしまう(・ω・`)
ED2だけは自力到達したものの、残りは分からずヒントを拝見してしまいました。
ゲーム内のEXTRAの中からヒントが見られるようになっています。
(ただ、ヒントに間違いがあるとのこと。制作サイトの作品ページをご参照下さいね)

それにしても、一見微笑ましく見えるけど、この2人何かありそう……とは思っていたのですが。
EXTRAのおまけ拝見して、なるほどね、と思いました。
ちょっと闇を含んだお話です。
拍手する

エレメンタルクッキング

2020年10月23日 21:44

half【タイトル】 エレメンタルクッキング
【制作】 half はる助様

エレメンタルクッキング
【ジャンル】 ツンデレを弄ぶエセハロウィンゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 8種類
【スチル数】 8枚
【プレイ時間】 1周8分(トータル46分)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 17.1MB
【公開日】 2011年10月27日
【プレイver.】 1.01

ハロウィン乙女ゲーム。
魔女&吸血鬼の組み合わせは同作者さんの「とんがり帽子の魔女ミコラ」でもありましたが、
良い組み合わせです。

乙女ゲーと言っても、この2人、まだ(?)ラブラブな関係ではありません。
ただストーリーを進めるとお互いがどう思っているのかが垣間見え、その微妙な距離感が良かったです。

ゲーム前半は会話パート、後半で料理パートとなり、作った料理次第でエンディングが分岐します。
料理は材料・調理器具・調理法を選び、デザートとメイン、スープを作るというもの。
最初はどうすれば良いかよく分からず、ことごとく失敗しました。
ただ、何度かやっていると「あー、こういうことね」とコツが掴めてきます。
新しい料理が出来ると嬉しいよ('-'*)

エンディングは8つあり、自力で7つまではクリア。
エンディング7だけがどうしても埋まらず、制作サイトさんの攻略を拝見しました。
最後に見たエンディングはちょっと異色で、ちょっぴりゾクっとしましたよ。
自力コンプを目指すとそれなりに時間はかかりますが、1周10分弱でプレイできます。
9年前のリリースと少し旧作ながら、今でも楽しめる作品でした。
拍手する

Halloween Dress

2020年10月11日 19:24

Beans Garden【タイトル】 Halloween Dress
【制作】 Beans Garden ヤママメ 様

Halloween Dress
【ジャンル】 コメディお着換えミニゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周15分(トータル17分)程度
【ツール】 Unity
【容量】 876MB
【公開日】 2019年10月30日
【プレイver.】 1.01

子供の姿になってしまった魔女が元の大人の姿に戻る為にお着換えしたりする話です。
(制作サイトより引用)


コインを貯めつつ、服をゲットするのが目的のミニゲームです。
制作サイトさんと、ふりーむ!でダウンロード可能。
このページの作品タイトルからは、ふりーむ!のページにリンクさせて頂いています。
Unity製なのですがどうやらダウンロードのみで、ゲームのボリュームの割に容量が大きいのは難点かも。

可愛い魔女のリネンと、見た目とは裏腹な好青年(?)のヴァイン、
そしてこれまた見た目とは裏腹に変態っぷりを垣間見せるシグマという青年が登場。
ちょっと乙女ゲーっぽいですが、恋愛未満な感じですね。

ゲームとしては、魔法の鍋にお菓子を放り込んで服をゲットしていくのが目的。

トリックオアトリートでお菓子を集める→鍋に入れるとコイン、稀に服をゲット
→貯めたコインでシグマのお店で特別なお菓子を購入→特別な服ゲット という流れです。

服は4種類で、そのうちひとつだけは、手に入れる為に特別なお菓子が必要です。
ノーマル服に関しては、鍋にお菓子を放り込みまくっているといつの間にかゲットしている感じでした。

序盤は、トリックオアトリートと鍋を連打して、コインを集める単純作業になっちゃいました。
コインを貯めるとシグマのお店で特別なお菓子が買えるのですが、これが案外高い。
え、これ、この数のコインを貯めるまでずっとクリックするゲームなの?と思いましたが、
ヴァインとコインを賭けたゲーム(数字が大か小かを当てる、シンプルなゲーム)が出来るので、
後半はひたすら彼とのゲーム三昧でコインを増やしてました。

しかし、頑張って良かったです。ゲットできる服が予想以上に可愛いかった!
リネンさん自身がそもそも可愛いので、どの服も似合うのです。
私はフランケンドールが好きだったので、ほぼそれを着せていました。可愛すぎる……('-'*)
シグマの気持ちがちょっと分かる気がします……。
衣装を着替えてヴァインやシグマと会話すると、内容も変化するのでそこも楽しみでした。

最後の服を手に入れたら、ヴァインかシグマに会いに行くとエンディングです。
そこもゲーム中でメッセージが出るので、どうすれば良いか迷わなくてよい親切設計でした。

先に書いたように恋愛未満な終わり方ではありますが、ほのぼのとしていて癒されますね。
ただ、シグマはやっぱり変態っぽい。
実はこの人、故意に大人になるのを阻止しているのでは……と勘繰ってしまいます(((゜Д゜)))

制作サイトを拝見すると、現在続編ゲームを制作されている模様。
今度こそリネンはセクシー(に違いないと勝手に思っています)な大人に戻れるのか!?
そちらも楽しみです。
拍手する

しようよ七海君!

2020年09月29日 20:00

しようよ七海君!ノベルゲームコレクションのページ【タイトル】 しようよ七海君!
【制作】 柘榴雨様(twitter

しようよ七海君!
【ジャンル】 短編ラブコメ
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 13分程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 98.5MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年8月31日
【プレイver.】 1.3

熊籠野太子15才! 今日、七海君としてみせます!
付き合って1か月の七海君と、えっちな事がしたい!
野太子はあの手この手で、七海君を誘惑するのだが――!? (作品ページより引用)


ティラノスプリクト製で、いくつかのサイトで公開されているようです。

ふりーむ!の作品ページ→ 
ノベルゲームコレクションの作品ページ→ 
フリーゲーム夢現の作品ページ→

このページのタイトルとバナーからは、ノベルゲームコレクションの作品ページへリンクさせて頂いています。

ちょっとドキッとするタイトルと、七海君のイケメンっぷりにも惹かれてプレイさせて頂きました。

野太子ちゃんが、あの手この手で彼氏の七海君を誘惑するという。
その徹底っぷりに、呆気にとられつつも感心してしまいました。
所々でボイスのSEが入るのですが、それがまた笑えます。

内容はぶっ飛んでいるものの、最後は意外とシリアス。そしてホッとする終わり方でした。
目標は達成できずとも、目的は達した……と言ったところでしょうか。
誰の言葉なのか忘れてしまいましたが、
「努力しても報われないときは、努力の方向性が間違っていないか考えた方がいい」
という意味の言葉を聞いたことがあります。
はどう考えても方向性が間違っている気がしますが、報われて良かった良かった。

しかし、冒頭で野太子ちゃんの名前、ギャグだと思って「何て名前だ!」と突っ込んでしまったのですが、
最後まで読んで何だか申し訳ない気持ちになってしまいました……。

それにしても、もし2人が結婚したら、裸エプロンとか、自分にリボンを巻いて「あたしがプレゼント★」とか
普通にやりそうですよね、野太子ちゃん。
そういうお話も見てみたいような……見るのが怖いような(笑)
そこは想像して楽しむのが吉なのかな。

末永くお幸せに。
拍手する


最新記事