ハロウィンの夜のマージナル

2018年11月20日 23:08

HACKMOCK【タイトル】 ハロウィンの夜のマージナル
【制作】 HACKMOCK ムー子様、あしたま様

ハロウィンの夜のマージナル
【ジャンル】 弟子と師匠の謎解きADV
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【スチル数】 3枚
【プレイ時間】 1周5分(トータル8分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 28.7MB
【公開日】 2017年10月31日
【プレイver.】 1.00

ハロウィンの準備の最中、偶然見つけた一冊の絵本。
それは、アリサが子供の頃、師匠が彼女に残した暗号の魔法書だった。
今に至るまで解けないというその謎に、アリサとリオは挑戦することに。


こちらは、ハロウィン限定公開作品です。
制作サイトさんにて11月末までの期間限定で再公開されています。


HACKMOCKさん制作「午前0時のマージナル」のハロウィンスピンオフ作品です。

ハロウィンの飾りつけの最中、偶然見つけた懐かしの本から広がっていくお話。
物語の中心となる謎解きがひとつありますが、難易度は易しいです。
解答も選択肢ですし、全エンド見るためには結局どれも選ぶので、迷うことはないかも。

アリサの過去もちょっぴり垣間見え、思い出を懐かしそうに話す彼女の様子に
見てみるこちらも何となく暖かい気持ちになれました。
リオとの距離感は相変わらずかもですが、最後の展開は良い感じ。
うむ、これは謎解きゲーじゃなくて乙女ゲーだな!

ハロウィン特有の色合いは控えられているので見た目はハロウィンっぽくないですが、
ストーリーはきちんとハロウィンモチーフですし、本の中にカボチャが登場したり、
カーソルがお化け(くるくる回って可愛い!)だったりと細部にハロウィンっぽさが散りばめられています。

何だろう、アットホームな感じが何となくクリスマスな雰囲気にも合う気がしましたので、
ハロウィン過ぎたとはいえ、これからプレイしてもしっくり来る作品ではないかと思います。
拍手する

嘘つきハロウィーニアス

2018年11月19日 20:00

HACKMOCK【タイトル】 嘘つきハロウィーニアス
【制作】 HACKMOCK ムー子様、あしたま様

嘘つきハロウィーニアス


【ジャンル】 お土産選びお手伝いADV
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周3分(トータル7分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 75.0MB
【公開日】 2016年10月28日
【プレイver.】 1.00

ハロウィンのお店を訪れたクラウス。
恋人へのプレゼントに彼が選んだものは……?


こちらは、ハロウィン限定公開作品です。
制作サイトさんにて11月末までの期間限定で再公開されています。


HACKMOCKさん制作「嘘つきジーニアス」のハロウィンスピンオフ作品です。

ゲームのアイコンがクラウスの顔になっていて、それもちょっと可愛いのです。
プレイを開始して、縦長の画面にまず「おおっ」と驚きました。
そして、いきなり登場するクラウス。どうやら新しくできたハロウィンのお店に買い物に来た様子。
この作品で目を引くのが、キャラクターの動きの演出でした。
表情が変わるだけでなく、キャラクターが揺れ動きます。
揺れ動くのは心じゃないよ。ボディだよ。
それを見て再び「おおっ」と感嘆。
シンプルなゲームだけに、こういう演出が活きてるなぁと思いました。

選択肢は、かぼちゃクッキーかコウモリの羽の2択。潔い。
まさにトリックオアトリートです。
お店には、入れ替わりでヒロインのロッテもやってきます。
ロッテちゃん、お顔が大人びたような!
彼女の笑顔の可愛さには癒されました。

2人の絡みはあまりありませんが、ハロウィンの日の絡みとシチュエーションが素敵。
相変わらず息を吐くように嘘を吐くクラウスですが、あのセリフは本気に違いない(*/∇\*)

この先の2人、もっと見ていたいなぁ……と溜息が出てしまいました。
こちらも短いながら、幸せそうな2人を見てにやにやできる素敵な作品でした。
拍手する

ハロウィンベルを鳴らして

2018年11月18日 20:01

HACKMOCK【タイトル】 ハロウィンベルを鳴らして
【制作】 HACKMOCK ムー子様、あしたま様

ハロウィンベルを鳴らして
【ジャンル】 乙女向け恋愛ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 7種類
【スチル数】 3枚
【プレイ時間】 1周4分(トータル18分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 10.8MB
【公開日】 2012年10月31日
【プレイver.】 1.00

カネモティアでの同盟国会議を終え帰国したお父様。
カネモティアには「ハロウィン」という風習があることを聞いたユーリは、
お父様と一緒に帰ってきた「婚約者」の彼とハロウィンを楽しもうとするのだが……


こちらは、ハロウィン限定公開作品です。
制作サイトさんにて11月末までの期間限定で再公開されています。


HACKMOCKさんの処女作「ロイヤルベルを鳴らして」のハロウィンスピンオフ作品。
2012年公開とのことですが、今まで知りませんでした。くっ。
嬉しいことに、11月末頃まで限定再公開されています。気になる方はお早めにどうぞ。

ユーリ姫やアルト様たちにまた敢えて嬉しい!
相変わらずユーリの笑顔は可愛いです。
そして、男性陣はイケメン度がアップしたような。
特に、アキバル様はりりしくなっているように思えます。いや、今回初めから素顔だからか……!?
お互い照れている姿とか、微笑ましくて良かったです。
セナは、相変わらずの保護者的なポジション。安定感あります。
私は元々アルト様が好きなんですが、この方の喰えない性格も健在で、
ユーリを手玉に取るそのお姿にときめきました。

元作品は、確かほとんどラブシーンのない健全な(?)乙女ゲーだったんですが、
今回は、な、何と!全キャラにキスシーンがあるのです。
うわぁ、見られて良かった。
やっぱり恋愛ゲームはキスシーンくらいあって欲しいと思う今日この頃なのです。
しかし、手をつなぐだけで真っ赤になるユーリですから、キスとか卒倒するんじゃないかと思ってたんですが、
何と言っても婚約者ですしね。少しは慣れたたのかな(*´∀`*)

短い作品ながら、幸福な2人の姿にお腹いっぱいになれる、満足度の高い素敵な作品でした。
拍手する

はぴはぴはろうぃん

2018年10月30日 20:00

はぴはぴはろうぃん【タイトル】 はぴはぴはろうぃん
【制作】 ちゃんとする サム様

はぴはぴはろうぃん
【ジャンル】 乙女向け微糖恋愛シュミレーション
【対象】 全年齢
【ED数】 8種類
【プレイ時間】 1周13分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 18.1MB
【公開日】 2013年10月31日
【プレイver.】 1.00

今年も毎年恒例のハロウィンパーティーがやってくる!
パーティー衣装を引っ張り出したけど、衣装はボロボロだった…。
タイムリミットは一ヶ月。ハロウィンパーティーに向けて準備をしよう! (制作サイトより引用)


森で材料を集めてお金を貯めてパーティー服を誂え、美容室で魅力アップし、
更に村人と話してダンスパートナーをゲットするという、やることがいっぱいのゲームです。

初回プレイは勝手が分からず進めたら、魅力ゼロの女になってしまいパーティーにさえ行けず orz
何度かやっていると、何となくコツが掴めてきます。が、まだ難しい。
ハロウィンに間に合えーと思ってアップしましたが、まだエンディングコンプできていません。

パートナーになる男の子は皆モンスターですが、造作が可愛くて癒されます。
町の女の子も、郵便屋さんも皆可愛い。
しかし、可愛い顔してサラっと怖い事言ってたりするので、単なるほのぼの世界だとは侮れません。

もう少しやりこんだら感想追加したいです。



拍手する

箱庭のハロウィン

2018年10月23日 20:00

Classic Pink【タイトル】 箱庭のハロウィン
【制作】 Classic Pink

箱庭のハロウィン
【ジャンル】 乙女向けシミュレーションゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 7種類
【スチル数】 7枚
【プレイ時間】 1周40分(トータル4時間15分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 49.9MB
【公開日】 2014年11月4日
【プレイver.】 1.03

とある村で行われるハロウィンまでの10日間をまったり過ごすゲームです。
村の手伝いをしてお金を貯め、ハロウィンの仮装衣装を集めたり
気になるキャラを訪問して親睦を深めて過ごします。 (ふりーむ!作品ページより引用)


架空の村を舞台にした、ハロウィンゲーム。乙女ゲームです。
主人公を操作し、お店のお手伝いをしたり、気になる男性と会話したりして過ごします。

キャラクター達はボイス付。フルボイスではありませんが、イベント等で時々喋ります。
絵柄も可愛いくて良い!
ただし、移動と会話の速度がかなり遅いのがネックです。
周回プレイ前提なのに、そこは残念。

最初は試行錯誤しつつのプレイになると思います。
ただ、思いのままにプレイすると、恐らく誰ともゴールインしない普通エンドになるかと。
一度クリアするとおまけ部屋で各エンディングへのヒントが見られるので、
そこは見ておいた方が良いと思います。

お店で手伝いをすると、お金が貰えてハロウィンの衣装を購入できます。
衣装は31日の夜しか着られませんし、なくてもストーリーには影響しません。
おまけ要素ですが、可愛いので集めるのも一興かと。

たしあくまで乙女ゲームなので、ハロウィンの準備よりは攻略キャラとの交流がメインとなってきます。
積極的に会いに行ってもあまり台詞の変化がないので分かり辛いかも。
うまくフラグが立つと、突如イベントが起こったりします。

私は、金髪イケメンだけど無愛想で引き籠りがちなヴォルジョア先生が好きでした。
交流しているうちに、段々デレてくるのが可愛いったらありゃしない。
しかし、年齢不詳なのが気になります。
年齢を尋ねるシーンがあるものの、言い直しているし本当の事言っているのか怪しいという。
主人公の年齢は不明なのですが、皆から子供扱いされているので14歳くらいじゃないかと推測。
実はかなりの年齢差あるのでは?と思ってしまい……気になりますね。
見た目は公表年齢くらいの若さなので、言い直したのは気のせいなのかなぁ。

クリスは幼馴染で、わんこっぽいキャラです。
彼も年齢不明ながら、12歳くらいにしか感じないんですよね。
主人公のほうが年上という設定は出てきませんし、ほんと主人公がいくつなのか気になります。
クリスは、可愛いし良い子ですけど、あんまりときめかない。
ただし、制作者さんのブログの一部で、「将来イケメンの有望株」みたいなコメントをお見掛けしました。
やんちゃな幼馴染がいつの間にか大人のイケメンに、というのは憧れますね。

そして、2人の他に隠しキャラがひとり存在します。
後は、村に滞在する女の子と友情を深めるルートもあり。

エンディングは全部で7種類だそう。
私はヴォルジョア先生エンド以外は頑張っても辿り着けず、制作サイトさんの攻略を頼りました。
一番難しいエンディングへの攻略のみ掲載されているのですが、
それを辿って途中で路線変更すれば、全キャラとのエンドもコンプリートできちゃいます。

しかしこの難しいエンド、フラグ管理の難しい上、びっくりな展開で意外でした。
乙女ゲーとして、これで良いのか!?

この作品、クリスマス向けの続編が開発されていたようなのです。
ただブログの更新もなく、かなり前から停止されている様子。
制作日記を拝見していると、すごく面白そうな内容で惹かれます。
制作はご苦労も多いと思うので致し方ないとはいえ、プレイしてみたかったですね。
拍手する


最新記事