廃屋にて

2018年07月19日 20:00

月読みの里【タイトル】 廃屋にて
【制作】 月読みの里 黒時様

廃屋にて
【ジャンル】 ほんのりホラーチックな探索ADV
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 20分~35分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 12.7MB
【公開日】 2018年1月13日
【プレイver.】 1.04

血で汚れた日記の切れ端をきっかけに、彼らは民家の廃屋を探索することに決めた。
何かあることを期待して。
けれど、何も起こらないことを願って。 (制作サイトより引用)


ホラーゲームで王道の廃屋探索ゲーム。
タイトル画面のメニューが、●録画 ▶再生 ■停止になっているのが面白いです。
まるで、これから起こる出来事を記録するカメラを構えている気分でした。

定番の廃屋ものながら他の作品と一線を画しているのが、探索者が廃墟探索同好会のメンバーで、
きちんと許可を取って探索しているというところ。それだけで新鮮味がありました。
その設定を活かして、雨のそぼ降る暗い中で探索を強行する理由が
「許可を取れたのがその日だけ」だという説得力を生み出しています。
探索でも住人の以前の生活の痕跡がありますし、調査中のコメントも冷静かつ現実的で、
ホラー風のお化け屋敷探索というより本当に廃屋を調査している気分でした。
ただ、新メンバーである主人公が一言も喋らないのが気になるところ。
これは何かあるよな、と、爆弾を抱えつつ探索しているような不穏さがありました。

廃屋はそれ程広くなく、謎解きも易しめだと思います。
1周目はさっくりクリア。
予想外に消化不良な終わり方で、あれ?と思いました。オチは逆に予想の範囲内と言えるもので。
もうひとつのエンドは迷った挙句、制作サイトのヒントを拝見しました。
むー、確かに1周目でそちらに繋がる暗示的な台詞はあったものの、こりゃ分からないわー。

2周目の衝撃はそりゃあもう。恐怖度もさながら、え、嘘ぉ!?とびっくりしました。
まさか……まさか黒時さんがこんな作品をお作りになるなんてぇぇ。・゚・(ノД`)・゚・。
(すいません、勝手な偶像なんですけど、こんな怖い作品作られると思ってなかったんですよ……)
上手く引っ掛かったというか……思わず脳裏を過った予想が裏切られて動揺しました。
こちらのエンドに入ると、アイテムの説明欄にそれまでとは違ったコメントが追加されます。
それを見て、また更にぞわーっとしました。

脅かしや追いかけられ要素などの探索ホラーの定番要素はないので、ドッキリが苦手な方にもお薦めです。
拍手する

夢見草の夜

2018年07月18日 20:00

ゴリラの隠れ宿【タイトル】 夢見草の夜
【制作】 ゴリラの隠れ宿 ナイデン内田様

夢見草の夜【ジャンル】 探索型アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 2時間程度~
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 102MB
【公開日】 2017年7月23日
【プレイver.】 1.05

学校行事で山奥の神社に来た霊感の強い女子高生『夢見草五月(ゆめみぐさ さつき)』は
肝試し中に神隠しに遭ってしまう。彼女の運命は果たしていかに… (readmeより引用)


第9回WOLF RPGエディターコンテスト 総合6位他を獲得された作品です。
ふりーむ!さんの他、ウディコンのサイトからもダウンロード可能(エントリー番号【1】)。

学校行事での肝試しが切っ掛けで、怪異に巻き込まれていく少女の物語。
探索ホラーで、追いかけられ要素あります。
怖そうだったので躊躇しましたが、ウディコン上位ということで思い切ってプレイしてみました。

冒頭、宿泊先の神社の巫女さんが昔々の恋物語を語り始めます。
オチが幽霊譚になっており、あぁ、これからの展開に絡んでくるのだろうな、と。
場所も曰くつきですし、主人公の五月ちゃんは霊感の強い少女。
それが仇となって危険な冒険をする羽目になるのですが、この子はひとりぼっちではなく、
「福丸」という、常人には見えない不思議な生き物と一緒なのです。
傍にいるだけの癒しキャラとはいえ、ひとりじゃないというのは何となく心強いものでした。

初っ端の肝試しからお化けのグラフィックに力が入っていて、「うわぁ……すごいなぁ」と。
今は肝試しだけど、これからこれ以上のおっかない化け物が出てくるの?と戦々恐々としてました。

探索は、いくつかある神社を、順番に探索していくというもの。
神社は選べる訳ではなく、ストーリーが進むにつれひとつずつ行けるようになります。
建物に入ると、“〇〇神社 危険度:D” のような表示が……。
Dって低いよね?どの程度なんだろう?とドキドキ。
序盤から妖怪がウロウロはしていましたが、最初はさすがに逃げも謎解きも余裕でした。
あ、これなら頑張れる!と。
しかしステージが進むにつれ、危険度は上がっていきます。
ステージには難易度が選べる所もあるのですが、迷わずイージーを選びましたとも。
終盤では、最初の余裕が嘘のように化け物が溢れていて、溢れすぎていてむしろ笑えました。
化け物のグラフィックが多彩でちょっとB級感が漂っているのもあり、怖さより面白さが上回ったかも。

むしろ追いかけられ要素より、追いかける要素が難しかったです。
目標に近づきすぎず離れすぎず付いていくというステージなのですが、難易度高いよー。・゚・(ノД`)・゚・。
途中クリアできないんじゃね?と挫けかけた程。でも、何度もトライしてクリアしました。
突破できて良かった……。

五月ちゃんは屈託のない良い子で、その真っ直ぐさに好感が持てました。
月夜の風景や桜の木も美しかった。
オチも綺麗にまとまっていて良かったと思います。
ゲームの雰囲気も、洗練されているというよりは色んな面白いことをこれでもかと詰め込んだ感じで、
今まで好んでプレイしてきたゲームとは一味違う新鮮味を感じつつ、楽しんでプレイできました。

エンディングは2種類。
アナザーエンドの自力回収条件は、攻略を見て無理だ。と速攻諦めましたよ。
腕に自信のない方でもショートカットして見る方法が容易されていて、そちらでやらせて頂きました。
こういう救済措置は本当にありがたいです。
ショートカットを使えば、それほど時間もかからず2エンドとも見る事が可能。
ラストの一枚絵は美しいので、ぜひアナザーエンドまで見ておくべしです。

五月が怖い目に遭う原因となるキーパーソンの女性については、
作者さんが「どう思われるか気になる」と述べていらっしゃいましたので、少し書いてみます。
少々ネタバレもありますので、反転させないと見えないようにしておきます。閲覧にはご注意下さい。

※以下、ネタバレ注意

私は彼女を好きとまでは言えませんが、キャラクターとしてアリだとは思いました。
ただ、ズルいなぁとも思いました。
酷いことをしておいて、分かってるの。でも仕方ないの。と涙ながらに本心を語る。
これだと、被害者としても文句を言いにくい。
罪悪感があるのなら、いっそ本音を飲み込んで悪役を全うする強さを見せて欲しかったかも。



WOLF RPGエディターコンテスト
拍手する

Book Book Book

2018年07月14日 20:00

喫甘展【タイトル】 Book Book Book
【制作】 正午の夜喫甘展) 献科様

Book Book Book
【ジャンル】 かんたんミニ探索ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace(RTP不要)
【容量】 29.4MB
【公開日】 2014年6月1日
【プレイver.】 1.04

ミアは、おじいちゃんがどうしても読みたいという本を借りる為、
村の外れに住む魔法使いのエリーンさん家へ向かう。


20分程度で遊べる探索ゲームです。
謎解きや分岐はありません。
Bookというシンプルな単語も、3つ並べると途端に個性を放ち、インパクトがありますね。

こちらのツクールVX製とは別に、PLiCyにてFLASHのブラウザ版も公開されています。
ブラウザ版のプレイはこちらから→

童顔なのに巨乳という、けしからん少女ミアが魔法使いの家を探索します。
魔法使いの家というと、某魔女の家のようなおどろおどろしい家を想像してしまいますが……
意外と普通のおうちでした。
ただしそこはやっぱり魔法使いの家ないので、見た目とは異なり色々な仕掛けがいっぱい。
そこはかとなくエロい……いえ、危ない目に遭うシーンもあったりします(大丈夫、全年齢向けです!)。
上手くいかないとゲームオーバーになりますが、直前からリプレイできる親切仕様でした。

勝手に謎解きありだと思っていたのでやや残念に思ったものの、その分気軽に遊べました。
探索は丁寧にやっていると詰まる事はなさそう。
万が一進めなくなった場合は、ゲームファイル内に攻略テキストも同梱されているので安心です。

始終コミカル&ほのぼので、キャラクターも可愛くて癒されました。
ただ、ゲーム内でも明かされないおじいちゃんの所業が気になって仕方ないです。
拍手する

ツクモノガタリ~悪食鬼編~

2018年07月12日 20:00

WHGF【タイトル】 ツクモノガタリ~悪食鬼編~
【制作】 WHGF WH様

ツクモノガタリ~悪食鬼編~
【ジャンル】 ホラー風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 50分(トータル1時間20分)程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 39.6MB
【公開日】 2018年5月1日
【プレイver.】 1.00

いつもの如く、九十九に仕事の依頼をしに訪れた佐久間。
内容は人探しだが、鬼が関わっているかもしれないので一緒に来て欲しいという。
九十九も丁度気にしていた「川上の人食い鬼」に関わる話とのことで、
2人は共にに噂の川上村へと向かう。


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

今回は、鬼に関する噂の調査。佐久間氏と一緒に行動します。
ここまで全作プレイした方ならさすがにピンとくるかと思いますが、その鬼はどうやら九十九自身と
関係がある、というか関連性を匂わせる名で呼ばれているので、九十九自身も気になっている様子。

道中は、シリーズお馴染みのミニゲームを挟みつつの調査です。
妖怪からの追いかけられシーンは、やや難しかったけど前作ほどの苦労はしませんでした。
謎解きは、お馴染みの怪談にちなんだクイズ形式などあり。
分からない方でも、ちゃんと作中でヒントが見られるようになっています。
また、他の謎解きで股の通路を正解の方を辿っていくというところがあるのですが、
そこ、よく意味が分からなくて勘でクリアしてしまいました。
おお、さすが私日本人!分からなくても何となくでイケル!と妙に嬉しくなったり。
(後で気付いたのですが、これも傍にきちんとヒントがありました orz
更に後で意味も調べたところ、ちっとも分かってなくて正解はただのまぐれでした……)

そして今回も、終幕・壱(グッドエンド)には自力で辿り着けず。
終幕・弐を見た後、攻略を参考にして回収しました。
そちらでは思わぬ展開になったので、おお、見られて良かったー!と嬉しくなりました。
今作は、元ネタのことをさっぱり知らなかったのもあり、ちょっとお話が難しかったように思います。
ただ、今まで知らなかった日本の風習を色々と知ることができて勉強になりました。

九十九と佐久間氏は別行動も多いものの、合流したときの2人の会話は
今までもシリーズ中で一番濃かったように思います。
やっぱりこのコンビ、好きですね。
それから前回で少し触れた、送り狼さんと送り雀さんの物語もまた進展していました。
さて、別れた彼らがどうなったのかはプレイしてのお楽しみということで('-'*)

※、以下、ちょっとネタバレかもしれないので反転させないと見えないようにしておきます。
ネタバレが嫌な方は閲覧にご注意下さい。

前作がかなり九十九の過去とキャラクターに踏み込んだストーリーになっていたので、冒頭の流れから
今回ももしや、と期待しつつプレイしたのですが、そこは核心に触れてなく、あっさりしていました。
個人的にはまだ謎めいている九十九たちに魅力を感じるので、それもまた良し。
ただ、徐々に知っていければという期待もありますし、続編を楽しみに待ちたいと思います。
拍手する

死ンデル嬢と魔法使い

2018年07月11日 20:00

■なつの遊技場■【タイトル】 死ンデル嬢と魔法使い
【制作】 ■なつの遊技場■ 城本なつめ様

死ンデル嬢と魔法使い
【ジャンル】 微ホラー探索ADV
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 45分~1時間程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 18.5MB
【公開日】 2015年6月28日
【プレイver.】 1.6

賊に襲われ、皆殺しにされてしまったとある一家。
通りすがりの魔法使いの力でゾンビとして蘇ったお嬢様は、同じく蘇った執事・メイドと共に、
ゾンビ退治にやって来た人間に囲まれた屋敷から脱出しようと試みる。


※作者さんのお名前が、ゲーム本体、ふりーむ!さんのページ、ブログで全て異なるのですが、
 当記事ではゲーム本体のお名前で紹介させて頂きました。

ななかな珍しい、ゾンビのお嬢様が主人公のストーリー。
肌にちょっと血の気がないですが、デロンと崩れてはないのでキャラは可愛いです。
ただ、執事さんはお嬢様に顔を見られたくないようで、動物の頭蓋骨を被っているという。
彼の個性的な容姿は特に印象的で、良いスパイスになっていると思います。
しかし、仮面の下がどうなっているのか想像するとちょっと辛い……。
思い出いっぱいの自分のお家から逃げ出すというのも切ないです。

ゲームとしては、オーソドックスな探索&謎解きもの。
人間に見つからないよう行動するので、シーンによって行ける範囲が限られています。
ただ、まだ行けない場所へ向かおうとすると「こっちには行かないようにしよう」と言われて
強制的に止められるので、見つかるかもしれないという緊張感はほぼありませんでした。

探索はあまり迷うこともなく、さくさく進めます。
謎解きは……難しくはないと思うのですが、解き方に複数の解釈がある感じでやや苦戦しました。
数字のパスワードは、「おかしい、これで良いと思うのに」と何度も試したけど上手く行かず、
ちょっとやり方を変えたら正解できました。
この手の謎解きをやり慣れていると、逆に固定観念が仇になるかも?

執事を慕うお嬢様や、お嬢様を大事に思う執事&メイドのやりとりには始終和みました。
ただそれだけに、生前の彼らを思うと現状に胸が痛みますし、
探索中には悲しく残酷な傷跡の片鱗も見ることになります。
単にゾンビ嬢たち可愛い♪とか、逆にダークで救いがない、というどちらにも傾きすぎない、
両方の要素が入り混じった、バランスの良いストーリーでした。

エンディングは2種類。
分岐点は分かり易いかなと思います。
私はエンドA(HAPPYぽいの)→エンドB(BADぽいの)の順でクリア。
Aは、出だしの暗い気持ちを払拭するような、希望が持てる終わり方ですごくほっとしました。

以下、攻略を掲載しています。
重要な部分は反転させないと見えないようにしていますが、アイテム取得などについては丸見えです。
ネタバレが嫌な方は、閲覧にご注意下さい。
[死ンデル嬢と魔法使い]のヒント・攻略を見る
拍手する


最新記事