ツクモノガタリ~ゆうじょ編~

2020年01月12日 22:58

WHGF【タイトル】 ツクモノガタリ~ゆうじょ編~
【制作】 WHGF WH様

ツクモノガタリ~ゆうじょ編~
【ジャンル】 ホラー風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 50分程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 46.3MB
【公開日】 2019年12月6日
【プレイver.】 1.00

死んだ男が戻ってきたという「上総の戻り橋」。
佐久間からの依頼で、九十九は共に噂の調査へ向かう。


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

MHさん制作のツクモノガタリシリーズ9作目です。
今作は、九十九の秘密にぐっと迫ってきました。
ふりーむ!さんの注意書きにもあります通り、過去作から先にプレイするべしです。

今回はエンディング分岐なし、ミニゲームも易しめ、MAPもシンプルで誘導が多く、迷う箇所なし。
サクサクと進めました。
お馴染みの妖街も、いつもは目的の人物に会うためにかなり振り回されるのがパターンなのに、
今回はお使い少な目で、あっさり目的のセンリに会えちゃった。
謎解きや試行錯誤が好きな方は物足りないかもですが、ストーリーを追うのがメインとなります。
大好きな佐久間さんの影が薄かったのも個人的には惜しいところ。
ですが、その分前述のように九十九の過去に迫っています。
九十九がいつも以上に仄暗い雰囲気で、遠い人になっていくようでドキリとしました。

そろそろ10作目に届くということで、物語も佳境、なのかもしれません。
次回作が楽しみです。
拍手する

賢者と賢者の贈り物

2019年12月24日 23:58

蛇神の祠【タイトル】 賢者と賢者の贈り物
【制作】 ★Blue Comet(サイト閉鎖) 深嶺ユミア様

賢者と賢者の贈り物
【ジャンル】 探索アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周10分(トータル12分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 173MB
【公開日】 2018年10月30日
【プレイver.】 1.1.0

狐目の探偵シルバーフォックスことマシュー先生と、
その弟子(?)の少年ダニーの二人は見知らぬ屋敷の中で目を覚ます。
確か先生と一緒に依頼主の屋敷に行って、そこで火事に遭ったはずなのに……?
屋敷の謎を解き、二人で脱出しよう。
世界は思ったより優しくないかもしれません。 (作品サイトより引用)


とある館を探索するアドベンチャーゲーム。
作品ページにはプレイ時間20分程度とありますが、10分強でさくっとクリアできました。
探索範囲もさほど広くありませんし、謎解きもごく易しいものです。

マシュー先生とダニーのやり取りがコミカルで、微笑ましく思いつつプレイしていたのですが……
ラストの展開でやられました。
まさか、こんなにホロリとさせられるとは……。
何でしょうね、「世界は思ったより優しくないかもしれません」という紹介文が身に染みます。
苦しいのだけれど、プレイしていて心が清らかになるようでした。
拍手する

王家の棺

2019年12月17日 20:42

GAMESOLDIER.net 【タイトル】 王家の棺
【制作】 qbert 戸塚伎一様(代表)(GAMESOLDIER.net

王家の棺【ジャンル】 脱出ゲーム風ノベルゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1時間程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 156MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年9月13日
【プレイver.】 1.1

ふとしたきっかけでエジプトの地に訪れたアナタは、
呪われし古代王家の謎へと導かれていく……。 (作品ページより引用)


ティラノビルダー製でふりーむ!でブラウザ版、ノベルゲームコレクションではブラウザ・ダウンロード版がプレイ可能。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

昔のファミコンとかにありそうなレトロな雰囲気がたまらない、選択式アドベンチャー。
1983年に開発されたPCゲームという設定らしく、オープニングの演出からレトロゲーの雰囲気バリバリです
ちょっと荒いドット絵で描かれるエジプトの風景も素敵。

ただ、昔のゲームって、選択肢を選んだ時のレスポンスとか、ロード時間が長いとか、
システム面がスムーズでなくてなかなか歯痒いものですが、これはさすがにそこまでは再現されていません。
選択肢はクリックできるので、サクサクとストレスなくプレイできました。

ストーリーも、いきなり福引の大当たりでエジプトに行くことになったり、
そこから更にあり得ない展開になったりと、かなり強引ながら、そこもまたレトロゲーっぽくて良し。
王家の秘宝を捜すという、これぞアドベンチャーの王道!という展開はワクワクしますね。

プレイ前にレビューを拝見して「難易度が高い」という感想があったので覚悟していたのですが、
思ったよりスムーズに進んでクリアできました。
砂漠の探索でちょっと行き詰ったかと思ったものの、一か所行ってない場所があっただけでした。
きちんと探索すれば進んで行けます。
とは言え、その「きちんと探索」がなかなかムズイのかも。
特に方向音痴な方は、簡単にでもメモを取っていくと良さそうです。

ストーリーは大胆でシンプルなのですが、終盤の展開は思いがけないこともあったりで、手に汗握りました。
何度も、何度も断る選択肢を選び続けたのは私だけではないはず。
ゲームの雰囲気も、ストーリーも、ラストの演出も、ちょっぴり大人向けかもしれません。
拍手する

穴があったから入ってみた

2019年12月01日 22:58

あまなつ館【タイトル】 穴があったから入ってみた
【制作】 あまなつ館 あまなつ様

穴があったから入ってみた
【ジャンル】 ほのぼの系短編RPG
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【プレイ時間】 1周16分(トータル1時間12分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 27.6MB
【公開日】 2018年7月18日
【プレイver.】 1.02

穴に入って色んな世界へGo☆ (ふりーむ!作品ページより引用)


第10回 WOLF RPGエディターコンテスト 総合34位の作品です(エントリー番号【20】)。

以前にウディコンで見かけた時から気になっていたゲームで、ようやくプレイさせて頂けました。

タイトルのイメージから、たくさん穴があって探索していくゲームかな?と思っていまして。
概ねそうなのですが、穴の中の世界が思ったより広かった……!
道中は予想外の展開ばかりで、この先何が起きてどう決着が着くのかさっぱり見当が付きませんでした。
ちょっと奇妙な場所から癒しの場所まで、様々な風景が楽しかったです。

このゲームはエンディングが5種類あるのですが、特徴的なのが、エンディングを迎えても
そのままプレイを続行できるというところ。
つまり、エンディングを迎えて終了→セーブから再プレイではないのです。
ひとつフラグを立ててエンディング→そのまま次のフラグを回収して二つ目のエンディング……みたいな感じです。
エンディング毎プレイをやり直す必要がないので、ストレスなくサクサク進めました。

ただ、進むためには同じ場所を何回も通過しなければなりませんでした。
また、道が細いMAPが多いのにキャラクターが半歩移動なので、引っ掛かって進みにくかった。
特に二つ目は改善して欲しいなぁと思ったところです。

以前プレイさせて頂いた「世にも奇妙なおつかい」も不思議な雰囲気の作品でしたが、
こちらも独特な雰囲気を確立している作品です。


WOLF RPGエディターコンテスト
拍手する

狼少女と森の館

2019年11月13日 20:00

せんやも、いちやも【タイトル】 狼少女と森の館
【制作】 せんやも、いちやも 砂原みたけ様

狼少女と森の館
【ジャンル】 短編探索ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周6分~24分(トータル32分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 6.12MB
【公開日】 2015年4月
【プレイver.】 ?

ここはとある森の中。いじわるな狼たちはいつも森を通る人間たちを狙っていた。
そして主人公も一人前と認められるために一匹で初めて人間を探しに行く。
(制作サイトより引用)


突然連れ去られた館から脱出する探索アドベンチャーです。
狼と赤ずきんが登場しますが、物語は童話の赤ずきんとは全く異なります。

人間を狩るために人間に化けた狼の少女。
ボーイッシュな見た目だったので、タイトルがなければ少年だと思っていたかも。
そして、森の中で赤ずきんと名乗る男性と出会います。
赤ずきんが男という設定はなかなか斬新で、ちょっと驚きました。
人間を狩るはずなのに、全然襲わない狼少女。それどころか道に迷った彼を案内することに。
そしてその後に謎の館に監禁されるという展開です。

探索はさほど詰まることなく、サクサクと進めました。
館はそこそこ部屋数があるので、少し迷ったりもしましたが。
鍵やアイテムは必要な場所で自動で使ってくれるので楽ちんです。

館の中には鴉などがいて、最初は敵キャラで戦闘があるのかと身構えていました。
まぁ敵と言えば敵なのですが、戦う訳ではありません。触れても話を聞けるだけです。
赤ずきんと合流してから話しかけると、赤ずきんの台詞も聞けて面白いです。

エンディングのひとつは序盤で分岐点があり、5分くらいでクリアしました。
ただこれは、やっちゃダメだろうというバッドエンドっぽい終わり方です(END1)。
ちゃんとしたエンディング(END3)までも、30分かからずクリア。
赤ずきんが良いキャラですごく好きでした。
狼少女も良い子で良かった。

END2はちょっと考えましたが、END3の展開を見るとアレがポイントかなと思いつき、やり直してコンプリートしました。
END3の展開はちょっと狼少女が可哀相でもありますが、違う生き方の希望が持てて良いですね。

結局、彼らを閉じ込めた黒幕の動機が曖昧で、そこは少しモヤモヤしました。
ストーリーよりは、探索ゲーとして、そしてやや性向けな展開が魅力な作品だと思います。

以下、完全攻略ではありませんが、各エンディングへの到達条件を書いておきます。
反転しないと見えないようにしておきますが、ネタバレですので閲覧にはご注意下さい。
[狼少女と森の館]のヒント・攻略を見る
拍手する


最新記事