ひたすらドラゴンを倒すだけ

2020年10月28日 20:00

うどんのたまご【タイトル】 ひたすらドラゴンを倒すだけ
【制作】 うどんのたまご 鍋谷まいこ様
 

ひたすらドラゴンを倒すだけ
【ジャンル】 
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1周36分(トータル1時間42分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 9.27MB
【公開日】 2019年7月27日
【プレイver.】 2.04

君のやることは「ひたすらドラゴンを倒すだけ」! (制作サイトより引用)


第11回 WOLF RPGエディターコンテスト 総合27位、物語性16位を獲得された作品です。
ふりーむ!およびウディコンのサイトからもダウンロード可能(エントリー番号【40】)。
このページのタイトルからは、ふりーむ!の作品ページにリンクさせて頂いています。

タイトル通り、主人公がひたすらドラゴンに挑むゲーム。
こちらの作者さん、以前ご紹介した「電子ゲームブック 自由落下」「秋空に銅雀」という
たいへん大人びたゲームブック風ノベルを制作された作者さんでして、
今作は作風の違いにちょっとびっくりし、逆に興味が湧いてプレイさせて頂きました。

ゲームとしては、ただひたすらに死んでは蘇生、死んでは蘇生を繰り返しドラゴンに挑むだけ。
ただ、繰り返す度に、何かしらの変化が訪れます。
嬉しい変化や、逆に悲しい出来事もあったり。
シンプルなゲームなんですが、何だか人生そのものを表現していて壮大にすら感じられる作品でした。

完全クリアの為には実績を解除していく必要があり。
その為には、面倒でも村の人々と丁寧に会話していく必要があります。
実績解除の方法は画面に条件が表示されるので、分かり易いです。
ただ全て解除するのは、正直かなり面倒でした。
初回プレイ時「話しかけてもあんまり変化ないな」と思ってスルーしていたところが条件だったり。
周回プレイでも、クリアした実績がセーブデータには反映されないので、
次の実績を解除するためにははじめからやり直す必要があったり。
条件をひとつだけ見逃してしまい回収できなくなり、はじめからやり直したりもありました。
プレイヤー次第かもしれませんが、私は要領良く回収できず、結構手間取ってしまいました。
こうなってしまうともう作業なので、辛いのです。
バージョンアップで実績解除し易くはなったようなのですが、個人的にはもうちょっと楽にして欲しい!
ただ、周回プレイがやり易くなるアイテムもあり、使い方を理解できると少し楽でした。

道中で会う人々は面白く、特に一見DQNな勇者さまが案外まともな思考の持ち主だったりして面白かったです。
そして主人公が少しずつ成長していく過程も面白かった。
最終的に強くなったときより、ドラゴンへのダメージが1ダメから2桁(30くらい)になったときが、
おぉ……強うなった!と一番感動しました(笑)

苦労した分、クリアできたときは嬉しかったです。


WOLF RPGエディターコンテスト
拍手する

こわくない おばけのおうち

2020年10月27日 20:00

ネコエンピツ【タイトル】 こわくない おばけのおうち
【制作】 ネコエンピツ ナナメ様

こわくない おばけのおうち
【ジャンル】 ほのぼのアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周9分(トータル24分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 192MB (ダウンロード版)
【公開日】 2020年10月2日
【プレイver.】 1.0.1

おばけ屋敷の案内係をしているおばけのレイは、
 おうちでゆっくり自分の時間を過ごします。
 何をして過ごそうかな? (作品ページより引用)


ツクールMV製で、基本はブラウザプレイ。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。
ふりーむ!の他、PRGアツマールでも公開されています。

ふりーむ!の作品ページ→ RPGアツマールの作品ページ→

タイトル通り、こわくない……むしろ可愛すぎるおばけのおうちです。

ナナメ様制作のゲームは3作ともプレイさせて頂きましたが、どれも可愛いです。
特に、今作は本っっっ当に可愛い!
作品を重ねる毎に可愛さがアップしていると思います。
単にドット絵が可愛いだけじゃなくて、仕草やストーリー、全てが可愛いんですよ。
敢えて逆に言うと毒気や刺激が無いとも言えるんですが、だからこそ癒しがあるんです。
あぁ……世界がこんな風に優しければいいのにと思ってしまうのでした。

おばけやしきで働くおばけのレイが、おうちでのんびりするストーリー。
あちこち調べると、レイちゃんが色々なリアクション見せてくれて、すごく楽しいです。
個人的には、冷蔵庫の飲み物がツボで。
ひとつだけ飲んだ時の表現が若干違う飲み物があったりして、細かい演出に笑ってしまいました。

今作では特定の行動を取ると実績が解除されるので、それをコンプリートする楽しみもありました。
おうちをくまなく調べれば、コンプは難しくなかったです。
制作サイトにある所要時間より短時間でクリアできました。
エンディング回収まで17分くらい、実績を埋めるのまでに24分くらいで行けました。

どのエンディングもすごく可愛くて、見る度にホクホクしてました。
ひとつエンディングを迎えるとおまけ部屋に行けます。
そこでエンディングの一枚絵(これまた可愛い)を見たりできるのですが、
これがいつでもタイトル画面から見られれば嬉しかったなぁと思います。
拍手する

ルグレ

2020年10月24日 20:08

half【タイトル】 ルグレ
【制作】 half はる助様

ルグレ
【ジャンル】 ハロウィンもどきの捜索ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【スチル数】 1枚(差分あり)
【プレイ時間】 1周6分(トータル31分)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 18.0MB
【公開日】 2012年10月21日
【プレイver.】 1.01

森の奥の古びた屋敷に住むマルクス博士と主人公。
主人公は里帰りをするために数週間館を空けるが、
帰って来た時には、屋敷から博士の姿が消えていた……。 (制作サイトより引用)


主人公ミーナ(名前変更可)が、いなくなった博士の手掛かりを探して屋敷の中を探索するゲーム。
探索した箇所により、エンディングが変わります。

ハロウィン風ゲームとのことですが、ミーナの服装(魔女の帽子が可愛い!)以外は
あまりハロウィンさはなかったです。
帽子だけでなく、ミーナちゃんの髪色がすごく好きでした。

探索箇所はそこまで膨大でもないのですが、意外と難しかったです。
何度やってもノーマルエンドになってしまう(・ω・`)
ED2だけは自力到達したものの、残りは分からずヒントを拝見してしまいました。
ゲーム内のEXTRAの中からヒントが見られるようになっています。
(ただ、ヒントに間違いがあるとのこと。制作サイトの作品ページをご参照下さいね)

それにしても、一見微笑ましく見えるけど、この2人何かありそう……とは思っていたのですが。
EXTRAのおまけ拝見して、なるほどね、と思いました。
ちょっと闇を含んだお話です。
拍手する

リゾートルーム

2020年10月01日 20:00

NEAT ESCAPE【タイトル】 リゾートルーム
【制作】 NEAT ESCAPE

リゾートルーム
【ジャンル】 謎解き脱出ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周26分(トータル32分)前後
【ツール】 Unity+WebGL
【公開日】 2019年10月3日

いわゆる脱出ゲームです。
画面が縦長ですが、どうやらスマホでプレイできるアプリのWeb版のよう。

こちらのサイトの作品は初プレイなんですが、最新作でも最初の作品でもなく、
なぜかこの作品を選んでました。
リゾート……心が引き寄せられたのかもしれません。
確かに、こんなホテル泊まりたい!と思える素敵なお部屋なんですが、仕掛けはすごいです。
中には「そんなバカなw」というアイテムもあって、ちょっと笑ってしまいました。


ゲーム内容としては、シビアなクリックもなく、謎解きも易しかったです。
ただ、一部の部屋が見つけ辛いところになって、少し迷ったりしました。

エンディングは2つ。
さほど時間かからずに2つとも見ることができました。
理不尽に閉じ込められたのに、全然怒ってもなく優雅にリゾートを楽しむ主人公にまた笑ってしまったよ。
拍手する

ツクモノガタリ番外編~沙羅双樹の花の色~

2020年09月23日 20:00

WHGF【タイトル】 ツクモノガタリ番外編~沙羅双樹の花の色~
【制作】 WHGF WH様

ツクモノガタリ番外編~沙羅双樹の花の色~
【ジャンル】 ホラー風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 40分程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 40.1MB
【公開日】 2020年7月17日
【プレイver.】 1.00

九十九は、ある人物の命を受け、馬子津村で起こった謎の病の調査に向かう。


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

同作者さんのツクモノガタリシリーズ、今回は番外編とのこと。
九十九の過去を垣間見ることのできる、シリーズファンには垂涎の作品。
それだけに、ふりーむ!の注意書きにもありますが、過去作プレイ済みの方向けです。
序盤の、とある人物との絡みで興奮してテンション上がりました。
このお方が出てくるとは……!
キャラクターも若い九十九でいつもの学ラン姿ではないので、違和感ありつつも新鮮です。

番外編とはいえ、今作も九十九がとある事件を追っていくストーリーとなっています。
謎解きや追いかけられ要素はなかったものの、簡単な迷路やパズルはあり。
ちょっと新しいコントローラーに不慣れなのと画面が暗いのとで、迷路でやや手kこずりました。
何回もゲームオーバーになってしもた。ごめん、九十九。

ただいつもに比べて、なぜこのストーリーで平家物語をタイトルに選ばれたのか、ちょっとしっくり来ず。
何となくこの物語、そして九十九がいつかは塵のように消えてしまいそうで悲しさを覚えます。
物語には終わりはあるものですが、きちんと見届けたいという思いと、いつまでも続いて欲しい気持ち。
両方あって複雑です。
拍手する


最新記事