3564デス

2020年11月06日 21:50

3564デス【タイトル】 3564デス
【制作】 時計チクタク様(twitter

3564デス
【ジャンル】 死者選択型デスゲームアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 6種類+?
【プレイ時間】 1周50分(トータル2時間25分)程度
【ツール】 RPGツクールMV、VX Ace
【容量】 197MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年2月15日
【プレイver.】 1.04

誰をミゴロシにするか、選ぶのはあなた。 (readmeより引用)


ふりーむ!とRPGアツマールにて公開されていて、基本はブラウザプレイの作品です。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能。

ふりーむ!の作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

誰かを3564(ミゴロシ)にしなければ、生き残れない。
ユニークで愉快なキャラクターとは裏腹に、サスペンスフルなデスゲームです。

同作者さんの前作「ゲーム実況者失踪させてみた」もデスゲームを扱った作品で、
ストーリーや大まかな展開が今作とよく似ていると思います。
前作プレイさせて頂いたのが約1年前なのでちょっとうろ覚えではありますが、
プレイしてみて違うなぁと思った点を挙げてみると、

前作

・登場人物が他人同士
・主人公は安全圏内にいる
・登場人物が、良い人ばかり

今作

・登場人物が友人やその知人
・主人公もミゴロシにされる危険あり
・登場人物が、時に醜い本音をさらけ出してぶつかってくる

というところでしょうか。
前作は、登場人物が良い人(少なくとも私視点では)ばかりで胸が痛んだのですが、
今作は親友同士でありながら激しく本音をぶつけてくるので、より殺伐としていました。
デスゲームなだけにやや残酷なシーンもあります。
しかし、流血がオレンジ色で表現されていたりと、視覚的な配慮もされていました。
流血が苦手という訳ではない私でも、オレンジ色だと嫌悪感が和らぎますね。
そして、ご覧の通りキャラクターが個性的なので、オレンジが調和して違和感がない気がします。

個人的には前作の方が好みです。
ただ今回は、なぜかゲームの中でゲームプレイすることになったり、
毒入りコーヒーを押し付け合うというような心理的な駆け引きが際立っていて、そこが面白かったです。

誰をどうミゴロシにするかによって、ストーリー展開や真相が変わってきます。
ルートによっては意外な真実が判明したりと、最後までドキドキして飽きませんでした。
途中、言動に腹が立った人物もいたのですが、終わってみると印象が変わったり。
最初の印象を覆す、シリアスなストーリーでした。

エンディングは、ミゴロシのパターンで変わってきますので、順番を変えれば迷わず回収できます。
+αのエンドも、作中でヒントがあるので見るのは難しくありません。
拍手する

ゲーム実況者失踪させてみた

2019年12月08日 21:57

ゲーム実況者失踪させてみた【タイトル】 ゲーム実況者失踪させてみた
【制作】 時計チクタク様(twitter

ゲーム実況者失踪させてみた
【ジャンル】 死者選択型デスゲームアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 7種類
【プレイ時間】 1周20分(トータル55分)程度
【ツール】 RPGツクールMV、VX Ace
【容量】 180MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年6月24日
【プレイver.】 1.03

誰も知らないユーザーが開始したとある生放送。
四人の実況者がプレイするゲームは「デスゲーム」。
クリアしなければ死ぬゲームで誰が生き残るのか。? (readmeより引用)


ツクールMV製で、基本はブラウザプレイ。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。

ふりーむ!の作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

世間で流行りの(?)デスゲームを繰り広げるアドベンチャーゲームです。
と言っても、難しいゲームや駆け引きはありませんでした。
ただ、誰を生き残らせるか――裏を返せば、誰を犠牲にするかを選ぶだけの選択式です。
うん、シンプルだけど重いですね……。

ストーリーは、4人のゲーム実況者が無理矢理デスゲームに参加させられるところから始まります。
序盤で、偶然にも4人中3人が生き残る「鍵」を手に入れてしまった主人公。
自分の他にあと2人生かすことができるが、果たして誰を選ぶのか?という。
悩ましいところですが、そこは敢えて非情に徹してプレイしました。

選ばなかかった人物が「処刑」されていく様子も結構きっちり描かれていて、心にグサッときます。
個性的なキャラクターとあり得ない展開でリアリティは薄いのですが、どの人物も魅力的。
更に、どの人物も「良い人」っぽいので、どの人も助けてあげたくなっちゃうんですよ。
でも、逆に彼らが「処刑」されるシーンを見たい……と思ってしまう自分が居たのも事実です。

エンディングは、これまたシンプルに「誰が生き残るか」によって変わってきます。
それぞれ全く違う展開が用意されているので、結末を見るのが非常に楽しみでした。

エンディングをひとつ迎える度に、7つ目のエンディングへのヒントが開示されていきます。
全ての結末を見るのも、そう手間取ることはないでしょう。

緊迫した展開、そしてあっと思わされる結末。
ほんとにあり得ない展開で現実味は薄いのに、魅せるストーリー展開でした。
拍手する

部屋の中に死体があった。

2019年11月08日 22:39

部屋の中に死体があった。 ふりーむ!のページ【タイトル】 部屋の中に死体があった。
【制作】 時計チクタク様(twitter

部屋の中に死体があった。
【ジャンル】 短編探索アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 6種類+α
【プレイ時間】 1周1~20分(トータル30分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 139MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年4月1日
【プレイver.】 2.00

部屋の中に死体があった。
死んでいるのは見知らぬ女。一体誰だ!?どうする俺!?


ツクールMV製で、基本はブラウザプレイ。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。

部屋に見知らぬ女性の死体が!という、緊迫感溢れる状況から始まる短編アドベンチャー。
主人公、だいぶ焦っています。
部屋を調べることで色々と行動でき、その行動によってエンディングが変化します。

主人公の行動、ごく常識的なものから、「何やってるのこの人」と突っ込みたくなる奇行まで色々あって
選択肢を選ぶのが楽しかったです。
謎解きはほとんどありません。
パスワードを捜す箇所がひとつありますが、ヒントも豊富なので迷う事はなさそうです。

進めていくにつれ――いえ、もしかしたらもっと前から何となく違和感が出てくることになるでしょう。
全部分かってしまえば「そうか、そういうことか」と腑に落ちる物語です。
……何であんな奇怪な行動するんだ、という点に関しては腑に落ちませんがね!

真相エンドに辿り着くのはさほど難しくはないと思います。
すごく意外な犯人像という訳ではないものの、見た目とか色々な面でゾッとしました。
真相エンドでのエンドロールには特に唸らされました。うーん、コレがアレなのかぁ。と。

6種類のエンディングを集めるのは少し手間取りました。
特にEND3がなかなか探しきれず。難しかったというより、なぜかなかなか分からなかったという感じ。
見つけた時は嬉しかったです。
また、6種類の他にゲームオーバーもあります。

真面目なようで不真面目、しかしふざけているようでしっかり計算されている。
独特のノリと雰囲気が魅力的な作品でした。
色々伏線を貼っていて、しっかりミステリー作品として成立しているところも好きです。
以前プレイさせて頂いた、同作者さんの「オカルト研究ラボ~幽霊は暗闇に立つ~」にも共通したテイストがあります。
クセがあると言えばあるので、もしかしたら万人向けではないのかもしれません。
私はこの作風大好きです。
拍手する

オカルト研究ラボ~幽霊は暗闇に立つ~

2019年05月03日 20:12

オカルト研究ラボ~幽霊は暗闇に立つ~ ふりーむ!のページ【タイトル】 オカルト研究ラボ~幽霊は暗闇に立つ~
【制作】 時計チクタク様(twitter

オカルト研究ラボ~幽霊は暗闇に立つ~
【ジャンル】 短編ホラーミステリーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周12分(トータル14分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 162MB (ダウンロード版)
【公開日】 2018年12月24日
【プレイver.】 1.02

廃校舎の一教室。
鼠家灰音はそこを「オカルト研究ラボ」と呼び、今日もそこにいる。
生水瑠璃男は灰音にトンネルに現れた幽霊の調査の依頼を持ってきて……。 (read meより引用)


ツクールMV製で、基本はブラウザプレイ。
ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。

登場人物がとにかく個性的――を通り越してぶっ飛んでいるので、
ゆるふわコメディなB級ホラーかな、と思いつつプレイさせて頂きました。
が、しかし!
オカルト研究ラボと謳っておきながら、そもそもオカルトに対して否定的だという。
ストーリーは、ホラーとミステリーが調和していてどちらも楽しめます。面白いです。
登場人物が勝手に喋ってくれるので推理要素はないものの、真相には衝撃を受けます。
思いもしなかったブラックな展開で、驚きと戦慄を感じました。
これ……下手なホラーより余程恐ろしく思えます。

同じストーリーでも、登場人物がごく普通の高校生だったらこれ程のインパクトはなかったのかも。
ふざけた(失礼)キャラクターだからこそ、余計に衝撃が大きく際立っていました。
コメディ要素もあるんですが、ブラックすぎて笑えない……(((゜Д゜)))
ちょっと見た目がアレなので敬遠する方もいるかもしれませんが、良作だと思います。
個人的に好きです、これ。

エンディングは3種類。
選択肢ではなく、行動によって変化します。
エンディング名はありませんが、トゥルー、ノーマル、バッド的なもの。
私は運よくトゥルーを最初に見ることができました。
そこに辿り着くと他のエンディングはどうすれば見られるか見当がつくかと。

短編なのに、このインパクトと独特のオーラはすごいです。
ミステリーもしくはサスペンス好きな方は楽しめると思います。きっと。
拍手する


最新記事