マスケラ・ファンタズマ

2020年10月22日 20:00

■なつの遊技場■【タイトル】 マスケラ・ファンタズマ
【制作】 棟木(かわぞこ)様(twitter

マスケラ・ファンタズマ【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類+α
【プレイ時間】 1周7分(トータル20分)程度
【ツール】 ティラノスクリプト
【容量】 106MB(ダウンロード版)
【公開日】 2020年6月30日
【プレイver.】 1.01

年に一度、王宮で開かれる仮面舞踏会。
『自分が踊った相手が誰なのかを当てる』――そんな遊びが行われるのが通例だった。
ファリアは仮面舞踏会を楽しみにする令嬢のひとり。
幼馴染たちを全員当ててやると宣言して臨んだ舞踏会のゆくえは――!?
(readmeより引用)


ふりーむ!およびノベルゲームコレクションで公開中。
ふりーむ!ではブラウザ版のみ、ノベルゲームコレクションではダウンロードも可能です。

ふりーむ!の作品ページ→ ノベルゲームコレクションの作品ページ→

ふりーむ!の1分ノベルコンテスト参加作品。
人物紹介を兼ねたプロローグがあるので、初回は10分弱かかります。
ゲームの趣旨は、仮面舞踏会で踊る相手が誰なのかを当てること。
プロローグでキャラクターの性格を見極めて、仮面舞踏会に臨みましょう。

タイトルの「マスケラ・ファンタズマ」は、ゴーストマスクの意味のようです。
序盤で「本来仮面舞踏会は、死者が紛れても分からないようにするもの」というゾクリとするくだりがあり。
ミステリアスなお話なのかな?と思いきや、どちらかというと楽しい舞踏会でした。

作品ページにも人物紹介がありますが、敢えて読みませんでした。
プロローグを普通に読んだだけで臨んだところ、2連続で当てられて嬉しくなりました。
キャラクターが上手く描き分けられているので、意外と分かります。
怪しい仮面ときらびやかなドレスが素敵で、次の方はどんな姿だろう?と見るのが楽しみでした。

エンディングは、恐らく5人それぞれの正解エンドとハズレエンドだと思われます。
先述のゴーストの件やらキャラクターの台詞に意味深な感じを受けたので、
何か出てこないかな……と思ったのですが、どうやら無さそうでした。
ただ、リーチェのエンドで少しそれを臭わせる部分があり、ああ、これがもしや……と。
煌びやかな世界の中でふと見える影――これこそが仮面舞踏会の魅力なのでしょうね。
拍手する

Mb

2019年05月17日 22:18

■なつの遊技場■【タイトル】 Mb
【制作】 棟木(かわぞこ)様(twitter

Mb
【ジャンル】 女性向け恋愛アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周25分(トータル1時間)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 15.3MB
【公開日】 2017年12月26日
【プレイver.】 1.00

肌を青く染め、死に至る呪い――
貴族令嬢・メルチェリーダは、自身に降りかかった呪いを解けるという
魔法使いの元へ通うことになる。
そこで紹介された、優しげな、そしてどこか謎めいた青年・コハク。
呪いの治療を通じて、メルはコハクと交流を深めていくが…… (read meより引用)


第13回 ふりーむ!ゲームコンテスト にて、乙女ゲーム部門の銅賞を受賞された作品。

以前プレイさせて頂いた別作品「わすれもの」が良かったので、引き続きこちらもプレイさせて頂きました。

何やら呪いにかかった令嬢が、解呪の為に魔法使いの元に通う乙女ゲーム。
糖度は低めかもしれませんが、しっとりした雰囲気が心地良かったです。

主人公のメルチェリーダはお嬢様らしい気位があるものの、決して嫌な女性ではなく。
やはり主人公として感情移入できるかは重要ですよね。
彼女が交流する魔法使いと、彼の元に居る解呪を担当するコハク。
魔法使いは無愛想で謎めいていて影が薄いのですが、コハクは対照的に優しげです。
燃えるような恋とはではいかずとも、徐々に心を許していく様子が自然に感じられました。

エンディングは4つあります。
下記でも触れていますが、3つのエンディングを見ると残りひとつのヒントが閲覧可能に。
また、完全攻略も見られるようになります。
私は特にEDがすごく好きでした。
幸せな結末には見えない。しかし、スチルの魅力もあってどきりとします。

こちらでも攻略を掲載させて頂いています。
反転しないと見えないようにしていますが、ネタバレですのでご注意ください。
[Mb]のヒント・攻略を見る
拍手する

わすれもの

2019年05月12日 20:08

わすれもの ふりーむ!のページ【タイトル】 わすれもの
【制作】 棟木(かわぞこ)様(twitter

わすれもの
【ジャンル】 ホラー風味追いかけっこアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周8分(トータル26分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 6.57MB
【公開日】 2017年10月3日
【プレイver.】 1.00

脱走した飼い犬を探しに来た女の子。
人の立ち入らないお寺の裏山に足を踏み入れるが、
帰り道を見失ったうえ、化け物に追いかけられてしまう…… (read meより引用)


あらすじ通り、飼い犬を捜しに来た少女が、無限ループに閉じ込められ化け物に追いかけられる――
という、典型的なホラー。
と、思いきや。意外な展開が待ち受けており、面白かったです。

追いかけられ要素ありですが、苦手な方も敬遠しなくて大丈夫です。
この化け物さん、驚くほど足が遅いのです。
もたもたのろのろで木に引っ掛かってるので、「えっと、化け物さん大丈夫ですか?」と
引き返して様子を見に行ってしまいました。こんな経験初めてかも……。

エンディングを迎える条件が特殊なので、初プレイだと戸惑うかもしれません。
readmeの中にヒントが掲載されています。

グラフィックもウディタの基本のものですし、ストーリーもオーソドックスだとは思います。
ですが、ちょっとした演出とか台詞など、見せ方が上手いのかなぁ。
プレイし終えて何だか心が温かくなり、良いなぁ……と思わされました。

バッドっぽいエンドでは結局どうなったのか等詳細は分からないのですが、
深く因縁が語られるタイプの作品ではないので、それはそれで想像の余地があって良かったと思います。

私はトータル30分弱でコンプリートしました。
どの程度迷うかで所要時間は変わるとは思いますが、手軽にプレイできて楽しめました。
拍手する


最新記事