スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

もしも…幽霊屋敷に泥棒が入ったら…

2015年05月10日 21:38

鳥籠のゲーム作品【タイトル】 もしも…幽霊屋敷に泥棒が入ったら…
【制作】 鳥籠のゲーム作品 鳥籠様

もしも…幽霊屋敷に泥棒が入ったら…
【ジャンル】 探索アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類(?)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周1時間7分(トータル1時間40分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 34.5MB
【公開日】 2014年11月30日
【プレイver.】 1.02

ケイとユカリは泥棒のコンビ。
あるペンダントを盗むために廃墟に忍び込んだ。
2人は不気味な洋館の中を探索し、約20年前に起きた悲劇の真相に迫っていく。
(readmeより引用)


鳥籠さんの作品好きなので、公開を楽しみにしていました。
探索ホラーながら、パロディネタがコミカルであまり怖さは感じません。
と思って油断しきっていたら突然の動きにびっくりさせられた場面もありました。ちくしょう。

今回は探索メインで、推理ものではありません。
解答を出さないとクリアできない、というタイプのものではないです。
しかし作中にはきちんと「謎」が存在しており、エンディングも真実が明らかになるか、
もしくは真相に辿り着かずに脱出してしまうかの2パターンがあります。
しかしどちらに辿り着くにしろ、クリアまでにプレイヤーが真相を察するに充分なヒントが配置されており、
プレイしていると「気付き」が与えられるようになっています。
そのヒントの配置具合が実にニクイ。
露骨ではなく、しかし不親切ではない塩梅でした。
どちらかと言うと謎解きが得意でない人にも分かり易いと思われます。
真相に辿りつけなくてもクリア後にきちんと分岐点が示されるのもありがたい。
私は初回は途中で脱出エンドだったのですが、2周目もヒントのお陰で無闇に彷徨わなくて済みました。

ラストは切なさと不気味さが入り混じった不穏な空気で、すっきり終わり!ではないかもしれません。
軽さと重さ、コメディとシリアスが織りなす不思議な余韻を残す作品でした。
拍手する
スポンサーサイト

迷☆探偵の助手~事件ファイル9~

2015年05月06日 16:01

LIKE MAD【タイトル】 迷☆探偵の助手~事件ファイル9~
【制作】 LIKE MAD ツシマ ユキヒロ様

迷☆探偵の助手~事件ファイル9~
【ジャンル】 探索アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 47分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 51.8MB
【公開日】 2015年2月22日
【プレイver.】 1.04

真夜中の着信。それは迷☆探偵である千穂からのSOSであった。
10年前に起きた児童養護施設での火災――――04-CN事件。
今、その謎の全てが明るみに出ようとしている!
一哉は真実を無事に見つけることが出来るのか!?(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

長く遊んできたこのシリーズも9作目にしてついに最終章を迎えました。感慨深い。
シンプルながら色々な伏線が集約して解決され、すっきりした気持ちで終われました。
最終章だけに、今回は探索を楽しむというよりはストーリーメインの作りになっています。
謎解きもシンプルで引っかかることなく、ストーリーに集中してプレイできました。
演出もテンポが良い上に分かり易くて良かった。

終わってしまうのは寂しいですが、この「きちんと終わった」感はとても気持ち良いです。
シリーズが長くなりそうだと思った時に、失礼ながら「このままズルズル続いて未完になったり
うやむやな形で終わるのではないか」という懸念が多少はあったのですが、杞憂に終わりました。
ライトな謎解きゲーム・サスペンスとして存分に楽しめたシリーズでした。

制作サイトを拝見したところ1000DL記念作品もリリースされているようなので、
そういう形でまた迷☆探偵さん達に会えるのが嬉しいです。
拍手する

ちる

2015年04月06日 21:00

あんもち。【タイトル】 ちる
【制作】 あんもち。 もえき様

ちる
【ジャンル】 現代ファンタジーノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 30分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 9.17MB
【公開日】 2014年4月1日
【プレイver.】 1.0

マリ(名前変更可)が目覚めると、そこは見知らぬ部屋のベッドの上だった。
自分がいつからそこにいたのかもわからない。
部屋に現われた少年は、こう言った。
お前は記憶喪失になりかけている。
俺はそれをなおしてくれと、お前の『友達』に頼まれた、と。(制作サイトより引用)


エイプリルフール作品として昨年公開された作品です。
4月という輝かしい季節を舞台に、小さな「嘘」が巻き起こす現代ファンタジー。
全体的にとても微笑ましい話で、安心して暖かい気持ちで読む事ができました。

歳を重ねるという事は、得るものがある一方で、失くしてしまうものも多いものです。
その事を思い知っているからこそ、いつまでも持ち続けられるという希望のあるこの物語を、
非現実的なももに思いつつも眩しく感じました。

画面構成は、同作者さんの別作品である"HEAVEN'S PASSPORT"と同じ形になっています。
この画面、シンプルですがとても良い。
読みやすいし、画像は背景のみなのに映える気がします。
キャラクター絵は登場しませんが、だからこそ自由な想像が膨らみました。
拍手する

迷☆探偵の助手~事件ファイル8~

2015年04月05日 14:57

LIKE MAD【タイトル】 迷☆探偵の助手~事件ファイル8~
【制作】 LIKE MAD ツシマ ユキヒロ様

迷☆探偵の助手~事件ファイル8~
【ジャンル】 探索アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 40分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 35.9MB
【公開日】 2015年2月7日
【プレイver.】 1.00

今回、空木《うつぎ》探偵事務所へと舞い込んだ依頼は、
なんと過去へと時間を遡る調査だった!
迷☆探偵女子高生・空木千穂とその助手・御影一哉。
10年前に主を失った部屋で、失踪した男の謎を解き明かせるのか!?(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

実はリリース後すぐにプレイを始めてたんですが、1ヶ所謎解きに詰まって頓挫していました orz
時間を置いて考えても解けなかったので、制作サイトさんのヒントを頼りに突破。
むう、難しい訳ではなかったのですが分からなかった。最近頭の柔かさが足りない気がします。

今回は時空移転装置なる怪しげなモノが登場してどう転んでいくのかとドキドキ。
ちょっぴりぶっ飛んだ設定ながら、物語は意外と堅実に失踪事件の核心に迫っていました。
ラストもこれからどうなる!?とまたまた波乱を予想させられる展開で、面白かったです。

また、主人公一哉の忘れかけていた(!?)過去のアレも絡んできそうで益々楽しみ。
サイト拝見する限り、次回作(現時点で既に公開されてますが)が最終話のようですね。
公開ペースが速かったのでプレイしてきた期間はそれ程長くはないものの、
毎作楽しみにプレイしてきたシリーズなので楽しみなのと寂しさが入り混じった複雑な気持ちです。
拍手する

淡淡-あわあわ-

2015年02月16日 21:20

water colors -games-【タイトル】 淡淡-あわあわ-
【制作】 water colors -games- ayako様

淡淡-あわあわ-
【ジャンル】 女性向けノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 35分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 17.0MB
【公開日】 2013年2月14日(期間限定公開)
【プレイver.】 1.02

大学に向かう電車の中、見知らぬ青年がこちらに寄りかかって眠っていた。
(制作サイトより引用)


water colors -games-さん2013年のバレンタイン作品。
今年もバレンタイン時期限定で過去作品を公開して下さっています。ありがたやー。
14日から制作サイトさんのmemo内でダウンロードできるようになっています。
4月1日までの期間限定公開なので、興味ある方はお早めにどうぞ。

淡い恋の物語。タイトル通り淡い色使いの絵がとても綺麗です。
よくある日常のようで、よく考えると奇妙なシチュエーションの物語でした。
微妙な距離感を保ちつつ進んで行くのですが、時折挟まるスチルがとても素敵で
文章では語られない登場人物の心情が伺えるのです。

選択式のノベルゲームではありますが、一部の選択肢が「選曲」なのが斬新です。
選択肢とは別の部分でも、主人公が音楽を聴く場面でプレイヤーが表示され、
BGMが切り替えられるようになっているのも面白かったです。

クリア後におまけストーリーも読めるのですが、そこではお互いの呼び名を
いくつかの中から選択できます。
自分好みの距離感を演出できるので、これが何だか良い!
「マイキー」と呼ばせてみたかったけど何か雰囲気にそぐわない気がしたので、
「舞貴さん」「○○ちゃん」に設定して、微妙に距離が近付いたけれど、
まだ馴れ馴れしくない感じをひとり想像して身悶えし、堪能させて頂きました。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。