スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

真実の逆転3 ブラックバロン殺人事件

2010年07月19日 16:52

真実の逆転【タイトル】 真実の逆転3 ブラックバロン殺人事件
【制作】 真実の逆転 nnn32様


真実の逆転3 ブラックバロン殺人事件
【ジャンル】 推理アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 複数
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周2時間45分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 17.2MB
【公開日】 2010年6月29日

師道法律事務所に届いた一通の招待状、それは
伝説のマジシャンと呼ばれる間外嵐造のマジックツアーだった。
軽い気持ちでツアーに参加した主央達だったが…。
ツアー中、主央の上司である師道匠が行方不明になってしまう。
そして次々と起こる連続殺人。
魔術島で起きる殺人事件の謎を新米弁護士主央公人は解けるのか?
逆転裁判のオマージュ作品。(制作サイトより引用)


数ヶ月前、「真実の逆転2」をプレイしたときは、制作サイトさんが閉鎖されていたので
もう続きは出ないだろうと諦めていたのですが。
何と!続編をリリースしてくださいました。嬉し過ぎです。ばんざーい。

今回は、前作でいかにも曰くありげだった師道の過去が少し明らかにされています。
ミステリーとしての内容的にはこちら単品でも問題なく楽しめるのですが、
ストーリー的には前作をプレイしていないと分り辛い部分が多いかもしれません。
推理は、前作よりかなり易しめだと感じました。
前作はそちらの感想にも書いたように、徐々に難しくなって最後は当てずっぽうに
なってしまったものですが、今回は私の頭でも頑張って推理できる程度でした。
が、もっと悩みたかったので前作くらいの手応えがあっても良かったかなぁと思いました。

相変わらずキャラの掛け合いは楽しいけど、今回はメタ発言が多かったかも。
ちょっとメタ発言がネタで入るくらいならクスッとして好きなのですが、今作では
頻繁すぎて興醒めしてしまう感がありました。
その辺りの感じ方は人によって違うでしょうが、私はもう少しシリアスさがあったほうが好きです。
それと、登場人物の名前を覚えにくいのが難点かなぁ。
「堂出もい」とか、かわいそうなくらいそのままで笑えたのですが、他が少し読み辛かったです。

今回は挿絵がとても多かったです。
ムービーのようにテンポよくイラストが挟まるので、躍動感や臨場感がありました。
ただ、最初は彩色していないモノクロ絵だったのに違和感を感じたのですが、
あの枚数を全部カラーだったらというのも酷ですし、終わってみれば満足です。

師道の過去について全てが明らかになった訳ではないですし、意外な緋色ちゃんの過去も
登場してきたということで、まだまだ続編がありそうな感じですね。
これだけしっかりした推理ものを連作で作るのは骨が折れるでしょうが、のんびり楽しみに
続きを期待したいと思います。
拍手する
スポンサーサイト

真実の逆転 サンクス1

2010年07月18日 13:16

真実の逆転【タイトル】 真実の逆転 サンクス1
【制作】 真実の逆転 nnn32様

真実の逆転 サンクス1
【ジャンル】 推理アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 -
【スチル数】 -
【プレイ時間】 50分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 11.4MB
【公開日】 2008年5月

新米弁護士・主央公人の元に刑事事件の弁護依頼が舞い込んだ。
依頼人はなんと主央の幼馴染の奥苗保。
凶器に使われたのは奥苗のアーミーナイフ。そして目撃者。
圧倒的不利な状況で、主央は奥苗の無実を晴らせるのか。
逆転裁判のオマージュ作品。(制作サイトより引用)


nnn32さん制作・真実の逆転シリーズ、番外編のような作品です。

元々「真実の逆転」シリーズがカプコンの「逆転裁判」のオマージュ作品なのですが、
こちらのサンクスはより逆転裁判風に近い作りになっています。
キャラクター自体は真実の逆転シリーズのオリジナル。
しかし裁判長のオトボケぶりや証人のありえなさっぷりが、
逆転裁判を彷彿とさせて笑えました。

ストーリーもオリジナルで、きっちり推理できるところが素晴らしい。
難し過ぎず、かと言って易し過ぎずの難易度だったと思います。
拍手する

真実の逆転2 カメレオンマン殺人事件

2010年01月07日 20:03

真実の逆転【タイトル】 真実の逆転2 カメレオンマン殺人事件
【制作】 真実の逆転 nnn32様(代表)


真実の逆転2 カメレオンマン殺人事件
【ジャンル】 推理アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類?
【スチル数】 -
【プレイ時間】 3時間程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 9.61MB
【公開日】 2007年10月

主央公人(すおうきみと)は、師道法律事務所に勤める新米弁護士。
ある日、人気テーマパーク「カメレオンランド」で起きた話題の殺人事件について
いんこと話していたら、所長から声がかかる。
「主央君、君ご指名で弁護の依頼だよ」
なぜ新米の自分がと驚く主央だったが、聞いてみると何と依頼人は主央の同級生だという。
しかも、今しがた話していたカメレオンランド殺人事件の容疑者だというのだ。
放っておく訳にもいかず、とりあえず主央は依頼人・奥苗に会うため拘置所へ向かうことに。


カプコンの人気ゲーム「逆転裁判」風を目指した推理アドベンチャーゲーム第2弾。
残念ながら制作サイトさんは閉鎖されてしまったようですが、現在のところは
まだふりーむ!さんからダウンロードできます。興味ある方はお早めにどうぞ。
サイトさん復活されたようです。万歳!!
どうかご無理なさらず続編を楽しんで作って頂ければなんて思っております。

シリーズの第2作ですが、ストーリーに繋がりがないのでこちらからプレイしても問題ないです。
ただ、共通するキャラが出ていたりするので、特に理由がなければ1作目から遊んだ方が
馴染みやすいかもしれません。
また、同作者さんの別ゲーム「大原警部の事件簿」に登場する刑事2人もゲスト出演
(名前だけですが)しています。プレイ済の方はちょっとニヤリとできるかも。

前作と比べて、ミステリーっぽさも難易度も大幅アップしています。
逆転裁判っぽいシステムも少し増えています。
キャラクター絵は、設定は同じですが絵師さんが変わったみたいですね。
私はどちらの絵も好きですが、今作は脇役や証拠品まで同じ方が描かれているようなので、
雰囲気の統一感という面では良かったと思います。

推理は相変わらず入力形式で、救済策として選択式に変更できるようになっています。
私は、途中どうしても答えが弾かれるので諦めて選択式に切り替えたら、
ちゃんと考え方は合っていた、というシーンが何度かありました。
できるだけ文節を少なくしてシンプルに!と考え入力していたんですが、
実はきちんと文章を組みたてたほうが良かったのかもしれません(どの言葉なら
弾かれないかを試していないので、その辺曖昧です)。
途中までは推理もさくさく進んだものの、後半はかなり難しかったです。
よく分からなくなってしまい、証拠品選びなど総当たり式になってしまっていました……。

ストーリーも緊迫感があってすごく楽しかったのですが、途中、師道の過去について
意味ありげに触れていて、続編のネタですね的なメタ発言までしてるのに、
もうこれ以上続きがなさそうなのは残念なところです。
ネタの結末を知りたいというよりは、単純に面白いゲームなので次があるなら遊びたかったですね。

それと、このゲームのレビューで「スキップ機能がない」というのを目にしたことがあるので
一応書いておきますと、大抵の吉里吉里作品は、メニューにスキップの項目がなくても
キーボードのFキーを押すことで「次の選択肢/未読まで進む」機能が使えます。
クリック連打やエンター押しっぱなしが面倒だな~と感じたら試してみてください。

以下、攻略情報を載せていらっしゃるサイトをご紹介します。
復帰された制作サイトさんにも丁寧な攻略ページがありましたので、まずはそちらを
ご覧になるといいかもしれません。
[真実の逆転2 カメレオンマン殺人事件]のヒント・攻略を見る
拍手する

真実の逆転 リゾート地殺人事件

2010年01月06日 19:31

真実の逆転【タイトル】 真実の逆転 リゾート地殺人事件
【制作】 真実の逆転 nnn32様(代表)

真実の逆転 リゾート地殺人事件
【ジャンル】 推理アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類(らしい)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1時間45分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 13.8MB
【公開日】 2007年4月19日

師道法律事務所に勤める弁護士の主央公人(すおうきみと)は、
所長が顧問弁護士を務める会社の社長令嬢・いんこに誘われ、師道と共に
孤島にあるリゾートホテルのオープニングセレモニーに出席することになった。
ホテルで寛ぐ一同だったが、あろうことか殺人事件に遭遇し、死体の第一発見者になってしまう。
おまけに、いんこの父親が容疑者として疑われてしまうハメに。
彼の無実を晴らそうと、公人といんこは独自に捜査を開始する。


残念ながら制作サイトさんは閉鎖されてしまったようですが、現在のところは
まだふりーむ!さんからダウンロードできます。興味ある方はお早めにどうぞ。
サイトさん復活されたようです。万歳!!
どうかご無理なさらず、続編を楽しんで作って頂ければなんて思っております。

カプコンの人気推理ゲーム「逆転裁判」風を目指した推理アドベンチャーゲームとのこと。
確かに、人物造形や「つきつける」のシステムなどは、かのゲームを彷彿とさせます。
シリーズファンの方は、より一層楽しめるかと。
ただ、まるきりの踏襲という訳ではなくほとんどはオリジナルですし、
「つきつける」のやり方に関しても分かりやすいチュートリアルがありますので、
逆転裁判をプレイしたことがなくても全く問題ないはずです。

推理は、自分で文字を入力する形式になっています。
間違えてもペナルティはなく、何度でも入力できるのでシビアではないんですが、
捜査中にきちんと話を聞いて「おかしいな」と思うところを抑えておかないと、後々困ることに。
関係者に話を聞くシーンでは、セーブと取って残しておいた方が良いと思います。
全体的な難易度は……うーん、中の上くらいでしょうか?難しすぎず易し過ぎない感じです。
ストーリーは、どうやら一本道っぽいです。
もしかしたら途中の選択肢でエンディングが変わってくるのかもしれませんが、試していません。

復帰された制作サイトさんの攻略ページに書いてありました。
どうやら選択肢によって各キャラのエピソード追加があるようです。

キャラクター絵は、メインキャラはオリジナルで脇役は素材の立ち絵を使っておられました。
ホテルの従業員さんが明らかに学生服のブレザーで、ちょっと違和感を感じた面も。
個人的には、同じ素材での統一感より、服装的にしっくりくる絵のほうが良かったなと感じました
(どのみちメインキャラとの絵柄の差は出てしまうので)。

余談ですが、緋色いんこちゃんって「ヒロイン」のもじりなんですね。
しばらくしてやっと気が付きました……。

以下、攻略情報を掲載していらっしゃるサイトさんをご紹介します。
復帰された制作サイトさんにも攻略ページがありますので、まずはそちらを
ご覧になるとよいかもしれません。
[真実の逆転 リゾート地殺人事件]のヒント・攻略を見る
拍手する

大原警部の事件簿

2009年12月28日 19:04

【タイトル】 大原警部の事件簿
【制作】 真実の逆転 nnn32様

大原警部の事件簿
【ジャンル】 推理アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類(×2話)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周5分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 4.01MB
【公開日】 2007年3月(?)

短時間で気軽にできる推理ゲーム。
「金融会社社長殺人事件」と「美人作家殺人事件」の2編で遊べます。
残念ながら制作サイトさんは閉鎖されてしまったようですが、現在のところは
まだVectorからダウンロードできます。興味ある方はお早めにどうぞ。
サイトさん復帰されたようです。万歳!!

何か、事件とは関係ない疑問をまずひとつ。
両事件とも刑事が現場検証している時刻が午前12時30分っておかしくね……?
とずっと首を傾げていました。私の認識だと、「午前」の表記が正しければ、
金融会社のほうは刑事が居るのは死体発見前の時刻になっちゃう思うんですが。
推理とは関係なかったし、気にするのは止めましたが……午後とするべきところの
表記ミスなのか、私の認識違いなのか。どうなんでしょう。

※以下、ネタばれというほどの事は書いていませんが、余計な情報なしに真っ白な状態で
推理に挑みたい方はご覧にならないほうが良いかと思われます。

ええと、2編とも一読して「簡単じゃないか~」と自信満々で犯人を指摘した訳なんですが、
どちらもバッドエンドでした。
見事に作者さんの思惑通りにミスリードされたよ\(^o^)/


しかし、よく考えればきちんとトゥルーエンドに辿りつけるくらいの難易度です。
ミステリー慣れしている方だとすぐにピンとくるのではないでしょうか。

他の方の感想を拝見していたところ難しかったというものも見かけたので、
参考になるかどうか怪しいヒントらしきものを掲載しておきます。
反転しないと見えないようにしていますが、ネタばれが嫌な方は閲覧にご注意ください。
[大原警部の事件簿]のヒント・攻略を見る
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。