少年と林檎の樹

2019年02月18日 20:51

不思議な玩具箱【タイトル】 少年と林檎の樹
【制作】 不思議な玩具箱 優生様

少年と林檎の樹
【ジャンル】 探索ホラーアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 7種類
【プレイ時間】 1周10~30分(トータル40分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 420MB
【公開日】 2018年7月2日
【プレイver.】 1.01

偶然拾った林檎によって全てを壊された少年の物語。 (ふりーむ!作品ページより引用)



「林檎を食べてはいけない」という法律がある国で、林檎を口にしてしまった少年の物語。
少年の独白から林檎は食べちゃダメだという自覚はあったようですが、
食べるとどうなるかという知識はなかったよう。
ま、いっか、というノリでやってしまったことが彼の運命を大きく狂わせていきます。

ちなみに、食べずにスルーはできない模様。食べないとお話が進みません(;ω;`)

タイトルから何となくほのぼのした雰囲気を連想したのですが、このように不穏な物語です。
思った以上にシビアで「うへぇ」と思いました。
ゲーム自体は敵のオブジェクトを避けるという簡単なアクションがあるものの
難易度調整がされているようで、さほど苦労はしませんでした。

トータル30分強の短編ながら、エンディングが7つと豊富で色々な展開が楽しめます。
一度クリアするとおまけ部屋に行けて、そこで各エンディングへのヒントも貰えます。
中には少し分かり辛いものもあったので、私もヒントを頼りにコンプリートしました。

ダークファンタジーと言いますか、暗めな物語お好きな方にお薦めです。
拍手する

なんだこれバレンタイン

2019年02月13日 22:58

くまのこ道【タイトル】 なんだこれバレンタイン
【制作】 くまのこ道 まふ様

なんだこれバレンタイン
【ジャンル】 短編ラブコメ
【対象】 全年齢
【ED数】 4種類
【プレイ時間】 1周12分(トータル16分)程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 32.9MB
【公開日】 2016年2月11日
【プレイver.】 1.00

バレンタインがテーマの短編ラブコメ。

お嬢様がオタクな男子高校生にアプローチします。
才色兼備なお嬢様が主人公ですが、嫌味のないキャラクターで好感が持てました。

基本的にコメディなノリながら、ハッピーエンドにあたるEND1はとても良い雰囲気。
反してギャグに突っ走ったエンドもあり、お嬢様が迷走しすぎていて笑えました。
特にEND2、好きです。
まさに、なんだこれバレンタイン。

短時間でさくっと楽しめて良かったです。
拍手する

w2

2019年01月31日 21:35

nino【タイトル】 w2
【制作】 nino ノラ様

w2
【ジャンル】 短編ノベル(3分ゲー)
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 3~6分程度
【ツール】 RPGツクール2000
【容量】 1.94MB
【公開日】 2007年12月30日
【プレイver.】 1.0

そのお店のものは、買われても盗まれても
決して減ることがない。
必ず補充される。 (ふりーむ!作品ページより引用)


注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

第17回 3分ゲーコンテスト応募作品。9位を獲得されているようです。
3分ゲーコンテスト、懐かしい。
嬉しいことに最近復活して開催されている様子なので、また作品プレイしたいですね。

こちらの作品、一軒メルヘンでファンシーな雰囲気ながら、どこか剣呑さを感じます。
まずスタートした初っ端から、見た目に反してBGMが不穏なのです。
そして冒頭のクマちゃんも、あら可愛い♪というよりは何となく不気味……。
何が起こるのだろう?と心穏やかではありませんでした。

お店の中を探索して、最後の行動でエンディング分岐があります。
あまりハッピーな物語ではなさそうだと覚悟していたものの、ラストはハッとしました。
怖さもあるけれど、上手さに感心させられます。
ただ、勘の良い方ならもしかしたら想像がつくかもしれません。

ゲーム性は薄いものの、掌編小説をひとつ読み終わったような余韻を残す作品でした。
拍手する

あめおと。

2019年01月27日 23:00

FROGS Vectorのページ【タイトル】 あめおと。
【制作】 ゲーム制作日記 tokoro家様

あめおと。
【ジャンル】 探索アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周30分(トータル40分)程度
【ツール】 RPGツクール2000 VALUE!
【容量】 1.03MB
【公開日】 2012年7月14日
【プレイver.】 0.1

雨宿りにアンリーとリリーは変な館に入るのだが・・ (ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

雨の中、無人の館に辿り着いた姉妹。
「お姉ちゃん様子見てくるからここで待ってて」
と言い残して一人で館に入っていく姉。
あかーん、これ絶対戻って来んやーん。という展開ですよね。
しかしこの残された妹さん、じっと待つこともなく、姉が入ってすぐ館に突撃していきます。
待たんのかーい!と突っ込みたくなりましたが、待つ演出を省いた潔い演出で良いかも。

そして案の定姉は既におらず、館を探索することになります。
行ける場所はいくつかありそうに見えて、実は限られているのであまり迷うことはありません。
奥に行くと、想像以上に奇妙な景色が広がっていてびっくりでした。
ドロドロしたホラー系ではなく、むしろ癒しの空間なのですが……
不思議さと奇妙さを煽るBGMなので、少し不安な気持ちになります。
追いかけられ要素は、基本ありません(選択肢次第では、終盤追われて逃げる展開あり)。
ただし触るとゲームオーバーになるキャラクターがいます。
じわじわ追ってきますが、容易に避けられるのであまり驚異ではありませんでした。
見た目が少しヤバイので、直感で避けた方が良いだろうと分かるんですが、
あまり追ってこないので「これ触っちゃダメなんだよね?」と一度は突撃して確認してしまいました。

謎解きは、青の部屋の謎解きが難しくてしばらく悩みました。
思いついたことを片っ端から試して、何とか突破。
「詰むかも」と思ってたので、クリアできて良かった……。
そのは比較的サクサクと進めました。

エンディングは2種類だと思われます。
終盤で選択肢があり、そこで分岐。
エンディング名はありませんが、ハッピーとバッドです。
実はバッドの方がちょっと辿り着くのが難しかったという。
なかなかうまくいかず、この選択肢だと進めないのではと思いかけました。

最初に辿り着いたのはハッピーで、意外とあっさり終わったのでホッとすると同時に物足りなさもあったり。
その分バッドはゾッとする展開で、とても嫌なんですけどホラーの醍醐味を味わえました。
拍手する

鏡の国の姫君

2019年01月25日 21:22

水温25℃【タイトル】 鏡の国の姫君
【制作】 水温25℃ ななづこ様

鏡の国の姫君
【ジャンル】 微探索ミニゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【プレイ時間】 1周10分(トータル30分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 22.3MB
【公開日】 2016年2月12日
【プレイver.】 1.00

同じ顔、同じ声、同じ背の二人の女の子。
小さく貧しい国の姫・リズロット(変更可)は、二人で一人でした。
そんなある日のこと、姫の片割れがとつぜん家出をしてしまったのです。
数日ほど前、となりの国のパーティに呼ばれたと言っていた彼女。
彼女に代わって、残った方の姫はパーティへ向かう事にしました。 (制作サイトより引用)


鑑の国のお姫様が、片割れの代わりに物騒な隣国へパーティーへ向かいます。
物騒ということで用心棒が登場。
乙女ゲーというには恋愛要素は薄めですが、用心棒の彼とお姫様の和やかな関係が良い感じでした。

片割れというと、普通は双子のお姫様かな?と思うでしょう。
が、リズロットは何やら秘密(?)がありそうな雰囲気です。
ほのぼの道中でも、その辺りが気になって仕方ありませんでした。

隣国までは簡単なMAPでルートを選んで進みます。
その選んだ道によってイベントが変わり、エンディングが分岐していきます。
ルートには簡単なアイコンが表示されるので、2周目からは意図的にイベントを選ぶのが楽でした。

糖度は低めながら、ほのぼのと可愛らしく、ちょっとコミカルなのに姫2人の関係はどこか奇妙で複雑。
気軽に遊べるのに、何かが心に引っ掛かるという、不思議な余韻を残す作品でした。
拍手する


最新記事