スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

ツルゲーネフによろしく ~ Give my love to Turgenev!

2011年02月07日 21:57

3 on 10【タイトル】 ツルゲーネフによろしく ~ Give my love to Turgenev!(ver.2.00)
【制作】 3 on 10 18歳未満入室禁止 めそ様

ツルゲーネフによろしく ~ Give my love to Turgenev!
【ジャンル】 恋愛アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 本編15分(トータル45分)程度
【ツール】 NScripter
【容量】 157MB
【公開日】 2009年9月6日

――俺は今日、学園のアイドルに告白する。
容姿端麗? 文武両道? 成績優秀? だから、俺とは不釣合い?
――そんなもの、関係ない。
 俺は彼女に告白する……しなければ、ならない。
そして、運命の昼休み――俺は、彼女を屋上へと呼び出して、俺の思いの丈をぶつけた。
「俺と付き合ってくれ」
「……嫌よ」
あ、振られた。(制作サイトより引用)


One dot contest

※ゲームは全年齢向けですが、制作サイトさんは18歳未満入室禁止です。ご注意ください。

Fantasistaの横顔(制作サイト)・二位俊哉さん主催の第一回One dot contestに
応募された作品(No.9)。
そして、同コンテストで最優秀賞に輝いた作品です。

今回私がプレイしたのは、上記応募作に加えヒロインのボイス、後日談のおまけ短編が
追加された、ver.2.00です。
ヒロインのボイス、可愛いけどしっとりしている感じが好みです('-'*)

インパクトのある題名と、出だしから逆さまの風景でつかみはバッチリ。
ノリはコメディですが、意外と王道(?)な恋愛ものでした。
ツルーゲネフって誰やねんと思っていたのですが、「初恋」の作者なんですね。
私は「初恋」と言えば真っ先に島崎藤村が思い浮かんだんですが、さすがに
「藤村によろしく」だと渋すぎますね。うん。

ヒロインの性格がギャルゲーの女の子っぽい(すいません、実際ほとんどそういう
ゲームをプレイしたことないので、私のイメージなんですが)ので、その辺りが
プレイヤーの好みにヒットするかどうかで好き嫌いが分かれるポイントかもしれません。
ヒロインの健気さに対して、まーくんのいい加減さが個人的に、ちょっと好感度低かったです。

画像枚数などの制限があるのに、拡大縮小や回転などで演出も面白かったし、何より
システムの快適さはとても良かったと思います。
特に文字がとても読みやすくてありがたかったです。



以下の制約の元で制作されています。

一 登場人物は最低で一人、最高でも二人まで
二 背景に使用出来る画像はスタッフロール時や一色のみの画像を除き十枚まで
三 BGMは三曲まで(元々幾つかに分かれている曲を繋ぎ合わせたものは使用不可)
四 テーマに沿った作品を仕上げること
五 文章量は20KB(スクリプト含まず)まで
六 期限はテーマを発表した翌日からの一週間

ちなみに第一回のテーマは、
『事件 / 未来 / 過去 三つの中から一つ、または複数の選択方式』らしいです。
拍手する
スポンサーサイト

月槍譚 -Mind of A Lunatic-

2011年02月06日 18:54

月の水企画【タイトル】 月槍譚 -Mind of A Lunatic-
【制作】 月の水企画

月槍譚 -Mind of A Lunatic-
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 49MB
【公開日】 2009年9月6日

とある市の、閑散とした区で起きた殺人事件。
事件を担当していた女刑事「朝倉美耶子」は、先輩の男刑事のもとへと押しかけ、
調査が終わったその事件について語っていた―― (制作サイトより引用)


One dot contest

Fantasistaの横顔(注・18禁)・二位俊哉さん主催の第一回One dot contest
応募された作品(No.5)。

ミステリノベルですが、推理要素はありません。
物語にはっきりした答えもでないので、自分で想像して楽しむ方向けです。

とある村で起きた殺人事件について、2人の刑事が話し合う、というストーリー。
ただ、事件に関わった人物にしろ、村の因習にしろ、概要が刑事の話に上るだけなので
深く掘り下げられるほど関われないしで、結局真相はどうだったのかよく分からずでした。
最後に刑事が真相らしき推理を口にしますが、それが結局的を射ているのかどうかも
ぴんと来なかったです。
Lunatic――狂気を連想させつつも、それを納得させるだけの根拠が今一歩だったかも。
しかし、ミステリとしての雰囲気は十分面白かったので、コンテストの制約上短編に
なってしまうのは仕方ないのですが、もう少し書き込まれた中編くらいのストーリーで
読んでみたかったなぁと思いました。



以下の制約の元で制作されています。

一 登場人物は最低で一人、最高でも二人まで
二 背景に使用出来る画像はスタッフロール時や一色のみの画像を除き十枚まで
三 BGMは三曲まで(元々幾つかに分かれている曲を繋ぎ合わせたものは使用不可)
四 テーマに沿った作品を仕上げること
五 文章量は20KB(スクリプト含まず)まで
六 期限はテーマを発表した翌日からの一週間

ちなみに第一回のテーマは、
『事件 / 未来 / 過去 三つの中から一つ、または複数の選択方式』らしいです。
拍手する

dawn

2011年02月05日 17:22

future extra【タイトル】 dawn
【制作】 future extra

dawn
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 15分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 9.39MB
【公開日】 2009年9月6日

どこにでもいる普通の高校生である智史(さとし)の元に、
ある日突然脅迫メールが届く。その内容とは……?(コンテストページより引用)


One dot contest

Fantasistaの横顔(サイト閉鎖)・二位俊哉さん主催の第一回One dot contestに
応募された作品(No.1)。

脅迫文が届く――という緊迫感のある出だしで、ワクワクしました。
モノクロームの画面や縦書きの文章が、雰囲気に合っていてかっこいいです。
ただ、終わり方はサスペンスとは程遠いほのぼの系だったという。
個人的に、不穏なサスペンス風の物語を期待してしまったので、ちょっと拍子抜けでした。

以下、ネタばれを含むので反転しないと見えないようにしています。
ネタばれが嫌な方は閲覧にご注意ください。

ただ、ほのぼのハッピーエンドかと思いきや、この友人の行為よく考えると怖いです。
とても気の効いた仲介とは言えず、下手をすると取り返しのつかない展開になったやもしれません。
そう考えると、実は2人の思いを知っていて嫉妬してたんじゃ?とか邪推してしまいます。
そんなことない、純粋に善意でやったんだ!とかいう方が、その善悪の想像力の欠如っぷりが
私には怖いです……。




以下の制約の元で制作されています。

一 登場人物は最低で一人、最高でも二人まで
二 背景に使用出来る画像はスタッフロール時や一色のみの画像を除き十枚まで
三 BGMは三曲まで(元々幾つかに分かれている曲を繋ぎ合わせたものは使用不可)
四 テーマに沿った作品を仕上げること
五 文章量は20KB(スクリプト含まず)まで
六 期限はテーマを発表した翌日からの一週間

ちなみに第一回のテーマは、
『事件 / 未来 / 過去 三つの中から一つ、または複数の選択方式』らしいです。

※制作者さんのお名前を間違っておりました。現在は訂正しております。
申し訳ありませんでした。虹色様、ご指摘ありがとうございました。
拍手する

その物語の主人公

2011年02月04日 21:31

イノセントウイングス【タイトル】 その物語の主人公
【制作】 イノセントウイングス 白翼様

その物語の主人公
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 12分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 6.27MB
【公開日】 2009年9月6日

高校三年の夏。佐々木あきらは部活動にも勉強にも打ち込まず、
ただ放課後の教室でボーっとし続けていた。
それを見かねた幼馴染の姫子は、一緒に帰ろうと誘うが、あきらは頷かない。
そんなあきらの心の中を占めている思いは、漫画やゲームの世界に自分が
行くことであり、その世界の何がそこまであきらを引き寄せているかを、
姫子は聞き出そうとする。(コンテストページより引用)


One dot contest

Fantasistaの横顔(サイト閉鎖)・二位俊哉さん主催の第一回One dot contestに
応募された作品(No.2)。

何となく途中で展開が読めてしまう、わりとオーソドックスな青春恋愛もの
……と思いきや。
良い意味で想像を裏切られて驚かされました。
ネタばれになるので詳細は書きませんが、あまり好きな類の話ではなかったり。
しかしながら、やっぱり青春恋愛ものならではの読後感はさわやかでした。
ええい、幸せそうだなこんちくしょー(^ω^#)

それと細かいところなのですが、ゲーム本体のタイトルが「この物語の主人公」
になっていましたので「あれ、どちらが正しいんだろう?」と一瞬戸惑いました。
ゲーム本体以外は「その」になっているので、こちらが正しかろうということで
紹介させて頂いてます。



以下の制約の元で制作されています。

一 登場人物は最低で一人、最高でも二人まで
二 背景に使用出来る画像はスタッフロール時や一色のみの画像を除き十枚まで
三 BGMは三曲まで(元々幾つかに分かれている曲を繋ぎ合わせたものは使用不可)
四 テーマに沿った作品を仕上げること
五 文章量は20KB(スクリプト含まず)まで
六 期限はテーマを発表した翌日からの一週間

ちなみに第一回のテーマは、
『事件 / 未来 / 過去 三つの中から一つ、または複数の選択方式』らしいです。
拍手する

重奏世界のイデアル

2011年02月03日 21:23

可算階段【タイトル】 重奏世界のイデアル
【制作】 可算階段 板村唯様

重奏世界のイデアル
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 8分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 3.22MB
【公開日】 2009年9月6日

学生時代の友人である入葉と再会した私は、彼女と他愛もない会話を続けていた。
(コンテストページより引用)


One dot contest

Fantasistaの横顔(サイト閉鎖)・二位俊哉さん主催の第一回One dot contestに
応募された作品(No.7)。

素材を加工したモノトーンの画面と人物像。
ちょっと離れて見ると、版画みたいに見えました。味があって良かったです。

お話は、青春ノベルかと思いきや、意外な方向にお話が進みました。
曖昧なまま終わりそうな雰囲気を感じたものの、最後はきちんとオチがつき、すっきり。

以下、参考のためにコンテストの制約を転載させていただきます。



以下の制約の元で制作されています。

一 登場人物は最低で一人、最高でも二人まで
二 背景に使用出来る画像はスタッフロール時や一色のみの画像を除き十枚まで
三 BGMは三曲まで(元々幾つかに分かれている曲を繋ぎ合わせたものは使用不可)
四 テーマに沿った作品を仕上げること
五 文章量は20KB(スクリプト含まず)まで
六 期限はテーマを発表した翌日からの一週間

ちなみに第一回のテーマは、
『事件 / 未来 / 過去 三つの中から一つ、または複数の選択方式』らしいです。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。