Giggle。ひそひそ

2019年07月22日 20:00

I紡唄-tsumugi uta-【タイトル】 Giggle。ひそひそ
【制作】 紡唄-tsumugi uta- 荒咲りゆ様

Giggle。ひそひそ
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 1話2~3分(トータル12分)程度
【ツール】 ティラノスクリプト
【容量】 107MB
【公開日】 2019年4月30日
【プレイver.】 1.00

前作「Giggle。くすくす」に続く、ホラー掌編ノベル第2弾。
こちらもティラノビルダー製ですが、前作とは違ってダウンロード版がメインとなっています。
ふりーむ!でダウンロード版のみ、ノベルゲームコレクションではブラウザ・ダウンロード版がプレイ可能。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

前作同様、4話のゾッとするホラーが楽しめます。
今回も3分弱の掌編集ですが、ストーリーが前回より凝っていて面白くなっている気がしました。

以下、それぞれのお話の感想です。
ストーリーのネタバレになりそうな箇所は反転しないと見えないようにしていますが、
伏せてないところでも読んでしまうとお話の傾向が分かったりする面はあると思います。閲覧ご注意下さい。



1.思い出に埋もれる

これは、怖かったです。背筋が凍ります。
多分無いだろうけど、現実でもあり得なくない……ですよね。
皆まで描かれていないので、先を想像してしまい余計に怖いです。


2.私は彼女の、彼女は私の背中を押した

これは途中でオチが読めました。
しかし、オチが想像通りだとしても良かったですね。
「背中を押した」という意味が二重になっているのも面白いです。
まさに因果応報。よくできたストーリーだと思います。
これ、最初に読んだときには花子さんは幽霊の身で復讐を果たしたと思ったのですが、
もしかして、生きてます?


3.ついてくる

これは、音楽も怖くてゾッとするお話でした。
お墓で肝試しとか中高生くらいかと思いきや、会社勤めだったので、大人かよ!と思ってしまいました。
基本怖かったのですが、途中で「その後(怖いから)後輩と一緒に会社を――」という文章の、
(怖いから)がなぜか可笑しくてクスっとしてしまったという。

4、さよなら、セカイ。

今回は好きなお話多かったのですが、中でもこれが好きでした。
少しファンタジックなところが良いですね。
読んでいてずっと、「詩織は沙織に悪さをしない」という妙な確信がありました。
その通りで良かった。
後で制作者さんの解説を拝見して良いばかりではないと気付きましたが、正直そこまで思い至らなかったなぁ。
読後感、悪くなかったです。


拍手する

Giggle。くすくす

2019年07月21日 20:00

I紡唄-tsumugi uta-【タイトル】 Giggle。くすくす
【制作】 紡唄-tsumugi uta- 荒咲りゆ様

Giggle。くすくす
【ジャンル】 短編ノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 1話2~3分(トータル10分)程度
【ツール】 ティラノスクリプト
【容量】 -
【公開日】 2018年9月8日
【プレイver.】 1.01

第14回 ふりーむ!ゲームコンテスト ブラウザゲーム部門にて銅賞を受賞された作品。

1話3分弱で読める、ホラー掌編オムニバスノベル。

タイトルのGoo〇le風の画面が面白いし目を引きますね。
都市伝説を検索した感じの演出なのかな?
と思っていましたが、とあるページを見ると似て異なるもののようです。

短編でキャラクターのグラフィックはないものの、台詞はフルボイスです。
ゲームにボイスは求めない派の私ですが、この作品ではボイスに恐怖感が煽られて良かったです。

収録されているのは全部で4話。
少し奇妙なものからお話から切ないお話まで、それぞれテイストの違うストーリーが楽しめました。

真夏の夜に、ちょっぴりゾッとするお話、いかがでしょうか。

以下、それぞれのお話毎の感想を少し書いてみたいと思います。
極力ネタバレはないようにしているつもりですが、物語の傾向などは分かってしまうかも。
先入観なしにプレイしたい方はご注意下さい。



1.頷く

これ、オチが予想外というか唐突すぎてビックリしました。
「え?へぇえ?」とぽかんとする私。
いや、何で?どして?
私、何か含みがあるのを捉え切れてないのでしょうか。未だに不可解でモヤモヤします。

2.祝福の花束を添えて

これは、1話とは逆に話の結末の想像がついたお話でした。
怖いと言えば怖いけど、羨ましいと思ってしまうのは私だけでしょうか。

3.Small Type Bear

これもオチにやられました。
そう来たか……っ!これは気付かなかった~!
えっと、でも、ホラーなんですけど、笑ってしまいました。このギャップがたまらない。

4.2度生まれる

これは良い……いえ、よく考えると良くないんですけど、切なくなるお話。
短い中で、分かり易くすっきり纏まっていると思います。
悪く言えばありがちかもしれませんが、一番好きです。
拍手する


最新記事