狼少女と森の館

2019年11月13日 20:00

せんやも、いちやも【タイトル】 狼少女と森の館
【制作】 せんやも、いちやも 砂原みたけ様

狼少女と森の館
【ジャンル】 短編探索ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 1周6分~24分(トータル32分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 6.12MB
【公開日】 2015年4月
【プレイver.】 ?

ここはとある森の中。いじわるな狼たちはいつも森を通る人間たちを狙っていた。
そして主人公も一人前と認められるために一匹で初めて人間を探しに行く。
(制作サイトより引用)


突然連れ去られた館から脱出する探索アドベンチャーです。
狼と赤ずきんが登場しますが、物語は童話の赤ずきんとは全く異なります。

人間を狩るために人間に化けた狼の少女。
ボーイッシュな見た目だったので、タイトルがなければ少年だと思っていたかも。
そして、森の中で赤ずきんと名乗る男性と出会います。
赤ずきんが男という設定はなかなか斬新で、ちょっと驚きました。
人間を狩るはずなのに、全然襲わない狼少女。それどころか道に迷った彼を案内することに。
そしてその後に謎の館に監禁されるという展開です。

探索はさほど詰まることなく、サクサクと進めました。
館はそこそこ部屋数があるので、少し迷ったりもしましたが。
鍵やアイテムは必要な場所で自動で使ってくれるので楽ちんです。

館の中には鴉などがいて、最初は敵キャラで戦闘があるのかと身構えていました。
まぁ敵と言えば敵なのですが、戦う訳ではありません。触れても話を聞けるだけです。
赤ずきんと合流してから話しかけると、赤ずきんの台詞も聞けて面白いです。

エンディングのひとつは序盤で分岐点があり、5分くらいでクリアしました。
ただこれは、やっちゃダメだろうというバッドエンドっぽい終わり方です(END1)。
ちゃんとしたエンディング(END3)までも、30分かからずクリア。
赤ずきんが良いキャラですごく好きでした。
狼少女も良い子で良かった。

END2はちょっと考えましたが、END3の展開を見るとアレがポイントかなと思いつき、やり直してコンプリートしました。
END3の展開はちょっと狼少女が可哀相でもありますが、違う生き方の希望が持てて良いですね。

結局、彼らを閉じ込めた黒幕の動機が曖昧で、そこは少しモヤモヤしました。
ストーリーよりは、探索ゲーとして、そしてやや性向けな展開が魅力な作品だと思います。

以下、完全攻略ではありませんが、各エンディングへの到達条件を書いておきます。
反転しないと見えないようにしておきますが、ネタバレですので閲覧にはご注意下さい。
[狼少女と森の館]のヒント・攻略を見る
拍手する

謎解き電話の脱出記

2019年11月09日 21:17

謎解き電話の脱出記 ふりーむ!のページ【タイトル】 謎解き電話の脱出記
【制作】 tentoさんの屋根裏部屋 tento様、 ザ・シグラル シグラル様

謎解き電話の脱出記
【ジャンル】 謎解きアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類?
【プレイ時間】 1時間7分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 70.1MB
【公開日】 2019年7月12日
【プレイver.】 1.01

あなたは夜に寄った電話ボックスから異世界に飛ばされてしまう。
飛ばされた世界から脱出するためには次々と現れる謎を解いていくしか無い。
無事、脱出することはできるのだろうか…… (制作サイトより引用)


異世界に飛ばされた主人公が、謎解きをしていきます。

飛ばされた異世界には、ぽつんとひとつの公衆電話があり、その奥に様々な世界が広がっています。
ひとつのステージの謎を解くと「電話番号」が手に入り、
それを公衆電話に入力すると次のステージへの扉が開くという流れ。

謎解きは、比較的簡単できっちり解けたもの、分からなくて総当たりで強引に突破したもの、
分かったけどなかなか上手く行かずにウロウロしたもの、と様々でした。
強引に突破するのは謎解きゲームとしてはどうかと思いますが、どうしても分からなかったんだ(・ω・`)
ちなみに主人公は、ひとつだけ謎解きをスキップできる救済アイテムを所持しています。

出だしはホラーのような展開でもありますが、特にホラーという訳ではありません。
ただ、道中触れるとゲームオーバーになるキャラも存在します。
が、それがなぜかモンスターではなく、ウディタでお馴染みのニワトリだという。
このニワトリが様々な動きで邪魔してくるところもあり、ちょっと笑えました。
このように、キャラを避けて進むアクション要素も少しあります。
これはあまり難しくなく、かなりアクション苦手な私が突破できたので、安心して下さいませ。

やっぱり、謎をきちんと理解して解けるとキモチイイ!
夢中で取り組んで、1時間強で元の世界に戻れました。
すごく凝ったストーリーがある訳ではないものの、謎解きをたっぷり堪能できます。
拍手する

ウシミツドキ~学校の七不思議~

2019年11月06日 20:00

守谷シゲのサイト【タイトル】 ウシミツドキ~学校の七不思議~
【制作】 守谷シゲのサイト 守谷シゲ様(代表)

ウシミツドキ~学校の七不思議~
【ジャンル】 探索ホラーアドベンチャー
【対象】 6歳以上(小学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周1時間(トータル1時間15分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 195MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年8月31日
【プレイver.】 1.0.4

深夜の学校に閉じ込められた主人公を操作して、学校のどこかに監禁されている親友を助け出そう。
時には七不思議に脅かされながら、時には七不思議の力を借りながら探索を続けよう。 
(ふりーむ!作品ページより引用)


ツクールMV製の探索ゲーム。
ふりーむ!からはダウンロード版、もしくはRPGアツマールのブラウザ版がプレイ可能。
(この記事の作品タイトルからは、ふりーむ!さんの作品ページにリンクさせて頂いています)

ふりーむ!の作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

学校に閉じ込められた主人公が、親友を助けるために校内を探索するホラーアドベンチャー。
七不思議がベースになっている、お馴染みな感じのホラーです。
グラフィックの綺麗さに惹かれてプレイさせて頂きました。

私、学校が舞台の探索ものってやや苦手なんですよね。
校内は広いし、教室の作りは同じで迷うし……で。
ただ、この作品はそんな心配も無用で、すごく探索し易かったです。
アイテムは光っているし、序盤必要なところにしか行けないようになっていたり、
またMAPも見易く、ヒントも貰える……とスムーズに進める工夫が随所になされており、
サクサクとストレスなく探索することができました。

探索中、ランダムで敵が出現することもあり、捕まるとゲームオーバーになる箇所もあります。
しかし、遭遇するとキャラクター図鑑が埋まっていくので、出会ってやられてもそれはそれで良しなのです。

ホラーゲームって一人で探索するのが心細いものですが、この作品には心強い(?)相棒が登場します。
怪異と戦ってくれる訳でもなく、ヒントを出してくれるとはいえ、前述の探索のし易さ故にヒントもあまり必要ではなく。
それでもすごくホッとできるし、良い相棒でした。
その頼りになる相棒の他にも、主人公を助けてくれる優しいキャラも居て、全体的に優しさを感じます。

作品ページのコメントによると「ジュブナイルを意識した優しいジュニアホラー作品」ということで、
なるほど、この優しさはそういうことかと。
確かにホラーではあるものの、残酷さも控えめです。
怖いのが苦手な方にもお薦め。
拍手する

脱出ゲーム マザーグースの部屋

2019年10月13日 22:28

ハタ イケダのポートフォリオサイト【タイトル】 脱出ゲーム マザーグースの部屋
【制作】 おくら様(twitter

脱出ゲーム マザーグースの部屋
【ジャンル】 脱出ゲーム
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 3分程度
【ツール】 Unity
【容量】 -
【公開日】 2019年9月1日
【プレイver.】 1.01

ブラウザでプレイできる脱出ゲームです。
ふりーむ!、unityroom、PLiCyにて公開されている模様。

ふりーむ!の作品ページ →  unityroomの作品ページ→  PLiCyの作品ページ→

タイトルの通り、マザーグースをモチーフにした謎解きが散りばめられた脱出ゲームです。
パステルカラーの可愛らしい部屋ながら、マザーグースのちょっと残酷なテイストも織り交じっていました。

謎解きは分かり易くて、3分くらいでさくっとクリアできましたヾ('ω'*)ノ
マザーグースの残酷さを配慮してか12歳以上推奨となっているので小さなお子様にはお薦めできないものの、
謎解きに初挑戦!という方にはぴったりかも。

短編だけどイラストもたくさんあって、見た目で楽しめる作品でした。
拍手する

箱庭村奇談

2019年06月06日 22:29

箱庭村奇談 ふりーむ!のページ【タイトル】 箱庭村奇談
【制作】 BQi様(Webサイトなし)

箱庭村奇談
【ジャンル】 探索ADV
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1時間40分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 11.5MB
【公開日】 2019年4月20日
【プレイver.】 1.00

修学旅行、自由行動の日、人込みが苦手な主人公は独り地元の町営バスに揺られていた。
車窓から民家がまばらになり自分の無計画な行動を少し後悔しかけた時
『次はいわどのおんせん』の車内アナウンスが・・・
「温泉という目的が出来れば無計画な旅も後々、楽しい思い出になるかも?」
降車ボタンを押した主人公だったが・・・ (ふりーむ!作品ページより引用)


この作品、グラフィックがすごく良いです。
一目見てやりたい!と思いました。こういう系好きなのですよ。
実写的な人物や背景、そしてアイテム。
何だかそれだけでホラー感が増すような気がします。
ただ、一般の民家の構造だけは実際にはこんな間取りないなぁというもので。
探索し易い構造ですしゲーム的には問題ないのですが、そこはリアリティがないなぁと思ってしまいました。

修学旅行中、ある理由で人里離れた山奥の村を訪れた主人公の実花ちゃん。
なぜか無人のその村から出られなくなってしまいます。
村の中を探索していくのですが……
道中、同じように閉じ込められた男性と出会い、「人だ、人がいた!」と歓喜する私を余所に、
別々に調査しよう!じゃっ!と颯爽と去っていく男性。そしてあっさり納得する実花ちゃん。
一緒に行動しようよぉぉ。・゚・(ノД`)・゚・。

ゲームとしては敵から逃げつつの探索がメインです。
金庫の番号を探す程度の簡単な謎解きもありました。……あったはずです。
そして、追いかけられ要素あり。
ただ、基本的に画面のどちらかの端からしか敵が出現しないのであまり怖くありません。
画面を切り替えると敵は消滅するので巻くのも簡単です。
ただ、ふりーむ!のレビューにもあったんですが、敵の出る頻度が高すぎでした。
敵が出る→画面移動→戻る→画面移動 の繰り返しでなかなか進めず。
逃げるのが容易なのもあり、逃げ切るスリルを感じることもなく作業になってしまい面倒でした。
最近のアップデートで出現頻度を調整されているとのことで、最新版ではこれは改善されているかも。

探索しているうちに真相が分かっていくのですが、ちょっと意外な方向性で驚きました。
エンディングは、ゲームオーバーとTRUE ENDに分かれます。
最初はTRUEへ向かっている自信があったのにBADになってしまい呆然。
ちょっとした行動でゲームオーバーになってしまったようです。
分岐点は終盤の選択肢によるので、何度もやり直さなくてもいいのはありがたかったです。
また、ゲームオーバーにも選択肢によっていくつかのパターンがあります。
ゲームオーバーだけにあまり気持ちの良い終わり方ではないのですが、色々と試すのは楽しかったです。

ホラーというよりオカルトに近い雰囲気かもしれません。
驚かせ要素もなくホラー苦手な方でも楽しめるのではないかと思います。
拍手する


最新記事