もう二度と君に会えない

2018年11月02日 20:00

もう二度と会えない【タイトル】 もう二度と君に会えない
【制作】 モリ様 (Webサイトなし)

もう二度と君に会えない
【ジャンル】 ホラーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 24.0MB
【公開日】 2018年7月21日
【プレイver.】 1.0.2

ゲームをプレイしていたあなたは、突如ゲームの世界に閉じ込められてしまう。
そこで同じように閉じ込められたという女性に出会い、共に脱出を目指すことに。


第10回 WOLF RPGエディターコンテスト 斬新さ部門で17位を獲得された作品です。
作品サイトの他、ウディコンのサイトからダウンロード可能(エントリー番号【23】)。

プレイを始めると、ゲーム画面の中にテレビ画面が。
劇中劇のような、ゲーム中ゲームが始まります。
レトロなテレビ画面が、昔のファミコンみたいで味があります。
グラフィックもシンプルなドットで、内容はいかにもなホラー。
その荒いドットの無機質な感じが逆にちょっと怖かったです。

全編を通じて、基本は探索と追いかけられゲームでした。
セーブは、一定の箇所まで進むと自動セーブされます。
難しくはありませんが、かと言って易しくもない難易度でした。
逃げが苦手な私はちょっと手こずって何度かトライしました。
ただ、嫌になって投げ出したくなる前にクリアできる程度です。
個人差があるので何とも言えないけど、多分普通にゲーム慣れしてる方なら難なくいけるかと。

クリアすると、タイトルの意味が分かります。
こういうの好きです。唸らされました。
これ、ネタを思いつくところまでは誰でもいけそうですが、
それをゲームとして作り上げるのは大変だっただろうなぁと思います。
作者さんに敬意を表したいです。

すごくグラフィックが綺麗とか、ストーリーが秀逸とか、ゲーム性が高いとか
そういう面では失礼ながら突出したところがある訳ではありません。
それなにに、2周目をやりたくなる魅力を秘めた作品です。

WOLF RPGエディターコンテスト
拍手する

公衆電話

2018年11月01日 20:43

公衆電話 ノベルゲームコレクションのページ【タイトル】 公衆電話
【制作】 加藤 匠様 (twitter)

公衆電話
【ジャンル】 
【対象】 全年齢
【ED数】 7種類
【プレイ時間】 1プレイ3分(トータル40分)程度
【ツール】 ティラノスプリクト
【容量】 77.4MB (ダウンロード版)
【公開日】 2018年8月27日
【プレイver.】 1.02

ふと目が覚めると、男は公衆電話ボックスに閉じ込められていた・・・。
プレイヤーは自分で好きな番号に助けを求めることができますが、
所持金は10円玉が3枚だけ。
30円分(=3回)しか電話をかけられないので、すぐに力尽きてしまうでしょう。
しかし新たな番号さえ知ることができたなら、次回は初めからかけていくことで、
物語の真相へと近づくことができるはずです。
あなたを助けてくれそうな人は誰だろう? (ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


以前、twitter等で面白いという感想をお見掛けして、気になっていたゲーム。
ノベルゲームコレクションの作品ページより、ブラウザプレイ・ダウンロードが可能です。
ゲーム会社にお勤めのプロのゲームクリエイターさんが個人的に作られているようで、興味津々でした。

電話ボックスという狭い空間に閉じ込められた主人公の脱出劇。
手元にあるのは10円玉が3枚という絶望的な状況です。
最初は何とか自分の置かれた状況が分かるだけで、何のヒントもありません。
主人公は携帯やスマホも持っておらず、家族や友人の番号も暗記してはいないようです。
ただ、そういう状況で助けを求めるとしたら?誰でも思いつくことはあるはず。
そこから少しずつヒントが提示され進展していく構成は、良く考えられていると思います。

ストーリーも、単なるホラーというよりはメッセージ性の強いものになっています。
辛口で言えばちょっと上手くいきすぎな気がしますが、ストーリーの巧みさが良かったというより、
プレイしたことで自分はどうだろうか、自身を振り返るきかっけになったことが何より良かったと思いました。

プレイ後に作者さんのtwitterを拝見したところ、ボタンを押す音は実際の公衆電話で録音された模様。
欲を言えば、「カチカチ」という音ではく、「ピッポッパ」と鳴る音が好きなので、
そっちを実装して頂ければ嬉しかったかも。
それと、わりと凡ミスで掛け間違いをしてしまうことがあったので、
相手に繋がるまでの間はガチャンと切って掛けなおせる仕様だと良かったかなと思います。
(30円しかないのだから、もっと慎重に掛けろという話ですが……)

エンディングは7種類。
終盤までプレイを進めれば、エンディング分岐条件は分かってくるかと。
トータルで遊ぶと30分はかかると思いますが、とくかく斬新なゲームで最後まで夢中でプレイできました。
拍手する

NIGHTMARE HORN

2018年10月03日 20:00

WHGF【タイトル】 NIGHTMARE HORN
【制作】 WHGF WH様

NIGHTMARE HORN
【ジャンル】 ホラーアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 1時間程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 21.3MB
【公開日】 2017年3月4日
【プレイver.】 1.03

深い眠りから覚めかけた微睡の中、冷たい空気の気配を感じる。
「……起きたかい?」
うさぎの縫いぐるみが喋っている……。
アクター(名前変更可)がハッと目を覚ますと、目の前にはうさぎの被りものをした人物がいた。
彼に鏡を見るよう促され確かめると、自分も同じように被りものをしており、
どうやら取り外しができないようだ。
ジャックと名乗った彼と共に、アクターは館を出ようと探索を始めるのだが、
部屋を出たところアルペンマンと名乗る異形が現れ、宣言される。
「この屋敷にはね、君を殺す為に何人もの異形がいるんだ」 (一部ゲーム内より引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

タイトル画面の、壊れた遊園地みたいなBGMが怖い。

とにかく命を狙ってくる異形頭達をかわしながら、
屋敷の謎を解き脱出をしてください。


というゲーム紹介だったので、がっつり襲ってくるんだろぉぉ!と、腕まくりして気合入れて始めました。
が、思ったより追いかけられ要素は厳しくなかったです。
敵全員が血眼になって追ってくるかと思いきや、階層をまたぐと追ってきません。
キャラクターによっては接触しない限り平気だったり、
普通に会話ができるのにタイミング次第で気まぐれに殺しにくるタイプとかもいます。
敵ながら、動きが一辺倒ではなくて面白かったです。
後で知ったのですが、作者さんのtwitterで敵キャラを公募されたようですね。
なるほど、道理で個性的な訳です。

館はコンパクトにまとまっていて、広すぎないので探索は楽でした。
一ヶ所だけなかなか謎解きに気付けずにウロウロしちゃいましたが、ヒント無しでクリアできました。
ちなみに、ゲーム内で自分がいる部屋の謎解きのヒントを閲覧することができます。

ゲームの雰囲気そのままに、ラストもあまり爽やかとは言えない終わり方です。
B級映画のようなテイストで、そういう悪趣味な展開、嫌いじゃありません。
クリア後は、おまけ部屋に行けて敵キャラに関する設定なども見る事ができます。
避けまくったが為に本編で殆ど絡まなかったキャラクターについても見られて面白い。
行動パターンを確かめたくて、また本編に戻ったりしちゃいました。
拍手する

シルエットルームからの脱出1

2018年08月30日 20:00

あかつきのお宿【タイトル】 シルエットルームからの脱出1
【制作】 あかつきのお宿 橘花紅月様

シルエットルームからの脱出1
【ジャンル】 謎解き脱出ゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 11分前後
【ツール】 Unity+WebGL
【公開日】 2018年8月15日

ブラウザプレイの、いわゆる脱出ゲームです。

モノトーンのシンプルな画面に惹かれてプレイしました。
画面はこの向きの一画面のみなので、探しもので迷う事はありません。
謎解きメインで進めて行く感じです。

謎解きもよく考えれば分かるもので、適度に頭を使える感じで気持ち良かったです。
タイトルに"1"とあるので、続きも予定されているのでしょうか。楽しみです。

以下、YouTubeにアップされていた攻略動画を掲載しています。
[シルエットルームからの脱出1]のヒント・攻略を見る
拍手する

TEST

2018年08月21日 20:00

WHGF【タイトル】 TEST
【制作】 WHGF WH様

TEST
【ジャンル】 ホラー風アドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1時間20分~1時間40分程度
【ツール】 RPGツクールVX
【容量】 106MB
【公開日】 2016年4月1日
【プレイver.】 1.04

気が付いたら、ここにいた。
小さな窓だけの無機質な部屋。
人を呼んでも誰も来ない。あの窓からは、外は見えない。
……外に出たい。 (ゲーム内より引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVXのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

無機質な、何かの研究施設のようなところから脱出するゲームです。

プレイ前に注意書きがあるのですが、このゲームには「精神不安値」というパラメーターがあり、
行動するとどんどん不安値が上がっていきます。
途中で手に入る「精神安定剤」を使用して、不安値を抑えつつ進まなければなりません。
また、即死要素もあるのにセーブポイントは限られているという、結構シビアなゲームです。
安定剤がいつ切れるか、数が足りるのか分からない不安感、それ故に無駄に歩き回れないという緊張感。
プレイ中は始終軽いストレスを感じていました。
ただ、何故かそのストレスが嫌ではなく、むしろ心地良かった。
難しいミッションをこなしている、という心地良さでしょうか。

謎解きはそこまで難しいとは感じませんでした。
中にはごく簡単な英単語の知識が必要なところもあります。
これは推奨年齢の中学生以上なら問題ないレベルかと。
更に、暗号的な謎解きの他にも、フロアの特性を理解して上手く進まねばならないというのもあり。
最初は何も分からないので、1フロアで少なくとも1回はゲームオーバー必至な感じです。
「何でダメなのか」を考えつつ「こうすればいいのでは?」を試しつつ進むのがとても面白かったです。

エンディングは2種類。
私は最初ED2に到達し、分岐点がどこだかは想像がついたのですがED1に辿り着けず……。
クリア後のおまけ部屋にてヒントが貰えるので、それを拝見して再プレイしました。

どちらのエンディングも、諸手を挙げて喜べる感じではありません。
ただ、やれることはやり切った。
ストーリーの後味以上に、プレイヤーとして難しい状況を切り抜けたという達成感がありました。

あくまでゲーム上の制約を工夫して切り抜けていくタイプの作品で、アクションが難しい訳ではありません。
ある程度手応えあるゲームがお好きな方は楽しめると思います。
拍手する


最新記事