オカルト儀式と幽霊と

2019年09月16日 20:00

言ノ葉迷宮【タイトル】 オカルト儀式と幽霊と
【制作】 言ノ葉迷宮 KaTana様

オカルト儀式と幽霊と【ジャンル】 現代ファンタジーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周7分(トータル18分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 12.0MB
【公開日】 2018年12月2日
【プレイver.】 1.01

生徒会所属の主人公は、会長と一緒にオカルト部の視察をすることになった。
オカルト部は現在4部屋ある旧文化棟を独占しており、その特別待遇が適切なのか判断する為だという。


第21回3分ゲーコンテストで2位を獲得された作品です。
ただ、「3分ゲーとは思えなかった作品」に投票が多いというコンテスト結果のように、
普通に読んでいくと3分では1周するのも難しいかと思います。

コミPo!というコミック制作ツールで作られた作品で、
クリックかエンター、またはマウスのホイールでページを進めていきます。

プレイを始めてまず、今作は画面の大きさに「おおっ」と思いました。
見易くて良いですね~。

コミックを読んで、最後にどーんと推理する感じ。
正直、「え、これで考えるの……!?」と分からなすぎて呆然としました。
推理は入力形式なので、アホみたいに手当たり次第思いつく単語を入力。
全然当たりませんでした。
ただ、ちょっと答えにかするとヒントらしき台詞を言ってくれるので、それを基に考えに考えて。
十数回外した挙句、ようやく正解できました……。

いや、後からよく考えると、あーなるほどなぁという感じですね。
後から読み直してみるとばっちり示されているのに、気付けなかったのが悔しいです。
どうしても分からない方は、ゲーム中でヒントが閲覧できます。
後で解放して試したところ、かなり分かり易いヒントになっていました。

3分では終わらないものの、迷いまくっても30分かかりませんでした。
さくっと気軽に遊べる良作です。
拍手する

うず巻く流れのゆきつく先は

2019年04月11日 20:00

言ノ葉迷宮【タイトル】 うず巻く流れのゆきつく先は
【制作】 言ノ葉迷宮 KaTana様

うず巻く流れのゆきつく先は


【ジャンル】 現代ファンタジーアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周22分(トータル42分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 118MB
【公開日】 2017年2月13日(フリー版公開)
【プレイver.】 1.04free

遠い親戚が亡くなり、通夜の席につれてこられた“ひのえ”。
彼女は謎めいた“離れ”にいざなわれる。
ひのえの前にあらわれる奇妙な者たち。
若すぎる離れの主、おかしな態度の訪問者、直立する大カエル。
さまざまな思惑がからみあい、入り組んだ状況がひのえを翻弄する。
彼女は、そこから抜け出すことができるのか――。

奇怪な状況からの脱出をめざす、現代ファンタジーアドベンチャー。 
(メロンブックス作品ページより引用)


言ノ葉迷宮さんによるコミックゲーム。コミック形式としては3作目に当たります。
コミックマーケット114で頒布したものを、以降ダウンロード販売され、
2017年2月におまけ要素を削ったフリー版の公開開始されたとのこと。

コミPo!というコミック制作ツールで作られた作品。
クリックかエンター、またはマウスのホイールでページを進めていきます。

言ノ葉迷宮さんは素晴らしい推理ゲームを多く制作されている作者さん。
本作は推理というよりSF……というか、ファンタジーの側面が強いです。
とは言え、状況を考えて質問に答えを返さねばならないシーンもあり。
そういう面では推理要素ありと言えますね。

最初は何が起こっているのか良く分からないものの、徐々に状況が理解できてきます。
分かり易くて見やすい画面でテンポ良く進むので快適でした。
ノベルゲーム苦手な方も、これならプレイし易そう。
内容についてもう少し書きたいところですが、ネタバレになるのであまり触れずにおこうと思います。
もどかしいですが、多分知らずにプレイした方が楽しめるかと。
私は何も知らない状態で始め、プレイしているうちに思わぬ展開に興奮してきて、のめり込みました。

エンディングは2種類と少な目ながら、コンプリートはなかなか大変でした。
途中でぐるぐる回って何やってるか分からなくなってしまい、どうしたら進めるのかも分からず。
しかしあれこれ試行錯誤しているうちに、何とか進展しました。ほっ。
ちなみに、ヒントは使わずに頑張りました。
ひとつ山を越えるとスムーズにクリアできたので良かったです。

ちなみに、言ノ葉迷宮さんのゲームではお馴染みのプレイログを晒しますと、
22分で結末1到達。42分で結末2に到達。結末閲覧数は2,1でした。
さらに○○回数(ネタバレになるので伏せておきます。プレイすると分かります)は、28,41でした。
どうなんだろうこれ。他の方のログも知りたいなぁ。
拍手する

七つ下がりの雨

2018年08月26日 20:00

言ノ葉迷宮【タイトル】 七つ下がりの雨
【制作】 言ノ葉迷宮 KaTana様

七つ下がりの雨


【ジャンル】 短編推理コミックゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 5種類
【プレイ時間】 1周10分(トータル30分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 17.2MB
【公開日】 2013年12月29日(Web公開)
【プレイver.】 2.00

元OLの春見(はるみ)は、縁あって私塾の講師をはじめる。
そんな中、豪雨で交通機関が麻痺し、彼女は三人の塾生とともに取り残される。
塾内でささやかれる不穏な噂。
その当事者が、この中にいる――? (制作サイトより引用)


ミステリー作品を多く制作されている言ノ葉迷宮さんによるコミックゲーム。
コミックゲームとしては第2作目にあたります。
コミックマーケット84で頒布したものを、2013年12月にフリーソフトとして公開されたそうです。

コミPo!というコミック制作ツールで作られた作品。
クリックかエンター、またはマウスのホイールでページを進めていきます。
ストーリーは、塾の講師である春見が、いじめについて探っていくというもの。
言ノ葉迷宮さんの作品らしい良質のミステリーで、すごく面白かったです。

選択肢も多く、最初は全てが霧に包まれたような状況で首を傾げつつプレイしていましたが、
色々な選択肢を試しているうち、徐々に色々なことが見えてきました。
最初はバラバラに見えたピースが、最後で繋がっていくのが快感で楽しかった。
あからさまに「これは何かありそう」という会話から、何気ない会話にまでヒントがあるので、
注意して情報を把握していくべしです。

最初に辿り着いたのは、結末5。これは何も解決できないエンディングです。
恐らく普通にプレイしていると最初はここに辿り着くはず。
一度結末を見ると、それを避けて進むためのヒントを開放できるようになります。
ただ私はちょっと挑戦したい闘志が湧いてきたので、ヒントは使わずにプレイを続けました。

その後は結末4を迎え、更にひとつずつステップアップして、ヒントなしでコンプリートできました。
タイトル画面から、結末一覧→プレイログで各結末の閲覧数も見ることができます。
ちなみに、私は(2,2,2,2,1)でした。なかなか順調なのでは!

途中の一部の謎(ドリンクの選び方)ではどうしてそうなるのか分からなかったんですが、
色々なエンディングを見て疑問が氷解しました。

難しすぎない、でも簡単でもない。きちんと推理して試行錯誤できるミステリーです。
短編ですし大作とまでいかずとも、細かい伏線も含めてよく練られた素晴らしい作品だと思います。
拍手する

コミックゲーム『たんたん ~単選択肢短編集~』

2018年08月17日 21:26

言ノ葉迷宮【タイトル】 コミックゲーム『たんたん ~単選択肢短編集~』
【制作】 言ノ葉迷宮 KaTana様

コミックゲーム『たんたん ~単選択肢短編集~』
【ジャンル】 コミックゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 1話2種類(全6種類)
【プレイ時間】 1話5分(トータル15分)程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 14.2MB
【公開日】 2013年12月29日(Web公開)
【プレイver.】 2.00

ミステリー作品を多く制作されている言ノ葉迷宮さんによるミニゲーム。
コミックゲームの習作的な位置づけの作品で、コミックマーケット82で頒布したものを
2013年12月にフリーソフトとして公開されたそうです。

中身はその名の通りコミック(漫画)で、コミPo!というコミック制作ツールで作られているようです。
『すれ違い来訪者』『生徒会長への陳情』『運試し』の3編のお話が読めます。
1話は5分程度で読了できる短編。
それぞれに選択肢がひとつあり、エンディングは2種類×3話となっています。

言ノ葉迷宮さんはミステリー系の作品が秀逸なのでつい期待してしまいましたが、
今作はミステリーではありませんでした。
ちょっとSFっぽいものから学園の日常風景(?)まで色々なテイストがあり、楽しめました。
特に『運試し』はちょっとびっくりして、何度か読み返しました。
面白いオチだと思います。
拍手する

正義のキヅナ

2012年01月09日 16:31

言ノ葉迷宮【タイトル】 正義のキヅナ
【制作】 言ノ葉迷宮 KaTana様

正義のキヅナ
【ジャンル】 推理アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 8種類
【スチル数】 -
【プレイ時間】 1周22分程度
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 8.98MB
【公開日】 2011年12月31日(Web公開)

瀧世トキは、周囲に正義を行き渡せなければ気がすまない性格だった。
そのガスバーナーのように熱くきらめく正義に魅せられた俺は、彼女を追うが――。
正義という名のキヅナで結ばれた二人を描くアドベンチャーゲーム!(制作サイトより引用)



言ノ葉迷宮さんによる短編ミステリ。
コミックマーケット78で頒布なさっていたものを、先日Web公開されました。

今回も謎めいた展開や、入力式のシステムにわくわくしつつプレイしました。
順調にバッドエンドから埋め、ノーマル→グッドという流れでクリア。
ひとつバッドエンドを迎えるたびに、どうすれば回避できるかのヒントが読めるようになるので、
行き詰った方にも親切なシステムだと思います。

途中では、博識な方以外はWeb検索が必要になる箇所もありますが、その辺りもヒントで
示唆されているので、そこまでは自分も順調に進めることができました。
ここまでは、私を含め、以前から同作者さんの作品をプレイされている方なら
比較スムーズに突破できるのではないかと予想します。
しかし、ノーマルまでは普通に到達できたものの、最後のグッドエンドには手こずりました……!
何度か繰り返して、ようやく突破できたのは偶然な部分も大いにあります。やけくそ万歳。
終わってみると、うまく騙されたなーと清々しく思えました。
拍手する


最新記事