あめおと。

2019年01月27日 23:00

FROGS Vectorのページ【タイトル】 あめおと。
【制作】 ゲーム制作日記 tokoro家様

あめおと。
【ジャンル】 探索アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周30分(トータル40分)程度
【ツール】 RPGツクール2000 VALUE!
【容量】 1.03MB
【公開日】 2012年7月14日
【プレイver.】 0.1

雨宿りにアンリーとリリーは変な館に入るのだが・・ (ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクール2000のランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

雨の中、無人の館に辿り着いた姉妹。
「お姉ちゃん様子見てくるからここで待ってて」
と言い残して一人で館に入っていく姉。
あかーん、これ絶対戻って来んやーん。という展開ですよね。
しかしこの残された妹さん、じっと待つこともなく、姉が入ってすぐ館に突撃していきます。
待たんのかーい!と突っ込みたくなりましたが、待つ演出を省いた潔い演出で良いかも。

そして案の定姉は既におらず、館を探索することになります。
行ける場所はいくつかありそうに見えて、実は限られているのであまり迷うことはありません。
奥に行くと、想像以上に奇妙な景色が広がっていてびっくりでした。
ドロドロしたホラー系ではなく、むしろ癒しの空間なのですが……
不思議さと奇妙さを煽るBGMなので、少し不安な気持ちになります。
追いかけられ要素は、基本ありません(選択肢次第では、終盤追われて逃げる展開あり)。
ただし触るとゲームオーバーになるキャラクターがいます。
じわじわ追ってきますが、容易に避けられるのであまり驚異ではありませんでした。
見た目が少しヤバイので、直感で避けた方が良いだろうと分かるんですが、
あまり追ってこないので「これ触っちゃダメなんだよね?」と一度は突撃して確認してしまいました。

謎解きは、青の部屋の謎解きが難しくてしばらく悩みました。
思いついたことを片っ端から試して、何とか突破。
「詰むかも」と思ってたので、クリアできて良かった……。
そのは比較的サクサクと進めました。

エンディングは2種類だと思われます。
終盤で選択肢があり、そこで分岐。
エンディング名はありませんが、ハッピーとバッドです。
実はバッドの方がちょっと辿り着くのが難しかったという。
なかなかうまくいかず、この選択肢だと進めないのではと思いかけました。

最初に辿り着いたのはハッピーで、意外とあっさり終わったのでホッとすると同時に物足りなさもあったり。
その分バッドはゾッとする展開で、とても嫌なんですけどホラーの醍醐味を味わえました。
拍手する

To Myself ~記録の私と記憶のわたし~

2019年01月14日 23:00

To Myself ~記録の私と記憶のわたし~ ノベルゲームコレクションのページ【タイトル】 To Myself ~記録の私と記憶のわたし~
【制作】 タク様(twitter)、チョロミ様(twitter

To Myself ~記録の私と記憶のわたし~

【ジャンル】 ノベルゲーム×謎解きADV
【対象】 全年齢
【ED数】 - (分岐なしノベル)
【プレイ時間】 36分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 196MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年8月21日
【プレイver.】 4.5

知らない場所のはずなのになぜか知っている……。
そんな屋敷への地図を見つけた少女サフィア。
「あなたは……わたし……!?」
屋敷にはサフィアと同じ顔をした少女がいました。 (ノベルゲームコレクション作品ページより引用)


ティラノビルダー製の、謎解きアドベンチャー。
スマホプレイに合わせてなのか、縦長の画面となっています。

祖父の部屋で、ある屋敷への地図を見つけた少女サフィア。
気になって訪ねると、そこには自分とそっくりの少女が居て……というお話。
驚いて逃げ出そうとするサフィアですが、そっくりな彼女から屋敷で日記を探すように頼まれます。
その日記と共に、提示される謎を解いていきます。

謎解きは、パズルや暗号、クロスワードや簡単な数独まで色々なものがあり面白かったです。
ぱっと見て分かるものもあれば、ちょっと考えさせられるものもあり。
しかし、考えれば解ける程度の難しさで、謎解きの心地良さを味わえました。
ちなみに解いた謎はキーボードで答えを入力する方式なので、当てずっぽうでは進めません。
分からない時は、きちんとヒントも見られるようになっています。
ただし、ヒントを見ても解けない時は、作者さんのtwitterで質問するしかないようです。
多くの人が解ける難易度だとは思いますが、そこだけはちょっと手間がかかってネックかなぁ。

キャラクターがアニメーションで、ぴょこっと動くのも可愛かったです。
特に挨拶の時に上下に動くのが、本当に膝を折って挨拶してるみたいで、可愛い(*´∀`*)
ストーリーも気になって、追っていくのが楽しかったです。
サフィアも、もうひとりのサフィアも素直で屈託のない良い子だったので、
奇怪な雰囲気ながら、ドロドロで救いのない展開ではないはず!と信じてプレイできました。
真相は期待通りドロドロではなかったものの、予想したのとは違う展開でちょっとびっくりでした。
拍手する

孤独者のワルツ

2019年01月10日 23:49

孤独者のワルツ ふりーむ!のページ【タイトル】 孤独者のワルツ
【制作】 さと@く様(Webサイトなし)

孤独者のワルツ
【ジャンル】 探索ホアドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周55分(トータル1時間10分)程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 46.5MB
【公開日】 2013年9月20日
【プレイver.】 2.0

主人公の居る町では20年毎に近くの屋敷に住む「吸血鬼」に生贄を奉げる事になっていた。
それに選ばれた主人公の少女と、吸血鬼の屋敷で会った少年との不思議な物語。
(ふりーむ!作品ページより引用)


多少謎解きもありの探索アドベンチャー。

もし「何か面白いゲームない?」と聞かれたとして、この作品をお薦めすることはないと思います。
若干のバグがあったり、画面が暗くて探索し辛いのです。
ですがブログで紹介することにしたのは、遊んでいて純粋に面白かったと思えたから。
「吸血鬼の住む館」を探索するのですが、なぜか部屋に池があって釣りをすることになったり、
突如ニワトリがじゃんけんを挑んできたり。
「なんだこれwww」「次は何が起こる!?」と飽きませんでした。

まず、館に入るとほぼ暗闇です。
暗闇の空間にドアが4つ浮いてるような作りで、変わった構造だなぁと思っていました。
進めるところが分かり辛くて迷ったところもあり。
しかし、2階に進んで探索していると、突如前触れもなくフローリングが現れた……!Σ('□'*)
床が見える状態で眺めると、なるほど、ワンマップに小部屋が4つ配置されている構造なのでした。
これを見て、もしかして本当は床が見えるのが正解なのでは?と思ったり。
ただ、その後1階に戻ると暗闇に戻ってしまいました。
ふりーむ!さんのスクリーンショットを見ると背景は暗いし、バージョンアップで修正されていないということは
やっぱり暗いのが正解なんでしょうか。どうなんだろう。

「乙女向け要素がある探索ゲーム」という一文のように、主人公と館で出会う少年ブラントが良い雰囲気になります。
ストーリーはかなり大胆で、よく考えられたなぁと思いました。
パワーと勢いはありますし、おっと思える巧みさも垣間見えるけれど、緻密さに関しては惜しい感じ。
プレイし終わって、これはちょっとおかしいのでは?と思ったところがあります。

以下、ネタバレになるので反転しないと見えないようにしています。

作中でブラントは15歳と名乗るのですが、彼が語る真相通りだと主人公よりブラントの方が年上のはずでは。
主人公が20歳なので、ブラントは若くても25歳くらいのはず。
そうすると、彼はなぜ15歳と名乗ったのか?
自分のことを知られたくなかった彼が、とっさに15歳と嘘を吐いたのでしょうか。
推定25歳の青年が15歳と名乗るのはちょっと厳しい気もしますが、若く見えるのかもしれません。
しかし年齢の話を振ったのは彼からなので、誤魔化したい話題に自分から触れるのも妙に思えます。
と、いくら推察しても、その点に関しては作中で一切触れられていないので、真実は闇の中ですね。
もしかしたら作者さん……気付かれてないのかも?さすがにそれはないかな?


読み返して確認はしたんですが、もし私の勘違いや見落としだったらゴメンナサイ。

エンディングは2つあり、私は運良くハッピーなエンドに先に辿り着きました。
迷った方は同梱ファイルに攻略情報があります。

色々と突っ込んでしまったけど、こういうフリーゲームの手作り感が嫌いじゃないです。
そして繰り返しますが、探索ゲームとしては面白かったです。
拍手する

ツキメテ

2019年01月09日 23:55

5Z6P【タイトル】 ツキメテ
【制作】 5Z6P ひさかきぬい様、素凡様

ツキメテ
【ジャンル】 短編ホラーアドベンチャーゲーム
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周20分(トータル1時間20分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 221MB (ダウンロード版)
【公開日】 2018年12月20日
【プレイver.】 1.00

私、は見知らぬ建物の中で目を醒ましました。
暗く汚れたその場所は長らく人間が訪れて居ないような廃屋でした。
自分のすぐ後ろにある扉は開きません、固く閉ざされています。
幸いにも建物の中は複雑な構造ではありませんでした。
道なりに進むと長い廊下に三つの施錠された扉、
その奥にはこれまた施錠されている出口らしき扉がありました。
とにかく鍵を探し出さなければなりません。しかしそこには私以外にも誰かが居るようでした。
背後から声が聞こえます、その姿が目の前を掠めます、しかしはっきりとは対峙できないまま。
鍵は鍵の形をしていませんでした。知れば知るほど、扉が開きます。

終わりの形が絶望なんて、一体誰が決めたのでしょうか。 (ふりーむ!作品ページより引用)


見知らぬ建物の中を彷徨う、探索ホラーゲームです。
基本はブラウザプレイで、ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能。
制作者さんのコメントに「ブラウザ版は動作が安定しないのでDL版での実況をオススメします」
とありますので、カテゴリーはダウンロードゲームの方にさせて頂きました。

不気味な音楽と、時々現れるホラーなイラストが結構怖かった……!
主人公のキャラクターが可愛らしいだけに、余計に怖いです。
びっくりさせられて怖いというより、夜道を歩いているときにふと暗闇を意識してしまうような
じわりと忍び寄る怖さや不安感でした。
「ツキメテ」という一見何のことかタイトルも印象的。
作中で何度か出てくるフレーズがあるのですが、恐らくそれのアナグラムなのかな?と推察しています。

建物はさほど広くないので、基本は迷子になることはありません。
道中に簡単な謎解きや迷路、そして追いかけられ要素もあり。
ただしがっつり追われるというよりは「ぶつからないように注意する」という面が大きいので
私のように逃走が苦手な方でも大丈夫かと思います。

エンディングは2種類。
普通にプレイすると、恐らくEND2に到達すると思われます。
もうひとつのエンディングはうろうろ周回したのですが、どうしても辿り着けず。
実況動画を探して拝見し、やっと見ることができました。
予想とは違った展開で、これも心にずしりときて結構怖かったです。

それにしても、END1の条件はシビアでハードルが高いような。
END1は隠しエンド的なもので、分かる人だけ分かれば良いというスタンスならこれで良いと思いますが。
分岐になるところ、疑って行動はしたんですよ。
でも、さすがにあそこまではやりませんでした。
多分、やる人はあまりいないのではないかなぁ。自力到達できた方はなかなかすごいと思います。
拍手する

安楽木(やすらぎ)さんは席についた ―暗号の指し示す場所―

2019年01月07日 22:21

莞爾の草原。【タイトル】 安楽木(やすらぎ)さんは席についた ―暗号の指し示す場所―
【制作】 莞爾の草原。 莞爾の草様

安楽木(やすらぎ)さんは席についた ―暗号の指し示す場所―
【ジャンル】 推理ノベルゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 20分程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 -
【公開日】 2018年12月4日
【プレイver.】 1.01

ミステリ作家、安楽木 奇子(あやこ)のもとに
頼りなさそうな五十路の男が訪ねてきた。
聞けばその男日本一の不動産会社『鬼原不動産』の御曹司らしい。
鬼原不動産の会長はつい先日危篤に陥ったと世間を騒がせたばかりで、
いわばその渦中の人物であるわけだが、そんな人物がなぜ安楽木の元へやってきたのか……?
(ふりーむ!作品ページより引用)


安楽木さんシリーズ第2弾。
今回は、推理というより暗号を解く作品です。

前作より難しくて、ちょっと悩みました。
ただ作中で「む、これ明らかにヒントよね?」と思われる展開があるので、
そこを頼りに考えて何とか正解(*´∀`*)
ヒントが無くてもピンとくるかたは居そうな気もしますが、私はノーヒントだと厳しかったと思います。
あと、答えが分かっても地理に疎くて選択に自信がなかったという……。

しかし暗号は解けたものの、終盤の展開が何だったのか良く分からず。
その後読み返してみたたのですが……読解力がなくてお恥ずかしいです。
拍手する


最新記事