スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

五分間事件

2010年11月28日 19:19

雲上回廊【タイトル】 五分間事件
【制作】 雲上回廊風華ソフト) 秋山真琴様

五分間事件
【ジャンル】 短編SFサウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 12種類(?)
【スチル数】 -
【プレイ時間】 トータル20分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 25.7MB
【公開日】 2010年6月17日(Web公開)

午前二時。
目が覚めた八雲七瀬は、真夜中の散歩に出かけるのであった。
(Vector ダウンロードページより引用)


シナリオの鉄人

こちらの作品は、あらかじめ用意された2人分10種の立ち絵、3枚の背景、
3曲のBGMの16素材(+任意の効果音)を使ってゲームの出来を競うという企画
シナリオの鉄人」への応募作です。
最初はコミケで販売された作品集でしたが、初公開から半年経過した後、
ありがたいことにWeb上でもダウンロードできるようになりました。

名前からしてミステリーかと想像していましたが、そうでもありませんでした。
5分で終わるストーリーがたくさん読めます。
エンディング数が多いので、エンディングリストがあるのは便利でした。
途中の選択肢で様々に分岐していくお話を読むのがとても楽しかったです
多分コレ全部終わると何かあるんだろうなぁと思っていましたが、予想通り。
ただ、自分の想像とは全く違う展開のストーリーだったので、ちょっとびっくりです。
少し自分の好みとは違ったのもあり、展開がよく掴めず置いてけぼり感を
感じてしまった面はありました。
あと、記事にはしていませんが、以前にプレイしたシナリオの鉄人の別作品が
ちょっと同じような系統だったのでまたこういう系か~と思ってしまったのもあります。
ループもの】っぽいのって、結構メジャーなのかなー。
拍手する
スポンサーサイト

いつかきっとうまくいく

2010年01月31日 18:49

雲上回廊【タイトル】 いつかきっとうまくいく
【制作】 雲上回廊風華ソフト) 秋山真琴様

いつかきっとうまくいく
【ジャンル】 短編SFサウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 15分程度
【ツール】 NScripter
【容量】 21.9MB
【公開日】 2010年1月22日

記憶の曖昧な生徒たち、繰り広げられる脱走劇。
(コンテストページより引用)


Fantasistaの横顔(サイト閉鎖)・二位俊哉さん主催の第二回One dot contestで
優秀賞を獲得した作品(No.1)。

ちなみに、審査期間が過ぎるとコンテストページでのダウンロードはできなくなります。
その後公開されるかどうかは制作者さんの意思に委ねられ、公開される場合も
最低1ヶ月のクール期間が設けられるので、興味ある作品がございましたら、
この期間にダウンロードしておくことをお勧め致します。

コンテスト終了しました。
こちらの作品については、制作サイトさんを拝見する限り再公開の予定がありそうな気配。
気になる方は、1ヶ月後以降にチェックなさってみてください。

鳴り響く授業の終わりを告げるベルの音、やる気のない挨拶(そう言えば小学生の頃は
気をつけ→きょーつけって思っていたなぁと、どうでもいい回想に囚われました)。
物語は、そんな一見ごく普通に思える学園風景から始まります。
しかし、すぐに親友の名前が分からないという普通ならあり得ない事態を見せられ、
そこからどんどんきな臭い雰囲気に。
記憶の曖昧な主人公とシンクロして、今何が起こっているのだろう?と不安になりつつ
読み進めました。

うーん、この物語、非常に後味が悪いです。
なぜなら私には、彼らが「いつかきっとうまくいく」とは到底思えないからです。
例え成功したとして、彼らの生きて行ける場所が他にあるとは思えませんし……。
そう思えないからこそ、このタイトルの切実な願いと空虚さが胸に沈み込んで痛いです。
満面の星空の背景と、希望にはしゃぐ杏奈たちの姿が脳裏に焼き付いて離れません。



最後に、参考のため第二回 One dot contestの応募要項を転載しておきます。

コンテスト応募作品は、以下の制約の元で制作されています。

一 製作期間は一週間
二 シナリオは20KBまで
三 テーマに沿った作品を仕上げること
四 姿形が全く同じ人物を必ず登場させること
五 二十分以内に一度はクリア出来るように仕上げること
六 登場人物はモブキャラを含めて五人まで
七 背景に使用出来る画像は十五枚まで
八 BGMは五曲まで

ちなみに第二回のテーマは、
【A】変態科学者
【B】普通じゃない学園
【C】有名な家族を持つ主人公
【D】お互い好きだって何となく分かっているのに告白出来ないままの人達
【E】中二病をこじらせたまま大人になってしまったやつら

五つの中から一つの選択方式、だそうです。
拍手する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。