鴉の断音符

2009年07月06日 20:08

飼育小屋制作委員会【タイトル】 鴉の断音符
【制作】 飼育小屋製作委員会

鴉の断音符
【ジャンル】 ミステリーサウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 色々
【プレイ時間】 ?
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 29.2MB
【公開日】 2006年1月29日

―――人里離れた山奥に、不協和音が鳴り響く。

降ろしたナイフには鮮血の紅が。
みつめる瞳には狂気の黒が。

全身二十七箇所にも渡る刺傷を被害者に刻んだ異常殺人犯。
その所業の一部始終を目撃した一羽の鴉がいた。
鴉の名前は『ヤタ』。仲間と群れぬ孤高のはぐれ鴉。
ヤタは人という生き物に興味があった。
もし彼らの生き方が自分に合うものであれば〝人になってもいい〟とすら思っていた。
だからヤタは“あなた”に問いかける。「人とは何か」と。
“あなた”は、ヤタの中に宿る「人の心」。
あなたの選択がヤタを導き、彼の生き方を変える。(制作サイトより引用)


第1回 ふりーむ!ゲームコンテスト ノベル部門賞受賞作。

兎の輪舞(ロンド)の作者さんの第2作ゲームです。

主人公は、ヤタという名前の鴉。
物語は、ヤタが裏山で起こった殺人事件を目撃するところから始まります。
1週間の間、自由に行動してその事件の謎を追いかけていくというもの。
毎朝の選択肢で、その日に行きたい場所を選びます。
自由な鴉の身ですから、事件を追うもよし、そんな事放っておいて
好きに行動するもよし、です。
色々な場所で目撃する人間模様のピースを拾い集めると、少しずつ
関係者や事件の様相がみえてくる、という仕組みです。

推理ゲームというよりは、物語を紡いでいく事が面白いゲームです。
何度か適当にやっているうちに、エンディングが同じものしか
見られなくなって飽きかけていたのですが、ヒントを頼りに
粘っていると、思いがけず切ない物語もあり、胸を打たれました。
かと思うと、ギャグ一点張りのシナリオもあったりして、
シリアスとギャグを両方バランス良く楽しめて、良かったです。
事件を知るにつれ、また行動によって、同じ人物が全く違う性格に
見えるというのも面白かった。

最初はどうかな~、とあまり面白みを感じていなかったのですが、
独特の設定と文章の清々しさに惹かれていきました。
何より、ヤタがかっこいいです。進めていくうちに、彼自身に
ついての謎も段々と分かってくる事でしょう。
1話にかかる時間も短いので、息抜きにちょっとずつ出来るのも○。
諦めずにメインエンディングまで見る事をお奨め致します。
これ、仕様かどうか不明ですが、メインエンディングへの道のり、
最初と最後の選択肢以外、正解ルートが赤文字で表示されてました。
私はヒント見ちゃいましたが、それを辿ると簡単かも。

ちなみに、タイトル画面に表示される"claw"とは、鴉(crow)と
法律・正義(law)を合わせて作った造語だそうです。
英語のテストで、鴉の綴りをお間違えなきよう。
拍手する

兎の輪舞(ロンド)

2009年07月06日 19:58

飼育小屋制作委員会【タイトル】 兎の輪舞(ロンド)
【制作】飼育小屋製作委員会

兎の輪舞(ロンド)
【ジャンル】SFファンタジーサウンドノベル
【対象】 全年齢
【ED数】 3種類
【プレイ時間】 ?
【ツール】 吉里吉里2/KAG3
【容量】 5.63MB
【公開日】 2004年11月24日

母なる月からの「使命」を受け、六羽の兎はこの星へと舞い降りた

月夜見市に住む少年、如月雪兎はひょんなことから六羽の兎の一羽『人識る兎』ゼロムが
自分の中に棲んでいることを知る。
「ボクの名はゼロム、この星の〝気持ち〟を知るために地球に降り立った六羽の兎の一羽だ」
ゼロムとの出会いが、少年の運命を大きく変える

かもしれない。
(制作サイトより引用)


月からやって来た宇宙兎が活躍(?)する、SF風の物語。
作者さんのサイトにあるように、こちらはギャグ一辺倒でしで、
最初はそのノリと勢いに乗れず、笑いのツボも合う部分と
合わない部分があってついて行けない感も……。
しかし、進むにつれてシリアス度が増して行きました。
基本的にお話や設定がしっかりしているし、エンディングも
分岐するので、結構楽しめました。
1話が比較的短く、エンディングの種類も3種類という事で、
そんなに時間をかけずに遊びきれる作品だと思います。

何よりも、随所に登場する兎の画像が素敵すぎて垂涎モノでした。
ベランダの手すりから、月を眺める兎。野原で対峙する兎。
満月の月夜を颯爽と飛ぶ、7羽の兎。
どこか神秘的で、心の琴線に触れる情景でした。
兎好きなら、うっとりする事間違いなし(かも)です。
拍手する


最新記事