ねこの帰り道

2018年06月14日 20:00

有限の遑【タイトル】 ねこの帰り道
【制作】 3色ぱん ネコの人様、scarecrow様

ねこの帰り道
【ジャンル】 運試しノベルゲーム
【対象】 全年齢
【ED数】 24種類
【スチル数】 20枚
【プレイ時間】 1時間20分程度
【ツール】 LiveMaker
【容量】 47.9MB
【公開日】 2014年1月27日
【プレイver.】 1.01

ごく普通のネコ好き高校生・猫田陽(ねこた よう)。
いつもの放課後、彼は友人から不吉な【警告】を受ける。
「お前、今日は災難な日になるぞ」
そして出会う、謎のネコ。
彼と謎のネコの、帰り道に起きる数々の災難。
無事、家にたどり着くことが出来るのか――? (制作サイトより引用)


猫好きの少年と、とある猫の物語。
登場人物がかなり個性的なコメディノベルです。猫、お姿も鳴き声も可愛すぎる。
ついでにゲーム起動のアイコンも可愛いです。猫、ねこー。
猫以外のキャラクターでは、胡散臭い宇佐見くんが好きでした。

ゲーム紹介にもありますが、普通の選択式ノベルと違うのが、
所々にセーブ不可なランダムの選択肢が登場するところかと思います。運試しにぴったり。
確率は定かではないものの恐らく1/2なので、外れまくってストレスということはありませんでした。
しかしながら、全エンド回収する為には敢えて外さないといけない所もありまして。
かえって正解ばかり引いてしまい、「外れろー!」と念じざるを得ない場面もあったという。

エンディングは24種類と多いですが、選択肢を全て選んでいけば回収はさほど難しくないと思います。
本編をクリアすると、おまけストーリーも読むことができます。
それを見ると、本編で不可解だったところが明かされて、そういう事だったのね、とスッキリ。
ちなみに、おまけストーリーもランダム選択肢が立ちはだかっています。
ふりーむ!さんのレビューコメントを拝見すると、200回やっても突破できないという書き込みが……。
まじか(((゜Д゜))) 
私は4、5回でクリアできたので、そんなに理不尽な確率ではないはずなのですが……。

ストーリーは始終ギャグ・コメディ寄りなので気軽に遊べます。
しかし、道中の分岐によっては思いがけずシリアスなシーンもあり、ぞくりとしました。
そういう箇所も、ストーリーのスパイスになって良い感じでした。
拍手する

アントールの犬

2018年05月19日 20:00

3色ぱん【タイトル】 アントールの犬
【制作】 3色ぱん ネコの人様

アントールの犬
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 40分程度
【ツール】 WOLF RPGエディター
【容量】 40.8MB
【公開日】 2017年6月16日
【プレイver.】 1.01

「……ただ歩んだだけだ。彼らとともに」 (制作サイトより引用)


やばいです。涙腺崩壊しました。
途中から緩みっぱなしで。
どうしてこう、不意打ちでこんな良い作品と巡り合うのでしょう。

何の前知識もなく、どんな作品かも分からずプレイを始めました。
作品ページがとても渋いので、ハードボイルドか!?とも思いきや、そうでもなく。
最初は先を知りたくてどんどん進めて行ったのですが、意味が分かってきたとき少し後悔しました。
これからプレイする方は、ゆっくり、じっくりと歩いて行って欲しいです。

最初に現れるのは、犬を連れた女性。どうやら妊婦さんのようです。
ゲームは基本的には横スクロールで歩くだけ。物語を眺めていく作品です。
表示される感情アイコンやジェスチャーで、次に何をすれば進むかが分かり易く示されます。
時折アイキャッチで文章もありますが、これがなければ万国共通の無声ゲームとして通用しちゃう。

大きな盛り上がりや伏線がある訳ではありません。多分、ありふれた物語でしょう。
しかしながら、例えば愛らしい赤ちゃんを見ると誰もが笑顔になるように、
誰しもが自然に感じられる普遍的な感情に訴えかけてくる物語です。
本当に、じんわりと伝わってくる暖かさと切なさで胸がいっぱいになりました。
拍手する