きらきら星の道しるべ0 -ムイと魔王のオーブ-

2019年10月19日 19:54

きらきら星の道しるべ【タイトル】 きらきら星の道しるべ0 -ムイと魔王のオーブ-
【制作】 POPODOT POPO様

きらきら星の道しるべ0 -ムイと魔王のオーブ-
【ジャンル】 ほのぼの短編RPG(ATB)
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 2時間程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 54.4MB
【公開日】 2017年4月28日
【プレイver.】 1.3

幼馴染で親友のロドがとある呪いをかけられてしまった。
呪いを解くために裏山の森の頂上を目指す。
ちょっぴりカオスで切ない物語。 (ふりーむ!作品ページより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

可愛い&シュールなキャラクターのコラボ、ちょっぴりお色気アリ、そしてどこか切ない。
POPOさん作品の特徴が満載の、短編RPG4作目です。

プレイ前にイージーかノーマルを選択できます。
私はノーマルでプレイしました。

今作の戦闘は、何と言ってもATB(アクティブタイムバトル)が採用されていることでしょうか。
ファイナルファンタジーとかの、戦闘中に時間が常に動いているアレですね。
この作品の戦闘はちょっと動作が独特で、最後までなかなか苦戦しました。
シンボルエンカウントなのですが、敵に触れなくても近づいただけで戦闘が始まります。
そして近くにいる敵が巻き込まれて寄ってくるという。
基本的にさほど強い敵ばかりではないので、ごり押しでもやっていけます。
ただし、油断するといつの間にかゴリゴリ削られてて、一度全滅もしちゃったよ。
イージーだともうちょっと楽に進めるのでしょうね。
ただ、ノーマルでも厳しいという程でもなく、アイテムも節約するタイプなので、十分足りました。

敵を倒すと「オーブ」がGETでき、装備すると能力UPや、スキルが使えるようになります。
結構ボロボロ落としてくれるので、強そうなオーブに付け替えていくのがなかなか楽しかったです。
ちょっと勿体ないのは、補助系のオーブがあまり使いどころがない点でしょうか。
装備できる数も限らているし、どうしてもスキルや能力UP系を優先しちゃいますね。
そして戦闘ではどうしても補助スキルを使う暇がなく、攻撃スキルや回復スキルばかり使ってしまいます。
ただこれはフリゲの短編RPGでは作品でもありがちなことかもです。

ストーリーは、主人公の狩人・ムイが、友達のロードの呪いを解くため、共に裏山を探索していくというもの。
と、コレだけ聞くと王道ファンタジーのようですが、その呪いが何ともはや……。
ここでは詳細は伏せますが、シュールです。というか脱力です。
また、もうひとり心強い(はず)の仲間もいます。そのキャラが一番クセがあり、かなり好きでした。

そして個人的に想定外だったところ。
裏山の探索は序盤のチュートリアル程度だと思って臨んだところ、何と裏山の探索が全てだったΣ('□'*)
前述のように戦闘にはちょっぴり苦労したものの、道中のエピソードは本当に楽しかったです。

後半に近づくにつれ、ストーリーの真相は何となく想像がついてくると思われます。
しかし、これ前作の「きらきら星の道しるべ」のキャラクターが特に出てくる訳でもなく。
なぜ同じタイトルの0(ゼロ)と名付けられているのか、終盤までずっと首を傾げていました。

そして、ラストの怒涛の展開を見ている途中で、これはもしや……と気付く。
その瞬間、あまりに切なくて胸がギュッと締め付けられました。
こんな……こんなのってないよー。あまりに切なくて、泣きたくなります。

これは、前作を先にプレイしておくことを強く推奨したいです。
それによって、ラストの衝撃がかなり違うと思いますので。
拍手する

雪うさぎと星の王子さま

2019年09月23日 22:31

きらきら星の道しるべ【タイトル】 雪うさぎと星の王子さま
【制作】 POPODOT POPO様

雪うさぎと星の王子さま
【ジャンル】 ほのぼのアクションRPG
【対象】 6歳以上(小学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1時間程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 62.0MB
【公開日】 2017年2月10日
【プレイver.】 0.5

ある夜空のどこかに星ビトたちが暮らす『星の王国』がありました
星ビトが大人になるためには成人の儀式を行わなければなりません
今日は王子プリスターの18歳の誕生日
はたして王子プリスターは無事に成人の儀式を終えることができるのでしょうか…
(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

POPO様のゲームは、この上なく可愛いのにどこかシュールなキャラクターが居たりと
一見ちぐはぐな要素が上手く調和しているところが醍醐味だと思っています。
今作も余すところなくPOPO様ワールドが全開でした。

今回はセクシーなバニーのポワンちゃんと、俺様系王子の物語。
ポワンちゃん、セクシーなんですけど、何だかいやらしくないのが不思議です。
パステルカラーの色合いとか、ちょっと天然なところがあるキャラクターだからでしょうか。
それにしても、今回は主人公の2人より、もう一人の仲間・たまっさんのキャラクターが強烈&良すぎました。
この方が大好きです。

アクションRPGということで、アクションが苦手な私は一抹の不安を感じていましたが、
何の問題もなかったです。
回復スポット等が豊富なので、全く困りません。
かなりアクション苦手な方も大丈夫であろうレベルでした。
さくさく進めて、探索が楽しかったです。

エンディングは後半で分岐。
選択肢で分岐するので分かり易いです。
ハッピーエンドは心温まる期待通りの展開と言えるでしょう。
反面、バッドエンドは今までの作品では感じなかったダークさがあって驚きました。
拍手する

きらきら星の道しるべ

2019年05月09日 20:00

きらきら星の道しるべ【タイトル】 きらきら星の道しるべ
【制作】 POPODOT POPO様

きらきら星の道しるべ
【ジャンル】 ほのぼの短編RPG
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周2時間50分(トータル3時間)程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 98.8MB
【公開日】 2016年8月14日
【プレイver.】 4.1

「ねえ 知ってる?死んじゃった人はね お空に昇って星になるんだよ」
とある夏休み
少女は リンゴシティという田舎町に 引っ越してきました
その夜 少女の部屋のタンスから おばけが現れました
「俺の未練を一緒に探してくれ 冒険だ!」
これは おばけの少年を 星にさせる冒険の物語… (制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

2016フリゲ展TheFINAL夏!の企画で「オバケ」で賞を受賞された作品だそうです。
「オバケ」で賞って何ぞ?と思って拝見したところ、「オバケ」「スイカ」等
いくつかのテーマが設けられているコンテストで、その中のオバケ部門の優勝作のようです。

見ての通りパステルカラーの可愛い画面のファンタジーRPG。
ただ、同作者さんの前作「雨色ビスケット」をご存じの方は分かるかと思いますが、
可愛い一辺倒ではなく、なかなかシュールな作風を持った作者さんなのです。

今回も、ヒロインのミルクティとおばけはともかく。
家を出たところでアレが仲間になるのでドン引きしました。
まさかアレと一緒に冒険に出る日が来ようとは。
う、うん……でもまぁ、可愛いからいいよ。

こちらの作品、前述した「雨色ビスケット」の主人公ふたりが登場します。
が、個人的に想像していなかった形で現れたので、ちょっと衝撃を受けました。
前作の世界が良いと思っていたので、ちょっと複雑な気持ち。
でも、ビスケットは相変わらず可愛いし……見られて良かったかな。

このゲームで良いなぁと思ったことをいくつか書いてみます。
ひとつめ、普通の装備品の他に、ドット絵キャラの見た目を変更できる装備があるということ。
これ、楽しいです。
全キャラ全装備購入してもお金には困らないので、ぜひ揃えてみて下さい。

ふたつめ、病院に行くとHPとMPを無料で全快してもらえること。
医療費タダの優しい世界ですよ、奥さん。
タダなだけに、待合室にお年寄りがひしめき合っているのもシュールだと思いました。
(しかし、皆具合が悪そうというよりは、楽しそうで何より)
そして、ダンジョンの奥などBOSS戦の手前に必ず全快できるポイントが設けられています。
これは、攻略にはありがたい仕様でした。
ただし、そのおかげで回復アイテムを殆ど使うことがないという面も。
ラスボス戦ではさすがに使った気がしますが、戦闘や宝箱で手に入る分で充分足ります。
ですので、お金は回復系アイテムでなく装備品に費やした方が良いかも。

みっつめ、お色気シーンあり。
むふふ。これについては見てのお楽しみで。

よっつめ、ヌカヌカスーーーーン。
洗脳されます。何のことか分からないと思いますが、これも見てのお楽しみで。

逆に少し困ったところは、戦闘中のボイスが音量調整できなかったところです。
こちら何とボイス付で、戦闘中もキャラクターがお喋りします。
ゲーム中の音声はoffに出来たりボリューム調整あるんですが、戦闘中には反映されませんでした。

ストーリーは、ちょっとギャグ入っている道中から想像できないくらい良かった。
ラストは、私は展開を全く想像していなかったので思わず涙ぐむ程に感動してしまいました。

エンディングは2種類。
後半、何となくこれは分かれ道になりそう、という分かり易い箇所があります。
私はTRUE→BADの順でクリアしました。
マルチエンドの場合って、大抵TRUEを後に見るのが推奨かと思いますが、
今作に限ってはTRUEを先に見て良かったと思っています。
ネタバレなしに見たTRUEだからこそ、はっとして心に響きました。
拍手する

雨色ビスケット

2019年04月25日 19:57

雨色ビスケット【タイトル】 雨色ビスケット
【制作】 POPODOT POPO様

雨色ビスケット
【ジャンル】 短編アドベンチャー
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 15分程度
【ツール】 RPGツクールVX Ace
【容量】 18.8MB
【公開日】 2016年5月5日
【プレイver.】 1.05

元気がないママのために、小さな女の子ビスケットは、ママの大好きなお花を探しに冒険にでかけます。
冒険の途中、不思議な男の子、アメと出会い、花が咲いているという洞窟の奥へと向かうのでした。
(制作サイトより引用)


【注意】このゲームをプレイするには別途RPGツクールVX Aceのランタイムパッケージが必要です。
ダウンロードはこちらから→ツクールweb

15分程で遊べる探索アドベンチャー。
一見シンボルエンカウントのRPGに見えるのですが……敵に遭遇してビックリ。
「あれぇー」ってなりました。どうなるかはプレイしてのお楽しみということで。

パステルカラーの画面とドット絵が可愛すぎです。
この可愛さは正義。
物語は、ちょっと悲しい過去のシーンから始まります。
その出来事のせいで元気の無いママの為、お花を探して冒険するという優しい展開で。
あぁ、何て可愛くてほのぼのなんだ……と思っていたら、家を出てビックリしました。
どう見ても別世界の住人、そんな何かが居る(((゜Д゜)))
最初は何じゃこりゃーと思ったものの、後半クセになり無くてはならない存在に思えてきました。
この究極の可愛さとシュールさの融合、他の作品にはない味わいです。
噛めば噛むほど味わいがありますよ。

短編ながらもエンディングを迎えると歌が流れたりと、満足度の高い作品でした。
拍手する


最新記事