遠い海のアリア

2019年10月10日 20:00

Paper Moon【タイトル】 遠い海のアリア
【制作】 Paper Moon ゆきはな様

遠い海のアリア
【ジャンル】 百合ADV
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 2種類
【プレイ時間】 1周1時間(トータル1時間25分)程度
【ツール】 ティラノビルダー
【容量】 262MB(ダウンロード版)
【公開日】 2019年8月29日
【プレイver.】 1.03

浜辺で海を見つめる人間に、一目で恋に落ちた人魚の少女。
彼女は、海の魔法使いに「人間になりたい」と願い出る――


ティラノビルダー製でふりーむ!でブラウザ版、ノベルゲームコレクションではブラウザ・ダウンロード版がプレイ可能。

ふりーむ!の作品ページ→  ノベルゲームコレクションの作品ページ→

これは、冒頭からラストまで、ほうっと溜息が出る程美しい作品です。

正直、私は百合はあまり好みではないです。
何で好きでないのかをよく考えると、「女の子がただイチャイチャしてるだけの百合」が苦手な模様。
この作品もそうだと言われればそうなのですが、良い意味で女性同士だからこその
肉感の無さが際立っていて、読んでいてとても綺麗だなと思いましたし、自然に受け入れられました。
百合に抵抗ある方にも読んでみて欲しいです。
だがしかし……っ!アリアとセレナには申し訳ないのですが、サフィルスお兄様のイケメンっぷりが
私の中ではイチオシでした。ゆきはなさんの描く男性、すごい好きなのです。

ストーリーは淡々と語られる感じで、いつかは終わってしまうという危うさを抱えつつも穏やかに進んでいきます。
光に包まれたグラフィックはベールのむこうを見ているようで、どこか現実感が薄い。
でも、だからこそ美しい。
プレイ時間にして1時間強、作品中で過ぎる時間は1年程。
しかし、その背景に長い長い年月の深淵を感じさせられる物語でした。

エンディングは2つ。ハッピーとトゥルーで、終盤の選択肢で変化します。
ハッピーを読んでとても良いエンドだなぁと思っていた矢先、トゥルーでハッと胸を突かれました。
まさか、物語がそういう風に繋がっていたとは……。あまり予想していなかったので衝撃でした。
このトゥルーのエピソードが、先の述べた永遠とも思える時と深淵を思わせて物語に深みを与えています。
読み終わってみると、トゥルーがあまりにも良すぎてハッピーが霞んでしまったんですが、
よくよく思うとハッピーの展開に進んで欲しいと思う気持ちも芽生えてきていたり。

音楽もオリジナル曲が用意されていたりと、とても贅沢です。
音楽、グラフィック、物語とどれをとっても印象的で、心の琴線に触れる作品でした。
拍手する

Rot im Wald

2019年10月02日 20:00

Paper Moon【タイトル】 Rot im Wald
【制作】 Paper Moon ゆきはな様

Rot im Wald
【ジャンル】 短編ホラーファンタジー
【対象】 15歳以上(高校生~)推奨
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 45分程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 184MB
【公開日】 2019年5月11日
【プレイver.】 1.02

赤いフードを被った美しい少女。
彼女は今日も森をひとり歩いて行く――


基本ブラウザプレイで、ふりーむ!IDをお持ちの方はダウンロードも可能です。

赤ずきんをベースにしたホラーファンタジー。
作品説明にもありますが、前半は台詞や説明のない考察パート。
後半で真相が明かされるパートに分かれています。

まず、赤ずきんさん美しすぎ。
彼女の美しさに人々が魅了されるのが分かります。説得力あります。
少女だけでなく、狼も美しいです。美しいだけでなく、どことなく色気を感じるのもすごいと思います。
ゆきはなさんの描くキャラクターは、みんな美麗で見惚れてしまうのです。
私もゆきはなさんのゲームの世界に生まれていたら美形だったんだろなぁとか思ってしまいますね。
(ホラゲーの世界に生まれてしまい真っ先に死にそうですが(´;ω;`))

前半は森を探索して色々なシチュエーションを見ていくことになります。
詳細は分からないので、何となくこうなのかなと考察しつつ進めるのが楽しい。
森の景色も美しくて、歩き回るのは楽しかったです。

後半は、前半で歩いたシーンを台詞付きで見ていくことに。
前半の幻想的な雰囲気は少し薄れ、生々しくなってまいります。
謎のベールが徐々に剥がれていく感覚が面白かったです。
謎を残したままの前半のみでも素敵ですが、きちんと物語を理解できた方がスッキリはしますから。
しかし、真相は残酷というか何というか……
前半で自分が勝手にこうだ、と思っていたことがガラガラと崩れていく部分もありました。
でも、その想像外だった部分も意外性が味わえて良し。

後味の悪い物語ではあると思います。言ってしまえば、醜くさえあるかもしれない。
が、美しくて醜い、その両面性が作品の醍醐味だと思います。
目を背けたくなるような面があるからこその「ホラー」ですしね。
拍手する

虚ろ町ののばら

2018年11月17日 23:00

Paper Moon【タイトル】 虚ろ町ののばら
【制作】 Paper Moon ゆきはな様

虚ろ町ののばら
【ジャンル】 ファンタジーアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 4種類
【スチル数】
【プレイ時間】 1周3時間45分程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 276MB(ダウンロード版)
【公開日】 2018年9月22日
【プレイver.】 1.03

祖母の家へ向かうバスに乗った、のばら。
気が付くとバスは見知らぬ場所に到着していた。
周りには誰もいないし、バスは何年も放置されていたようにボロボロで。
おまけに、得体の知れない黒い影が彷徨っている。
のばらは、怯えながらもバスを降りて周囲を探索することに。


ツクールMV製の探索ゲーム。
ふりーむ!からはダウンロード版、もしくはRPGアツマールのブラウザ版がプレイ可能。
(この記事の作品タイトルからは、ふりーむ!さんの作品ページにリンクさせて頂いています)

ふりーむ!の作品ページ→  RPGアツマールの作品ページ→

こちらの作品、公開前に作者さんのtwitterで時折拝見していて楽しみにしていました。
進捗を拝見していたときは美しいMAPから勝手に西洋風ファンタジーと思っていたので、
日本が舞台だと知ってちょっと意外でした。

以前から絵が美麗な作者さんでしたが、今作は期待以上……!
のばらちゃんの可愛さに、いきなりノックアウトです。
今作はボイス付で、フルボイスではないものの時折キャラクターが喋ります。
「あっ」とか「きゃっ」とかちょっと喋ってくれるのが、また可愛い。
このくらいだと、基本ボイス付を求めない私にはちょうど良くて心地良いです。
また、のばらちゃんは怯えた表情が多いものの、時々にっこりと笑うんですよ。
その表情がホントに可愛くて、ハートを射抜かれました。

キャラクターグラフィックはもちろんのこと、MAPもすごく綺麗です。
全てが自作だとは思えないのですが、ボロボロの町から美しい館内まで作りこまれています。
不気味な虚ろ町も、細かいところに見惚れつつ進みました。

ゲームの仕様については、プレイ中に時折チュートリアルが表示されます。
左上に青いアイコンがあって、主人公の行動によって青く光ったり赤く光ったりすることが。
これがエンディングに影響してきます。

どうやら青が行動としては正解のようで、最初は赤のときはリセットしてたんですが、
ふと「私がのばらちゃんと同じ、何も分からない世界で自然に行動したらどうなるだろう」
と思い立ち、初回は起こった結果を全て受け止めようと、やり直しせずに進めることに。

最初にハートを掴まれたように、のばらちゃんは混血で際立った美しい容姿です。
しかし、人と違うということが彼女にはマイナスになっている様子。
また、どことなく現実で上手くいっていない、傷を抱えているような様子が垣間見えるのです。
と言っても決してひねくれた性格少女ではありません。
迷い込んだ虚ろ町のことはもちろん、のばらちゃん自身のことも気になりつつプレイしてました。
途中で出会う他のキャラクターもとても魅力的。
決して登場キャラクターの数は多くないのに、皆が印象に残っています。
詳細は伏せますが、特に後半で登場するキャラクターが良い味出していました。
虚ろ町の世界は怖いのだけど、あの方に会えるならこの世界も悪くないと思えたり。
この方はどうやら立ち絵変更の構想もあるようで、新しくされるならそっちも見たい!と気になります。

そして、やり直しせず自然に振る舞った結果は、やっぱりバッドエンドでした(・ω・`)
だいぶ失敗したので、グッドな訳ないと思ってましたけどね。
何とかのばらちゃんには幸せになって欲しい。
でも、主人公が自分だったらこのエンドに辿り着きそう……。

ちょっと実生活で色々あって、見られたエンディングはまだひとつなのです。
中途半端ですみません。
また他のエンドもクリアしたら追記したいと思います。
拍手する

ゴッデスリトルラビット!

2018年06月02日 20:00

Paper Moon【タイトル】 ゴッデスリトルラビット!
【制作】 Paper Moon ゆきはな様

ゴッデスリトルラビット!
【ジャンル】 ゴリラ系おバカ短編RPG
【対象】 全年齢
【ED数】 1種類
【プレイ時間】 50分程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 189MB
【公開日】 2017年4月1日
【プレイver.】 1.00

ラビットは、弟のヒースと2人で小さなマジックショップを経営しているエルフの女の子。
ある日、お薬の届け物をするために友人のたぬちゃん家へ向かった彼女は、
たぬちゃんに絡むオークに遭遇する。魔法で何とかオークをこらしめたラビットだったが……


第13回 ふりーむ!ゲームコンテスト お笑い部門の銅賞を受賞された作品です。

作品ページを見れば分かるように、素晴らしきおバカゲームです。
同作者さんの別作品と比べると、あまりの違いに同じ人の作品なのかと愕然としそうなのですが、
大丈夫。過去作でもおまけ要素に、ギャグの片鱗は現れていました(・ω・)b

ネタゲーと分かっててプレイを始めたのですが、ラビットちゃんの可愛らしさと戦闘の楽しさに
うっかりはまってしまい、つい序盤は真面目にレベリングに励んでしまいました。
ラビットちゃんだけでなくて、家の外装のグラフィックがすごい可愛くて良い!
そして音楽も良い雰囲気なんです。普通に冒険したくなっちゃいますよこれ。
しかし、あまりやりすぎない程度で切り上げておいて良かったです。ほんと。

ストーリー的には思った通りな展開で、後半はストレス解消な痛快さでした。
過去作のキャラクターもちょっぴり出演するので、プレイ済みだとニヤッとできます。
というかニヤッとできるでしょうか。いいのかこの扱い(((゜Д゜))) というポジションです。

そして終盤はギャグ一辺倒かと思いきや、ラスボスは意外と強くて一回負けました。
リトライで油断せずやると勝てたので、この緩急あるメリハリがゲームとしてすごく良い感じ。
ただ痛快なだけじゃなく、RPG的要素も味わえて最後まで楽しめました。
拍手する

霧と太陽の王

2018年04月22日 18:04

Paper Moon【タイトル】 霧と太陽の王
【制作】 Paper Moon ゆきはな様

霧と太陽の王
【ジャンル】 ファンタジーアドベンチャー
【対象】 12歳以上(中学生~)推奨
【ED数】 4種類
【スチル数】 9枚?(差分あり)
【プレイ時間】 1周1時間40分(トータル3時間15分)程度
【ツール】 RPGツクールMV
【容量】 276MB
【公開日】 2016年12月26日
【プレイver.】 1.2

第12回 ふりーむ!ゲームコンテスト 個性派部門金賞を受賞された作品です。

城で長い眠りから目覚めた王さまと、お城で倒れていた少女の物語。
2人で城内を探索するうち、なぜ人間の少女が異形の城に居たのか。王さまは何者なのか。
徐々に真実が紐解かれ、解き明かされていきます。

マウスまたはキーボード操作で進めていきます。
ゲームパッドは使用できますが、セーブやロードのボタンが反応せず使い辛いかも。
移動はマウス・キーボード・ゲームパッドどれもやり易かったです。
謎解き要素も少しだけあり。難易度は易しめ、ごく簡単なものです。
しかし私はちゃんと理解できず、力任せで(というかやったら当たってた)解いてしまいました……。

個性派部門を受賞されたと言っても、すごく奇抜な事をされている訳ではありません。
少しダークな御伽噺のような、真っ当で良質なファンタジー作品です。
物語のオリジナリティもありますし、何より個性派部門に輝いた理由と思われるのは、
きっと一目で惹かれるに違いないこのグラフィック!
キャラクターはもちろん背景まで手書きで、探索しつつ見惚れてしまいました。
主人公の少女は喋れないのですが、キャラが頷いたり瞬きするもの可愛かったです。
そして更に豪華な事に、こちらの作品キャラクターボイス付きなのです。
フルボイスではなく、イベントのみ喋ります。私は宰相さまの渋いボイスが好きでした。

エンディングは4種類(1つはVer.1.1からの追加のようです)あります。
readmeにお勧めと攻略法が書いてありますので、見ておくと良いでしょう。
ちなみに私はプレイ時間3時間以上かかりましたが、これ、うっかりセーブを終盤ですべて埋めてしまい、
バッドバッドを見る為に最初からやり直した時間も含まれています。
きちんとreadmeで分岐方法を把握して適切な所でセーブしておけば、40分位は短縮できるかと。

私は、バッド→バッドバッド→ノーマル→トゥルーの順で辿り着きました。
トゥルーが一番良いのには違いありませんが、それぞれ違った味わいを楽しめました。
このモノクロの霧の世界には、バッドも良く似合うと思うのです。
見た目に惹かれて始めた作品ですが、ただ美麗なグラフィックを楽しむだけでなく、
ひとつの物語としても、読み終えた後に余韻をもたらし、溜息が漏れる。良い作品でした。

以下、それぞれのエンドの感想を書きます。
多少ネタバレも含みますので反転しないと見えないようにしておきますが、
ネタバレが嫌な方は閲覧にご注意下さい。

※以下、ネタバレ注意※






◆ BAD END 【異形達の霧の王

途中から嫌な予感がしていたのですが、予感したそのものの展開でした。
バッドだけあり悲しいエンドなんですが、個人的にコレ、好きです。
ダークサイドに堕ちた王様が本当に異形の王に相応しいお姿でハッとしたのもありますが、
この展開、背筋がちょっとぞわりとしたくらいすごく好き。
ただ、今まで気の遠くなるような長い時間を、許しを待ち望み、人間を慈しむ気持ちを忘れずに
大切に大切に抱えて耐えてきたあの方の事を思うと、心底胸が痛みます。



◆ BADBAD END 【安寧の鳥籠

ちょっとびっくり。個人的にヤンデレ系好みではないのですが、お好きな方にうけるだろうなぁ……。
結末としてはアリかもですが、王様が突然豹変しすぎな気が。
ただ、ゴージャスイケメン王様は文句無くカッコいいです。ひれ伏したい。



◆ NOMAL END 【忘れられた太陽の王

バッドに至る過程で、これも脳裏を過った展開のひとつではありました。
自分としては、この結末は一番受け入れ難くダメなやつです。虚しいです。
約束通り許されたものの、またそのうち元に戻るんじゃないかコレ。



◆ TRUE END 【霧と太陽の王

最後に見るのをお勧めされるだけあって、もうこうなって欲しいという展開そのものです。
しかし、王様の年齢が気になりました。王様意外と若いんですか。
いや、500年以上生きてるのだからルシャナと年の差500歳はあるな。ロリですか……!?
って、仮にルシャナが20歳でも、480歳も違うじゃないか。そう考えると誤差の範囲でセーフか!
それにしても、成長したルシャナがとても綺麗で幸せそうで。本当に良かったです。
2人は本当の意味で太陽の神への信仰を守っていくのでしょうね。
そして、霧の異形達も案外近くで見守っている(というかチャンスを伺ってる!?)のかも。
そんな思いを抱きました。
拍手する


最新記事